大事なおしらせ

2015年11月、ホームページをリニューアルいたしました!ブログも引っ越ししましたので、ぜひご覧ください。

アントレグループのホームページへ
http://www.j-consulting.jp/

カテゴリ

カテゴリ:助成金

カテゴリ:
精神障害者雇用安定奨励金


この助成金は、

精神障害者の雇用を促進し職場定着を図るため、

精神障害者の雇入れにあたり、精神障害者が

働きやすい職場づくりを行った事業主に対する

奨励金として創設されました。


 今回も、助成対象となる取組ごとの対象経費
についての続きを
解説いたします。


【奨励金の支給

2.支給額

(2)助成対象となる取組ごとの対象経費

 精神障害者に関する社内理解の促進の対象経費
  履修者が養成課程の履修に要した費用
  
対象となる費用
⇒講師謝金、講師旅費、講習を実施する会場使用料、
 教材費・資料代、外部機関が実施する講習の受講料等

対象とならない費用
⇒○労働者が精神障害者支援講習に参加するための
  旅費や講習期間中の賃金等
  ○申請事業所において選任されている産業医や産業
  保健スタッフ、当該事業所の労働者を講師とした場合
  の講師謝金及び講師旅費
 



  次回も引き続き、支給額・助成対象となる取組ごとの
 対象経費についての解説です。

カテゴリ:
精神障害者雇用安定奨励金


この助成金は、

精神障害者の雇用を促進し職場定着を図るため、

精神障害者の雇入れにあたり、精神障害者が

働きやすい職場づくりを行った事業主に対する

奨励金として創設されました。


 今回も、助成対象となる取組ごとの対象経費
についての続きを
解説いたします。


【奨励金の支給

2.支給額

(2)助成対象となる取組ごとの対象経費

 ∪鎖西祿下圓鮖抉腓垢訐賁膕箸陵楡の対象経費
  履修者が養成課程の履修に要した費用
  
対象となる費用
⇒入学金、授業料、施設整備費、実習費用等

対象とならない費用
⇒○履修に当たって、必ずしも必要とされない補助教材費
  ○養成課程の実施機関が実施する各種行事参加に係る費用
    ○同窓会費等


○ 費用は事業主が負担することを原則としますが、一時的に
 履修者が費用を立て替えた場合は、履修者が費用を支払っ
 たこと及び事業主が履修者に対し当該費用を支払ったことを
 確認できる書類を提出しなければなりません。
○ 履修者が養成課程を2年以内に修了しなかった場合は、奨励
 金の支給を受けることができません。必ずしも資格試験に合格
 する必要はありません。


  次回も引き続き、支給額・助成対象となる取組ごとの
 対象経費について解説いたします。

カテゴリ:
精神障害者雇用安定奨励金


この助成金は、

精神障害者の雇用を促進し職場定着を図るため、

精神障害者の雇入れにあたり、精神障害者が

働きやすい職場づくりを行った事業主に対する

奨励金として創設されました。


 今回は、助成対象となる取組ごとの対象経費
について
解説いたします。


【奨励金の支給

2.支給額

(2)助成対象となる取組ごとの対象経費

  精神障害者を支援する専門家の活用の対象経費

  対象期間において精神障害者支援専門家に支払われた
 賃金(※)精神障害者支援専門家を委嘱した場合は、その
 委嘱に要する経費

  ※ 「賃金」には、臨時的に支払われる賃金および3か月を超える期間ごとに
    支払われる賃金が含まれます。

★対象精神障害者又は精神障害者支援専門家が、
 支給対象期の途中で事業主都合で離職した場合
 は、奨励金の支給を受けることはできません。
  自己都合により離職した場合は、離職日の前日
  までが支給対象期間となります。さらに、当該離職
  の日から1か月以内に新たに雇い入れた場合は、
  雇入れ日から支給対象期間として通算ができます。


 次回も支給額・助成対象となる取組ごとの対象経費の
続きを解説いたします。



カテゴリ:
精神障害者雇用安定奨励金


この助成金は、

精神障害者の雇用を促進し職場定着を図るため、

精神障害者の雇入れにあたり、精神障害者が

働きやすい職場づくりを行った事業主に対する

奨励金として創設されました。


今回は、支給額についての解説です。


【奨励金の支給

2.支給額

(1) 本奨励金の支給額は、助成対象となる取組に
   要した費用のうち、次の(2)に示す対象経費の
   1/2相当額です。
    ただし、精神障害に関する社内理解の促進に
   係る支給額、ピアサポート体制の整備に係る支給
   額及び精神障害者のセルフケアに係る支給額は
   それぞれ25万円を上限とし、全ての取組に係る
   支給額は総額で100万円を上限とされています。



 次回は支給額の続きで、助成対象となる取組ごとの
対象経費について解説いたします。



カテゴリ:
精神障害者雇用安定奨励金


この助成金は、

精神障害者の雇用を促進し職場定着を図るため、

精神障害者の雇入れにあたり、精神障害者が

働きやすい職場づくりを行った事業主に対する

奨励金として創設されました。


今回は、奨励金の支給について解説してまいります。


【奨励金の支給

1.助成対象期間と支給対象期

(1)本奨励金は、助成対象となる取組み
  (前述「対象となる措置」の3〜8に対応)
  の内容に応じて、支給対象者の雇入れの
  日を「起算日」とした下表の「助成対象期間」
  に示す期間を対象として助成が行われます。

(2)本奨励金は、この助成対象期間のうち、
  起算日から起算して6か月間(起算日前に
  助成対象期間がある場合はその期間を含む)
  を第1期の「支給対象期」、その後の6か月間
  を第2期の「支給対象期」とし、この支給対象
  期ごとに最大2回にわたって支給されます。



   助成対象となる取組みと助成対象期間

1 精神障害者を支援する専門家の活用⇒起算日から1年間

2 精神障害者を支援する専門家の養成
        ⇒起算日の前6か月間および起算日から1年間
3 精神障害に関する社内理解の促進
         ⇒起算日の前6か月間および起算日から1年間
4 ピアサポート体制の整備⇒起算日から1年間
5 休職した精神障害者の代替要員確保⇒起算日から1年間
6 精神障害者のセルフケア⇒起算日から1年間



次回は、支給額について解説いたします。



このページのトップヘ

見出し画像
×