2011年01月31日

尾立ダム

尾立ダム

名称:尾立ダム(おだてダム)
別称:荒川ダム(あらかわダム)
左岸所在:鹿児島県熊毛郡屋久島町国有林東87林班
河川:安房川水系荒川
型式:アーチ式コンクリートダム
目的:発電
堤高:53.5m
堤頂長:137.9m
堤体積:24,000m3
総貯水容量:2,265,000m3
有効貯水容量:2,010,000m3
流域面積:92.5km2
湛水面積:13ha
事業主体:屋久島電工
訪問日:2011-01-23

尾立ダム

  

Posted by enteikeikaku at 01:18Comments(0)TrackBack(0)

2009年12月09日

黒部ダム

黒部ダム

名称:黒部ダム(くろべダム)
別称:黒四ダム(くろよんダム)
左岸所在:富山県中新川郡立山町大字芦峅寺
河川:黒部川水系黒部川
型式:アーチ式コンクリートダム
目的:発電
堤高:186.0m
堤頂長:492.0m
堤体積:1,582,000m3
総貯水容量:199,285,000m3
有効貯水容量:148,843,000m3
流域面積:188.5km2
湛水面積:349ha
事業主体:関西電力
ダム湖名:黒部湖(くろべこ)
訪問日:2009-09-05

黒部ダム

  
Posted by enteikeikaku at 00:54Comments(0)TrackBack(0)

2008年12月09日

奈川渡ダム

奈川渡ダム

名称:奈川渡ダム(ながわどダム)
左岸所在:長野県松本市安曇字中山
河川:信濃川水系梓川
型式:アーチ式コンクリートダム
目的:発電
堤高:155.0m
堤頂長:355.5m
堤体積:660,000m3
総貯水容量:123,000,000m3
有効貯水容量:94,000,000m3
流域面積:380.5km2
湛水面積:274ha
事業主体:東京電力
ダム湖名:梓湖(あずさこ)
訪問日:2008-09-21

奈川渡ダム

  
Posted by enteikeikaku at 00:07Comments(0)TrackBack(0)

2008年12月08日

水殿ダム

水殿ダム

名称:水殿ダム(みどのダム)
左岸所在:長野県松本市安曇字栃沢
河川:信濃川水系梓川
型式:アーチ式コンクリートダム
目的:発電
堤高:95.5m
堤頂長:343.3m
堤体積:301,000m3
総貯水容量:15,100,000m3
有効貯水容量:4,000,000m3
流域面積:431km2
湛水面積:57ha
事業主体:東京電力
訪問日:2008-09-21

水殿ダム

  
Posted by enteikeikaku at 00:04Comments(0)TrackBack(0)

2008年12月07日

稲核ダム

稲核ダム

名称:稲核ダム(いねこきダム)
左岸所在:長野県松本市安曇稲核
河川:信濃川水系梓川
型式:アーチ式コンクリートダム
目的:発電
堤高:60.0m
堤頂長:192.8m
堤体積:65,000m3
総貯水容量:10,700,000m3
有効貯水容量:6,100,000m3
流域面積:469.9km2
湛水面積:51ha
事業主体:東京電力
訪問日:2008-09-21

稲核ダム

  
Posted by enteikeikaku at 00:01Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月16日

矢木沢ダム

矢木沢ダム

名称:矢木沢ダム(やぎさわダム)
左岸所在:群馬県利根郡みなかみ町藤原字矢木沢
河川:利根川水系利根川
型式:アーチ式コンクリートダム
目的:洪水調節、不特定用水、灌漑用水、上水道用水、発電
堤高:131.0m
堤頂長:352.0m
堤体積:510,000m3
総貯水容量:204,300,000m3
有効貯水容量:175,800,000m3
流域面積:167.4km2
湛水面積:570ha
事業主体:水資源機構ダム事業部
ダム湖名:奥利根湖(おくとねこ)
訪問日:2008-05-22, 2008-06-15

矢木沢ダム

  
Posted by enteikeikaku at 00:46Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月16日

鳴子ダム

鳴子ダム

名称:鳴子ダム(なるこダム)
左岸所在:宮城県大崎市鳴子温泉字岩淵
河川:北上川水系江合川
型式:アーチ式コンクリートダム
目的:洪水調節、不特定用水、発電
堤高:94.5m
堤頂長:215.0m
堤体積:180,000m3
総貯水容量:50,000,000m3
有効貯水容量:35,000,000m3
流域面積:210.1km2
湛水面積:210ha
事業主体:国土交通省東北地方整備局
ダム湖名:荒雄湖(あらおこ)
訪問日:2008-04-06

鳴子ダム

温泉郷として有名な鳴子の町に近い鳴子ダムは、三成ダム(島根県)、上椎葉ダム(宮崎県)に次ぐ、日本で3番目のアーチダム。日本人のみの手により設計・施工されたアーチダムとしては日本初という、言わば「日本アーチダム界の逢坂山トンネル」……って、喩えが判り易いのか判り難いのか良く分かりませんが。

現在のアーチダムの主流であるドーム型ではなく、下流側にオーバーハングしていない円筒型アーチであるところが時代を感じさせますが、このため非常用洪水吐から越流する際には堤体に沿って水紋を描きつつ流れ落ちる「すだれ放流」が見られます。筆者は未だ見ていませんが、雪融けにより水量の増加する毎年GWの時期に観光のため放流が行われるとのことなので、一度は見てみたいものです。

  
Posted by enteikeikaku at 00:14Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月03日

川俣ダム

川俣ダム

名称:川俣ダム(かわまたダム)
左岸所在:栃木県日光市川俣字鬼怒泊
河川:利根川水系鬼怒川
型式:アーチ式コンクリートダム
目的:洪水調節、不特定用水、発電
堤高:117.0m
堤頂長:131.0m
堤体積:147,000m3
総貯水容量:87,600,000m3
有効貯水容量:73,100,000m3
流域面積:179.4km2
湛水面積:259ha
事業主体:国土交通省関東地方整備局
ダム湖名:川俣湖(かわまたこ)
訪問日:2007-11-04

川俣ダム

鬼怒川上流ダム群の中で本川最上流部に位置する川俣ダムは、深い渓谷の中に文字通りそびえ立っています。堤頂長131mに対して堤高117m(堤高堤頂長比0.89)、アーチダムとしては日本一の縦長ダム。

川俣ダム最大のビューポイントは、直下流に架かる吊橋。アップダウンの激しい山道を歩く必要がありますが、是非ともその「のっぽ」な堤体の姿を存分に堪能して欲しい。

  
Posted by enteikeikaku at 00:37Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月02日

川治ダム

川治ダム

名称:川治ダム(かわじダム)
左岸所在:栃木県日光市川治温泉川治字数
河川:利根川水系鬼怒川
型式:アーチ式コンクリートダム
目的:洪水調節、不特定用水、灌漑用水、上水道用水、工業用水
堤高:140.0m
堤頂長:320.0m
堤体積:700,000m3
総貯水容量:83,000,000m3
有効貯水容量:76,000,000m3
流域面積:323.2km2
湛水面積:220ha
事業主体:国土交通省関東地方整備局
ダム湖名:八汐湖(やしおこ)
訪問日:2007-11-04

川治ダム

鬼怒川上流ダム群で最大の川治ダムは、アーチダムでは関東一の堤高。左岸側にある案内板によると放物線アーチだそうですが、傍目には普通のアーチと区別がつきません。

山を隔ててお隣の五十里ダムとはトンネルを抜けてものの数分で移動可能、クルマさえあれば大ダム2基のハシゴも容易です。道路だけでなく、両ダム湖も導水トンネルで結ばれていて貯水容量の相互融通が可能となっています。なんでも、五十里は流入量に対して貯水容量の余裕が少なく、逆に川治は流入量に対する貯水容量が大きく余裕があるそうで、両ダムの連携により柔軟な洪水調整能力を発揮させているわけです。

  
Posted by enteikeikaku at 00:30Comments(0)TrackBack(0)

2008年06月19日

佐々並川ダム

佐々並川ダム

名称:佐々並川ダム(ささなみがわダム)
左岸所在:山口県萩市川上大ぬた
河川:阿武川水系佐々並川
型式:アーチ式コンクリートダム
目的:発電
堤高:67.4m
堤頂長:127.3m
堤体積:31,000m3
総貯水容量:20,100,000m3
有効貯水容量:16,000,000m3
流域面積:91.5km2
湛水面積:96ha
事業主体:中国電力
訪問日:2007-10-13

佐々並川ダム

阿武川ダムの上流、支流の佐々並川にある中国電力管理の発電専用ダムですが、ここに辿り着くまでがとても大変。阿武川に沿う県道293号は整備されているものの、佐々並川右岸の林道へとハンドルを切った途端、小型四輪車1台がやっとの狭さのうえに落石の多い、おまけにガードレールも無い狭隘道路をおっかなびっくり進む羽目になります。その代わり、名勝・長門峡の奥、深い渓谷とアーチダム、そしてダム湖の一体となった景観はとても美しく、苦労の甲斐もあるというものです。険しい道を抜けて堤体の姿を見たときには感動すら覚えます。

電力会社所有ダムでありがちなように堤体へは立入禁止なのが残念。右岸の道路から堤体を見下ろすほかありませんが、その姿がまたビックリもの。いくらコンクリート量を節減できるドーム型アーチダムといえど、こんなに薄っぺらくて本当に大丈夫か? と余計な心配をしてしまうほどです。堤高は中程度なれど、いろんな意味でインパクトありまくりのダム、筆者としても何やらダム巡りの醍醐味を知る思いでした。ダム好きならば一度は行って見る価値はあるかと思いますが、くれぐれもクルマの運転は要注意。

ちなみに筆者は、このときPCゲーム「リトルバスターズ!」をプレイしたばかりだったもので、「笹瀬川佐々美みたいな名前のダム」というネタも。面倒なのでこれからは「さささダム」と呼ぼう(マテ

  
Posted by enteikeikaku at 00:05Comments(0)TrackBack(0)