スイスの街角から

スイス在住14年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

2011年10月

☆「スイスの街角から」(swiss_no_machikado_kara) の公式インスタグラムを始めました。→ Instagram

ジェドーの大噴水(動画)

ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

前回ご紹介させていただきました、

スイス・フランス語圏の町、

ジュネーブにある「ジェドーの大噴水
(Jet d'Eau)

この噴水をイギリス公園のいろんな角度から眺めてみました。


BlogPaint


BlogPaint




轟音のとどろくジェドーの大噴水は、近くでみるとそれは圧巻です!

よろしければこちらの動画で、迫力のある大噴水の様子をご覧下さい。







人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。



携帯電話からご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村


ジュネーブ散策3.(私にとってガイコクだった町!?)

ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

ジュネーブの旧市街から坂道を下り、レマン湖のほとりに戻って来ました。

高さが140mまで吹き上がると言う「ジェ・ドーの大噴水」は

どの角度から眺めても迫力があります!

こちらは美しきイギリス公園からの噴水の眺め。


BlogPaint




こちらの波止場からはレマン湖を周遊する船が出ていましたが、

今回は時間がなく、周りを見学するのみ。



BlogPaint


BlogPaint




スイスの湖畔にあるどの町でも見かけるヨットやクルーザーの停泊するハーバー。

並んで泳ぐ白鳥の、何とも可愛らしい事!

BlogPaint




レマン湖の水は数年前までは環境問題の話題として、

汚染が激しい事でも多々話題のぼっていましたが、

政府の対策と共に地域住民の意識も高まったのか、

ジュネーブ付近のレマン湖の水はとても澄んでいました。


BlogPaint


BlogPaint



散策がてら、ジェ・ドーの大噴水のすぐそばまで歩いてみましたよー。

轟音が響く噴水は圧巻で、

かなり遠くまで水しぶきが飛んでくるため、

カメラをガードしつつ、あまり近くまで近づく事は出来ず!


BlogPaint




秋晴れで暖かい日のレマン湖畔はチューリッヒ湖同様、

人々が湖のそばにたたずみ、くつろいでいます。


BlogPaint



チューリッヒ湖畔も湖の水は澄み渡り、

遠くにはアルプスも眺められてそれは美しいのですが、

私がレマン湖の湖畔(ジュネーブ)が素晴らしいなーと感じたのは、

湖の周りが広大な公園「イギリス公園」になっており、

人々が散歩をしたり、サイクリングをしたり、

何もせずただベンチに腰かけて、それぞれの思いにふけったり・・・。

まるでロンドンの公園にでもいるかのように、時間を過ごせる事。


BlogPaint




イギリス公園内にある花時計も、美しい花々で鮮やかに彩られていました。


BlogPaint




公園を散策した後、新市街を歩いてみました。

BlogPaint




こちらの広場にはオープンカフェが並び、

広場に面してちょっとお洒落なお店が並んでいます。

いつもチューリッヒで見慣れたGROBUS(グロブス)も、ココにありました!


BlogPaint




そして私がジュネーブで何より驚いた事が、

人々がかなり「自由人」に見える事。

広場ではいきなり演奏が始まり(← ドイツ語圏の場合、こういうケースは

音がうるさいと感じる誰かに警察に通報されて、

すぐに警官がかけつけその場を退去させられる事がしばしば。

州によっては街なかでの許可の無い演奏は禁止されているのだそうです。

おそらくチューリッヒ州も・・。)



BlogPaint


で、また更に驚いたのが、

それまでカフェでお茶をしていたカップルがいきなり立ち上がり、

その音楽の演奏に合わせて踊り出したコト!


踊る事が目的のビアガーデンのような場所ならば

チューリッヒの町にもあるのですが、

スイスのドイツ圏の町では 、

「おそらくあり得ない!?」

ような気のするこの出来事にかなり驚いた Banana と 私・・・。


カフェでの休憩を終えてホテルに戻る途中、

橋の向こうからはジェ・ドーの噴水に虹がかかっている風景が眺められました。


BlogPaint



とても開放的で、

自分の知るところの「スイス」(=ドイツ語園)とは

全く異なった文化と習慣を育んでいるようにも見受けられるジュネーブの町。

私にとってはある意味、スイス国外へと出て、

まるで外国にいるかのようも感じられた

違った魅力を持つ、スイス・フランス語圏の町でした。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。



携帯電話からご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



ジュネーブ散策1.(フランス語圏の町の旧市街)

ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

9月に出かけたスイス・フランス語圏(世界遺産のラヴォー地区)の町。

秋晴れの続いていた今回は、

せっかく車で出かけるのだからと旅程を2泊とし、

ラヴォーの村のワン祭りを見学するために宿泊したモントルーの翌日は、

ジュネーブ
(Geneve)へと足を伸ばしました。


私の中での "ジュネーブ" と言えば最初に思いつくのは、

100m以上高く吹き上がる大噴水、


「ジェドーの噴水(
Jet d'Eau)」


BlogPaint



観光名所の大噴水をまずは最初に見学し、

新市街を通り抜け、反対側の坂の上にある旧市街へと移動しました。


急な坂道を頑張って登ってみると、

そこには私の知るスイスの印象(=ドイツ語圏)とは全く異なった風景の広がる

スイスでもありフランスでもあるようなイメージの世界が広がっていました。


BlogPaint


BlogPaint



この界隈の狭い路地には、

スイス・ドイツ語圏とはまた違ったたたずまいのお洒落なお店や専門店、

そして、とても魅力的な小さなレストランなどが並んでいました。


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint




建物の造りも独特で、ドイツ語圏とはまた異なった印象。

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint




市庁舎と旧兵器庫を見学した後はサンピエール寺院へ。

BlogPaint


(寺院内部の様子は後ほど・・)



散策を続け、緩やかな坂道を下ってゆくと、

この辺りにもお洒落なカフェや小さなレストランが並んでいる場所が・・。


BlogPaint




この界隈は以前テレビの特集で観た事がある風景。

BlogPaint




この賑やかでとても明るい雰囲気の広場が

「ブール・ド・フール広場」です。

BlogPaint


とても明るく開放的な雰囲気のテラス席で

のんびりとお茶を飲んでいる人々を眺めていると、

この部分に関してはお天気のよい日のチューリッヒとも共通点を感じます。


↑ 写真の中央、真ん中辺りにご注目。 

ここからもジェドーの噴水が見えます!



BlogPaint



先日の記事でも登場致しました、

ユニオンジャックの玄関マットもこの界隈で見つけました。

BlogPaint



まだまだ見慣れぬ景色が広がりそうな、秋晴れのジュネーブの散策です。


次の記事では
、「サンピエール寺院」の内部の様子などをお伝え致します。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。



携帯電話からご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
Twitterではブログ更新情報の他、スイス関連ニュースのリツイート、目に入った生活風景の画像など、ちょこっと情報をつぶやいています。
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ