ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

BlogPaint

先日、久しぶりにチューリッヒ湖のボートに乗って、

自宅のあるチューリッヒ州の湖畔の街から、

湖の対岸にある街まで出かけてきました。


普段ならば陸路で隣町の大きめのスーパーまで買い物に出かけるのですが、

6月に入ってお天気の良い日が続き、

すっかり爽やかな夏の気候になってきたので、少し遠出をして、

この日は湖を渡り、向こう岸の街まで行って来ました。


湖の彼方に雄大に眺められるアルプスの山々の上には、

少し雲がかかってはいたものの、

快晴のチューリッヒ湖に吹き渡る風は清々しく、

水しぶきの音に涼しさを感じて、

ほんの10分間の短いながらも楽しい船の旅でした。

BlogPaint

と、ここまでは、

いつもながらのチューリッヒ湖のボートやフェリーの短い船旅なのですが、

実はこの日は船内でチューリッヒ地区の新しいルールを知ることになりました。


昨年の12月にZSG(Zürichsee-Schifffahrtsgesellschaft AG)が設定した

新ルールによると、


2016年12月11日より、

ZSG(チューリッヒ湖航行会社)の船を利用する乗客は、

CHF 5の手数料を支払う必要があり、


ZVV(チューリッヒ地区の交通チケット)のゾーンで有効なチケットとは別に、

フェリーやボートに乗船するための追加料金、

「5フラン(購入から24時間有効)」が必要になりました。【2017年 6月現在】


☆ 追加料金は、チューリッヒ湖、オーバーゼー、

リマト川のすべての定期航路に適用されます。

「ドリームクルーズ」(サンセットクルーズ、ソマー・ブランチクルーズ、

サンタクロースクルーズを除く)は、追加料金から除外との事。



以前(昨年の夏、私が最後にチューリッヒのフェリーに乗船した時)までは、

有効な "ゾーンのチケット" を保持していれば、

電車やバス、トラムなどと同様にチューリッヒ湖のフェリーやボート、

リマト川を航行するボートにも追加料金は一切かからずに乗船ができました。


自分はフェリーやボートを利用するのは夏のシーズンのみなので、

考えてみると、昨年の夏の終わり頃に乗船したのが最後で、

今年になってからはこの日が初めてでした。

そのため、新ルールを全く知らずに乗船したのですが、

検札に来た係員にサーチャージについて知らされ、

船内で5フランを支払いました。


新しい取り決めでは(2016年の12月11日より)

乗船する距離には関係なく、

チューリッヒ湖やリマト川の船やボートを利用する場合、

有効のチケットにプラスして、

"5フラン" を追加料金として支払わなくてはならなくなったのだそうです。

44

追加料金(surcharge)についての詳細は、
こちらの公式サイトに明記されています。


Scheduled trips &Round trips(ZSG surcharge)

ZSG(English / Deutsch)

01

例えば、

チューリッヒのビュルクリプラッツからラッパーズヴィルまで

2時間近く乗船しても、

今回の私のようにほんの10分間の短い距離でも、時間や距離に関係なく、

追加料金は同じで5フランで24時間有効との事。


ちなみに利用した対岸までのゾーンチケット(2等)が6.2フラン、

それに船の追加料金で5フラン= 計 11.2フラン。

2倍とまではいきませんが、2ゾーンでの移動だとかなり割高です。

BlogPaint

長時間乗る場合は、決められた事であるならば、

5フランもやむを得ないかとも思うのですが、

かなりの近距離で5フランは、

昨年までは追加はかからなかった事を考えると、

さすがに高いな〜と感じてしまいました。


今回はお勉強代という事で、まあ仕方ないかというところです。

次回乗船する場合は是非、長い距離にしようと思います(苦笑)


上記の追加料金に関しては、

ビュルクリプラッツ(チューリッヒ)から乗船する場合は、

渡船場でアナウンスされているとの事で、

フェリーの中でも同様に、

インフォメーションとしてアナウンスされているそうです。

BlogPaint

BlogPaint

私は今回、チューリッヒ〜ラッパーズヴィル間の

大型の2階建フェリーではなく、

短い距離の小型の渡し船に乗船したため、乗船時の案内はなく、

知らずに通常のゾーンチケットだけで乗ってしまいました!

もしもゾーン内の有効切符を持っていなければ、

100フランの罰金となるところでしたが、

サーチャージチケットの分だけの未所持だったので

特におとがめはなく、その場で追加の5フランを支払い問題はなし(ホッ)

IMG_0539

IMG_0543

地元のニュースで大きく出ていた記憶はなく、

自分は全く知らなかったのですが、

ZSGの公式サイトを参照してみると、

サーチャージについては船内で渡された案内と同じ内容が、

詳しく明記されていました。


チューリッヒ湖、リマト川の船舶をご利用のみなさまも、

これをご参考になさっていただき、どうぞご注意ください。


追加料金(チケット)は、

船内、ビュルクリプラッツのチケットブース、

ラッパーズヴィル、チューリッヒ中央駅(HB)の旅行案内所などの他、

各駅に設置されているSBBの券売機や携帯電話のアプリ、

オンラインのチケットショップからも購入が可能で、

定期券や回数券もあり(回数券は券売機でも購入可能)との事です。



ブログランキングに参加しています。
「スイスの街角からを」応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。大変お手数ですが、"1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。
(いずれも別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村