スイスの街角から

スイス在住14年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

2015年09月

スイスの街角からのメルマガ、

1/22号 Vol.2 は、以下の内容です。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

● 言うべきか、言わざるべきか!? 日本-スイス、機内での出来事

● 驚きあり、感心あり!のスイスの幼児教育、我が街の小学校

● 最近の我が家

※ 1月24日 (木曜日)、「号外版」 として、

"海外からでも、ローンは組める!

「日本に家を買う」ストーリーの裏バナシ" も配信!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


☆☆12月13日 〈最新のお知らせ〉クリック↓↓してご覧下さい → お知らせです、新しいことをスタートします!☆☆


☆「スイスの街角から」(swiss_no_machikado_kara) の公式インスタグラムを始めました。→ Instagram

チューリッヒ駅の券売機で、嘘のようなホントの事件

ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

BlogPaint


最近、チューリッヒ中央駅(HB)の券売機で、

ちょっと信じられないような事件が発生しており、

チューリッヒ市警が利用客に注意を促しています。


先日読んだニュースによれば、

これは "マルセイユ詐欺" と称される事件なのだそうで、

利用客が駅構内の券売機で切符を購入しようと現金(紙幣)を入れた際に、

おつりの一部が出て来ないというトリックが仕掛けられているのだそうです。

‘Marseille’ scam comes to Zurich train station (The Local)


Betrüger manipulieren SBB-Billettautomaten(20 Minuten)


数年前にもスイス国内の駅では、

デビットカードやクレジットカードを使用して切符を購入しようとした際、

個人情報を読み取られるよう細工された券売機が発見されたりして、

犯罪予防に取り締まりが強化された事もありました。

しかし今回の事件はカードではなく、

現金(紙幣)で支払った人々がターゲットとなっているようです。


ニュースの記事で挙げられている例では、

例えば6フランのチケットを購入しようと20フラン紙幣を券売機に入れた際、

おつりとして出てくるはずの計14フラン (10フラン紙幣) が出ず、

4フランだけが硬貨(2フラン硬貨が2枚)で返却されます。

この時点で詐欺師が事前に券売機に何らかの操作をしており、

紙幣が詰まって返却されないように仕掛けられているとの事。

利用客は残りのおつりである10フランの紙幣が出て来ないため、

それをSBB(スイス国鉄)の係員に問い合わせようとその場を離れたスキに、

詐欺師である犯人が仕掛けた券売機に戻り、

詰まった10フランを盗んでゆくというトリックです。

このようなケースが9月に入り、

チューリッヒ駅で30件程事例が報告されているだそうです。


という事は、

利用客が券売機で切符を購入しているところを、

詐欺師は近くでチェックしているという事になります。

見られているかもしれない事に、なんだかコワイと感じると共に、

10フランをだまし取るのに、随分と手の込んだ仕掛けだとも感じます。


20フラン以上の紙幣で支払う人もいるので、

もちろん100フラン、50フランと支払えば、

出て来るはずのおつりの金額は上がるのですが、

それにしても、最初にこのニュースを知った時、

エっ? 自分がいつも利用しているチューリッヒ駅でホントにそんなコトが!? と感じてしまい、

とても単純過ぎるとも思える犯罪に驚きました。

けれども逆にこの程度で金額が低い方が、

目の前にした人はそれが詐欺だとは思わず、単なる機械の故障で、

おつりの一部が出て来なかったと思い込んでしまうのかもしれません。

もしも自分もその場で同じ事が発生すれば、

その場所を離れてしまうかもしれません。


この事件が "マルセイユ詐欺" と名付けられた理由は、

フランスのマルセイユでこの事件と類似した事例が、

初めて報告されたからなのだそうです。


現在は警察も捜査に乗り出しているため、

また同じようなケースがチューリッヒ駅内で発生するとは思えませんが、

犯人は確保されてはいないようなので、

他の場所へと流れた可能性もあるような気がします。


スイスは治安が良く、比較的安全な国ではありますが、

陸続きのヨーロッパ内では、

他の国々からも犯罪者を含めていろんな人達が行き来し、

特に鉄道を利用すると、入国・移動が容易である点には、

自分なりに危機感を感じている部分もあります。


この時期スイス各地では、

秋のお祭りやイベント、メッセなどで、人が集り賑わう場所も多いので、

主要駅周辺をはじめ各地で、注意が必要なのかもしれません。


(本日の写真はイメージですが、自身が9月初旬にチューリッヒ中央駅を撮影したもの。

この周辺の券売機でも、事件が報告されているそうです。)


ブログランキングに参加しています。

「スイスの街角から」を応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。
大変お手数ですが "1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。

(2つのバナー、いずれも別窓で開きます)



 
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村

秋晴れを侮ることなかれ・・。

ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

BlogPaint


今週は美しい秋晴れが続いているチューリッヒ地方です。

青い空が広がり、太陽の陽射しが眩しいお天気でも、

風はもうすっかり秋の風で、

日中でも肌寒さを感じる季節になりました。

街を歩く人々はもう既にジャケット着用で、

中には薄手のダウンジャケットや、

冬用のコートを身に着けている人もいます。


自分は昨日、晴れていた事もあり、気温も16℃前後だったので、

上着の代わりにカーディガンだけを羽織って出かけたところ、

ピューピューと吹き抜ける風がそれはそれは冷たくて、寒くて大失敗でした。


こういうちょっとした気のゆるみで風邪を引いてしまいがちなのが、

スイスの天候でもあります。

しっかりと首をガードして、暖かくして出かけなければなりません。


今日も晴れてはいましたが、昨日の失敗を繰り返さないよう、

しっかりと防寒対策をして出かけました。


朝晩の寒暖の差も激しくなり、

湖畔の街の風景も木々の葉が少しずつ紅葉してきました。

BlogPaint


今日はシュビーツ州の、ある街に住む友人のお宅へのお招きで、

対岸の街まで出かけてきました。

お天気がすごくよかったので、普段ならば電車で移動するところを、

湖の対岸の街同士を結ぶ渡し船の役割でもある

小型フェリーを使用して向こう岸まで渡り、

そこから電車でシュビーツ州へと移動です。


電車同様、船も時間ピッタリにやってきます!

BlogPaint



渡し船と言えど、船内は清潔で明るく、快適  ♪

BlogPaint


この日の日中、外の気温は16℃。

真夏のように、デッキに出て数分間の船の旅を楽しむには風も強く、

さすがに自分にとっては少し寒過ぎる季節ですが、

スイス人らしき乗客の中には、

屋外のデッキで太陽の下、まどろんでいる人達もいます。


こちらは対岸の街でフェリーから乗り継いだ、電車の車窓より。

いつも眺めているのとは全く異なった角度から眺める湖も美しい!

BlogPaint




夕方、帰途につく途中、対岸から眺めた我が町・・。

BlogPaint


今週は安定した秋晴れのお天気が週末まで続きそうです。

この数日間が過ぎると、

今年も一気に冬へと季節は変わり行くのかな? と、

例年の記憶も甦り、ちょっぴり不安。

スイスの厳しくて長い冬を迎えるのには、心の準備がまだちょっと・・。

秋晴れのお天気が、1日でも長く続くといいな〜 と日々です。



ブログランキングに参加しています。

「スイスの街角から」を応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いのために、
大変お手数ですが "1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。

(2つのバナー、いずれも別窓で開きます)


 
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村


日本を思い出す、秋の味覚 ♪

ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

BlogPaint


今年もスイスで、日本の秋の味覚を思い出す、梨を手に入れました。

自宅からほど近い場所にある農園の無人直売所では、

秋になると、日本風の梨がお目見えします。


同テーマの過去のブログ記事はこちら

今年も日本の梨をゲット ♪(2014年 9月15日)



数年前まではこの季節になると、

時々日本の梨が出現するスーパーにダメもとで足を何度か運び、

運良く購入出来た事があったのですが、

近くに住む友人に、歩いて行けるこの場所を教えてもらってからは、

こちらの直売所へ足しげく通っています。

BlogPaint

「NASHI」とだけ書かれ、

その下に小さく、

"アジアの梨" とドイツ語で記述されているだけなので、

品種など詳しくは分からないのですが、

どちらかというと酸味よりも甘みの方が強い、

みずみずしい口触りで、

日本の幸水梨に味わいが似ていて、とっても気に入っています ♪
  

今年の夏は晴れの日が多く、日照時間も長かったためか、特に甘い!!

BlogPaint

しばらくすると、同様に「NASHI」の表記でも、

今度はまた異なったタイプのものも現れるので、

秋の散策がてら、また農園まで歩いてみようと思います。


余談ですが、

ちなみにこちらの直売所で販売されている卵もとれたて新鮮で、

海外でも恐れず、我が家では卵を生でも食しています。

日本に帰省した際、友人からお土産にいただいた、

卵かけご飯用のお醤油が大活躍中〜♪


卵は秋に限られている訳ではありませんが、

カボチャや梨など、ここ最近ではスイスでも、

身近で日本の秋の味覚を味わえるようになった事に、

小さな幸せを感じている自分です。



ブログランキングに参加しています。

「スイスの街角から」を応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。
大変お手数ですが "1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。

(2つのバナー、いずれも別窓で開きます)



 
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村

1/15より「まぐまぐ!」にて、有料メールマガジンがスタートします。ブログには書けなかったヒミツのお話も、ココでお届け致します! 初月無料。ご登録はいつでも大歓迎!!購読解除もいつでも可能でございます。ご興味がおありの方は、下のバナーをクリックし、無料サンプル版をご覧下さいませ〜

記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ