BlogPaint

本日の記事は、

過去この時期の日本一時帰省で訪れた「あじさい寺」の思い出です。

ご興味がおありの方のみ、この先にお進み下さい。


PCの中に溜まった写真の整理をしていたところ、

ちょうど3年前の 2014年 6月16日、

紫陽花で有名な鎌倉市の明月院を訪れた際の写真が現れました。


当時、この頃の我が家は、

英国人の夫 Banana の短期日本赴任のため東京都内に居を構え、

2014年の2月から同年の夏までの約半年間、

しばらくスイスと日本を行ったり来たりしていました。


正確には Banana はその期間、ほぼずっと日本に住み、

私は月一でスイス ⇄ 日本を行ったり来たり・・。

このブログを以前からご覧下さっている読者のみなさまの中には、

その事をご記憶されている方もいらっしゃるかもしれません。

(そのみなさまへ)そうです、月日が経つのは本当に早く、

あっと言う間にあれから3年が経過しました。


今思えば、都内港区の某高級住宅地の一角にあるマンション

に短期間であるとはいえ住まいを構えて、

スイスと日本を行ったり来たりするなんて、本当に贅沢で夢のような体験でした。

もちろん夢は覚めるもので、

今思えば、あれは既に遠い昔の思い出のような記憶です。


前置きが長くなってしまいましたが、ここから先が本日の本題。

スイスへの本帰国もそろそろ近づいて来た2014年6月中旬の月曜日、

昼間は毎日がフリータイムだった私は、鎌倉の明月院へと出かけました。

鎌倉の明月院は、通称「あじさい寺」と言う名で知られるお寺です。

BlogPaint

通常、一時帰省の際には梅雨時は避けて帰国するため、

紫陽花のシーズンに日本にいる事はあまりなく、

今後もおそらく滅多にない機会だろうと思い出かけました。


週明けの月曜日だと言うのに、

風情のある紫陽花を見ようと訪れる人は私だけではなく、

それはすごい人混みでしたが、

「あじさい寺」と名のつく事がよく理解できる、

情緒豊かなお寺に咲く紫陽花の大群は素晴らしい景観でした。

BlogPaint

お寺の入り口で見学料金を支払い、

そこからはしばらく、細く緩やかな坂道と石段が続きますが、

周りは全部 "あじさい" です。

ほぼみんな写真を撮りながら歩いているので、

前に進むのが困難なほど、人がいっぱい。

日本に住んでいるとこのくらいは当たり前なのでしょうが、

スイスでの生活が長くなってくると、このあたりの感覚がマヒしています(苦笑)

BlogPaint


薄いピンクに水色、濃いピンクと青、パープルがかったもの、

どれも美しく可愛らしい紫陽花で埋まっていました。

BlogPaint

BlogPaint


ハート形に見える水色の紫陽花 ♪

BlogPaint


白い紫陽花は優雅で目を引く存在!

BlogPaint

BlogPaint


しっとりとしていて、心が和まされるお寺です。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


新緑がまぶしい初夏の青紅葉と、

赤い紅葉の色合いが素晴らしく調和された風景。

BlogPaint

明月院は紫陽花が有名なお寺ですが、

本堂の裏の庭園に咲く、花菖蒲(ハナショウブ)もちょうど見頃でした。


庭園は普段は閉じられているのだそうで、

花菖蒲が咲く6月上旬から中旬のみ、開園されているのだそうです。

こちらはまた別料金での入園になるためか、

花菖蒲の庭園に入ると、紫陽花の周りの喧騒がまるで嘘のように静まり、

とても静かでゆっくりと見学ができました。


同じ日に紫陽花と花菖蒲の両方を楽しめるなんて、

この時期に日本にいられた事が、本当にラッキーでした。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

毎年日本の桜が見たくて、

一時帰省の際には春の初めを選んで帰省していた自分ですが、

今年5月の帰省で目にした鮮やかな新緑の時期といい、

この時楽しんだ初夏の紫陽花といい、

日本の「四季」はそれぞれ季節ごとに四季折々、

本当に美しいとあらためて感じさせられています。


今後、日本一時帰省の年間予定を立てる際、

いつにするか、どの季節にするか、これからは大きく悩んでしまいそう!


ブログランキングに参加しています。
「スイスの街角からを」応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。大変お手数ですが、"1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。
(いずれも別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村



にほんブログ村 海外生活ブログへ