Entry-Sのターミナルを交換する

2006年03月25日

試聴

8c304f0a.JPGパワーアンプの右側のみスイッチを入れ、SのノーマルとS.E(Special Editon)を交互につなぎ換えて聴いてみる。
がーん。いきなり落ち込む。ごちゃごちゃしているうちに、ネットワークの部品を傷つけて断線してしまったか!と思ったほど、S.Eがハイ落ちなのだ。
失敗したか!いまさらもとに戻せないし・・・

いやいや、初聴きで判断するなかれ。何回かノーマルと交互に鳴らしているうちに、上にも伸びるようになってきた。
まあ、音的にノーマル版を超えた!とははっきり言えないかも(判断留保)。
少なくともハイ落ちは解消したし、悪くはなっていない。今の感じではほぼ同等。
でも、もしかしたら、あの内部の接続部分をなんとかすれば・・・とか思ったりも。

もともとの「かっこよくしたい」という希望は実現したから、よしとする。

ただ、Siもやるかどうか、と今聞かれれば、躊躇してしまう。それほど初聴きの落ち込み、動揺が激しかったから。だから、ショックに対する耐性が弱い人にはおすすめしかねる。

Siでもやるのは、もう少しフルノーマルで聴きたおしてから、だろうな。

entry_s1 at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

完成!

08f2c770.JPGあとはターミナルをもとの内部に戻して、ネジ止めして完成だ。

かっこいい!Entry-S Special Edition!


entry_s1 at 10:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

内部ケーブルを装着

31896ad6.JPGこの端子、ネジ止め仕様なので、ハンダ付け不要なり。
でもなぁ、なんか接続面が狭い感じがして不安が残るが、、、
今は適当な金具が無いから、このままいっちゃえ。


entry_s1 at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

内部ケーブルを剥く

8e3647dc.JPG次は、端子につなぐために、内部ケーブルを剥く。
しかし、こんな細くていいんか>ケーブル

別のケーブル、例えばALR-JORDAN純正ケーブルに換えることも考えたが、
ハンダ付けドジってパーツ焼いたりでもしたら悲惨なので、今回は見送り。



entry_s1 at 10:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

端子を装着

6b33fffe.JPG拡げた穴に新端子を差し込む。
2つの端子、かなり隣接した感じになってしまったが、もともとの穴を生かす形なので、これはいたしかたない。

entry_s1 at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

この大きさまで広げる

c8861d1f.JPG右が広がった穴。

entry_s1 at 09:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

再度ぐりぐり

0c784edc.JPGこれだと穴あけに専念できる。

entry_s1 at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

パーツを傷つけないようにしないと

8ac88e1e.JPGネットワークを外した方が作業が楽なことに気づく。


entry_s1 at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ぐりぐり

eca8952e.JPGテーパーリーマーでぐりぐりすると、簡単にどんどん穴がひろがっていく。


entry_s1 at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月24日

端子の穴

21d984ac.JPG新しくつけたいターミナルは大きいので穴を広げなくてはならない。
さあ、とうとうここから「手を加える」フェーズに入ってしまう。

entry_s1 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

端子がはずれたところ

caf2c392.JPGけっこう力仕事で汗をかいた。

entry_s1 at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

カバーがはずれたところ

26ba2c3c.JPG内部ケーブルとターミナルは金具がナット止めされているので、ラジオペンチでグリグリとはずしていく。
実は、今回の改造で一番苦労するのがこの部分。
というのも、ナットにも接着剤が若干垂らされているので、かなり固いのだ。

entry_s1 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

カバーはずし

0378971e.JPGターミナルがおさまっているプラスチックカバーをドライバーで外す。
ドライバーは以前も書いたが、星型のあまり一般的ではないもの。

entry_s1 at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月22日

工具

14a0f3ab.JPG端子を買ったはいいが、数ヶ月ほど悩んでいた。以前、Entry-Siの中を見るべく、特殊なドライバーを買って、端子を交換可能だとは考えていたが、これやっちゃうと、もとに戻らないからなあ。
とりあえず、リアのSでやることにした。
使用する工具は写真のとおり。

entry_s1 at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

若松通商で

2811be19.JPGというわけで、アキバの若松通商で見つけた端子がこれ。1ペアがこの値段。
ELACのスピーカーなんかに(かっこうだけは)似ている。

entry_s1 at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Entry-Sの弱点

Siの現バージョンでは、金メッキ仕様となったが、Sや出始めのSiのケーブルターミナルは、赤黒プラスチックで値段相応のもの。さすがにスプリングプッシュ式ではないものの、もう少しいいものを使えば感じも良くなるのでは?と思っていた。


entry_s1 at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)