スイスの街角から

スイス在住14年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

2011年07月

☆「スイスの街角から」(swiss_no_machikado_kara) の公式インスタグラムを始めました。→ Instagram

チューリッヒ駅ってこんなトコロ

ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

こちらは先日の記事でもご案内いたしました

チューリッヒ中央駅(
Zurich HB)です。


前回は列車の乗車方法について述べましたが、

今回はチューリッヒ中央駅の駅構内の様子についてご案内致します。


ここが待ち合わせのポイント、チューリッヒHBの大時計。


BlogPaint



時計の背後には大きな時刻表ボードとプラットホーム・・・



BlogPaint




駅の中央に位置するチケットオフィス。

と、ここまでは前回と同様です。


BlogPaint




さらに詳しく駅をご紹介いたしますと、

お手洗いはこちら、チケットオフィスの前のエスカレーターで下へ。

BlogPaint





こちらから下の階へ。

BlogPaint



チケットオフィスの目の前のエスカレーターを降りると

"Mc Clean" の有料トイレがあり、

長距離で移動された方々のためにシャワー(トイレとは別料金)も完備。

有料ですがとても清潔で、明るく安全なトイレです。


BlogPaint





その他、カフェ、SOS、コインロッカーもこの下の階にあります。


(コインロッカーの利用法につきましても過去の記事で

ご紹介しておりますので、ご興味のおありの方はこちらからどうぞ。

便利な用で不便でもやっぱり使えるチューリッヒのコインロッカー)




ここは駅構内の大きな広場。

BlogPaint



毎週水曜日にはマルクト(マーケット)が開催されますが、

この日は特別な催しは無く静かでした。

(マルクトについての過去の記事はこちら → チューリッヒ中央駅のマルクト



冬にはヨーロッパ最大級の屋内クリスマスマーケットも

ここで開かれます!



ちなみにこちらはクリスマス時期の夜の駅構内。

BlogPaint



クリスマスが近づく12月からはクリスマスマーケットが開催され、

駅の雰囲気はガラリと変わります!



こちらは10月のオクトーバーフェスト開催時の駅。

本場ドイツのものに比べると小規模ですが、こちらも楽しい催し。

BlogPaint





昨年、企業の宣伝で広告として壁に現れた人形!

BlogPaint





これは先週(7月22日)の様子。

駅構内に期間限定で登場したこのダブルデッカーは、献血車です!


BlogPaint


BlogPaint





余談ではありますが、

以前にこのブログの記事にも記したのですが、

上記こちらの駅の写真(駅の明るさ)をご覧いただくだけでも、

節電した東京の各駅は、ちっとも暗くはないとお感じになられると思います。


ヨーロッパの駅は、昼間でもこんな感じの明るさの場所も・・。

BlogPaint




Sprüngli(駅・地上階の店舗)の脇を通り抜けて外に出ると

そこが中央駅の正面部分。



BlogPaint





目の前の信号を渡ってまっすぐに進むとそこはもう、

このブログでもおなじみのバーンホフシュトラッセ(Bahnhofstrasse)です。


BlogPaint


BlogPaint




駅の地下には 「ShopVille(=ショッピング・モール) が広がり、

100店舗近い様々な店舗やMIGROSなどのスーパーも有り、

日・祝日でもオープンしているため、

ほぼすべてのお店が閉まってしまうスイスの日曜日のちょっとしたお買い物も

ここに来れば何とか間に合うのが助かり、

チューリッヒ中央駅は、

列車を利用する意外にも利用価値の高い場所でもあります。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。



携帯電話からご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ


意外や意外な結果・・!?


先日よりこのブログでもお伝えしております8月1日の

「スイス建国記念日」

(こちらがその先日の記事 → もうすぐ建国記念日  ですが、

Swissinfo (英語版 7/27)によれば、意外や意外な結果。


DemoSCOPEという
市場調査会社が実施した世論調査によると、

スイスの人々の大半は8月1日のスイス建国記念日をマークし、

それがとても重要な日である事を意識しているのだそうですが、

それに反し
5人に1人 は、特に強い関心は持っておらず、

大きな行事という意味では若い世代を中心に無視する人もいるのだとか。



30742025-30513156

(写真はswissinfo より 1994年ワールドカップに参加するため飛び立つスイスサッカーチームの見送り)



関心のある人に関しては、男性が女性よりもお祝いに対して熱心で、

国民のおよそ17% の人々が

お祝いの催しや公開イベントに参加するものの、


その他の人々は家族や友人同士で個別にお祝いをする人々が多いのだそう。


建国記念日の当日にスイス国旗を振り、国歌を斉唱し、

打ち上がる花火を見物するのは中高年以上の年代の人々、

またはいわゆるフリー(シングル)の人々なのだそうです。


そう言われてみると、

ビールを飲んで焼きソーセージを食べながら花火を観るのが目的で、

ある意味の好奇心も加わり過去に2度ほど(それぞれ別の町で)

参加してみた建国記念日のローカルな式典では、

おそらく親に連れられて参加していた子供たちを除き、

私達夫婦が一番若手カップルであったような気が・・!?

 
ミドルエイジ以上の愛国心の固まりにも見えるスイス人の集りであった

昨年の超ローカルな式典に、(まさかあんなにローカルだとはツユ知らず)

後から思えば、思わず場違いな私達が参加してしまい、

何だかヤケに疎外感を感じてしまった夫と私・・・。


その教訓もあり、今年は地元の小さな町のイベントには参加はせず、

都市のチューリッヒの街に出かけて焼きソーセージを食べながら、

ビールを片手に花火を観ようと決意した夫と私です。

 

上記とは別の電話で行われた
愛国心に関してのテストによると、

ほぼ半数である 44% の人々は、

彼らの


『スイス国歌」の最初のフレーズ(一番の歌詞)さえ知らない

事を認めたのだそうです!

そのギャップもまた、すごいような気が・・・。



BlogPaint


BlogPaint



上記の調査の結果を参考に考えてみると、

このスイス国旗で真っ赤に染まる町並みも世代交代した行く末は、

いつか落ち着き、町の風景が変わる日もやってくると言う事なのでしょうか。

私の中のスイスのイメージはこの強烈な「赤」のイメージも強く、

それはそれで、

何だかちょっぴり寂しいような気もしてしまう?自分がいます。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。



携帯電話からご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村




やっぱりチョコレートケーキ!そして判明、正しいケーキの注文方法

ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

今回も先日に引き続き、
「シュプルングリ(Sprüngli)」のカフェの話題です。

(前回の記事はこちら → 季節限定のアイス フレーバーティー



今回ケーキは「チョコレートケーキ(Schwarzwarder Torte)」を注文。


BlogPaint



サクランボの入ったこのチョコレートケーキはこちらの定番ですが、

スイスチョコとフレッシュ生クリームを使用したこのケーキは、

やっぱりとても 美味しいです!



ところで以前の記事に、

このカフェでのケーキの注文の仕方をアップしたのですが、

(その時の 記事はこちら → ☆


今回担当して下さったウェイトレスさんによれば、

ケーキはショーケースのところに行き注文(その場で清算)

そして、

テーブルでは飲み物だけをウェイトレスさんに注文するのがよいそう。



以前にご紹介した方法でも問題はないようですが、

今回確認をしてみたところ、これが一番無難なようです。



このショーケースで好みのケーキやペストリーを選び、

その場でお会計をします。

BlogPaint



(テーブルで注文した飲み物は、お会計は日本のカフェのように最後に、

伝票を持って階段の横のレジにて清算。)



シュプルングリではその季節により、

旬のシーズンのメニューが登場しますので、
季節ごとに楽しめますよ!


こちらは以前にもご紹介いたしました初夏から

現在(夏の季節)の間に楽しめる「ラズベリーのトルテ」

BlogPaint



帰りしな、1階の菓子販売店舗のショーウィンドウを外から眺めると、

いただいたケーキのホールがディスプレイされていましたー。


BlogPaint



こちらの小型ホールの6切り用程度は36フラン(約 3,500 円 )と高額なため、

お店の外から眺めてみただけ・・。




1836年に開店したこのお店は今年で創業175周年、

写真はお店の名前の付いた シュプルングリ トルテ(Sprüngli Torte)

小型のホール・4切り用で23フラン (約 2,300 円)

BlogPaint





こちらも今が旬の季節のケーキ、チェリーのトルテ(Kirsch Torte)です。

BlogPaint




夏が終わると今度は秋のメニューで、

秋になると、季節の栗やナッツ類を使用したお菓子が登場します!




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。



携帯電話からご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村




記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
Twitterではブログ更新情報の他、スイス関連ニュースのリツイート、目に入った生活風景の画像など、ちょこっと情報をつぶやいています。
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ