2007年02月20日

大日本印刷、携帯決済機能、小売店会員証に――顧客情報を管理。

大日本印刷は携帯電話の決済機能「おサイフケータイ」に小売店の会員証機能を簡単に追加できるシステムを三月に発売する。利用者は携帯で、さまざまな店のポイントがためられる。小売店のサービス向上につながると同時に、顧客データ管理が簡単になると売り込む。二〇一〇年三月期までに三億円の売り上げを見込む。

 ソニーの非接触IC技術「フェリカ」機能を搭載した携帯を小売店の会員証として利用できる。会員登録や会員番号の変更などの業務に必要なサーバーと会員ポイントの管理システムをソフトの期間貸し(ASP)サービスで小売店に提供する。利用者は会員登録をして小売店で支払いをする際に、携帯を読み取り機にかざせばオフラインで会員番号、ポイント残高、ポイントの有効期限を確認できる。小売店側は会員の利用状況を管理システムを使って確認し、日々のマーケティング活動やダイレクトメールの配布に役立てる。すでに磁気の会員カードを導入している店舗でも、会員情報をおサイフケータイと一括管理することが可能だ。

 システムの価格は導入費用が四百万円程度から。運用費などは別に料金がかかる。ASPサービスのため、自社で管理サーバーを構築したり、管理ソフトを開発したりする必要が無い。中小規模の企業でも導入しやすいサービスとして、スーパーや薬局などを中心に需要を掘り起こす。

entake7 at 10:50│Comments(1)TrackBack(0)企業情報 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 東京観光 英語   2011年11月24日 14:52
低速の空母であってもカタパルトを搭載すれば十分実用になるというのも、大きな利点であり、軽空母。最大の問題は、物資と輸送だ。明らかに引いている。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔