カテゴリ:
平成25年3月1日 日経新聞速報版より


『公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は1日、2012年10〜12月期の運用実績を発表した。昨年11月末からの円安・株高の影響で5兆1352億円の利益を計上した。黒字は2四半期連続。12年4〜12月期の運用損益は3兆5949億円の黒字だった。


 12月末時点の運用資産額は111兆9296億円で、9月末時点比べて、4兆2065億円増加した。GPIFは厚生年金と国民年金の積立金を運用し、国内外の債券や株式に分散投資している。


 全体の収益率は4.83%。運用資産別の収益率(市場運用分)は国内株式が16.71%、外国株式が13.78%、外国債券が13.62%と大幅に上昇した。国内債券は0.06%のマイナスだった。


 10〜12月は米経済の景気の減速懸念がやわらいだほか、政権交代で日銀への金融緩和圧力が強まるとの見方から、円安・株高の傾向が強まった。円安の影響で外貨建てで運用している海外資産が膨らんだ。

 4〜12月期の収益率は3.27%だった。10〜12月期に運用実績が急激に向上したことが影響した。』

私たちが支払っている年金保険料をもとに、今後年金として国民に支給される財源となっている年金資産が上手く運用されたというニュースです。

この運用をしている法人のホームページを見ると、平成20年のリーマンショックの際に出た年7%ほどのマイナスの全てが取り返せているわけではないようですが、何はともあれ、支払っている者からすると、保険料は有効に使い、さらに運用が適正にかつ順調に行われることを願いたいと思います。