カテゴリ:
精神障害者雇用安定奨励金


この助成金は、

精神障害者の雇用を促進し職場定着を図るため、

精神障害者の雇入れにあたり、精神障害者が

働きやすい職場づくりを行った事業主に対する

奨励金として創設されました。


 今回も、前回に引き続き助成対象となる取組ごとの
対象経費について
解説してまいります。


【奨励金の支給

2.支給額

(2)助成対象となる取組ごとの対象経費
 
 サ擔Δ靴神鎖西祿下圓梁綢慷廾確保の対象経費



  代替要員に支払われた賃金(※)
   ※ 「賃金」には、臨時的に支払われる賃金および3か月を超える
     期間ごとに支払われる賃金が含まれます。
     
(6か月分が上限とされています)

 
対象精神障害者又は代替要員が、支給申請時までに
 事業主都合で離職した場合は、奨励金の支給を受ける
 ことはできません。
  自己都合により離職した場合は、離職日から1か月
 以内に新たに対象精神障害者を雇い入れるか、又は
 新たな代替要員を配置した場合は、奨励金を支給を
 受けることができます。


  次回は、精神障害者のセルフケアの
対象経費について解説いたします。