ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

先日の記事、

ジャパン・レール・パス、今年も〜!

からの続きです。


まずはおさらいで、

昨年ジャパン・レール・パス(引換券)をネットで

購入した時の様子はこちら


ジャパン・レール・パスをネット購入しました ♪(2017年3月9日)


前回の記事にも記述しましたように、

207年6月1日から利用者の見直しとして、

規定が変更されております。

新しいルール利用条件につきましたは、

JRの公式ページをご覧いただき、

ご確認をお願いします。


Japan Rail Pass

● 海外在住の日本人で、
下記条件を満たす者平成29年6月1日からの利用資格



冒頭の写真は昨年購入したジャパン・レール・パスです。

画像をご覧いただくとお分かりだと思いますが、

キップに記載されているのは日本円です。

お住いの国ではその国の通貨で購入される事になります。

そうすると、購入されるエージェンシーによって、

換算レートが少し異なり、

販売価格に若干誤差が出てきます。


ある友人は数年前から複数回

ジャパン・レール・パスを利用しており、

スイスでの販売価格をいろいろと比べてみたそうです。

彼女の事前情報や、周りの評判などを考慮し、

私もどのエージェンシーにするかを選びました。


パスに引き換えるのは日本に到着してから。

ジャパン・レール・パスは

日本国外の各国のトラベルエージェンシーで販売されており、

(外国人は日本に到着後も購入可)

そこで引換券を購入し、

日本国内のJRの指定する引換場所で交換です。


首都圏の交換場所はこちら〜。

公式ページには、全リストが掲載されています。

 ジャパン・レール・パス引換箇所・販売箇所

58

ここから先は、

あくまでも自身の2017年5月使用時点での体験です。

事前情報で、成田空港と東京駅は、

海外からの旅行客でものすごい行列だと耳にしていたので、

自分は都内の宿泊ホテルから遠くない品川駅で引き換える事に。


到着便の時間帯にもよるのだとは思いますが、

成田空港駅の場合は、

到着してそのまますぐにパスを使用しようとする旅行客で、

いつも混み合っているのだそうです。

都内の玄関口でもある東京駅もまた、ものすごく並ぶそうです。


こちらは私が利用した品川駅。

ご案内 Information と書かれたブースの中で引き換えました。

中央改札の外、

ちょうどみどりの窓口の反対側にあります。

BlogPaint

スイスを出発する前には、

パスに引き換えるための必要書類についての

情報が錯綜しており、

(それぞれ購入したスイスの別々のトラベルエージェンシーにて、

異なる案内をされたというケースあり)


● スイスでの居住を証明するIDとパスポートだけでOK

という情報もあれば、


● 国際結婚をしている証明=結婚証明書 等も必要、

しかも原本が必要!? と言われた人も


など、いろいろでしたが、

我が家の場合、

ハワイで結婚式を挙げたため、

結婚証明書については、

アメリカ合衆国の法律にのっとって発行されたものです。

スイスでの住まいの、

地元の役所に行ってすぐに発行していただけるような

簡単なものではありません。

このパスを購入するためだけのものではなく、

とても大切なものです。

原本を持ち出して、

しかも旅行中にずっと携帯するのは、

万一紛失したりすると取り返しのつかない事になるため、

私は自分の解釈で、原本の必要はないだろうと判断し、


● スイスに居住していることを証明するID (滞在許可証=Cパーミット)

● 現住所が明記されている郵便物

● 結婚証明書のコピー

●  日本のパスポート

を持参しました。

(今年からは、上記に日本大使館で発行された

在留証明を持参します)



すると、事前の取り越し苦労も何のその。

案内所の女性は引換証とパスポートだけを確認し、

「これが必要書類です」

と提示した私のペーパー類にはチラッと目をやっただけで、

「はい、大丈夫です。ありがとうございます。」

とだけ言って下さり、

提出書類には一切目をくれることはなく、

正直なところ、ちょっと拍子抜け!

私のID(Cパーミット)をチェックして、

スグにパスに引き換えをして下さいました。


昨年6月以降の利用者の見直しで、

公的書類(大使館で発行された在留証明 など)

が必要なので、

今年はまさかこんな簡単にはゆかないだろうとは思います。



パスを無事に引き換えたら、

座席の予約は向かいにあるみどりの窓口で。

BlogPaint

個人的には、

さほど混み合っていない品川駅の引換所はオススメです。

(時間帯や時期によっても異なると思うので、あくまでもご参考まで)


私は事前に、利用する予定の新幹線の座席を

全てネット予約で済ませていたため、

予約済みの列車の座席の、

キップへの引き換えだけここでしていただきました。


いよいよ列車の旅に出発〜!


(別の記事をはさみ、後半へ続きます)


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆