カテゴリ:
平成25年12月1日以降
雇用調整助成金

支給要件などが変更されました。


雇用調整助成金は、
平成25年12月1日以降、内容の一部が変更になりました。
現在受給中、又は今後ご利用をお考えの事業主の方々は
注意が必要です。
今回は、変更になった点についてを解説してまいります。

.ーリング期間制度の実施


対象期間の初日を平成25年12月1日以降に設定する場合から

 
過去に
雇用調整助成金

又は中小企業緊急雇用安定助成金

支給を受けたことがある事業主が、

新たに対象期間を設定する場合、

直前の対象期間の満了の日の翌日から起算して

一年を超えていることが必要になります。



休業規模要件の設置

平成25年12月1日以降の判定基礎期間から
 

判定基礎期間における対象被保険者に係る

休業等の実施日の延日数が、

対象被保険者に係る所定労働延日数の

大企業:1/15以上

中小企業:1/20以上 

の場合のみ助成対象となります。




次回、変更になった要件の続きを解説いたします。