2016年05月14日

ソリティアが無くなったらこの世は終わり

という芝居を渋谷で観てきた

自分は「イッテQ」の流れでいとうあさこのファンである。

彼女が所属している劇団の定期公演。

去年の「大渋滞」という演目をお試しで観にいったのだが、これが大変面白く、大いに笑って意外にも泣かせてもらった。

今回もかなり期待したのだが・・・


まあ、何でも相性というのはあるもので。

自分にはあまりにもベタすぎのハナシだったし、主人公の成長に説得性が無かった。

ただ、横内亜弓という役者さんの「自分だけスルーされてしまう自意識過剰の女子中学生」というキレっぷりがヒットだった。

いとうあさこはすっかり「おかあさん」役が板についていて。
もう、「おばさん」と呼ばれていちいちむっとする、というギャグはあまり笑えなくなってたよ。

カーテンコールで撮影自由。
「SNSなりツイッターなりにどんどん上げて宣伝してね」とのこと。気前いいね。
20160514

でも酷評ですいません。
次回も行きますので。

entry_s1 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 | 本日の一本-3

2016年05月09日

「伊集院光とらじおと」 一ヶ月経過 

4/11から始まったTBSラジオの午前中の帯番組。

月曜から木曜まで、朝8:30から11:00までの二時間半。
週4日間で計10時間だ。

一般的な勤め人には、到底生では聴けない時間帯。

しかし伊集院ファンの自分としては、なんとか聴き続けたい。

やろうと思えばなんとかなるもので。

今日5/8現在で4週間16本、溜まっている回は無し。
全部消化済み。

実はこの番組だけではなく、月曜Junk(2h)、土曜宇多丸ウィークエンドシャッフル(2h)、金曜Tsutayaにいってこれ借りよう(25m)、火曜町山さんたまむすびレギュラー(25m)、水曜大竹まこと-いとうあさこ出演(30m)もこれまでどおり消化できてる。

当然、一旦録音して聴くことになる。
使用する機材がこれら。
r


真ん中のレコーダーでmp3をSDカードに録音。
それを左のCOWON J3に移して聴くか、GooglePlayMusicにアップロードし、iPhoneから再生、それをブルートゥース接続して右のレシーバーで聴く。

前者は出勤時。
後者はジムや自転車の時。

COWON J3はやはり神機で、何がいいって再生のスキップが秒数を可変で設定できる事。
これでCM、天気予報、交通情報をばんばんスキップすれば二時間半の番組から1時間は削れるのだ。

これらを聴くために何を犠牲にしたか?

行きの通勤での音楽。あとは読書やタブレットで雑誌眺めなど。
もともとスマホでゲーム、なんて人生の浪費はしてないし。

まあ最近は読書はあまりできてないけど(混んでいてつり革つかめるかどうか、という状態なので)。


「とらじおと」を一ヶ月聴いての感想は、さすが手馴れたものだなあと。

全く危なげない。

かつての「日曜日の秘密基地」が毎日あるようでうれしい。
「オレの五つ星」なんて「穴」コーナーそのものだし、毎日の日替わりゲストも硬軟取り混ぜて飽きさせない。
毎日アシスタントが違う、というのも新鮮でいいと思う。

entry_s1 at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 | 伊集院光

2016年05月08日

Back in Black

ジャマイカの国旗の色をモチーフにカッティングシートでカラーリングした自転車だが、2年目にもなってところどころシートがはがれてきた。

昨日、自転車掃除ついでに思い切ってすっかりシートをはがしてみる。

全くのノーデコレーションだが、当然ながらメーカーロゴ無しの真っ黒。
むしろストイックになってよかったかも(速そう?)。

1


バックの石碑は、今日久しぶりに出かけた緑のヘルシーロード、折り返し地点「道の駅羽生」にある、「ああ上野駅」だったかな、そんな歌の記念で建立したもので(作者が羽生にゆかりがあるとかないとか)、ボタンを押すとその曲を大音響で聞かせてくれる。

上京した若者の夢と抱負、帰省したらおふくろさんの肩を思いっきりたたくんだ、とか、そういう歌詞。

曲は昭和そのもので、休憩している間中、5・6回は聞かされる。
一日にしたら50回とか流れるんだろうな。

もうええ、ちゅうの。

同じ曲を大音量で繰り返しという、そういう発想は、デリカシーが無いと思うし音楽が好きなら考えないだろう。


お昼はいつもいくパン屋さん「スリール」。

2


チョリソードッグと、フランスパン-ミルククリーム。

後者がとてもおいしかった。
フランスパンなので表面が相当硬いのだが、それをかみしめると中から生地にしみこんだ甘いミルククリームが。
しっかり噛んで食べるので満腹感あるし。




entry_s1 at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自転車 

2016年04月23日

夢と魔法のネズミ帝国に行ってきた

1


↑これ、我ながらけっこういい写真が撮れたと思う。

嫁さんと二人で木曜日に行ってきた。
これまで何回もTDLに行ったが一番空いていた。
一番人気のモンスターズインクですら、MAX30分待ち程度だったから。
GW前、天気も夕方から雨の予報だったということからかな。

我らの目当てはこれ。

sw1

sw2


秋口まで限定で、前半のツアーがエピソード7デフォルトになるのだ。
その後無くなる訳ではないが、必ず7が前半保証されているんだからこれは行くしかないでしょう、と。

結局SWは5回乗った。

乗る列を左右万遍なく選んだのだが、後半のツアーは、ナブーと小惑星の二種類しか出なかった。
ホスもタトゥイーンもコルサントもエンドアも出ない。
あ、でもこれは前半、これは後半って限定してたっけ?

ただ、新しい発見は、同じナブーでも微妙に違っていること。
ジャージャーが窓にへばりつく/つかないという違い、最期の格納庫で戦闘機の先端がガラスを突き破る/黄色いペンキをかけられるという違いがあるのだ。

もしかしたら他の星もこういう微妙な違いを設定しているのだろうか。
去年行ったときも5〜6回乗ったけど、全然気づかなかったなあ。

↓ミッキー候補の街頭演説と、応援する支持者たち。
4-2



entry_s1 at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年04月12日

最近の賭博報道について

野球選手に始まり、バトミントン選手まで。

この流れに、誰かがシナリオを書いてんじゃないか、と思うくらい、意図を感じる。

その意図とは、公営カジノへの布石。

違法だ違法だ、とスポーツ選手をつるし上げ、「やっぱこういうとこ行くのやばいかも」と一般人客の足をアンダーグラウンドカジノから遠ざかせる。

そうやってまたひとつ反社会組織の資金源をつぶしつつ、合法化すれば一石二鳥。あとは利権の山。

天下りーいの、施設作りーいの、雇用は増えーいのでいいことずくめ?



entry_s1 at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年04月05日

ドラクエビルダーズ

PS4のゲーム。

やっと、自分向きのものを見つけた。けっこう毎晩やっている。

これまでRPGなんて面倒なものという先入観から、全くやったことがなかったので、FFもドラクエも全然どういうものか知らない。

だから、ドラクエビルダーズも、ドラクエとしてどういう背景や他作品との接点があるのか、わからないままやっている。

このゲームの面白いのはズバリ「積み木」だということ。

あちこちに行って土やら木やら金属やらを集めてきて、部屋を作っていく。

結局、人類って、資源をA地点からB地点に運んでいるだけなんじゃないか。

そんなエコロジー的な視点も持つようになったり。

ミッションは全然進まないけど、気まぐれにふざけた家作りをするのが楽しい。

「見晴らしの部屋」と称して、限界まで階段を積み上げ、その先の上空に部屋を作る。
そこからまっすぐ、遠くに見える高い山まで通路をつなげてみたり。

entry_s1 at 00:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年03月22日

アカデミー賞候補の映画って

土曜日に「リリーのすべて」と「マネーショート」を観てきた。

両方とも、アカデミー賞の何かの部門で候補になった作品。

毎年思うのだが、アカデミー賞って純粋に映画の良し悪しよりも、一年という節目での、アメリカ国の総括的な意味合いを強く感じる。

この二作品で言えば、方や性同一障害の人々に対してどう向き合うかという問いかけであり、もう一方はかつての大きな経済スキャンダルを掘り返すことで、皆が感じている「今、世界経済は大丈夫なのか」という漠然とした不安に一つの考え方を提示している。

かつてオスカー候補作は「プラトーン」や「7月4日に生まれて」でベトナム戦争、「ゼロダークサーティ」や「ハートロッカー」でテロ・中東問題などを描いていた。

二・三年前は奴隷制、人種差別問題に関する作品が並んでいたし。

まあ、全てがこういう社会的なメッセージ性を持った作品ばかりではなく、映画的な面白さ(今回で言うとマッドマックス:快挙!)や芸術性・表現の新境地を追求したものも当然並んでいるのだが。

「おお、我が国はこんなひどい歴史のもとになりたっているのか」
「マイノリティの対する気づきがまだまだ不十分だった」

そんなアメリカ国民年次大反省会であるアカデミー賞授賞式。



entry_s1 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年03月17日

責任者出て来い

まあ皆さん聞いてください。

不倫してましたとか、グループ解散するかもとか、そんなんわしらの生活に直接関係ありますか。

「皆様に多大のご迷惑とご心配をおかけしました」・・・いやいや大して迷惑に思ってないから。面白がりはしても。

そんなことよりも、3日間も運行本数大幅削減で、こっちは死ぬ思いで出勤しているような影響を生じた重大事故をやらかしておいて、社長はおろか誰も頭を下げないという、そんな道理がありますか。

entry_s1 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年03月08日

PS4を買ったらむしろ映画を観るようになった

昨日時点で今年40本。

昨夜観たメルギブ監督のアポカリプト、やっぱ面白いわー。
悲しいかな、日本ではBDが出てないので、米尼で買ったけど、画も音もこれはBDクオリティ必須。

時代考証が、なんてケチが付いているようだけど、このハナシは一人の青年が英雄となっていく、一種「神話」として語り継がれていくものを映像化した、と理解すれば、そういった背景の整合性は気にするものではないと思う。

去年は5/10で40本目に到達だったから、いつになく早いペースだ。

先日PS4を買ったので、映画を観ないようになるかなと思いきや、むしろその逆で、おのれのゲームに対する適性の無さを実感したくないがため、映画に逃避しているような気がする。

ソフトはfallout4、スターウォーズバトルフロント、GTA5と3本購入した。

確かにそれぞれよく作りこまれていて、ハマる人はハマるんだろう(現に長男は毎晩fallout)。

でも、こっちは仕事で疲れて帰ってきて、家でもゲームでまた何かを集めてパワーアップして敵と戦って・・・って、なんだかまた仕事みたいでね・・・

それにトシなのかやはり反応が遅くなっている気も。
まあ、パッドのボタンの多さにまだ慣れきってないのもあるが。







entry_s1 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年02月28日

ヘイトフル・エイト

タランティーノの映画はほぼ映画館で観ている。

前作が自分はつまらなかった。デュカプーとジェイミー・フォックスという2大スターが出ているのでなんか監督が気を使っているような感じがして不完全燃焼。

今回の作品、ネット予約してから気がついたのが上映時間が13:30-16:30・・・えー3時間もあるのか。
予告編抜いても2:45ぐらい。
長いなー。ダレなかったらいいけど。

サミュエル・L・ジャクソンが出ていること、西部劇の時代の話、なんだか舞台を小屋に限定した密室劇らしい、これぐらいの予備知識で本編に臨んだのだが・・・

冒頭のクレジットを見ていると。

へー、カート・ラッセル出てるんだ。
ほんで音楽がエンリオ・モリコーネで。
それで吹雪に閉じ込められてのフーダニットもの・・・って、連想したまさかのアレ・・・?

ひえー。そう気が付いてからは俄然面白くなった。

いや、アレを観ていないとしたら退屈でしょうがないのじゃないか。

タラちゃん、やるなあ。アレをこんな時代設定の話で再構築するとはね。

なかなかマニアックな職人芸を楽しませてもらった。

entry_s1 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日の一本-3 

2016年02月25日

最近の爆笑報道

病院待合室でゲーム 「音消して」と注意した男性に逆ギレ平手打ち、仲裁の女性には頭突き 暴行容疑で34歳男逮捕

病院の待合室でゲームしていたのを注意した男性らに腹を立て暴行を加えたとして、京都府警西京署は22日、暴行の疑いで、京都市西京区の無職の男(34)を現行犯逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

 逮捕容疑は22日午後6時ごろ、京都市西京区の病院の待合室で、スマートフォンでゲームをしていたことを同区のアルバイト男性(55)に注意されて腹を立て、男性の顔面を平手打ちし、さらに仲裁に入った女性(59)の頭に頭突きをしたとしている。

 同署によると、3人はいずれも病院で診察待ちをしていた。ゲームをしていた男に対し男性が「音を消して」と注意したところ、「音出してへんやろ」と怒りだし、平手打ちをしたという。

 その後、容疑者の男と男性が口論になったため、女性が「外でやり」などといって仲裁。110番しようとしたところ、男が「おばはんは口出すな」などといって、女性の頭に頭突きしたという。現場に駆けつけた同署員が、現行犯逮捕した。

 容疑者の男は水虫の治療のため、病院を訪れていたという。


まるで吉本新喜劇。
注意するおっさんが池乃めだか、暴れる水虫男は間寛平、仲裁おばはんが山田スミ子あたりか。

しかしこの記事書いた記者、笑いを取りに行ってるよ。

後半の「おばはん」のくだりのドタバタ感から最後に「水虫」で一気に落とす。うまい。
新聞記者よりコント作家をしてほしい。



entry_s1 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年02月20日

PS4を買った

誰も買ってくれないので、自分で自分に誕生日プレゼント。

PS4


パワーアンプが調子悪いのでオクに出し、そのほぼ同額で本体とソフト二本をオクで入手。

パワーアンプを買い換えるか、PS4を買うか少し迷ったが、自室エンターテイメントとして、新境地開拓もいいかなと。

なので、今オーディオはAVアンプのみで鳴らしている。

ゲームソフトはグランドセフトオート5(これも宇多丸氏がタマフルで絶賛)とスターウォーズ・バトルフロント。

さらっとやってみたが、どちらも操作が難しい。

というのも、家庭用ゲーム機というのが自分はセガサターン(!)以来なのだ(22年ぶり)。

だから、まずゲームパッドのボタン数の多さ、という壁があるのだった。


entry_s1 at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

一日遅れの誕生日プレゼント

先日、帰宅すると家族がニコニコしながら「お父さん、早く開けてよ」と封筒を指差す。

TBSラジオからの郵便。

Junk


やった!月曜Junkの投稿が読まれたんだ!
(家族は試写会か何か招待券でも送られてきたと思ってたようだが、残念でした。違うよ)

深夜の馬鹿カードが同封されていた。

伊集院さん、誕生日プレゼントありがとう!

放送は録音して後から聴いているので、いつ読まれたのかわからなかったが、さっき確認すると2/9の終盤だった。

52歳で深夜ラジオに投稿して、嬉しがっている。

ラジオ投稿なんてほとんどしたことがなかったし、読まれるのは生まれて初めてだけど、自分がパーソナリティや自分以外のリスナーとつながった感覚、これはなかなか新鮮。

entry_s1 at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

2016年02月14日

ライフ・アフター・ベス

wowow録画の映画「ライフ・アフター・ベス」を観た。

ゾンビ・コメディというジャンル。

笑えるけど、終盤は切なかった。

監督、「卒業」がすきなのね、って気づいた人どのくらいいるかな。

後半で出てくる女の子がキャサリン・ロスに似てるし、プールが出てくるし。

ラスト・シーンも。

entry_s1 at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日の一本-3 

2016年02月07日

Dream Theater The Astonishing

dreamtheatercoverjpg

以前、ZEP完コピバンドのライブを観にいった時、MCで言ってた事。
「ZEPの最高傑作は何かと問われれば、それはフィジカル・グラフィティ。何故なら曲が一番たくさん入っているから」

あるバンドの超ファンなら、そのバンドが奏でる曲なら、なんでもOK。
だから一番いいアルバムはたくさん曲が入っているアルバム。

そういう意味では、この超大作2枚組2時間10分34曲いりはDTの最高傑作なのかな。

新作を出すということは、その時点でできることの最良を求めるはず。
つまりは、現役バンドなら最新アルバムを最高傑作とするぐらいの意気込みがあると思う。

少なくとも自分は、前作から何らチャレンジをしない、惰性だけの誠実さにかけるようなバンドのファンにはなりたくない。

ただ、そのチャレンジが人によっては「昔の方がよかった」と感じられることも確か。

ファンも年を取る=守りに入る。

DTは永遠に2ndの呪縛から逃れられないと思う。
2ndは超えられない、とか2ndっぽくて良かった、とか死ぬまで言われる。

自分だって、2nd以外のアルバムで気に入っている曲は、Learning to liveっぽい曲<ギターとキーボードのインタープレイが曲調を様々に変化させながら延々と続くようなもの>だったりするし。

でも、今回のアルバムを聴いて(先週は月曜から金曜までの電車でこのアルバムしか聴いていない。4巡しての感想)、実はDT自身もそういうファンの声は百も承知で、やろうと思えばインタープレイで何枚組みでも余裕で出せる:けど、あえて以前と違うことをやるんだ、そういう意志が感じられた。

もう、2ndっぽいものという意味では、前々作で落とし前は付けてるでしょう、と。

今回は「ミュージカル」をやりたかったんだと思う。
だから、唄:ジェームス・ラブリエ、伴奏:DTのみなさん というぐらいインスト部分の比重が少ない。
指練習かというような高速ゴリゴリリフも封印してるし。

逆に美メロの多いこと。人によってはメロウ過ぎ、と感じられるようだし、短い曲ばかりで複雑な展開が無いから、引っ掛かりが少ない。

が、DTによる「ミュージカル」と捉えれば、こういうものになるというのが頷けるし、決して老いたわけでも守りに入ったわけでもない。

ライブではこれに映像が加わるんだろう。とても楽しみだ。それを想像しながら、リピートしている。


entry_s1 at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ドリームシアター 

マクドナルドの新製品に名前をつけよう

というキャンペーンをやっている。

採用者にはバーガー10年分の購入代金をくれるらしい。

@390*365日*10年で約140万円だ。140万円あればハンバーガー店を開けるかな。

応募はいくつでもOKみたいなので早速いくつか投稿してみた。

「伝説のバーガー」
「行列のできるバーガー」
「食べログで高評価のバーガー」
「食べなきゃソンのバーガー」
「噂のバーガー」
「安心してくださいバーガー」
「元気の出るバーガー」
「業績回復バーガー」
「富国強兵バーガー」
「無病息災バーガー」
「家内安全バーガー」
「一億玉砕バーガー」
「すぐ売り切れるバーガー」
「食べるとスリムになるバーガー」
「メタボまっしぐらバーガー」
「イイネ!バーガー」
「ありのままにバーガー」

entry_s1 at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 

オデッセイ

IMG_3274


画像は今日観てきたMOVIXさいたまのポスター。
はい、間違ってますよ〜
映画を知らないやつに作業させるな、ちゅうの。

しかし、なんですかね、この邦題。
原題はTheMartian・・・原作の邦題は「火星の人」。こっちの方がなんぼかええ。
(火星はMarsなのにそこの人はMartianとTになるのか。地球人はEarthlingだって)

邦題、つけるなら「火星ひとりぼっち」とか。これだと裕ちゃん主演になってしまうか(古っ)。

「火星の真ん中で孤独を叫ぶ」
「火星の真ん中でイモばっか食う」
「火星オンリーロンリー」
「孤独惑星 火星」

原作を既読でも、映画は映画で結末がわかっていてさえ、大変楽しめた。

やっぱ、宇宙に行ってもジェイソン・ボーンはしっかりしてる。一人でなんでもやりよる。

entry_s1 at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日の一本-3 

2016年02月05日

DP-X1 ファームアップデート

3回目の更新。

期待してた、Tidalのプチノイズ解消は対応されてなかった。

でも少しノイズの回数減ったかな?

横ボタンで早送り巻き戻しも、Tidalでは機能しない。押し続けるとどんどん次の曲にいっちゃう。

entry_s1 at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯オーディオ 

2016年01月31日

いろいろ

ドリームシアターの新譜が出たけど、予約していた尼の盤はキャンセルした。
2枚組みなので高すぎ。Tidalで配信されるし。欲しいものがあるしなあ(後述)。

歌詞カードとか、見たいっちゃあ見たいけど、中古が安く出るまで待とう。

Tidalでダウンロードしたけどまだ聴いていない。来週の出勤時間にヘビロテ予定。

来日してね>DT

火星の人」をやっと読了。なんとか映画(オデッセイ)公開までに間に合った。
とても面白かった。一難去ってまた一難。それを解決していく主人公が小気味良い。

「パニクらない」「常にプラス思考」「憶測ではなく実績を取って判断」・・・・・この小説で得た教訓。

プレステ4が欲しい。50過ぎのおっさんが今頃になって。

スターウォーズ:バトルフロントFALLOUT4宇多丸さんがタマフルで激ホメ)をやってみたいから。

でもやる暇なんてあるんだろうか。観る映画の本数が減ってしまうのはなあ。

entry_s1 at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話2016 | ドリームシアター

2016年01月24日

DP-X1にダイソーのケース

かねてより店で見かけるたびにこれ使えるんちゃうか、と思っていたのだが、そういうときに限ってプレイヤー本体が手元に無く、サイズが合うかどうか不安で108円とはいえ購入を見送っていたもの。

今回店頭で現物がフィットすることを確認した上で購入。
IMG_3252

携帯電話グッズ 型番732。色は白もあった。

店によっては、フェルト地のものや、これよりやや大きいもの(iPhone6+用?)もあるが、フェルトだと以下で行う改造で生地が裂ける心配があるし、大きいものは外観としてどうかな、と思った。

IMG_3253


とりあえず入れてみる。
IMG_3254


透明カバーの上からでも、スクリーン操作は可能。スムーズにスクロールする。

ただし、このままではボリュームおよびサイドボタンが操作できないので、カッターでその部分だけ切って露出させるのだ。

サイドボタン部分。
IMG_3256


ボリュームノブ。
IMG_3255


下部のUSB端子部分は、縫い目を切る必要がありそうなので、とりあえずやめておいた。

操作感は両者とも良好。ボリュームノブが少し切り込みの縁とぶつかるのでまわしにくいが、逆に不用意にアップすることを防げているともいえる。

上部のスナップカバーは2.5mmプラグと干渉するので切り離した。
ぴったりフィットしているから逆さにしても出てこないくらいだし。

ストラップ金具も左右についているので、首下げもすぐできる。
IMG_3257


これまでのゴムバンド二本携帯方法に比べると、本体のキズは断然つきにくいし、外観も「イタイ」感じは減る。
「もしゴムバンドが外れたら」という心配も無くなる。

お試しあれ。

entry_s1 at 14:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯オーディオ