スイスの街角から

スイス在住14年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

2011年12月

☆「スイスの街角から」(swiss_no_machikado_kara) の公式インスタグラムを始めました。→ Instagram

絆(きずな)


今年も残すところ1日、今年はこれが最後の記事です。


BlogPaint



2011年は日本に大震災が発生し、その直後の原発事故、

現在も続く放射能の不安。

世界では金融危機が深刻化し各地で暴動が起こったり、

日本にとっても世界にとっても、大きな1年となりました。


日本で恒例となっている今年の世相を表す漢字が、

今年は「絆」であったとの事。

困難に耐えながらそれに打ち勝つ日本民族の力強さ、更には我慢強さ、

そして、そんな困難のまっただ中にありながらも

周りの人々に対しての思いやりの心を忘れず、

人と人との強い絆で乗り越えてゆく人々の姿を見ていると、

私達日本人が素晴らしい民族である事を再認識させられ、

あらためて日本人である事に誇りを感じた年でした。


そして今年は実は我が家でも、大きな困難を乗り越え闘ってきた1年で、

夫婦の強い絆を再確認した年でした。

このブログを長きに渡りご愛読下さっているみなさまは既にご存知の通り、

私の夫は年が明けて間もない頃に命に関わる大手術を受けました。

今までそれについてはブログで詳しく明かした事はありませんでしたが、

手術を受けた体の場所は「脳」です。

アメリカと並び "スイスの脳外科" は世界でトップレベルで、

その中でもトップのチューリッヒ大学病院で、その手術を受けました。

英国からも家族が集り、我が家にとっては本当に厳しい1年の始まり。

有能なドクターの元、手術が無事に成功し

夫が退院した翌日の自宅療養中にあの大震災が発生。

大津波が引き起こり人々がその波に飲み込まれそうになるテレビの映像を

涙を流しながら観ていた夫を自分自身も日本を思う気持ちと同様に

心配でたまらない気持ちで見つめていた私でしたが、

術後はすっかり元気になり、

おかげさまで後遺症も全く残らず元通りの彼に戻りました。

(この件に関しましてはもう少し落ち着きましたら、

いつか近いうちにブログでも触れてみたいと思います。)



夫には英国に妹が一人いるのですが、

夫と彼女との仲は付かず離れずといった関係のように見えたのが、

手術の日取りが決まると同時に母を連れ、スイスに来る事を決意。

手術前日に笑顔で夫と話しながら、

病室のドアの外に出たとたん心配のあまり、

母(私にとっては義母)と共に白い肌を真っ赤にして泣きじゃくる彼女を見て、

どんなに離れていても、普段はそんなに親しくしていなくても、

家族の絆は本当に強いものなのだと実感させられた日。


病気から回復した夫はその後、

全く彼の非ではない事で仕事の面でちょっとしたトラブルに巻き込まれ、

現在もある意味  "戦闘途中" の我が家ではありますが、

夫のそばで寄り添って来た私もこの1年であらたに

お互いの存在を確認し合い、支え合っている事を再確認した年。

この闘いはあとしばらく続くのか、

年が明ければ一気に解決へと向かうのか?

正直なところ全く予想もつかない私なのですが、

被災されながらも前向きに明日に向かって生きて行かれる

東北のみなさまの姿は私達夫婦にとってもまた、勇気づけられました。


健康でお互いが愛し合い信頼し合っていればきっと、

今まで過去にも困難に出会った時同様、

何とか一緒に力を合わせて打ち勝てるのだと思っています。


2012年が日本のみなさまと、

このブログをいつもご覧下さっている世界中のみなさまにとりまして

素晴らしい1年となりますように。

みなさま、どうぞよいお年をお迎え下さいませ。

そして我が家にとってもよき新年と1年になる事を願って・・。


今年1年間、このブログをご愛好くださりありがとうございました。

2012年もどうぞよろしくお願い致します。



ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、下の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



極上のシャンパントリュフ


こちら、私のお気に入りのシャンパントリュフ チョコです。

新年を迎えるにあたりちょっぴり贅沢に、

美味しいチョコレートを購入してきました。


BlogPaint



シャンパン トリュフといえば、

このブログでは過去にも何度か日本へのおすすめお土産のひとつとして、

トイシャー(Teuscher)」の シャンパン・トリュフ を

ご紹介して参りましたが、

(過去の記事の一部はこちら

う・ふ・ふっのシャンパントリュフ

仰天、トイシャーのチョコレートの日本価格


実はもう一つのおすすめが同じくチューリッヒのお菓子の老舗、

こちら、「シュプルングリ(Confiserie Sprüngli)」 の

シャンパン・トリュフ です。


BlogPaint



お味を比べてみるとどちらのお店もそれぞれ異なった深い味わいで、

両方とも美味しい事に変わりはなく、

なかなか片方ひとつを選ぶのが難しいほどなのですが、

どちらかといえばシュプリュングリの方が口当たりがあっさりとしており、

一方トイシャーは更にシャンパンの香りが濃厚な印象も受けます。

(私の勝手な想像だと、お酒に強い方にはトイシャー、

そうでない方へはシュプリュングリかなー!?とも感じたりします。)


ただ、トイシャーの方は日本での知名度が高いのですが、

それと同時に日本でも購入できるため、

スイスでしか手に入れられない "スイスチョコ" となると、

場合によってはこちら、

シュプリュングリが喜ばれるのかもしれません。


今回は一番小さな箱入り(14個)で、約20フラン(約1900円)

もっと大きなギフト用の箱入りだとお値段は固定ですが、

自宅用に10個とお願いしたところ、

既に箱に入った14個入りを勧められ、量り売りでこのお値段でした。


普段の家庭用は

リンツのシャンパンチョコで充分に美味しくいただけますが、

特別な日や贈り物にはちょっと奮発をして手に入れたい、

本格的なお気に入りの「スイスチョコレート」です ♪



ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、下の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



Live on Ice in Zurich 〜 光のイルミネーションと博物館のスケートリンク(動画付)

ブログネタ
スイスの風景 に参加中!


BlogPaint


今年で10回目を迎える「Live on Ice(ライブ・オン・アイス)」

これはチューリッヒ中央駅前の国立博物館(Landesmuseum)で

クリスマス前から年始にかけて開催される

チューリッヒのもう一つの冬のイベントです。


国立博物館の中庭には特設スケートリンクとレストランやバーが設置され、

光のイルミネーションの中で食事や音楽、

そしてイベントが楽しめる事が人気。


BlogPaint


BlogPaint



中庭へは無料で入場できますが、

リンク利用とスケート靴の貸し出しは有料。

訪れたのはクリスマス後の平日(28日)の夜でしたが、

大人も子供も一緒になってスケートを楽しんでいました!


私はスケートは残念ながら苦手なので見学のみでしたが、

スイスの人たちは子供の頃からスイスイ上手に滑ります。

"滑れるという事が前提のリンク" なので

日本のようにリンクに手すりはありませんが、

小さな子供たちは練習用のペンギンを押しながら滑っていました!

(子供たちがペンギンで遊ぶその様子は一番下の動画に納まっています


BlogPaint



この催し、今年で 10回目 の記念イヤーなのだそうですが、

オープンした初日には、

スイスの元フィギュア・スケート選手、

"サラ・マイヤー" をゲストに迎えイベントを行うなど、

年々回を重ねるごとにチューリッヒッ子たちの冬の恒例イベントとして

定着しつつあります。

(2007年と2008年は博物館の改修工事中のため、

郊外のチューリヒホルンに会場を移して開催されたそうです。)



中世の古城をも思わせる国立博物館の中庭で、

光のアーティストとして幅広い分野で活躍中のスイス人芸術家

ゲリー・ホーフシュテッター(Gerry Hofstetter)が氷を舞台に、

光と音をあやつりながら幻想的な空間を演出。


BlogPaint




こちらは  今年の『Live on Ice』の動画です。(2011年12月28日撮影)





この Live on Ice の今年の開催期間は、

2011年12月3日 〜 2012年1月2日まで と、残すところあとわずかです!



ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、下の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
Twitterではブログ更新情報の他、スイス関連ニュースのリツイート、目に入った生活風景の画像など、ちょこっと情報をつぶやいています。
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ