2018年06月17日

大洗に海鮮を食べに行ってきました

日帰りで海産物グルメをしてきました。
IMG_20180617_111055-512x384
IMG_20180617_111224-512x384

うち(埼玉)から圏央道などを通って片道2時間ちょっとです。
日曜でしたが行き帰り共渋滞はありません。
「那珂湊おさかな市場」に着いて、すぐにお目当ての海鮮丼へ。
IMG_20180617_115435-512x384

東光庵というお店。
近隣の同様の店に比べて、具が多くて値段がお安い。
IMG_20180617_113403-512x384
どーん。
IMG_20180617_113409-512x384
どーん。
ウニの下にはイクラが層になって敷き詰めてあります。
それぞれの具も大きく、これで2000円以下は満足度高いですね。
ただ、今が旬というウニが地のものかどうかは不明。
ウニ好きとしてもおいしかったので文句は無いですが。

後半は観光で、タワーとめんたいパークです。
IMG_20180617_124357-384x512

IMG_20180617_125523-512x384
IMG_20180617_125623-512x384
IMG_20180617_125836-384x512
IMG_20180617_132124-512x384
丁度さんふらわあ号が入港したところを見ることができてよかったです。
IMG_20180617_145845-512x384
IMG_20180617_145657-384x512
IMG_20180617_143438-512x384
IMG_20180617_144747-384x512
めんたいソフト。ツブツブが微妙な味をかもし出しています。甘味にしょっぱみを入れるのは、塩大福と同じ狙いかも。


entry_s1 at 21:47|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年06月16日

NETFLIXにして良かったこと

オリジナルのドラマが豊富なNETFLIXですが、普通に劇場公開された旧作品の映画も品揃えが充実しています。

これまでWOWOWなどで撮りだめしていた作品がいくつもNETFLIXにもありました。

そこで、ブルーレイに録画されたそれらを片っ端から消去し、NETFLIXのMY LISTに登録。

ブランクのブルーレイディスクが出るわ出るわ。

これでしばらくは生ディスクの調達を気にせずに、またバンバン録ることができます・・・・

entry_s1 at 22:53|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年06月02日

今年のTシャツが届きました

毎年買っているTシャツ、今年分が届きました。
今回は2週間ほどで到着、以前より早くなりました。
セール期間中だったので1枚20ドル→14ドルで買えました。
去年
おととし

今年は東宝怪獣もので。
IMG_20180602_071107-512x384
IMG_20180602_071120-384x512
IMG_20180602_071245-384x512
IMG_20180602_071301-384x512


entry_s1 at 09:12|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

ガメラ対ギャオス

gg


entry_s1 at 08:49|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年05月26日

ゴジラ対ピジョン

地球最強の怪獣王ゴジラも平和の象徴には難儀しているようでした。
IMG_20180526_125348-819x614


entry_s1 at 21:44|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年05月13日

坐ることを拒否する新宿駅

岡本太郎の有名な作品に「坐ることを拒否する椅子」というものがあります。

「合理主義への皮肉」がこの作品の視点としてあると思うのですが、同様に、新宿でこういう光景を目にすると、合目的性から外れたものを排除する冷徹な意図を感じてしまい、ひと言おちょくりたくなります。
IMG_20180512_084501-614x819


そんなに座られたくなかったら、もともとの設計でガラス窓の下辺を腰よりも高くすればいいのに。

ためしにこの三角のエッジに座ってやりました。全然お尻は痛くありませんでしたよ。

それにしても、駅にベンチが少なすぎる。
特に東京駅、新宿駅はひどいです。ベンチ難民だらけです。
座りたかったらお金を払ってカフェに入れ、ということなのでしょうか。

バリヤフリーなんてたいそうな掛け声以前に、ベンチを増やすぐらいたやすいことだと思うのですが。

ベンチが増えるとなにか駅が困ることがあるのでしょうか。


entry_s1 at 23:57|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

Circus Maximus/Havoc In Oslo

cm

Circus Maximus(以下CM)というノルウェーのバンドの、Havocというアルバムを最近よく聴いています。

プログレメタルというジャンルに入るのでしょう、いわゆる「ドリームシアタークローン」などと言われるなかのワンオブゼムだったのですが、直近のスタジオ録音Havocで一つ抜き出た感があります。

このアルバム、前半はダークでヘヴィなリフ中心で、以前の作品とあまり変わらずなのですが、後半(5曲目のFlamas以降)になってからは、一気に美メロとたたたみかけるドラマチックな展開にタイトなアンサンブルの名曲ぞろいとなっています。

プログレメタルの頂点は永遠にドリームシアターなのですが(断言)、彼らの演奏は上手すぎるわ長すぎるわ展開多すぎだわで、聴いていて胃もたれする時もあります。

CMのHavocは、各曲はさほど長くないのですが、ゾクゾクするインスト部の展開(特にギターとシンセのツインリードソロがたまりません)があるけれど長すぎずコンパクトにまとめられ、どれもシングルカットにしてもいいようなキャッチーで容易にくちずさめるメロディーラインが魅力です。

北欧らしい哀愁というものが、我々日本人のツボにもはまるのかもしれません。

このHavocお披露目のライブがブルーレイになっているというのを知ったので、タワレコ通販で買いました。

彼らのビジュアルは初めましてなのですが、ルックスを期待してはいけませんでしたね。みんなひげ面のやや中年太りのおっさん。特にボーカル、声だけのイメージはもっと若いのですが。

でも演奏はしっかりしていました。動画でも見応えがあります。個人的にはもう少しキーボードをしっかり見せてほしかった(カメラアングルは一個だけ)ですが、バンドの一体感はライブでも確かなものでした。

ノルウェーというとかつてAHAという超ヒットグループがいましたが(大昔奥さんと武道館で見た記憶があります)、このバンドは本国ではどのくらいの位置づけなんでしょうか。






entry_s1 at 23:17|PermalinkComments(0) ドリームシアター | よもやま話2018

2018年05月07日

Y氏のこれから

1 オールフリー飲料のCMに出演 「ボクにも飲める!」
2 音楽教室でベースの先生
3 女子高で音楽の先生
4 無人島で密造酒飲み放題

でも、今回のこれって始めから解雇ありきで進んでいたんじゃなかろうか。

入院するほどのレベルでアイドルってなあ、じゃあこの間の一件、リークして引退させるか、みたいな。

entry_s1 at 21:30|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年05月04日

amazonに怒

NETFLIXに加入してから、急に4K環境にしてみたくなりました。

二週間ほど悩んで(かつ色々リサーチして)、連休中にならセットアップできるかと、思い切ってamazonにいくつかをオーダー。

31.5インチのBenQ製4Kモニター。
UHD-BDプレイヤー LG製の新製品。これをネットにつなぐことで、NETFLIXも観ることができます。
HDMI2.0のケーブル何本か DPケーブルも
HDMIの2:1のセレクター △留覗出力を,AVアンプに送る時の切り替え用。
ゥ咼妊カード 4K、60fpsが出せるもの(これはビックカメラのポイントで交換)

5/3-4の配達になるよう、それぞれをオーダーしたのです。
△らイ魯好吋献紂璽襪匹りに届きました(佐川急便が、午前中指定で11:55に来るのもどうかとは思いますが)。

しかし、肝心の,今朝(5/4 午前三時)になって、5/7以降配達という延期の連絡。

昨日はアカウントサービスを何回も見て、こいつだけが一向に発送のステータスにならないのは(しかし「5/4までに配達予定」とずっと表示)おかしいなあ、でも案外実際の配達の方がステータス更新より先になることもあるからなあ、と楽観視する私は人がよすぎました。

amazonにとって上客(プライム会員)じゃなければ、納期の約束はあまり守らなくてもいい、という認識のようです。

いくら4K出力の環境があっても表示装置が揃わないと。
今日5/4はどこにも出かけずにセットアップを完了する予定だったのです。

他の商品が届いたのでまだいいですが、この商品のためだけに休日の予定を組んでいたとしたら、相当ダメージは大きかったでしょう。

こうなったら6日までに配達できる業者(同じような価格で即日発送をうたうところは数社あり)にオーダーして、amazonはキャンセルじゃーと、amazonにキャンセルリクエストをしたところ、すぐに返信。

「キャンセルは受け付けられません」

なんじゃそりゃー(怒)

サイトではすぐ発送できるように表示しておきながら、受注すれば発送を引き伸ばす、しかもキャンセルは受け付けないって、こんなことを重ねていたら、受注数も売上も膨らむよなあ。

それに、なんだかプライム会員へ施す便宜のつけを我々平客が払っているような気がしてなりません。

もし自分がプライム会員だったら、今ごろディスプレイは手許に届いているのでしょう。
いまだにamazonのこの商品のページは「在庫あり」になっていますから。

つまり、在庫があってもプライム優先で、平客にまわす枠は限られているようです。
だったら、「非プライムの連中にはX日に配達はしてやらないよ」とちゃんと表示してほしい。

「そこまでぼやくのなら、プライムになればいいのに」

そのとおりですが、そこは譲れないものがあります。
amazonの顧客囲い込み策に100%は取り込まれてなるものか、という変な意地。

これからは、価格comで同じ値段だったら、amazon以外を積極的に検討すべきなのかもしれません。

(悔しいので今回の記事にamazonの商品リンクは貼りません)

結局、この連休の最大の収穫は、HDMIやHDCPのバージョンが理解できた、ということになりそうです。




続きを読む

entry_s1 at 16:33|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年04月28日

害虫駆除完了

先月ごろから始めた、PS4のゲーム「地球防衛軍5」がやっと終わりました。

110面。

スキルが無いので、一番簡単なモードですが、ゲームを最後の面までやりとげたのは初めてかもしれないです。

感想としては

・ダンゴムシ嫌い(高速で転がってくる、一発では死なない)
・色々武器が増えるが、結局使うのは同じものになりがち
・とはいえ適切な武器の選択がスムーズな面クリアの鍵
・もっとロボットに乗りたかった

こういうサクっと始めてバリバリ撃ちまくるゲームが自分は相性がいいのかもしれません。




entry_s1 at 10:10|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年04月15日

NETFLIXという麻薬

NETFLIXに加入しました。

いずれ4Kを観てみたい(今は2Kのディスプレイしか持って無いですが)のと、アメリカのコンテンツが一番充実しているようだったので。

金曜からドラマを6本、映画を2本ほど観ましたが、とりあえずの感想は「これでは時間がいくらあっても足りない」です。

現在、加入している配信系のサービスは、音楽がTidalとGPM、雑誌がdマガ、それにこのNETFLIXが動画と。

wowowの録画もディスクが溜まる一方で消化がままならないのに、動画配信まで、しかもドラマまでカバーするには、もはや会社を辞めるぐらいしかないな、と。

あと、特に自分は、TBSラジオの録音(伊集院、宇多丸、町山など)も聴かなければいけないし。
図書館で借りた本も読まなければ。
PS4のゲームも途中だし。

もはや普通の社会人が享受する量を大幅に上回っていますね。
すさまじい時代になったものです。

毎日休みだったなら、音楽もドラマも雑誌も映画も全て網羅する所存ですが。

ドラマは「ストレンジャーズシングス」と「ブレイキングバッド」を観ましたが、後者は評判どおり確かに面白いですね。しかし、ドラマは映画と違って伏線の回収をもったいぶるので、終わりが見えない。
話の決着が知りたければ観続けるしか無くて。これはクリーンな麻薬ですね。

ところで技術的な話ですが、NETFLIXをPCで観る場合、Win7だと音声は5.1にならなかったです。
だから、今はPS4で観てます。


entry_s1 at 22:30|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年04月08日

害虫駆除の日々

最近、家で映画を観るペースがぐんと減りました。

理由は・・・虫の駆除に忙しいからです。

といってもリアルではなくゲームの話ですが。

地球防衛軍5」:PS4を買って初めて、このゲームだけは長続きしています。

地球に攻めてきたエイリアンやモンスターをひたすら銃やミサイルで退治するだけの単純明快なゲームです。
RPGの、鍵やアイテム、地図などを見つけないと次に行けない、なんていう面倒さ(普通これが面倒という人はそもそもゲームに向いてないのでしょうが)がないので、サクっと始められます。
一面終わるのもすぐなのですが、あと一面あと一面とやっていると、気がつけば1時間以上経っていたり。

倒すべき敵が、蟻、クモ、ハチ、ダンゴムシ、カエルですからね。
ホームセンターで駆除剤が売ってるような生き物ばかり。
でもこいつらは大きいですが。
映画「スターシップトゥルーパー」ゲーム版と言うのが一番近いですね。
ed

羽の生えたカエル、というのが笑えます。


entry_s1 at 15:10|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年04月03日

「グラスは交換制になります」などとふざけたことをぬかす店

「グラスは交換制になります」と聞いた当初は「そんなにこの店、コップに余裕が無いのかな」と思いました。

実は、飲み放題とは言っても今のグラスをちゃんと飲み干してからでないと次のオーダーは聞けません、とのことだそうで。

店の都合からすると、無制限に出していたら経営が成り立たないだろうし、世の中のmottainaiという風潮からしても飲み残しを減らすべきであることは理解できます。

しかし、「グラス交換制」は、その飲食のひとときを楽しむことにおいて、阻害要因そのものです。

通常、客であるこちら側は、グラスにあと一口か二口を残した段階で次のドリンクをオーダーします。これは、次にどんな料理がどのくらいしてから来るのか、店員の飲み物提供の効率性は、自分のアルコール処理能力と酩酊度は、など様々な要素を総合的に勘案した上での意思決定です。

その目的は料理とお酒を同時に最大限楽しみたい、その一点に尽きます。
またそれは、その会食を良好な状態に維持するため、店と客の暗黙の信頼関係に基づいた、ゆるい共同作業でもあります。

が、グラス交換制になるとこの信頼関係は断ち切られます。

店は飲食を提供するだけ、客は来た料理を食べるだけ。
一緒に飲みたい酒がこないぞーと文句が出て、その宴会も残念な結果となってしまいます。

私も、飲み物を待っている間に、料理がどんどん冷めていくのを見守るのは、とても不愉快でした。

とにかくいつまで待っても次の酒がやってこない。
メニューにはいろいろなカクテルも飲み放題の内に入っているようでしたが、実際その日に私が飲めたのはビールとワインだけでした。

これなら飲み放題ではなく単品で頼んだほうが安くついたかも。
わざと遅らしているんじゃないか、その方が店は儲かるんだし、という穿った見方もしたくなります。

グラス交換制をとるのであれば、遅滞無く提供できるオペレーション体制を整えるのが客に対する誠意でしょう。

そもそも「グラス交換制」を導入するというスタンスが、「好き放題に飲まれたらこっちはたまらない」と客を敵視していることに他ならないのでは。
おそらく大群で押し寄せて飲み食い散らかしていく、そういう品の無い客に当たってしまったことがあったのでしょう。
または、そういった客がよく集まる店なのかもしれません。

ということで、私は今後「グラスは交換制」という文字を見た段階で、その店に予約を入れるのはやめるでしょうね。





entry_s1 at 00:04|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年04月01日

埼玉県は桜の名所が多いです

来る来るとは聞いていたけれど、本当に春がやってきましたね。

この週末は二日とも花見に繰り出しました。

吉見の桜堤。荒サイのルートにもなってます。
1
3
2


去年必ず来ようと心に誓った、都幾川桜堤。
4

シネラマの画角で広がる桜の列。
5

6

花見客のドンちゃん騒ぎも無く、死ぬまでに一度は観ておきたい景色です。

見晴らしの丘公園から。山肌のピンクのパッチワークがピースフルです。
7
8


虎山の千本桜。コスプレの若者が撮影会をいたるところでやってました。
9
10


entry_s1 at 22:36|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

よりによってカレー肉まんとは

仕事帰りの電車内。

何やら香ばしいかおりがするな、と顔を上げるとそこにはつり革を左手につかみ、右手はカレー肉まんの女性。

絶賛立食帰宅中なようです。

おばさんの域にはまだまだの年頃にお見受けしましたが、これはアウトですよね。

ただ、いつもあーせよこーせよと必死な車内放送も、「カレー肉まんを食べることは周りのお客様の迷惑となりますのでご遠慮ください」とは言ってない気がしますが、常時イヤホンでそれらを遮断しているので、もしかしたら「これまであんまんのみ可能でありましたが、3月1日より肉まんおよびカレーまんを車内でお召し上がりいただけます。ただしピザまんにつきましてはこれまで通りご遠慮いただいております」というアナウンスがあったのかもしれませんが。




entry_s1 at 00:30|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年03月31日

コンテクスト・オブ・ザ・デッド/羽田圭介

IMG_20180324_150855

ロメロ監督不朽の名作のポスターからデザインをいただいた表紙絵で、ゾンビもののホラーを期待すると、肩透かしかもしれません。
実際、amazonのレビューで面白くない、途中で読むのをやめた、なんて人もちらほら。

「コンテクスト」というのは訳すると「文脈」のこと。

この作品は、「ゾンビもの」の衣をまといながら、実は「文脈」を読んで場の空気に合わせることに長けている日本人のことを論じているという、社会文化論になっています。

例えば、通勤電車でふと周りを見渡せば、乗客の9割がたはスマホをじっと見つめている不気味さとか、かつてポケモンGOが流行った時の夜の公園に群がる人々は全て無言(自分も含め)とか、まあ傍目にはまるでゾンビですね。

「日ごろJリーグなんて見ないくせにワールドカップになると騒ぎやがって、けっ」てなことを登場人物に言わせたりしていますし、JPOPって「ずっとそばにいるよ」「君を守りたい」みたいな歌詞ばっかりでもはや介護ソングだなと、「日本らしさ」というものに対して自分もよく感じる気持ち悪さを、色々と見事に言い当ててくれたところがとても気持ちよかったです。

あと、ラジオパーソナリティが重要な役で出てくるのですが、これは明らかに伊集院光(それも夜の方の)がモデル。
おそらく作者はTBSリスナーでしょう。朝の番組にゲストで出てくれないかな。

entry_s1 at 23:52|PermalinkComments(0) 本日の一冊-2 

2018年02月21日

最近のヘビロテ曲 Alfa Mist/Keep On

alfamist

ジャンルとしてはジャズです。

Tidalで新譜を手当たりしだいに聴いていて、偶然出会いました。

一曲目のKeepOn。これにつきます。

(リンク先のセッション動画とはミックスが違うので、是非オリジナル音源をどこかで入手して聴いてください)

とにかく、淡々とリズムを刻みながらうねりを作っていくドラムスがかっこいいです。
同じフレーズを繰り返しながら、各パートのソロをいれつつ、決して熱くなりすぎない。

夜、ダウンタウンの路地でストリートミュージシャンがやっていそうな。

ヒップホップとの接点を感じさせる「今の」ジャズでもあります。

そして、10分という1曲としては長い時間、繰り返されるフレーズに通低するどことなく切ない哀感が、私に今日もこの曲選択をさせるのでした。

個人的には、映画「タクシードライバー」のテーマをなんとなく連想してしまうのです。




entry_s1 at 00:06|PermalinkComments(0) 本日の一枚-3 

2018年02月18日

未知との遭遇@爆音映画祭

3月2日まで、新宿ピカデリーで爆音映画祭というイベントをやっています。

先週、生涯の一本である「未知との遭遇」がここでかかるというので、次男と観て来ました。
「爆音」上映ではなくても、「未知との遭遇」が大スクリーンで観られるなら、何をさしおいてでも馳せ参じます。

1


「未知との遭遇」を中学生で観ていなかったら、こんな風に6畳間にスピーカー9本置いてプロジェクターで映画を観るような、ホームシアターおじさんにはなっていなかったでしょう。

そのくらい、冒頭の砂漠のシーン、米軍爆撃機のエンジン始動音の生々しさは衝撃的でした。
「映画における音響演出」を初体験し、「これを自分のモノにできたらなあ」と思った映画なのです。

16:20上映開始だというのに、入場がほぼそのぐらいの時刻。
なんでも調整に手間取ったとか。
上映する6番シアターは最上階の9F。エスカレーターで上がるのに5分ぐらいかかります。
9Fに着くとまもなく上映だとか。
・・・・・トイレにいく暇も無い。

今は無くなってしまった日劇だと、モギリで入ったあとロビーで待つことができるので、その間にトイレを済ませばいいし、映画が始まるまでにゆったりと気持ちを整えられます。
対して、新ピカは1Fロビーのトイレはめちゃ混み、ギリまでモギリは入れてくれない。
まだ鼓動が早いままです。
ここが新ピカの嫌いなところ。

PAの様子です。
2

センター、フロントといつもには無いスピーカーがあります。センターの横にパワーアンプですね。
3
4

サラウンドは見渡した限りでは、特別これといって設置していなかったです。

もう家では何十回と観た映画ですが、大スクリーンで通しで観ると、やはりいいものです。

なんといっても、前半ロイの「ファーストコンタクト」、少しユーモアを交えながらの恐怖演出。
この重低音はうちで再生すると近所からおこられます。

今回みせてくれたバージョンは、「特別編」でした。ロイが最後にマザーシップの中を見て、「星に願いを」がしっかり聴けるバージョンです。
「特別編」は批判もありますが、今再見すると「なぜデビルズタワーに行くことになったか」がとてもわかりやすい編集になっているということをあらためて感じました。
マザーシップの中は別に見せなくてもいいとは思いますが、「星に願いを」をしっかり聴けるのは涙腺ゆるみポイントですね。

「爆音」上映といいながら、ロックのライブほどの轟音を期待すると肩透かしではありました。
また、この映画の音響効果自体も、最新映画の音の立ち上がりやシャープさ、鮮度といった点では、やはり40年という時の経過を感じさせられました。

ともあれ、やはり大好きな映画です。
中学生だった自分に、将来お前はこの映画をお前の息子と一緒に映画館で観たりするんだぜ、と言ってやりたいです。


entry_s1 at 21:58|PermalinkComments(0) 本日の一本-3 | よもやま話2018

2018年02月13日

オリンピックほど素敵な商売はない

夏冬あわせると2年に一回やってくる世界が注目する大イベント、オリンピック。

オリンピックも映画と同様に、視聴者にコンテンツを提供するビジネスと言えます。

しかし、映画その他の興行に比べるとかなり「おいしい」商売ではないだろうか、と思います。

まず、莫大な売上が約束されている。
この場合は放映権を放送各社に売る、ということですが。

映画なら、いくらいい作品ができても客が入るかどうかは公開しないとわかりませんが、放映権は開催よりも前に売るでしょう。

その昔、日本がボイコットしたオリンピックがありましたが、テレビ局は放映権を買っちゃった手前、放送するしかなかった。

売る方はノーリスクなのです。

しかも、価格交渉では圧倒的に有利。
なぜなら、競合他社が無いから。
買い手は「高いから他をあたるわ」とはできないのです。

次に、出演者(選手)に支払うギャラが要りません。
ノーギャラなのに、このイベントに出してもらうために、必死の努力を続ける人たちが全世界にいる。
そしてその人たちが、出演できるに足るスキル、能力を身につけるためのトレーニングなどの育成費用も、それぞれの国やスポンサー負担です。

そして、コンテンツの質を高く保つ=品質保証も、各国がそれぞれの出場枠予選の段階でおこなってくれているのです。

現地スタッフだって、多くはボランティアだから、運営費も低く抑えられる。

さらには、競技会場の建設は、招致した国が用意してくれるのです。
設備投資不要。
設備を「持たない」から開催期間が終わったあとの減価償却費の負担もありません。

巨額な売上が確実、人件費と設備費、コンテンツ制作費はほとんど無し。
利益率100%です。

こんな素敵な商売は全世界見渡して他にありません。


entry_s1 at 23:56|PermalinkComments(0) よもやま話2018 

2018年02月04日

さようなら、そしてありがとう日劇

有楽町のマリオンにある日劇(1,2,3)が今日で閉館しました

日本劇場という名前は戦前から受け継がれた歴史あるものです。

自分にとっても上京するまでは憧れの存在で、こちらに住んでからも特別な存在の映画館でした。

お正月映画、夏休み映画、それだけではなくとりあえず初日初回この館で観た映画は何本になるかな。
初日初回は全席自由になるので、白いシートの指定席狙いでした(扉が開いたらダッシュ)。

ダイハード、エイリアン2(あのシーンで拍手が起こったっけ)、T2。スターウォーズEP1。
どれもこれも「日劇の映画」でしたね。

とはいえ、それもシネコンができるまでの話。

家族ができ、皆で休日に一緒となると車で行ける近場のほうが。

しかも、日劇の設備は最新のシネコンに比べると古いといわざるをえないです。
正直、音だったらうちの方がよっぽどいい。
また席の前スペースが狭すぎ、前の人の頭が邪魔で気になってしょうがない。

というわけで、わざわざこの劇場で映画を観るメリットは無くなってました。
はっきり言って、よく今までもったよね、というところ。

しかし、閉館するとなるとお別れはしておこうと。

ということで最終日上映の「タイタニック」を取りました。
3
1
2

鏡張りでキラッキラしてるエスカレーター。ロビーのステンドグラス。
こうやって劇場に着くまで、映画が始まるまでのもったいぶったところが前時代的でいいんです。
今のシネコンだとこんな無駄なスペースの使い方はしない。
4
5
6

映画が始まるまでの20分ほど、昔はこうだったな、というワクワク感を思い出しました。
8
7


ありがとう、ニチゲキ。





entry_s1 at 19:27|PermalinkComments(0) よもやま話2018 | 本日の一本-3