カテゴリ:
精神障害者雇用安定奨励金


この助成金は、

精神障害者の雇用を促進し職場定着を図るため、

精神障害者の雇入れにあたり、精神障害者が

働きやすい職場づくりを行った事業主に対する

奨励金として創設されました。


 今回も、支給申請に関する書類について解説いたします。


【受給のための手続

2.支給申請に必要な書類

2 精神障害者を支援する専門家の養成

(1) 精神障害者雇用安定奨励金支給申請書

(2) 精神障害者雇用安定奨励金支給申請書
  (対象精神障害者に係る事項)

(3) 精神障害者雇用安定奨励金支給申請書
  (社内精神障害者支援専門家の養成)

(4) 添付書類

履修者が2年以内で養成課程を修了したことを
  証明する修了書(写)等

養成課程に要した費用の額を明らかにした書類
  (入学金、授業料等の内訳が確認できるもの)

養成課程の実施機関が発行する領収書(写)
  (履修者が費用を立て替えた場合は、養成課程の実施機関が
   履修者に対して発行した領収書及び事業主が履修者に費用
   を支払ったことが確認できる書類)

対象精神障害者に係る雇用契約書(写)又は雇入れ通知書(写)
  (船員法第32条の規定により船員に対して明示しなければなら
  ない書面を含む。)

対象精神障害者が精神障害者であることを証明する書類
  (精神保健福祉法第45条第2項の規定に基づき交付を受けた
   精神障害者保健福祉手帳(写)又は主治医の意見書であって
   対象精神障害者の氏名が確認できるもの)

履修者及び対象精神障害者の業務内容、所属等を明らかに
  する組織図、辞令(写)等(履修者が対象精神障害者の雇用
  管理に係る業務を実施できることが確認できる書類)

履修者及び対象精神障害者に支払われた賃金について、基本
  賃金とその他の諸手当が明確に区分された賃金台帳(写)等の
  書類(履修期間中の賃金が減額等されている場合は、その根拠
  が確認できる就業規則等)

履修者及び対象精神障害者の出勤状況が日ごとに明らかに
  された出勤簿(写)等の書類



  次回も、支給申請書類についての続きです。