2017年05月29日

ミシュランPro3とラテックスチューブで走ってみた

先日交換したタイヤとチューブ、ミシュランPro3とラテックスチューブで80キロほど走ってみた。

激変。

どんなに鈍感でもこれはわかるんじゃないかな。

総額5千円ちょっとというのを考えると、これほどC/Pの高いグレードアップは無いんじゃないか。
どこかのパーツを数十グラム軽量化するために数万円かけるのに比べれば、相当満足度は高い。

地面をスイーっとスムーズに進むのだが、かといってガチガチではなく振動の吸収もしっかりやってくれる。

車に例えるなら、たまにタクシーに乗って高速を走ってもらうと、段差でタイヤが相当ピストン運動してるなと思ってしまうほどにサスがフニャフニャに感じるのだが、このタイヤは高級スポーツセダンに乗ればこんななんだろう、と想像させる(乗った事ないけど)。出力が無駄に逃げることなく路面を蹴っていきながら、逆に不快な振動は伝わってこないというような。

荒サイをいつも走っている人なら同意してくれると思うのだが、荒川総合運動公園と秋ケ瀬公園の間、竹やぶの北、田んぼを「コ」の字に迂回するところ、みんなあそこ走るの嫌いでしょう。

風がいつだってきついし、何より路面が荒れていて、体力をごっそり奪われるのだが、あそこが初めて苦じゃなくなった。
荒れた路面でもスピードが落ちない。

ただ、これがラテックスチューブのおかげなのか、PRO3によるところが大きいのか、この2つの組み合わせだからこその効果なのかは、それぞれ単品で使わないとわからないが、先日の苦労を思い出すとそれぞれの効果を確かめる実験をする気にはなれない。

entry_s1 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自転車 

2017年05月26日

わしの耳がおかしいのか

今、携帯オーディオで使うイヤホンは、3つあるのだが全て中華になってしまった。

2万円後半のものと1万円後半のもの2つ。

2万円後半というと中華では高級機のレンジで、確かに他の2つよりも低音の深みやスケール感が違う。

とりあえずこれでしばらくスパイラルから抜けられそう、と安心していたのだが、昨日ある書き込みを見て心が乱された。

色々な機種の比較をされていて、その中でこのMYお気に入りのイヤホンが「比較するに値しない」とか書かれているのだった。

自分は「元気があっていい」と思ったところは、その人いわく「品がなく」「音が尖っていて荒く聴いていられない」そうで、上も下もレンジが広くていいなあ、と思ったところは「誇張させすぎでバランス悪い」とのこと。

2万数千円というと決して安くない金額なので、その買い物をボロカスに言われると正直気分は良くない。

まあ、ある一人の意見なので気にしなければいいのだが、その人その世界ではけっこうなオピニオンリーダーらしいので、自分の耳がおかしいのか、と。

「たまたまその人の買った機種が故障に近いハズレだった」と思うことにした。



entry_s1 at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯オーディオ | よもやま話2017

2017年05月13日

ミシュランpro3にタイヤ交換で苦労した

1年以上前にはめたタイヤ、verdstein。3000キロぐらいで前後交換して1000キロ、かなりフラットにすり減っていた。

シャマルウルトラにしたんだし、もう少しいいタイヤをおごってやりたい。

今まではフレームの色に合わせてグリーンだのイエローだのを選んでいたのだが、値段とパフォーマンスを重視して色はこだわらないことにした。

海外通販を眺めていると、CHAIN REACTIONというUKのサイトで、ミシュランのpro3が二本セットにチューブ2本おまけで3700円

今はpro4が出ているので在庫処分品なのだろうけど、出た当初はペアで1万円以上したレース仕様のハイエンドタイヤだ。

「すぐ減る」らしいが、1本2千円以下ってリアル店舗でその値段で買えるのは激重のエントリーグレードでしょう。
2000キロぐらい楽しませてくれたら十分。どうぞどんどん減ってください。

5000円以上になれば送料無料ということなので、以前から気になっていたラテックスチューブ2本もお買い上げ。

おまけのブチルチューブはオクに出したら実質さらに値引きになるし。

ポチってから1週間ほどで到着。アマゾンにしろ、UKからの通販はほんと早い。
やっぱ郵便発祥の国だからか(?)
1
感動のあまり手が震えている。

重量測定。タイヤもチューブも軽い。
2
3


pro3をググると「ビードが固くてはめるのに苦労する」とか。
ははは、初心者じゃあるまいし。そんなのものの小一時間もあれば完了するよね、と舐めてかかったけど、本当に苦労した。

最後の10センチぐらいがリムまであと少し、というところにも程遠い状態。
あ、もうタイヤレバー折れるな、という寸前のレベルでギュギュギュとこじいれて、おー入った入った。

・・・二時間かかってる。

ハンドポンプで空気を入れて。・・・・なんか後輪が柔らかいなあ。
これスローパンクしてるな。多分。
まあ一晩置けばはっきりするだろ、と就寝(気になって熟睡できず)。

翌朝、案の定タイヤはスカスカに。気をつけていたつもりだったけど、どこかでチューブを噛んでたんだ・・・わしもまだまだやな、と寝不足かつ暗い気持ちで出勤。

さて、穴のあいたラテックスチューブ、どうするか。
海外通販で安く買えた(国内の半値)とはいえ、「穴があいたので捨てる→もう一本買う」となれば安くなった事にならない。

穴を補修して使う。それしかない。

ところが、タイヤ交換は何度かしたことがあっても、実はパンクしたチューブの穴補修というのをやったことがない。

穴の特定→やすりがけ→接着剤塗布→パッチ→圧着確認

ものすごく面倒だ。

まず自転車(一号)を買った時(大昔だ)に一緒に買った補修キットがどこにあるか探さなければいけない。
実はこれが一番面倒。

ダイソーとかに売ってるよなあ、帰りに寄るか、でもそういう安物ってラテックスチューブにも使えるのかなあ、

ああ面倒。

と、寝不足に加えてどんどんネガティブな気分なところだったが、ある商品を見つけて「これや!」と一気に明るくなった。
4

パナレーサーのイージーパッチ。要はチューブ用のバンドエイド。貼るだけ。「ラテックスチューブに使用可能」とちゃんと書いてあるし。
しかもラテックスの場合はやすりがけも不要らしい。

ビックカメラ新宿西口で440円。

さて買って帰ったから交換を再開。
今回は1.タイヤをはずす 2.タイヤをはめる の2工程でチューブにキズをつける可能性がある。
リスクが倍なのだ。

チューブを噛まないように、レバーは極力使わないように。
チューブがピンクで目だつ色だったのは良かった。

取り出したチューブ、穴の特定。洗面台に水を張って泡が出ているか・・・
あーここか、小さく気泡が。マジックでマーク。

でも穴がひとつとは限らない。

苦労してはめた後で実は他でも漏れてました、だともうショックで翌日会社休むかも。

慎重に探すがひとつだけだったようだ。

イージーパッチ出動。水分を十分にぬぐってから、ペタっと一気に。
あーこれは最高に便利だ。

念のためエア漏れが防げているか再度洗面台で確認して、タイヤにはめる。
これで最後であってほしい。

前の日失敗してから色々調べたのだが、うまくはめるコツは、バルブと反対側からはめ、ビードをリムの中央に押し込んでできたわずかな緩みをバルブ側にもっていく、だそうで、そういえば自分はバルブ側を最初にはめていたから緩みができなかったんだ。

先人の教えどおりすると、今度はタイヤレバー一本だけ、それも少しだけ使ってはめる事ができた。

エア漏れは・・・翌朝見てみたが・・・無い。

今回の交換で一度失敗したことはむしろ良かったかもしれない。
・タイヤをはめるこつがわかった
・イージーパッチを持っていくことで、例えば予備のチューブさえパンクした時の保障になり、安心感が増す

実は、自分は走行中にパンクさせた事は今まで二回しかない。
ビビリなので路面は慎重に見て走っているのだ。
むしろパンクするのはタイヤ交換のときの方がリスクが高かったりするのだが、今回でパンク修理もあまり不安じゃなくなった。

というわけで空気をパンパンに入れて、さあ転がせと待機中のシャマルウルトラとpro3。
5


ラテックスチューブは走行が快適、pro3も軽い走行感、との評判だが、今日は雨。
明日は別件で外出なので、実走は来週までおあずけなのだ。

entry_s1 at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自転車 

2017年05月07日

ヘルメットなんて安いやつでいい

ロードバイクというのは、バイクだけ買っても始まらない。
追加用品を揃えないといけない。
・ヘルメット 
・ジャージ上下
・シューズ & ペダル
・グローブ
・ボトル&ボトルホルダー
・ツールケースorサドルバッグ
・携帯工具
・予備チューブ
・携帯空気入れ

これ全部Y'Sとかの専門店で買うと5万ぐらいにすぐなってしまう。

中でもヘルメットは1万以上、特に軽いものは2万以上・・・って、まだフォームも固まっていない初心者はできるだけ軽いほうがいいのに。

というわけで、「軽くて安いやつ」ならアマゾンにある。

自分はどこだかヨーロッパのメーカーの200g以下の軽いものを数年使っていたが、かなりボロくなってきたので(なんでも3年で買い替え推奨だとか)、前から目をつけていた0-CLEという激安ヘルメット¥3300を買った。

本来は緑の無地だが、カッティングシートで黄色の味付けをした。
ocle


今日初めてかぶってみたが、重さはこれも十分軽く、100キロ走って首のコリは無し。
大きさも適当(以前、別の激安を買ったがこれは空気抵抗を明らかに感じるぐらい大きく、いわゆるキノコ、というかマタンゴ頭になり、失敗だった)。

まあ、レースに出たり仲間とツーリングに行くときは、見栄を張れるようなものではないが、自分ならヘルメットにお金をかけるぐらいなら、他のパーツにまわすなあ。

安全性?こいつならダメで他ので救われる、というような事故に合うようなら、それは首から下に重大なダメージを受けてるって。







entry_s1 at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自転車 

GWに行ったパン屋

ホイールを変えたら遠出が楽しい。

北へ南へと埼玉県のパン屋巡りがこの連休にやったこと。

1.羽生のみやび亭
m1

店前にベンチ2つあり。
まず、ベーコンとじゃがいものなんとか。
M2

けっこう大き目の具がごろごろと入っている。しかもベーコンの質もいいものだとわかる。安いのはしょっぱいだけだけど、これはちゃんと「肉を食べている」という実感。味付けは胡椒。
次に練乳クリームくるみ。
M3

これはリピート決定。持ち帰りにして家族に食べさせたい。クリームがかなり甘いのだが、しつこくなく、また少しだけ砂糖をそのまま残してあるそのざらっとした食感に、パンに入れてあるクルミの香ばしさが・・・書いていてまた食べたくなった。
二つでほとんどワンコインという、パンとしてはかなり高い方なのだが、わざわざ行く価値あり。

2.パンの田島 川口店
t1

駅前商店街の店なので店先に食べる場所無し。路地に出ると公園があったのでそこで。
ここは昭和給食でおなじみのコッペパンと揚げパン専門の店。
でも、その中に入れる具がバラエティに富んでいて、どれにしようか迷ってしまう。
揚げパンの方は、コンビーフ&ジャガイモ。
t2
t3

コンビーフの量が少ないかな?と思ったが食べてみると、これでちょうどいい。これ以上多いとしょっぱすぎるだろう。ほどよいバランス。
コッペパンはきなこ&あずき。
t4

自分には甘すぎたかな〜

これも2つでワンコインぐらいになった。ちょっと高いかな。とくにコッペパンに200円以上払うのは、自分の感覚からすると。
ただ揚げパンの方は他にもグラタンとかビーフシチューとか惹かれるものがたくさんあったので、又来てみたい。

3.朝霞 アーブル
a1

店先にテーブルあり。ただ車道に面しているのであまり落ち着かない。
たまねぎとなんとかのハンバーガー。
a2

ハンバーグの厚みはマックの1.5倍ぐらい。自家製(=家庭っぽい)って味。
大納言。
a3

これリピート決定。割ると中に惜しげもなくあずきがぎっしりと。やや硬めといってもフランスパンほどではないパンのもっちり感で、かめばかむほど甘みで幸せな気分に。
2つで360円ぐらいだった。このお店はCP高い。というか他の価格が高すぎないか。



entry_s1 at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)埼玉県のパン屋 | 自転車

2017年05月01日

カンパニョーロのシャマル・ウルトラを履く意味

これまで履いていたホイール、軽くていいんだけど、もう4000キロ乗っている。
少し変化が欲しいな。

今度ホイールを買い換えるんだったら、中華カーボンフレームの次だから、当然中華カーボンディープリムだと思っていた。

しかし、中華カーボンホイール、あまり多いとは言えないネット上のレビューを読むと、絶賛というのは無い。

ディープリムの形状からくるメリット、高速域での速度キープが容易、というのはあるらしいが、一方で重くなるしスポークが短くなる分乗り心地は悪くなるとのこと。

レースなんて出ないから誰と競争するわけでもなし。
一人で平地をひたすら長く走るのがほとんどな自分にとって、今よりも乗るのがしんどくなるんじゃないか。

正直「かっこいい」以外のデメリットが多すぎる。

そこで、「ロングライドが楽」というキーワードで探すと、シマノやフルクラムやマビックではなく、カンパニョーロがヒットする。

カンパは走るのがこぐのが「楽しい」らしい。

ではどれにするか。ゾンダでは以前乗っていたアルテ6700と変わらないんじゃないか。今のよりずっと重いし。

その上はユーラス?うん、でもヒルクライムに特化した感じで惹かれないなあ。

さらにその上だと、もうアルミリムではフラッグシップになる、シャマル・ウルトラだそうだ。

値段も普通に買うと6桁する。却下だ却下。

しかし得意の海外通販だと8万円台。うんこれなら。

でもGWに乗りたいな。今すぐ欲しい。

ということで中古だけど国内でポチっと。

C15の型落ちだがダークロゴが「実はシャマルなんですよ」的控えめな主張、これが決め手。

しかし、中華カーボンフレームにシャマル・ウルトラって、ストイックに乗ってる人からすると、ふざけんなコラ、てなお叱りを受けるかも。

世界のユキヤが練習ではユーラスで、本番で使うのがシャマルらしい。

レースは出ない、坂は嫌い、向かい風はもっと嫌い、そんなヘタレの50過ぎサンデーライダーがシャマルを履く資格なんて無い?

フレームより車輪の方が全然高い。

ファッションなら全身ユニクロで靴だけグッチ。

オーディオならアンプはデノンの390でB&Wの800シリーズを鳴らす、みたいな。

いや、アンプは中華のtoppinとかか。

昼飯なら吉野家だけど食後のコーヒーは椿屋で、みたいな。

でもまあ、遠慮してユーラス買ってもどうせシャマルどんなかなあ、って思うに決まってるじゃないか、にんげんだもの。

というわけで、昨日インストール。

ビフォア。
IMG_20170429_134237


アフター。
shamal04302

初めてのライドの今日は、荒サイを南下、川口まで往復してきた。84キロほど。

さて、ヘタレの50過ぎライダーでも違いはわかるものか?

・・・・全然違う。いい買い物したぞ。

平均速度がXキロ上がったとか、ギアX枚重くできた、とかそういうのは無い事も無いが、そんな数値の結果はどうでもよろしい。

上に書いたように、何よりも「乗っていて楽しい」。
shamal04301
具体的には、入力に対する反応に無駄が無くダイレクトなのだ。
人馬一体というか。気心知れた馬を駆る、という感じ(筒井康隆 旅のラゴスにそういう場面があったな)。
IMG_20170430_134525

以前、何かで読んだが、中高年こそスポーツカーに乗れ、と誰かが書いていた。

スポーツカーは反応が早い。意のままに加速し曲がり停まる。
だからむしろ中高年にとってスポーツカーは安全なのだ、といった趣旨だったと記憶している。

若者が車にお金を使わなくなった今、あと当てにできるのは勝ち逃げ世代の懐のみ、という事情もあっての一文だろう。

けど、今日乗りながら、このことを思い出し、わしらヘタレのおっさんでもシャマルを履く理由って、全然有りだなあ、と思ったのだった。
IMG_20170430_134553



entry_s1 at 00:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自転車 

2017年04月30日

カンパの超車丸がやってきた

じゃじゃーん。
shamal

カンパニョーロのシャマル・ウルトラ 2way-fit ダークレーベルだ。
どうだ、まいったか。

重さ計測。
shamal2
shamal3

両方で1500g、今まで履いていたものより少し重いが。

entry_s1 at 19:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自転車 

また投稿が読まれた!

愛聴番組、ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

先週観た「イップ・マン 継承」があまりに良かったので、「宇多丸さんにレビューして欲しい映画」として投稿したところ、見事読まれた!

読まれた部分:
「次回師匠にウォッチしてほしい作品は「イップ・マン 継承」です。
スター・ウォーズ ローグワンでのドニー・イエンは不完全燃焼で大いに不満でしたが、本作品ではそれを一掃してくれました。
とにかく、美しく激しいカンフーを堪能できます。」

今回は賞金2000円もらえるのだ。ラッキー。

IMG_20170426_202913
IMG_20170426_202903


entry_s1 at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2017 | 本日の一本-3

2017年04月29日

行田の翠玉堂

自転車行の補給パン屋、新規開拓。

食べログで異彩を放っていた行田の翠玉堂

投稿を読むと、店の雰囲気といい、店主も癖がありそうでなかなか敷居が高そうだ。

でも、とりあえず行ってみよう。

いつもの見沼用水沿いに北行、古代蓮の里の展望タワーを左手に見て少し過ぎてから西へ。

主要道路沿いにあるのですぐわかった。

うん、確かに癖のある店だ。変なのれんに変な張り紙。でもパンの焼けるとてもいいにおい。
IMG_20170423_111128


店の前にバイクを止め、メットを脱ぎスマホをハンドルから外す。
さて、引き戸を開けて・・・って全然開かない。右も左も。

え?一見さんお断りのパン屋?
事前に予約しないと入れてくれないとか?
「パンの本当のおいしさがわかる人にだけお売りしています。だからうちは紹介者がいないとダメです」
みたいな?

または店主が中から見張っていて、「こいつ嫌い」と思ったら鍵をかけるのかも。

そうすか、自転車乗りはお嫌いですか。派手派手で珍奇な格好だからね。

もうそのままUターンして別の店を探そうかと思ったが、そこではっと気が付いた。

「まだ開店していないのでは」

スマホの時刻を見ると10:50。食べログを確認すると店は11時かららしい。

なあんだ、勝手に被害妄想を膨らませてしまったぜ。

10分間店先でじっと待っているのもなんだか気まずいので、軽く周りを巡り、すぐ近くに公園があるのを見つけたのでここで食べようと決め、再訪したのが11時5分過ぎ。

引き戸よ、今度こそ開いてくれよ。

がらがらがら・・・・・開いた!

「いらっしゃいませ〜」

なんだ普通に明るい店主さんじゃないか。53にもなってなにビビッてんだか。

でも、普通の店と違うのは、入るとすぐに店の案内書を渡されること。
IMG_20170429_184031
IMG_20170429_184106
IMG_20170429_184133


どうぞつっこんでください感ありありな、ユル〜い書きっぷり。

ガラス棚の中にパンが陳列されているが、そこには値段も名前も説明も貼られていない。
ただただパン。パン。パン。
なんだか「パンの標本」「パンの博物館」といった趣きだ。

客は案内書と棚を交互に見ながら選ばなければいけないのだが、これも美術館で説明書きと作品を見比べる鑑賞者のようになる。

で、その「陳列」しているパンなのだが、どれもルックスはとても「地味」なのだ。
普通の「町のパン屋さん」のパンは赤や黄色のトッピングで、もっとカラフル。
一方ここのパンは、油絵を連想させたりする。

そんな「作品」の中で選んだのは「ベーコンエピ」と「フランスあんパン」。

早速公園で食。
IMG_20170423_111544
IMG_20170423_112310


固い。これは入れ歯の人は無理だわ。

でも、固いがゆえに一口一口噛みしめる。
その一口ごとに「パンとは小麦粉を焼いたもの」という、素材とか作り方とかの「パンの本質」、そういうことを考えさせられる。

特にベーコンエピ。いい。これは次に来たら家族に一本ずつ買って帰り晩飯用に食べさせたい。


entry_s1 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)埼玉県のパン屋 | 自転車

2017年04月21日

牛久の大仏

茨城県牛久の大仏を見て来た。

宮田珠己の本で存在を知ってからいつか行きたいと思っていた。

別に信仰・信心から、ということではなく、怪獣と同じぐらいデカイ人型のものが本当に存在する、ということを肉眼で目撃することで、特撮の世界をリアルに妄想してみたいという罰当たりな動機。

入り口付近。茨城出身の横綱誕生を祝福。
1


4

身長120mとのこと。自由の女神が40mらしいので、数字だけ聞くと大きい。
たしか初代ウルトラマンが45m、初代ゴジラが50m。戦ったら全然強いだろう。
5

でも、周りに比較するものが無いので、「巨大感」はあまりない、というのが正直なところ。

実際、圏央道で向かっている時に遠くからでも見えたときの方が「デカッ」と感じた(写真には撮れなかった)。
それから、あとで寄ったアウトレットSCで、アメリカナイズされた街並みのやしの木の間から上半身が見えるシュールさもよかった。

お約束のポーズ。
2


お約束の顔ハメ。
3




entry_s1 at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2017 

2017年04月18日

春の利根川CR

おとといの日曜日。

新しいフレームで初めて100kmを走った。

見沼用水路→利根川CR

1

2


後半、向かい風でへろへろだった。

サドルの位置も微妙にもう少し後ろの方がいいかも。
首とわき腹が痛い。



entry_s1 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自転車 

2017年04月17日

「あおり」記事に注意

「観光のがんは学芸員」 山本地方創生相が発言

山本幸三地方創生相は16日、大津市のホテルで地方創生に関するセミナーに出席し、外国人観光客らに文化財などの説明、案内が不十分として「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないと駄目」などと発言した。学芸員やがん患者らに対して不快感を与えかねない発言。

上記、日経。同じ文が産経東京新聞にも。

誰だ、この記事書いたのは。もっと日本語を勉強してほしい。

学芸員が怒るのは当然だろう。
自分の職業に対する無理解から、「一掃しろ」とまで言われているのだから。

しかし、なんでここでがん患者が不快に思う必要があるんだ。

この大臣が「がん」という言葉を使ったのは、「一刻も早く排除すべき病根」というものの例えであって、がん患者にとっても思いは同じ。

だから、「〜はがんだ」という表現についてがん患者が不快に思うとすれば、「あれこれ手をつくしても無駄、どうせ良くならない」という意味で使った場合だけであって、今回は明らかに違う。

それよりも、この「がん患者ら」という「ら」の一文字でまとめてしまうようなスタンスの方が失礼だ。

もっと言うと「どうですか、あの人こんなこと言ってますけど、腹立ちますよね?抗議したらどうですか」とあおりに行っているような卑しい意図も感じられる。

この記事の方がよほど不快なのだ。

entry_s1 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2017 

2017年04月11日

情緒が論理にまさるとき

てるみくらぶが倒産した。

そこに内定していた学生が、社会人一年生になった矢先に職を失うのは気の毒だとして、大手旅行代理店をはじめ多くの企業がうちどうですか、と急遽会社説明会がおこなわれた。

この措置はおかしいと思う。

有名どころのJTBや近ツーに入りたくても入れなかったその他大勢の、旅行業界志望だった今年度新入社員からしたら、不公平に感じられるはず。

大手を志望したけれど軒並み落ちて、てるみくらぶには内定が出た、という学生に、今度は向こうからどうぞうちにということなら、なんじゃそら、と思うんじゃないかということ。

日経記事のこの見出し、そのあたりの世間のもやっとした感をうまくキャッチしていると思う。

てるみくらぶ内定者「頭追いつかない」 近ツーなどが面接会

むしろつぶれてラッキー。

うちの会社もつぶれてくれないかな、と期待している新入社員もどこかにいるかもしれない。

以下ものすごくドライな言い方をすると。

みんな今後の人生を進んでいくにあたり、より良い条件を勝ち取るため、自分は他者より優秀だと認めてもらいたいから、スペックアップに励んできたわけで。

その努力の結果として例えば近ツーの内定を勝ち取った人がいる。

そうやって入ってきた新人に、その会社の経営側は今回の措置をどう説明するんだろう。

優秀な学生が、業績が好調で財務基盤が健全、結果給料も高い企業に採用される、これが世間の理屈=経済法則であろう。

その逆も然り、ということだ。

世間一般の法則=ロジカルな話。

しかし、今回のように「困っている人が気の毒だから」と、相手の気持ちに寄り添ってしまう(←日本人が大好きな言葉)と、情緒が論理を簡単に超越してしまう。

論理がいくら理屈で反論しようとも、勝ち目はない。

ひとこと、「あなたには人の心がないのか」
スペシウム光線並みの一撃必殺技である。

理不尽だ。

しかし、一度この「思いやり」を発動してしまうと、切りがなくなるぞ。

・・・あの人がかわいそうなら、わたしだって。こんなにひどい目にあったのよ。

これからだって倒産はいくらでも発生する。
自転車操業をしている零細旅行代理店なんて、てるみくらぶだけではないだろう。
そのたびに旅行業界はこういった温情措置をとるのだろうか。

まあ、もしかしたら単に業界のイメージアップ、もしくは自社宣伝が主な目的なので、ポーズだけではじめから雇う気なんてさらさら無く、「説明会はしたけれど来てもらいたい人はいなかった」で終わるのかもしれないが。

だとしたらそれこそ「人としてどうなの」と思うけど。

entry_s1 at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2017 

2017年04月09日

西新宿の桜

去年の夏、ポケモンGOをやっていた時、勤め先が西新宿にあるので、行き帰りに都庁から新宿中央公園を通っていた。

新宿中央公園は、けっこうな種類のポケモンをゲットできるということで、かつては異様な人だかりだった。
夜などはほとんどゾンビの群れだったなあ。みんな無言で異様。

ポケモンGOをやるまでは、わざわざ公園を通ることもなかった。

秋、肌寒くなるとみんなポケモンGOをやらなくなり、公園もこれまでのような落ち着きを取り戻してきた。

自分も同様に、いつのまにか公園に入った途端スマホを取り出すことは無くなったが、朝天気がよければ公園を通り、人工池の亀を眺め、熊野神社で手を合わす、という習慣がついた。

何の信心も無いが、一日の節目、儀式みたいなものである。

そうやって、ポケモンGOがきっかけで今年から見ることになった西新宿の桜。

IMG_20170406_081323

IMG_20170406_081809
IMG_20170406_082005
IMG_20170406_082048
IMG_20170406_082134



entry_s1 at 00:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)よもやま話2017 

2017年03月26日

キング・コング 髑髏島の巨神

初日、息子2人と鑑賞

春休みレジェンダリーチャンピオンまつり!
やっぱり怪獣映画は怪獣が好きなヤツが撮らないと!

小学生低学年男子が「ガオー、ドカーン」と自分で言いながらフィギュアとプラモを戦わせてる一人妄想。

それを映像化しただけ。
だけど、わし(53歳)はそれが観たかった!

パシリムがさほどあたらなかったらしいが、レジェンダリー精神は健在だった。

この後キンゴジが続き、その後は・・・!

毎年スターウォーズシリーズが観られることといい、なんと幸せな時代なんでしょう。

entry_s1 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日の一本-3 

2017年03月20日

村上春樹とオーディオ

この間ある人と飲んだ時に村上春樹の話になった。

新作「騎士団長殺し」を読んでいるそうで、その中で登場人物がオペラを真空管のアンプ+タンノイで聴いているとのこと。

タンノイキター。

オペラ。真空管。

いかにもやなあ、と笑ってしまった。

いつぞやにヤナーチェクが売れたみたいに、オーディオショップでタンノイ指名買い客が急増する、と予言しておこう。

entry_s1 at 09:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)よもやま話2017 

2017年03月19日

評判?のパン屋さん

3連休中日。

天気がいいので午前中から荒サイ自転車。

いつもの折り返し地点でお昼近くになったので、食べログ検索。

5キロほど行ったところに(といっても川は越さなければいけない)評判のパン屋あり。

あんバターの写真に惹かれたのでここにすることに。

グーグルナビの示すままにたどり着くと、まるで昔の配給の如く人が群がっている。狭い車道が渋滞も。

で、自分はかつサンド240円とあんバター160円を買ったのだが・・・

うん、かつはボリュームあるし、衣のサクサク感もちゃんと残っていてべちゃっとはしていない。

でも、肝心のパンにこれといって印象が無い・・・

・・・なんか普通。

じゃあ、期待のあんバターはというと。
IMG_20170319_120932-1

え?これバターか?マーガリンじゃないのか?(いつもパンにバターもマーガリンも塗らないのでオレが味を忘れているのか?)

こいつもパン自体にこれといって感動が無い。

まあ、パンに縦ではなく斜めに切込みを入れているので、あんのはさむ量は多めになっていることには好感を持てたが(ブログに上げるため必死に「いいところ」を探している自分に気が付く)。

あとからググってみると、曜日限定の食パンが美味しいとかで、そういえば予約してたんですけどーといって来てたおじさんがいた。

その食パンを食べずに○X付けられるのは店としては不本意かもしれないが。

よく言えば、昔ながらの時代にこびない、昭和を感じさせるどこか懐かしい町のパン屋さん(アド街でよく使うフレーズ)。

でも正直なところ、近所のスーパーにあるベーカリーに比べてわざわざ片道30キロかけて行くほどのものか?と思った。

例えば、川口デイジイの名物、クロワッサンBCはそのためになんやったら地球の裏側からでもわざわざ行くのもアリの美味しさだ(ほっぺたが落ちる、とはこのこと)。

ただ、あれはハレの味。毎日あれを食べるのはちょっとどうかと(あとカロリー的にも)。

今日のお店はそういう「アゲ」の感覚は無く、至って普通なのだった。

まあ、食べ物というのは良し悪しではなく好きか嫌いか、ですから。

entry_s1 at 16:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)埼玉県のパン屋 | 自転車

2017年02月26日

LA LA LAND

たぶんオスカー取るだろうから、受賞の前に観ておくことに

いやー夢のような2時間でしたね。演技、演出、音楽、編集、衣装、美術、舞台装置、全てが素晴らしい。

もし可能ならそのまま椅子に座り続けて、次の回をみせてもらいたいぐらい。

これで1800円って、娯楽として安すぎ。
逆に言うと、最近の松竹がほとんど月いちで量産している高校生恋愛ものなんかと同じ値段というのが・・・

映画人からミュージシャン、お笑い、大道芸人まで、全てのエンターテイメントを生業としている人は、みんな嫉妬するんじゃないかな。

昨日の内に予習として、

サンセット大通り
巴里のアメリカ人

を観ておいてよかった。
特に巴里〜。これを観てると観てないとじゃ、全然終盤の手ごたえが違うと思う。



entry_s1 at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日の一本-3 

2017年02月19日

コンサルタント&キングコング

評判の高い「ザ・コンサルタント」を観てきた。

暫定今年ベスト!

ときたま、ああ映画が好きで本当に良かった、と思わせてくれる作品に出会うことがあるが、これはそういう一本。

あそことかこことか、いいところ書くと全てネタバレになってしまうのでこれ以上書けないけど、都合が合えばぜひ。

来月公開の新作怪獣映画
このポスターのセンス、ほとんど昭和の男子向け漫画雑誌だ。
IMG_4085




entry_s1 at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日の一本-3 

53歳の誕生日にディズニー

昨日はわたしの53歳の誕生日だった。

有休をもらえたので、嫁と次男と3人でTDLに行って来た。

知っている人も多いと思うが、TDRでは自己申告で「誕生日だ」とキャストに言うと、写真のようなシールをくれる。

IMG_4090


これを胸などの目に付くところに貼っていると、キャストが積極的にお誕生日おめでとう、と言ってくれる。

数えていたが、11回だった。こんなにおめでとうおめでとう言われた誕生日は人生53年、初めてだね。

昨日は天気はいいが風がとても強く、結局パレードは軒並み中止。
IMG_4062


おかげでパレード目当ての客がどっとアトラクションに流れ込んだため、極寒2月にしてはとても混んでいた。

今回の目的のひとつ:次男はスタ−ツアーズについて、3Dになってからのバージョンを全く観ていないので、それのデビューもあった。通算5回乗ったのに、前半タトゥイーン後半ナブーの組み合わせばっかり。
混雑時はわしらみたいなリピーターが来ないようにする対策?
IMG_4074


下の写真はトゥーンタウンのコースターにて。下は水が全面に張ってあるのだが、いたるところに小銭が投げ入れられている。
ここは銭洗弁天とは違うよ・・・。
日本人のDNAが為せる技か。
IMG_4067


スイスファミリーツリーハウスの上からの夜景。
IMG_4078


entry_s1 at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2017