スイスの街角から

スイス在住14年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

2009年12月

☆「スイスの街角から」(swiss_no_machikado_kara) の公式インスタグラムを始めました。→ Instagram

いざ!世界遺産のグリニッジへ・・・1


2009年12月28日、快晴の ロンドン です。

PC286242


お馴染みの ビッグベン は青空に映え、

高々とそびえたっています。

PC286245


PC286239


こちらはミレニアムの記念事業によって1999年の開業以来、

観光客に大人気の観覧車、「ロンドンアイ(London Eye)

観覧車からは、ロンドンの街が一望できます。

PC286252



好天気に恵まれたこの日、

テムズ川のほとりを散策した後、

世界文化遺産のグリニッジ(Maritime Greenwich)

を訪れました。


PC286251


グリニッジへは、テムズ川の波止場から、

ボートで約1時間10分ほどの快適な船旅です。


PC286248


ガラス張りの船内はとても明るい雰囲気。

夏は天井部分と横のガラスドアーがオープンし、

開放的なボートに大変身!!

ガイド付きのこのボートでもまた、

“イングリッシュジョーク” まじりのガイドさんの案内に

私も含め、観光客たちは大爆笑

PC286253




左下に見える針のように尖った塔が、

「クレオパトラの針」 という名の塔で、

19世紀にエジプトより寄贈されたものです。

画像 139



下の写真、

ビルの谷間に見える “モニュメント” が、 

「ロンドン大火記念塔」 です。

ロンドン大火(The Great Fire of London)とは、

1666年に4日間ロンドンの街を燃やし続けた

ロンドンの大火災で、

このMonument (ロンドン大火記念塔)は、

この大災害を後世に伝えるため建築された

石の塔 です。

PC286319



次の写真は

故・ダイアナ王妃とチャールズ皇太子が

結婚式を挙げた事でも知られている、

セントポール大聖堂


写真はすべて船内からのガラス越しの撮影のため、

鮮明に撮れなかったのが、ちょっと残念。

PC286320




テムズ川沿いには、

世界で1、2を争う程金額が高いといわれる、

高級マンションが建ち並びます

PC286255


想像もつかないほどのお値段の、

高級マンションがいーっぱい!!

有名・著名人、音楽プロデューサー、

女優・俳優さんなど等が住んでいるのだそう・・・。


PC286275



途中、ロンドン塔にも停まり、

その後ボートはグリニッジへと向かいます。

PC286261PC286266




ロンドン塔を出発するとすぐに、

目の前には美しい ロンドンブリッジ の姿が。


PC286268


ちなみにイギリス人のガイドさんは、

世界一美しい橋 だと案内していました

(私も、きっとそうなのだろうなーと思います!)


PC286270

PC286271


ボートは橋をくぐり、グリニッジへ・・・・。

PC286272


お天気の良い日は周りの景色を満喫しながら、

約1時間強の船旅はあっとい間。


PC286274


そうしていよいよ、

世界遺産に登録されている

グリニッジ(Maritime Greenwich) へ到着。


PC286277


グリニッジはロンドンの南東部の街で、

“グリニッジ標準時” の基準となる都市として、

『グリニッジ天文台』 がよく知られていますが、

「海事都市グリニッジ」 として、

ユネスコの世界文化遺産 に登録されており、

歴史のある、由緒有る港町です。


次回はグリニッジ天文台と、

グリニッジの町の様子などをお伝えいたします




ブログランキングに参加しています!
読んで下さった方、
こちらの “ワンクリック”で応援をよろしくお願いします
↓   ↓   ↓   ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ

ロンドンの隠れ家、マティーニバー


スイスの街角から、休暇中のしばしの間、

イングランドの街角の様子をお伝えしている続きです。 


私たちが今回宿泊したロンドンのホテルは

Dukes Hotel (デュークスホテル)

ここは、「The Leading Hotels of the World」 の

“Leading small hotel” にも選ばれている、 

典型的なイングランドの雰囲気を味わえる、

とても居心地のよい、小さなホテルです。

ロンドンには大型ホテルはもちろん、

元は個人の邸宅だった場所を改築してホテルにした、

このような小さなホテルがたくさん存在します。


この 「デュークスホテル」 にはとても有名な

マティーニバー という名のバーがあり、

ホテルの宿泊者はもちろん、宿泊者以外も利用できます。

マティーニバーは、ちょっとハイソなロンドンっ子達に人気のある

おしゃれなバーでもあります。


これがこの、マティーニバー で、

最もポピュラーメニューの マティーニ

PC306392


“ウォッカ” ベースか、“ジン” ベースを好みで選べ、

着席しているテーブルの目の前で、

バーテンダーが作ってくれるのが特徴。


私たちもディナーに出かける前にこのバーに立ち寄り、

私も食前酒としてウォッカマティーニをいただきました!


下の写真は、注文したゲストの目の前で

バーテンダーがマティーニを作っている様子。

PC306391


私にも目の前で作ってくれたのですが、

あまりの早業(はやわざ)に

シャッターチャンスを逃してしまいました

しかも、このバーテンダーさん、

イギリスらしい、ユーモアのセンスのある紳士で、

写真を撮っても良いかどうかを尋ねたところ、

ちょっと考えるしぐさをして、(←ジョークのため、わざとです)

「いつもなら写真撮影をするのには

5ポンドをいただくのだけど、

今はクリスマスタイムなので、

特別に無料で撮影しても構わないよ!」

と、ウィンクをしてくれました。

これには周りに座っていた人たちも大爆笑

麗しい、イングリッシュジョークです  

スイスの人たちの、とてもまじめな人柄も好きですが、

この英国人たちの、事あるごとに飛び出すジョークには

なんだかホッとしてしまう自分がいます。


PC306390


もちろん、マティーニの他にも、

ありとあらゆる種類のお酒を楽しむ事が出来ます。


PC306388

PC306387


心地よいラウンジで、

こころなしか周りの人たちの会話もとても弾んでいるよう・・・。


デュークスホテルのマティーニバーは、

最高にくつろげる、

ちょっと隠れ家的なバーなのです



ブログランキングに参加しています!
読んで下さった方、
こちらの “ワンクリック”で応援をよろしくお願いします
 ↓   ↓   ↓   ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ

ロンドンの人気レストランHAKKASAN



クリスマスの休暇をイングランドで過ごしている夫と私ですが、

昨日、実家のある バース郊外 から ロンドン に移動しました。

数年ぶりのロンドンはとてもエキサイティングで、

スイスでの田舎生活に慣れかけていた私には

とーっても大きな刺激

いつ訪れても流行の最先端を行く部分と、

深い歴史が刻まれた部分が混同した

素敵な都市です。


昨夜は

今、ロンドンで旬の、

「中華とオリエンタル」フュージョン・レストラン

へ行って来ました!

「HAKKASAN」 という名のこのレストランは

オープンして以来のここ数年、

いつも予約でいっぱいの

ロンドンっ子に大人気のホットスポットです。


こちらがそのレストランの外観

入り口でおもむろにゲストを待つ、

黒服の男性に予約名を告げ、入店します。 

PC286228



こちらが店内の様子。

おしゃれなアジアンテイストの内装です。

PC286201


こういうスタイルの独特かつ、

モダンでおしゃれな雰囲気は

スイスではまず味わう事は出来ません。

PC286202




このような感じのお店はおそらく、

ニューヨーク、パリ、ロンドン、

そして日本では、六本木か麻布あたりのイメージ。

PC286203


お料理は、

中華料理をモダンなアジアンテイストと組み合わせた

オリエンタルなフュージョンスタイルで、

お店の雰囲気だけではなく、

料理が美味しいのがこのお店の人気の理由です。



下の写真は前菜の 「北京ダックの春巻き」

ピリ辛ソースが少々クセのある北京ダックのにおいをカバーし、

とっても美味!!

PC286210




次は 「点心の盛り合わせ」

エビやホタテの入った海鮮の点心のお味は言う間でもなく絶品ですが、

見た目も美しく楽しめる一品。

“もちもちっ” とした周りと、海鮮が口の中で混ざり合い、

絶妙な味わい

PC286211




こちらは 「エビのスパイシーソース」 と記載されていましたが、

いただいてみると、

味はタイ風カレーに近いものでした。

PC286213


タイ風カレーのごとく、

ご飯の上にかけていただきました!

PC286214



そうして次は夫のお気に入りの一品

日本のお豆腐を使用した

「オリエンタル・トウフの煮込み料理」 ですが、

お味は八宝菜の野菜の代わりにお豆腐が入っている感じ。

ご飯にもよく合い、とっても美味しいお料理です。

PC286216




最後のもう一品は、シンプルな

「野菜(青野菜)のオイスター炒め」

PC286220




この日はデザートまでしっかりといただいてしまいました!

夫はチョコレートムース、

PC286223



私はマンゴーパフェ(マンゴーのアイスクリームです)を注文。

PC286226



それにしても、

ロンドンは美味しい 楽しい!!

久しぶりに都会の夜を満喫し、

ロンドン初日の夜は更けてゆきました。


のんびりとしたスイスの生活にも満足はしているものの、

おしゃれなレストラン、ミュージカル、ショッピングなど等・・・。

たまに味わうこの都会の刺激もまた最高

今日は終日青空の好天気でしたが、

明日の天気予報は雪だとか・・・

どうやらお天気が不安定なところはスイスと同様のようです。


快晴の今日は、

世界遺産に指定されている、グリニッジ に行って参りました。

(グリニッジ展望台のある場所です。)


先日の コッツウォルズ地方 と合わせ、

また後日お伝え致しますので、

もうしばらく イギリス情報 にもおつきあい下さいねー


ブログランキングに参加しています!
読んで下さった方、
こちらの “ワンクリック”で応援をよろしくお願いします
      ↓   ↓   ↓   ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログへ  人気ブログランキングへ
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
Twitterではブログ更新情報の他、スイス関連ニュースのリツイート、目に入った生活風景の画像など、ちょこっと情報をつぶやいています。
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ