2016年06月29日

大災難P.T.A アマゾンカスタマーレビュー

PTA

Amazonのカスタマーレビューに初めて書きました(6/28 ゾンビ将軍)。

entry_s1 at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日の一枚-3 | 伊集院光

2016年06月27日

サイクリングの休憩中にハイレゾ

一部で話題のコンパクトなハイレゾプレイヤー、CYBERDRIVE SEIUNを買った。

DP-X1はでかいし重いしバッテリーの持ちも悪いので、サブ機ということで。

感想は、4200円(Amazonの半額セール)なら買い。
通常価格8400円ならまあそんなものか。

「ハイレゾも再生可能」だけどパワーが弱く、情報を十分引き出せているかというと、うーん。
iPhone直よりは全然ましだけど。

そこで、じゃんぱらの中古でiBassoの極小ポタアンをゲットし組み合わせると、なかなかの高品位。

合計6000円。
seiun

写真のエレコムAquaもけっこう下まで鳴るし上の曇りも取れた。

(このAqua、アマゾンで6000円以下とめちゃ下がっているけど、音はおすすめです。もともとは25000円の機種だもんね。何故下がっているか・・・ケーブルの耐久性が最悪な個体があるから・・・と思う。自分はビックで買ったんだけど、一晩で分岐点部分の外装が割れて中の線が露出。速攻で交換してもらった。なのでそれ以降は分岐点とコネクタ部分をシリコンチューブをかぶせてる)

ただ、メインで使えるかと言うと、不満があって。
全ての曲を範囲にしてのランダム再生ができない。
最下層フォルダーの中で単位での再生で、プレイリストも設定できない。
だからといって、全曲一つのフォルダーに入れようものなら、小さな2行のディスプレイで聴きたい曲までなかなかたどり着けないし。

結局寝る時メインにしたのと、写真のように自転車で出かけた際の休憩で息抜きに使っている。
イヤホン、ポタアンと一緒にしても、ジャージのバックポケットに入る(当然ジップロックのビニールには入れるが)。
都会とは違う風と日光に当たりながら「いい音」、おすすめ。

昨日のサイクリング、お昼はいつもの「スリール」。
gobo

鶏肉とごぼうのデニッシュ。こぶりながら味がちゃんと主張していて食べ応えあり。
an1

an2
はじめて見る「あんぱん」。あんぱんにはうるさい自分は買わずにはいられない。
パンとあんのバランス良し、パンのしっとりもちもち、つぶあんの固さも良し。

二つともそんなに大きく無いのだが、腹持ちもよく十分昼食になった。「ふたつで十分ですよ」

entry_s1 at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯オーディオ | 自転車

2016年06月25日

定額配信という文化

ここ1年ぐらい、CDは数枚しか買ってない。

このあいだ、金属恵比須という日本のプログレバンドのアルバムを買った。
あとは、2期JeffBeckGroupの二枚の最新リマスター盤。

なぜ買ったかというと、GooglePlayMusic(以下GPM)にもTidalにも登録が無いから。
聴きたい気持ちが、登録が無いからいいや、に勝ったのだ。

言い換えると、GPMとTidalでほぼ音楽は事足りるし、消化に困るぐらい新譜の登録が豊富だ。

PerfumeもPatMethenyもDreamTheaterも新作はもはや買わずにDLで聴いた。

自分の音楽入手のパターンはこう。

毎月20日になると図書館に行った際に、CDジャーナル最新号をチェック。

紹介されている新譜の中で興味を持ったもののタイトル、アーチストをメモっておいて、帰宅してからGPMやTidalで登録があるか調査。

ヒットすれば片っ端からDP-X1にダウンロードする。

また、GPMに比べTidalの方がCDジャーナルにも載らない素性も何もわからない新譜が多く、カバーアートがキレイだったり自分にぴぴっと来たらそれもDL。ジャケ買いならぬジャケDLだ。

さらに、Tidalのプレイリストはとてもセンスが良く、それで知るアーチストもいる。

例えばジャンル:JazzでNotYourParents’Jazz などというリストを聴くと、ジャズ=オヤジの音楽ではない、むしろ今一番新しい音楽なのではないかと思う。

そうやって、定額配信利用以前だったらまず聴く機会がなかったアーチスト。

KamasiWashington、大森靖子(「無修正ロマンティック」が今ヘビロテ)、Yuka&Chronoship、HiatusKaiyote、BarbraLicaなどが新たにフェイバレットに加わった。

定額配信になって、右から左に聞き流して大量消費に拍車がかかる=曲は「聴き捨て」られる存在=音楽文化の衰退、てな論調もある(HiViのコラムでそういうこと書いてる評論家がいた)が、自分はちょっと違うと思う。

確かにパッケージで買って、歌詞カードじっくり読んで曲の意味を考える、一枚のアルバムを味わいつくす、そういう真摯な態度で音楽に向き合うことが少なくなるということはあるだろう。

しかし、パッケージが売れなくなる=文化の衰退ではなく、単に旧来のビジネス、商売が廃れるということ。

解説を書きCDをプレスし歌詞カードを印刷し店まで輸送し店頭に並べて売る、そういう音楽産業は不要になる。

しかし、CDで出すなら何枚以上売れないと、ということでデビューをあきらめ埋もれていたアーチストが、定額配信によって世に出る機会、聴き手が出会う機会が増えているとしたら、これは新たな文化の興隆以外のなにものでもない。


entry_s1 at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯オーディオ 

2016年06月17日

日光に行って来た

有休を取って日光に行って来た。
nikkou-toushogu

関東の人は遠足なり修学旅行で定番だそうだが、自分はお初である。
nikkou-kaohame
駅でお約束の顔ハメ。

nikkou-manju1
駅前の「揚げユバまんじゅう」。
アンコのてんぷら、少しまぶした塩が小技がきいてておいしい。
店の前で食べてたら、店のおじさんがお茶をくれた。

nikkou-roji
あいにくの雨模様。日光に来たのに日光無しとはこれいかに。

nikkou-kaidan
でもざーざー降りでもないのでいい感じの風情である。

nikkou-mon


いたるところが改修中。
中でも痛かったのが、一番有名な門がシートでおおわれていたこと。
これじゃあまるで、ビートルズの公演に行ったらポールが風邪引いてて出ません、てなもんだ。
入場料1300円も取られたけど、300円ぐらい引いてもいいんじゃないか。

それでもやはり豪華絢爛な江戸時代の建築文化というものを実感できる。
nikkou-tate4
nikkou-tate3

nikkou-tate2
この柱の作り、トゥーマッチな感じがアホである。

まあ、戦国時代じゃなくて世の中が平穏だからこそ文化も栄えるわけだが、この華美な装飾って、町民・百姓からの搾取や地方大名からの献上の結果でもあって。

nikkou-otya

綱吉将軍は生類憐れみの令とともに、緑茶愛飲の令も発布したとかしなかったとか。

nikkou-saru

有名なおサルのトリオ。口臭、耳鳴り、幻視に悩む姿だそうである(ウソ)

nikkou-toro
nikkou-toro2


entry_s1 at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年06月16日

AVアンプを買い換えた(後編)

ソフマップの中古保証一ヶ月を過ぎるといきなりである。

息子が「右の音鳴ってないよ」と言う。

そのころ、自分はPS4で遊んでばかりだったので、何だか変だなと思いながらもそんなものかとなんとなくスルーしてのだが、やっぱりそうか。

現実を直視せずゲームに逃避してた。

正確に言うと、鳴っていないというより極端に右から出る音が小さい。

送り出しをBDプレイヤー、DAC、PS4と変えてみても同じ。

HDMI入力でもアナログ入力でもおかしいし、またヘッドホン接続はちゃんと鳴っているということなので、これはスピーカー端子から出ていない=パワーアンプ系のトラブルということになる。
ためしにスピーカーケーブルを変えてみても同じ。

プリアウトをモグラにつないだら、それはちゃんと鳴った。

ここで二つの選択肢がある。

1.修理に持っていく。
2.2chのパワーアンプ、またはパワーダイレクトのあるプリメインを追加してプリアウトから鳴らす。

しばらく様子を見て、という選択肢が取れないのが、パイオニアの修理センターが6月からは土曜営業しなくなるんだと。
修理しないで修理代をアンプ購入費にまわす、という割り切りもあるが、この際長く使うんだからしっかり見てもらおうと、5月の土曜日に車で修理センターに持ち込んだ。

一応「高級機」なので「最大で3万円ほどかかります」とのこと。
はあ〜結局9万円の中古買ったのと一緒なのか。
あまりお買い得でもなかったかも?

ところが、持ち込んだその日の夕方に電話がかかってきた。
「不具合が認識できない。問題なく鳴っている」という。

再度こちらでのトラブルを説明し、パワーアンプを重点的に見てください、とお願いした。

週明けに再度連絡が来て、やはり不具合は再現しないと。

すっかり中身の点検をしてくれたのだが、どこもおかしくないそうで。

結局、修理ではなく点検のみの作業ということで1600円ほど払うことで終わった。

パイオニア曰く、これだけ回路が集積していると少しのフレームのゆがみが接触不良につながることもある。
今回車で持ってこられるにあたり、移動中の振動などで逆にそのひずみが改善したのかも、だって。なんだかなあ。

でもそんなこと聞いてしまったので、帰り道の振動でまたゆがんだりしないか?と超安全運転で帰った。

再度つなぎなおせば、問題なく鳴っている。

パイオニアはゆがみ説を話してくれたが、ここで自分が気づいたのは「バナナプラグが悪かったのでは」ということ。
いつも書いているが、AVアンプの何が大変って、スピーカーケーブルの接続だ。
背中をまるめてアンプ裏側の手探り作業。

音質的にいいことでは無いのはわかっているけど、干渉して過電流が流れ故障するよりいいか、とたまたまメインチャンネルにも使ってしまったAmazonから買ったノーブランドのやっすいバナナプラグ。

よく見るとケーブルとの接着面積は少ない少ない。
そこでバナナはつかわず、しんどかったが地道に慎重に端子に直接結線した。
あー腰と首が痛い。痛散湯が要るよ。

それ以来、右が鳴らない、という現象は発生していない。

もっとも、すぐにL・C・Rの3チャンネルは結局外部アンプ(Cはモグラ、LRはLM3886の中華アンプ)から鳴らすようにしたので、結果的に2の選択としたことになるのだが。

3万円の修理を覚悟していたのが、ほとんど修理代が要らないことになったので、その浮いた(?)お金でLR用のアンプを買う、という・・・(オクで4桁だったけどね)





entry_s1 at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)機器 | つかいこなし3

2016年06月13日

AVアンプを買い換えた(前編)

少し前にAVアンプを買い換えた。
新古品で買ったイヤホンのSHURE846、7万をちょっと切るぐらいだったと思う、それが1年使ってヤフオクで6万円ちょっとで売れたので、今度はそれを元手に。

とは言っても最新機種でアトモスが〜とかアホなことはしない。

そもそもAVアンプの現行ラインアップで、6万普通に払って買えるクラスのなんてろくな音が出ないでしょう。
このジャンルは値崩れが凄まじいので、何年か落ちのもっと上のクラスの中古を狙うわけ。

オンキョーあたりを何回かヤフオクで敗退したとこで、ソフマップがAmazonに出品しているパイオニアのLX76中古を発見。

4年落ちだけど元々23万円、当時のフラッグシップ機の一個下。それが6万円で出てる。
オートフェーズコントロールとか4K対応とか。
スペック的にはさほど古くない。

LX76


これまで使ってきたマランツを買い換える理由。
マランツは新品が12万円をアウトレットで6万ぐらいだった。
CP高くて普通に使うのに特に不満も無かったのだが、唯一ドライブするスピーカー数が7本まで、という。

うちの部屋はフロントがハイト含めて5本、リアがバックとサイドで4本ある。これまではハイトかバックか切り替えて鳴らしていたのだが、やはり同時に9本鳴らしたい。

230W*9チャンネル・・・まさに天啓、これはわしに買えよと言ってるようなものでしょう。

たかだか6畳の部屋でそんなに鳴らしてどうする多チャンネル化は大劇場だからだ、という声もあるが、まあ理屈よりやってみたらよろし。

むしろそれぞれのスピーカーが近い分、音の位置や移動がシャープに出てくる。
それにデジタルアンプの反応の速さもあいまって、出てくる音は一皮も二皮もむけてる。

はっきりいってその辺のシネコンよりいい音だ。
新宿TOHOには負けるけど、悪いが日本劇場なんか目じゃない。
MOVIXさいたまの12番ぐらいの迫力はある。

てなことで、オレって何て買い物上手なんでしょ、としばらく誰も誉めてくれないので、自分で自分を誉めていた至福の時はさほど長く続かないのであった・・・・(続く)


entry_s1 at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)機器 | つかいこなし3

2016年06月07日

iPhone6+がバキバキに

やっちゃった。
iphone


昨日、自転車に乗ってて、ハンドルバーにマウントしていたiPhone6+がすっ飛びやがった。

石橋を叩いて引き返すぐらいの慎重派の性格の自分が、落下防止を怠ったわけではない。

ミノウラの自転車用のスマホマウントはがっちり機能していたのだ。

マウントは本体を直にホールドさせずに、本体を薄手のアクリルケースにいれ、そのケースはストラップでハンドルとつなげたので、外れる事はないはずだった。現に、自転車では数年この使いかただし。

まさか、段差の振動で、ケースから本体が飛び出すとは、思いもしなかったよ。

スローモーションで後方に飛んでいくiPhone、アスファルトへの激突音・・・一生忘れないよ。

気を取り直して、いつものパン屋さん「スリール」でお昼。

pan1
pan2


今回は、焼きポテトパン(ポテトのマヨネーズ焼きがフランスパンに。中にトマトが入っていて、その甘みとポテトのコントラスト、フランスパンの触感が良い)。
このお店は、フランスパンになにかを組み合わせるのがうまいなあ。

そして塩豆パン(中は二層になっていて、上層が塩味の小豆たくさん、下層に餅が入っている)。

iPhoneは早速今日修理した。アップル正規ではない新宿の修理店。

液晶も交換となり、\18000位。そこからアプリ割\3000マイナスがついた。
アプリ割というのは、店指定の有料アプリを3本インストールすると受けられる割引。NAVIなんとかというのを2本とフジテレビの動画配信アプリを入れた。
使うつもりもないのだが、修理終わってすぐ解約するというわけにはいかない。縛りが2ヶ月ある。
だから実質は\1000ほど安くなるだけなのだ。


entry_s1 at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 | 自転車

2016年06月06日

嫌われる理由

近所のスーパーに行って自転車をとめようとしたら、足元でちょこちょこと動くものがいる。

musi1


カミキリムシだ。必死でラベンダーの植え込みに向かって這って行った。

musi2


まだまだこういう虫が育つ環境が残っているんだなあと、うれしく思う。

この虫には親しみを感じ、なんやったら飼ってもいいかも(何食べるのか知らんけど)ぐらいなのだが、一方で同じ虫なのにゴキ君は何で嫌われるのだろう。

カミキリ君とゴキ君はかなり共通点がある。ひょっとしたら親戚かもしれない。

・虫である
・体長5〜6センチ
・色は黒基調
・ひげが長い

違いといえば、まず模様がある。

仮にカミキリ君の水玉模様がもしゴキ君にあれば、好感度はアップするか・・・?
・・・・よけい気持ち悪いかも。

一方でカミキリ君の模様無し、黒一色だと・・・?
カブトやクワガタだってそうだし。
オシャレさんから硬派に寄るが、特にそれだけで殺虫剤をかけたくなることはなさそうだ。

結局、一番の大きな違いは、動きなのではないか。

身体の大きさ相応の速度と動きというものがあるとすれば、ゴキ君のあの速さ、オンオフスイッチが入ってるのかというような急発進と急停止、そして予測不能の方向性というのは、それを逸脱している。あの動きに対し我々は本能的に恐怖を感じるのだと思うのだ。

カミキリもカブトもクワガタも、もしゴキと同じような動きをしたとしたら、夏休みに飼う子供はまずいないだろう。

entry_s1 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年05月14日

ソリティアが無くなったらこの世は終わり

という芝居を渋谷で観てきた

自分は「イッテQ」の流れでいとうあさこのファンである。

彼女が所属している劇団の定期公演。

去年の「大渋滞」という演目をお試しで観にいったのだが、これが大変面白く、大いに笑って意外にも泣かせてもらった。

今回もかなり期待したのだが・・・


まあ、何でも相性というのはあるもので。

自分にはあまりにもベタすぎのハナシだったし、主人公の成長に説得性が無かった。

ただ、横内亜弓という役者さんの「自分だけスルーされてしまう自意識過剰の女子中学生」というキレっぷりがヒットだった。

いとうあさこはすっかり「おかあさん」役が板についていて。
もう、「おばさん」と呼ばれていちいちむっとする、というギャグはあまり笑えなくなってたよ。

カーテンコールで撮影自由。
「SNSなりツイッターなりにどんどん上げて宣伝してね」とのこと。気前いいね。
20160514

でも酷評ですいません。
次回も行きますので。

entry_s1 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 | 本日の一本-3

2016年05月09日

「伊集院光とらじおと」 一ヶ月経過 

4/11から始まったTBSラジオの午前中の帯番組。

月曜から木曜まで、朝8:30から11:00までの二時間半。
週4日間で計10時間だ。

一般的な勤め人には、到底生では聴けない時間帯。

しかし伊集院ファンの自分としては、なんとか聴き続けたい。

やろうと思えばなんとかなるもので。

今日5/8現在で4週間16本、溜まっている回は無し。
全部消化済み。

実はこの番組だけではなく、月曜Junk(2h)、土曜宇多丸ウィークエンドシャッフル(2h)、金曜Tsutayaにいってこれ借りよう(25m)、火曜町山さんたまむすびレギュラー(25m)、水曜大竹まこと-いとうあさこ出演(30m)もこれまでどおり消化できてる。

当然、一旦録音して聴くことになる。
使用する機材がこれら。
r


真ん中のレコーダーでmp3をSDカードに録音。
それを左のCOWON J3に移して聴くか、GooglePlayMusicにアップロードし、iPhoneから再生、それをブルートゥース接続して右のレシーバーで聴く。

前者は出勤時。
後者はジムや自転車の時。

COWON J3はやはり神機で、何がいいって再生のスキップが秒数を可変で設定できる事。
これでCM、天気予報、交通情報をばんばんスキップすれば二時間半の番組から1時間は削れるのだ。

これらを聴くために何を犠牲にしたか?

行きの通勤での音楽。あとは読書やタブレットで雑誌眺めなど。
もともとスマホでゲーム、なんて人生の浪費はしてないし。

まあ最近は読書はあまりできてないけど(混んでいてつり革つかめるかどうか、という状態なので)。


「とらじおと」を一ヶ月聴いての感想は、さすが手馴れたものだなあと。

全く危なげない。

かつての「日曜日の秘密基地」が毎日あるようでうれしい。
「オレの五つ星」なんて「穴」コーナーそのものだし、毎日の日替わりゲストも硬軟取り混ぜて飽きさせない。
毎日アシスタントが違う、というのも新鮮でいいと思う。

entry_s1 at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 | 伊集院光

2016年05月08日

Back in Black

ジャマイカの国旗の色をモチーフにカッティングシートでカラーリングした自転車だが、2年目にもなってところどころシートがはがれてきた。

昨日、自転車掃除ついでに思い切ってすっかりシートをはがしてみる。

全くのノーデコレーションだが、当然ながらメーカーロゴ無しの真っ黒。
むしろストイックになってよかったかも(速そう?)。

1


バックの石碑は、今日久しぶりに出かけた緑のヘルシーロード、折り返し地点「道の駅羽生」にある、「ああ上野駅」だったかな、そんな歌の記念で建立したもので(作者が羽生にゆかりがあるとかないとか)、ボタンを押すとその曲を大音響で聞かせてくれる。

上京した若者の夢と抱負、帰省したらおふくろさんの肩を思いっきりたたくんだ、とか、そういう歌詞。

曲は昭和そのもので、休憩している間中、5・6回は聞かされる。
一日にしたら50回とか流れるんだろうな。

もうええ、ちゅうの。

同じ曲を大音量で繰り返しという、そういう発想は、デリカシーが無いと思うし音楽が好きなら考えないだろう。


お昼はいつもいくパン屋さん「スリール」。

2


チョリソードッグと、フランスパン-ミルククリーム。

後者がとてもおいしかった。
フランスパンなので表面が相当硬いのだが、それをかみしめると中から生地にしみこんだ甘いミルククリームが。
しっかり噛んで食べるので満腹感あるし。




entry_s1 at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自転車 

2016年04月23日

夢と魔法のネズミ帝国に行ってきた

1


↑これ、我ながらけっこういい写真が撮れたと思う。

嫁さんと二人で木曜日に行ってきた。
これまで何回もTDLに行ったが一番空いていた。
一番人気のモンスターズインクですら、MAX30分待ち程度だったから。
GW前、天気も夕方から雨の予報だったということからかな。

我らの目当てはこれ。

sw1

sw2


秋口まで限定で、前半のツアーがエピソード7デフォルトになるのだ。
その後無くなる訳ではないが、必ず7が前半保証されているんだからこれは行くしかないでしょう、と。

結局SWは5回乗った。

乗る列を左右万遍なく選んだのだが、後半のツアーは、ナブーと小惑星の二種類しか出なかった。
ホスもタトゥイーンもコルサントもエンドアも出ない。
あ、でもこれは前半、これは後半って限定してたっけ?

ただ、新しい発見は、同じナブーでも微妙に違っていること。
ジャージャーが窓にへばりつく/つかないという違い、最期の格納庫で戦闘機の先端がガラスを突き破る/黄色いペンキをかけられるという違いがあるのだ。

もしかしたら他の星もこういう微妙な違いを設定しているのだろうか。
去年行ったときも5〜6回乗ったけど、全然気づかなかったなあ。

↓ミッキー候補の街頭演説と、応援する支持者たち。
4-2



entry_s1 at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年04月12日

最近の賭博報道について

野球選手に始まり、バトミントン選手まで。

この流れに、誰かがシナリオを書いてんじゃないか、と思うくらい、意図を感じる。

その意図とは、公営カジノへの布石。

違法だ違法だ、とスポーツ選手をつるし上げ、「やっぱこういうとこ行くのやばいかも」と一般人客の足をアンダーグラウンドカジノから遠ざかせる。

そうやってまたひとつ反社会組織の資金源をつぶしつつ、合法化すれば一石二鳥。あとは利権の山。

天下りーいの、施設作りーいの、雇用は増えーいのでいいことずくめ?



entry_s1 at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年04月05日

ドラクエビルダーズ

PS4のゲーム。

やっと、自分向きのものを見つけた。けっこう毎晩やっている。

これまでRPGなんて面倒なものという先入観から、全くやったことがなかったので、FFもドラクエも全然どういうものか知らない。

だから、ドラクエビルダーズも、ドラクエとしてどういう背景や他作品との接点があるのか、わからないままやっている。

このゲームの面白いのはズバリ「積み木」だということ。

あちこちに行って土やら木やら金属やらを集めてきて、部屋を作っていく。

結局、人類って、資源をA地点からB地点に運んでいるだけなんじゃないか。

そんなエコロジー的な視点も持つようになったり。

ミッションは全然進まないけど、気まぐれにふざけた家作りをするのが楽しい。

「見晴らしの部屋」と称して、限界まで階段を積み上げ、その先の上空に部屋を作る。
そこからまっすぐ、遠くに見える高い山まで通路をつなげてみたり。

entry_s1 at 00:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年03月22日

アカデミー賞候補の映画って

土曜日に「リリーのすべて」と「マネーショート」を観てきた。

両方とも、アカデミー賞の何かの部門で候補になった作品。

毎年思うのだが、アカデミー賞って純粋に映画の良し悪しよりも、一年という節目での、アメリカ国の総括的な意味合いを強く感じる。

この二作品で言えば、方や性同一障害の人々に対してどう向き合うかという問いかけであり、もう一方はかつての大きな経済スキャンダルを掘り返すことで、皆が感じている「今、世界経済は大丈夫なのか」という漠然とした不安に一つの考え方を提示している。

かつてオスカー候補作は「プラトーン」や「7月4日に生まれて」でベトナム戦争、「ゼロダークサーティ」や「ハートロッカー」でテロ・中東問題などを描いていた。

二・三年前は奴隷制、人種差別問題に関する作品が並んでいたし。

まあ、全てがこういう社会的なメッセージ性を持った作品ばかりではなく、映画的な面白さ(今回で言うとマッドマックス:快挙!)や芸術性・表現の新境地を追求したものも当然並んでいるのだが。

「おお、我が国はこんなひどい歴史のもとになりたっているのか」
「マイノリティの対する気づきがまだまだ不十分だった」

そんなアメリカ国民年次大反省会であるアカデミー賞授賞式。



entry_s1 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年03月17日

責任者出て来い

まあ皆さん聞いてください。

不倫してましたとか、グループ解散するかもとか、そんなんわしらの生活に直接関係ありますか。

「皆様に多大のご迷惑とご心配をおかけしました」・・・いやいや大して迷惑に思ってないから。面白がりはしても。

そんなことよりも、3日間も運行本数大幅削減で、こっちは死ぬ思いで出勤しているような影響を生じた重大事故をやらかしておいて、社長はおろか誰も頭を下げないという、そんな道理がありますか。

entry_s1 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年03月08日

PS4を買ったらむしろ映画を観るようになった

昨日時点で今年40本。

昨夜観たメルギブ監督のアポカリプト、やっぱ面白いわー。
悲しいかな、日本ではBDが出てないので、米尼で買ったけど、画も音もこれはBDクオリティ必須。

時代考証が、なんてケチが付いているようだけど、このハナシは一人の青年が英雄となっていく、一種「神話」として語り継がれていくものを映像化した、と理解すれば、そういった背景の整合性は気にするものではないと思う。

去年は5/10で40本目に到達だったから、いつになく早いペースだ。

先日PS4を買ったので、映画を観ないようになるかなと思いきや、むしろその逆で、おのれのゲームに対する適性の無さを実感したくないがため、映画に逃避しているような気がする。

ソフトはfallout4、スターウォーズバトルフロント、GTA5と3本購入した。

確かにそれぞれよく作りこまれていて、ハマる人はハマるんだろう(現に長男は毎晩fallout)。

でも、こっちは仕事で疲れて帰ってきて、家でもゲームでまた何かを集めてパワーアップして敵と戦って・・・って、なんだかまた仕事みたいでね・・・

それにトシなのかやはり反応が遅くなっている気も。
まあ、パッドのボタンの多さにまだ慣れきってないのもあるが。







entry_s1 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年02月28日

ヘイトフル・エイト

タランティーノの映画はほぼ映画館で観ている。

前作が自分はつまらなかった。デュカプーとジェイミー・フォックスという2大スターが出ているのでなんか監督が気を使っているような感じがして不完全燃焼。

今回の作品、ネット予約してから気がついたのが上映時間が13:30-16:30・・・えー3時間もあるのか。
予告編抜いても2:45ぐらい。
長いなー。ダレなかったらいいけど。

サミュエル・L・ジャクソンが出ていること、西部劇の時代の話、なんだか舞台を小屋に限定した密室劇らしい、これぐらいの予備知識で本編に臨んだのだが・・・

冒頭のクレジットを見ていると。

へー、カート・ラッセル出てるんだ。
ほんで音楽がエンリオ・モリコーネで。
それで吹雪に閉じ込められてのフーダニットもの・・・って、連想したまさかのアレ・・・?

ひえー。そう気が付いてからは俄然面白くなった。

いや、アレを観ていないとしたら退屈でしょうがないのじゃないか。

タラちゃん、やるなあ。アレをこんな時代設定の話で再構築するとはね。

なかなかマニアックな職人芸を楽しませてもらった。

entry_s1 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日の一本-3 

2016年02月25日

最近の爆笑報道

病院待合室でゲーム 「音消して」と注意した男性に逆ギレ平手打ち、仲裁の女性には頭突き 暴行容疑で34歳男逮捕

病院の待合室でゲームしていたのを注意した男性らに腹を立て暴行を加えたとして、京都府警西京署は22日、暴行の疑いで、京都市西京区の無職の男(34)を現行犯逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

 逮捕容疑は22日午後6時ごろ、京都市西京区の病院の待合室で、スマートフォンでゲームをしていたことを同区のアルバイト男性(55)に注意されて腹を立て、男性の顔面を平手打ちし、さらに仲裁に入った女性(59)の頭に頭突きをしたとしている。

 同署によると、3人はいずれも病院で診察待ちをしていた。ゲームをしていた男に対し男性が「音を消して」と注意したところ、「音出してへんやろ」と怒りだし、平手打ちをしたという。

 その後、容疑者の男と男性が口論になったため、女性が「外でやり」などといって仲裁。110番しようとしたところ、男が「おばはんは口出すな」などといって、女性の頭に頭突きしたという。現場に駆けつけた同署員が、現行犯逮捕した。

 容疑者の男は水虫の治療のため、病院を訪れていたという。


まるで吉本新喜劇。
注意するおっさんが池乃めだか、暴れる水虫男は間寛平、仲裁おばはんが山田スミ子あたりか。

しかしこの記事書いた記者、笑いを取りに行ってるよ。

後半の「おばはん」のくだりのドタバタ感から最後に「水虫」で一気に落とす。うまい。
新聞記者よりコント作家をしてほしい。



entry_s1 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年02月20日

PS4を買った

誰も買ってくれないので、自分で自分に誕生日プレゼント。

PS4


パワーアンプが調子悪いのでオクに出し、そのほぼ同額で本体とソフト二本をオクで入手。

パワーアンプを買い換えるか、PS4を買うか少し迷ったが、自室エンターテイメントとして、新境地開拓もいいかなと。

なので、今オーディオはAVアンプのみで鳴らしている。

ゲームソフトはグランドセフトオート5(これも宇多丸氏がタマフルで絶賛)とスターウォーズ・バトルフロント。

さらっとやってみたが、どちらも操作が難しい。

というのも、家庭用ゲーム機というのが自分はセガサターン(!)以来なのだ(22年ぶり)。

だから、まずゲームパッドのボタン数の多さ、という壁があるのだった。


entry_s1 at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016