2012年07月26日

ドッペルギャンガーFX03ミニチュアキットの作り方

このたびは、「ドッペルギャンガーFX03ミニチュアキット」をお買い上げ頂きまして、心より感謝致します。原型を作製致しました、バニーと申します。このサイトにて、キットの作製方法をご説明致します。

1:部品全体
00部品全体

キットに含まれる部品は以下となります。
・ハンドル
・ブレーキレバー x 2(左右はありません。同じ物が2つ梱包されています)
・ステム
・ホイール x 2(前後はありません。同じ物が2つ梱包されています)
・フロントフォーク
・フレーム(上三角)
・フレーム(下三角)
・シートステー(右)
・シートステー(左)
・クランク x 2(左右はありません。同じ物が2つ梱包されています)
・チェーンリング
・左BB(5mm径のプラ棒を切って梱包してあります)
・ペダル x 2(左右はありません。同じ物が2つ梱包されています)
・サドル
・シートポスト(3mm径のプラ棒を切って梱包してあります)
・スプロケット
・スペーサー
・リアディレイラー
・刻印エンブレム
・ホイール止め用ビス x 2(前後はありません)
・ホイール止め用ナット x2(前後はありません)
・デカール
の以上28パーツとなります。もしも不足があった場合は、2週間以内にバニーへご連絡ください。郵送にて対応させて頂きます。

2:事前に用意するもの
2.1:工具
01用意する工具

・平やすり
・丸棒やすり
・デザインナイフ
・プラスドライバー
・はさみ
・目打ち
・ピンバイス
・ペンチ
02用意する耐水ペーパーとパテ

・パテ
・耐水ペーパー600番
・耐水ペーパー1000番
03用意する接着剤

・瞬間接着剤ゼリー状
・エポキシ接着材

耐水ペーパーの番号は、お好みでもっと荒いもの、仕上げ用の細かいものをそろえても良いでしょう。

では、早速作り方を説明しましょう。
3:作り方
3.1:よく洗う
04よく洗う

パーツには「離型剤」と呼ばれるワックスがたっぷりついています。これが付いていると、パテや塗装をはじいてしまうため、中性洗剤にてよくパーツを洗ってください。細かい部品が存在するので、洗う場合は破損や紛失に充分注意をお願い致します。
よく洗ったら充分に乾燥させます。
05乾かす


3.2:デザインナイフでバリをとり、ひたすら耐水ペーパーで磨く
06ひたすらヤスル

パーツにはランナーに付いていた部分や、型に必要な空気抜き穴のバリが多量に付いています。これらをデザインナイフで丁寧に取り除いて下さい。取り除いたら、パーツの表面を綺麗にするために、ひたすら耐水ペーパー600番で磨きます。上記写真の左が梱包時のパーツ、右が磨いた後のパーツです。あきらかに違うでしょう?

3.3:ハンドル周りの組み立て
07ハンドル周り

ハンドルまわりを構成するパーツ群です。左からステム、ハンドル、ブレーキレバー x 2です。これらを以下写真のように組み付けます。
08ハンドル周り組み立て


3.4:フロントフォークとホイール
09フロント周り

ホイールには前後がありません。2つとも同じパーツになります。ホイールとフォークのネジ穴が開いていない場合はピンバイスで穴を開け直してください。ビスとナットを使ってフォークにホイールを固定します。長いビスを梱包していますので、最終的にはビスの余りはペンチで切り落としてください。
10フロントネジ止め


3.5:フレームの組み立て
11フレーム

写真のようにフレームを組み立てます。

3.6:リア周りの組み立て
12リア周り

リア周りを構成する部品です。左からホイール、リアディレイラー、スプロケット、スペーサーです。これらについて、ネジ穴が開いていない場合はピンバイスで穴を開け直してください。ビスとナットを使って、3.5にて組み立てたフレームに以下写真のように組み付けます。(解り易いように、フレームを黒く塗装したものを使用しています)。スペーサーは、写真だとホイールの裏側に装着される形となります。
13リア周り組み立て


3.7:チェインリング
14チェインリング組み立て

チェインリングとクランクを貼り合わせます。クランクを取り付ける位置は、チェインリングの裏に切り欠きがつけてあるので位置決めの参考としてください。

3.8:左クランク
15左クランクまわり

左BBのパーツとして、5mm径のプラ棒を梱包しています。これを3mm程度に切り出して、クランクと貼り合わせます。以下写真のような形となります。
16左クランク組み立て


3.9:サドルとシートポスト
17サドルとシートポスト

シートポストは3mmのプラ棒を梱包しています。お好きな長さ(一緒に乗せたいキャラクタの脚の長さを考慮してください)にカットしてシートポストとします。サドルと貼り合わせてください。

3.10:全体の組み付け
18全体組み立て

作った部品たちについて、全体に組み付けます。

以上、これで組み立ては完成です。

4:デカールを貼る
デカールの貼り方は、以下を参考にしてください。
19デカール貼り方


説明は以上です。
みなさまお疲れ様でした。


entotsu2ppowered at 21:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 自転車 

2012年07月19日

【宣伝】7/29 ワンダーフェスティバル告知!!

7/29(日) 幕張メッセにて開催されます「ワンダーフェスティバル2012[夏]」に以下商品を出品致します!

ドッペルギャンガーFX03
ミニチュアキット(約1/12)
予価2,000円 限定20個

そしてお待ちかね、完成サンプルの写真がこちら!!
FX03商材写真2
FX03_セイバーFX03_紬



キュートな感じにデフォルメされてますでしょ?大きさは約1/12サイズとなっており、figmaなどの人形とあわせて遊ぶ事ができます。そう、今回は「リアルな感じ」の方向性ではなく、「デフォルメ的で組み易く、人形等と手軽に遊べる安価な物を」という目標で、お値段の方も2,000円と頑張らせて頂きました。

販売ブース番号は4-11-11。サークル名は「Z・Project+購買部」様への委託販売となります。「委託販売」という形式のため、バニーはディーラーとしての参加ではございません。ただ、なるべく販売の場には居るようにしておきますので、皆様お誘い合わせの上、ワンダーフェスティバル会場へお越し頂き、実物を見てください!。

と言う事で、ビーズ株式会社様より当日版権を許可頂きました!!。いつも大変お世話になっております。版権承諾頂きまして誠に有難う御座いました。JJ見てるかー?・・・オホン、失礼致しました。



entotsu2ppowered at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自転車 

2012年05月10日

「ドッペル相模湖ヒルクライムオフ」のお誘い

「ドッペル相模湖ヒルクライムオフ」のお誘い

実施日:
2012/06/03(日)
(雨天の場合朝5時までに中止をツイート)

目的:
自転車で山を登るには最高の季節になってまいりました。
今回は高尾方面より「大垂水峠」を上り、相模湖までドッペルで御散歩しましょう。

みなさんの脚力にあわせて、八王子~相模湖までの入門コースと、相模湖~藤野~裏和田峠~八王子のがんばりコースの2つを用意いたしました。
プランにあわせてご参加ください。

本オフはタイムアタックレースを行う目的ではありません。
自転車や身体に無茶をかける様な走行は禁止と致します。
登坂タイムを計りたい方はあくまで自己責任にてお願い致します。

また、がんばりコース自体の距離は短いですが、坂がかなり厳しい峠です。
体力に自信の無い方は良く御検討を御願い致します(個別の相談も乗ります)。

集合場所、タイムテーブル:
9:00 JR八王子駅北口ロータリー集合

9:30 八王子出発
     浅川サイクリングロード~高尾山口

10:15 高尾山口ファミリーマートにて補給

10:30 大垂水峠各自登坂開始
      (リタイアの方は自走で高尾山口まで降りて頂き、輪行で解散となります)

11:30 峠にて再集合。相模湖へ。

12:00 相模湖着。食事(清水亭?ガスト?)

13:30 相模湖公園にて休憩。がんばりコースはサークルKにて補給。
      (和田峠は食堂等がないため、おにぎり等を入手します)

14:00 相模湖駅にて入門コース解散

 ---- がんばりコースは藤野へ ----

14:30 藤野方面より裏和田峠登坂開始

16:00 和田峠にて再集合。

17:00 八王子駅着、がんばりコース解散

参加資格:
ドッペルへの愛情を持っている事。

参加方法:
参加希望の方は@mono_dolphinをフォローの上、参加表明とコース名、自転車の車種をツイートしてください。
参加締切は5/31とさせて頂きます。

注意:
ヘルメット、グローブの着用を必須と致します。
充分な水分、補給食を取れるように準備をお願い致します。
登坂時、汗をかく事が予想されます。また峠、ダウンヒル時は逆に寒くなる事が予想されます。発汗管理(汗拭きタオル、ウインドブレーカーのような長袖の上着)の準備をお願い致します。

またパンク等のトラブルを想定した最低限の工具、予備チューブ等の準備をお願い致します。
申し訳ございませんが保険等を掛けている訳ではございませんので全て自己管理にてお願い致します。

また、未成年の方はかならず保護者の方から許可を貰って参加してください。

尚、当日の移動時は@mono_dolphinのGPS情報を随時ツイート致します。携帯やスマホ等で確認頂ける環境をお持ちであればスムーズな合流が可能かと存じます。

ご不明な点等ございましたら以下連絡先へお願い致します。
twitter:
@mono_dolphin
mail: Monochrome.Dolphin@gmail.com


entotsu2ppowered at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自転車 

2012年03月09日

「ドッペル和田峠ヒルクライムオフ」のお誘い

「ドッペル和田峠ヒルクライムオフ」のお誘い

実施日:
03/25(日)
(雨天の場合朝5時までに中止をツイート)

目的:
ヒルクライマーにとってまさに壁、と言われるほど急坂を備えた陣馬街道和田峠。
今回は「表和田」と呼ばれる東京方面から和田峠をドッペルで登りましょう。

本オフはタイムアタックレースを行う目的ではありません。
自転車や身体に無茶をかける様な走行は禁止と致します。
登坂タイムを計りたい方はあくまで自己責任にてお願い致します。
また、和田峠自体の距離は短いですが、坂がかなり厳しい峠です。体力に自信の無い方は良く御検討を御願い致します(個別の相談も乗ります)。

集合場所、タイムテーブル:
9:00 JR八王子駅北口ロータリー集合

9:30 八王子出発

10:30 恩方市民センター入口セブンイレブンにて最終食糧補給
(峠には食堂が無いため、オニギリ等の補給食を入手します)

12:00 陣馬高原下バス停到着、各自休憩後、順次登坂開始

13:00 和田峠にて再集合。30分食事休憩。

13:30 和田峠発

15:00 デニーズ 八王子四谷町店にて休憩、食事後、八王子駅にて解散

参加資格:
ドッペルへの愛情を持っている事。

参加方法:
参加希望の方は@mono_dolphinをフォローの上、参加表明と自転車の車種をツイートしてください。
参加締切は3/22とさせて頂きます。

注意:
ヘルメット、グローブの着用を必須と致します。
充分な水分、補給食を取れるように準備をお願い致します。
登坂時、汗をかく事が予想されます。また峠、ダウンヒル時は逆に寒くなる事が予想されます。発汗管理(汗拭きタオル、ウインドブレーカーのような長袖の上着)の準備をお願い致します。

またパンク等のトラブルを想定した最低限の工具、予備チューブ等の準備をお願い致します。
申し訳ございませんが保険等を掛けている訳ではございませんので全て自己管理にてお願い致します。

尚、当日の移動時は@mono_dolphinのGPS情報を随時ツイート致します。携帯やスマホ等で確認頂ける環境をお持ちであればスムーズな合流が可能かと存じます。

ご不明な点等ございましたら以下連絡先へお願い致します。
twitter:
@mono_dolphin
mail: Monochrome.Dolphin@gmail.com


entotsu2ppowered at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自転車 

2012年03月08日

上条衿さんイラストの自転車作成!

昨年夏に思いつきで購入したホイールカバー。
FXに取り付けてノリでこんなデザインを写真合成ソフトで作ってみたもの、フレームの形状からまったく似合わず、その後は押入れに放置してありました。
image(1)
※ 写真は合成です。
実際に作業する前にイメージがつかめるのだから合成ソフトは本当に便利ですね。

今回、このホイールカバーに似合う自転車を探してきました。ドッペルギャンガーにはツインチューブと呼ばれるやわらかく弧を描いたフレームを持つ車種があり、私のイメージに合う白いモデルであるドッペルギャンガー213をホイールカバーのために購入しました。
image(2)
※ 買ってきていきなり全部分解されちゃう213。

全部分解してグリスを使って丁寧に再組み付けをして、細部調整を行うのです。

image(3)
ここまで組み立てた時点で合成写真を作って仕上がりイメージをつかみます。
image(4)
うん、攻撃的なFXよりずっとやわらかいイメージですね。これなら何処へ出しても恥ずかしくない?いや、恥ずかしい?。まぁとにかくご本人に確認をとらなければ。と言う訳で上条衿さんご本人に上記イメージを元にメールでお伺いを立て個人利用の範囲について確認を行いました。
なんと上記FXの合成写真をツイッターでツイートしていた記事がご本人にも伝わっており、衿さんは私の事をご存知でした!。これにはびっくり。
image(5)
イメージがつかめたらホイールをはずして型紙(テンプレート)を作成します。A4の紙を4枚貼りあわせてホイールカバーの上にのせ、ペンでなぞって型をとります。取った型を計測し、イラスト作成ソフトで型を書きます。写真はイラスト作成ソフトで作成したテンプレートをお試し印刷し、切り抜いたものを再度ホイールカバーに乗せたものです。注意事項ですが、右後ろホイールカバーはスプロケットが装着される関係上、他の3枚のカバーに比べ頂角(おちょこ率・・・ですかね)が異なるので別にテンプレートを作成する必要があります。
image(6)

平行して衿さんのイラストをイラスト作成ソフトで再作成します。元絵がJPEGなので拡大するとドットが目立ってしまうためです。正直この作業が一番楽しく、一番地味で辛いですw。私は半分友人に手伝ってもらっちゃいました。
image(7)

イラストが出来上がったら先ほどのテンプレートに載せてお試し印刷をして出来上がりを確認します。つなぎ目等で不自然な部分があれば調整します。
image(8)
調整が完了したら本番印刷。対紫外線フィルムつきのステッカー用紙16枚に分割して印刷を行い、丁寧にホイールカバーに貼り付けます。空気が入らないようにやわらかい布で貼る方向に押し出すように少しづつこすって貼りましょう。同じものを4枚作成するのはちょっと大変ですが、綺麗に出来上がってくるとテンションあがりますよーw
IMG_4467

貼り終わったら自転車に組み付けてできあがり。大切に乗りましょう、そしてみんなに見せびらかしましょう。

entotsu2ppowered at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イラスト | 自転車