2007年08月01日

政治について

アーティストから見た政治

神も無く、誰に祈るか分からず、何処に信念を求めるか、そんな世の中で、本来、政治とは国・人の手本なることが責務と考えます。
本当の苦しみを知らない政治家に良い政治は出来るのでしょうか?
1950年から始まった金権政治、拝金主義、格差社会の広がり、変らない教育、政治、社会の有り方。
勉強、テスト、出世、お金、数字ばかりで忙しく、友人も作れず、人間関係、コミュニケーション、交渉が出来ず、人の気持ち思いやりが分からず、感じとれず、何のための人生か、誰のための人生か、誰と生きるかも分からず目標を見失う若者達。
今の世の中、日本は変だ、おかしい、間違っている、不公平です、豊かな国で、知恵、技術、が有るといわれているが、心の貧乏、心の病、格差社会は広がり、必死で一生懸命、働いても暮らしが良くならず、苦しい。
年金も、医療も含め、病人、老人、女性、弱い立場の人々は地位も向上せず、少子化なのに子供一人を満足に育てるのも難しく、何も残らず、この様な現状を理解出来ますか、納得できますか? 税金、年金などは強制的に徴収され、何に使用しているか分からないまま、勝手に使用され、罪にならない、重罪という意識がない、これは、国民への冒涜、泥棒、盗みではないか、臭いものには蓋をし、犯罪率が増え、どんなに理論的に考えても大問題です。
法律とは、国民の為であり、未来の為ではないのですか?
国民を馬鹿にした様な態度、不当な官僚、政治家、役所、公務員、教育者、企業家に言いたい、問いかけたい、危機的状況の世の中、何の為の人生か、生きるとは、心とは何か、ごまかし法律違反の収益も納得いかないが、一番は21世紀知的社会と言われているのに、人助けを明確に出来ているでしょうか。
良いお金の使い方とは、本当の意味の社会責任型投資を、行う事であり、そうでない事には納得いきません。
誰が政治、経済、教育を管理監視し変えるか、それは国民であり国民の義務です、そして特に社会に大きな影響力を持っている芸術家は直ぐに立ち上がり、心の表現者としての責任を果たさなくてはなりません、歴史的には芸術家はその時代の権力者に支配されていましたが、現世界では確かな力を持ち始めています。何故なら独自の感覚で未来を予測する事が出来るからです。直感と情熱で文化文明を創り上げ、芸術家の才能を結集する事で社会を動かす時代となりました。世の為、人助けの為、未来の為、心豊かな国にする為、革命を起こし、新しいイデオロギー体のアーティスト産業を創り、確立し、心、夢、美、未来をはぐくむ、次の時代の創造者達を育て与えるアーティストと共に、全員で立ち上がり、政治、国、人生、未来を変える事をめざさなくてはなりません。


改革とは、痛みを伴なう事、改革の中心は世界、政治であり、その時期時代により大きく変わる事が必要で、特に現代は価値観、システムが急加速的な変化、多様化をし続け忙しく、その中で重要な事はやはり人、心、であり人間が人間である為の人生を考える事が最優先である、国民の為の政治なら、改革革新は止まらず勇気を出して突き進む。

”提言“   新しい法律改正の元には、過去の不正、間違いは一切問わず罰せず。

新しい基準が生まれ、変わる時期は価値観(心)の変化が中心である。国民が望む道の設定はそれ程難しい事では無く、効率的に行なう為には、それまでの過去に有った不可思議な不正は全て免責とする事が改革を早め、本来の政治に近づく事となると考えます。

教育改革、少子化も同じで、スピィードが求められています。

“定義”  1、一家庭、子供を三人とする
      2、既婚者優遇
      3、外国人増加
      4、教育改革
1、昔の中国の一人っ子政策と同じ様に、一定時期、国、大企業(トヨタの様な)が協力し一つの地域でサンプルケースを作る。
三人の子供を儲けた家族は、その子供に掛かる衣食住教育費の免除。
2、(1)の事が実施出来た家庭は安定するが、長期間の結婚生活を行なう為には、価値観、人格、趣味、匂いが合うパートナーのセッティング。
やはり国、大企業が協力し、心の神秘を研究、開発を行えば時間は短縮となります。
3、外国人の受け入れ定住化。グローバルとなる事、感性の多様化に合わせ想像を超え   
  た国民同士の融合。外国人の価値観、信仰心、家族第一主義、人生設計重要視、衣食住伝統文化の違い、アーティストの地位。
4、海外の教育環境との大きな違い、芸術家中心社会、アーティスト産業の確立、管理社会、成果主義との決別。
  シニアの協力、高齢化となる日本、日本人本来の文化伝統心を持っているシニアの感性を継承できない事は大きな損失となる、少子化の中経験未熟な昨今の親に協力し子供育てをバックアップを行う。

テーマは “子供は奇跡を起こし未来を変える”



eqschool at 13:41コメント(0)現代社会の問題点  

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

  • ライブドアブログ