ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

次回、「スイスの街角から」 まぐまぐのメールマガジンは、

9月10日(火曜日)の配信です。

新しい100フラン紙幣の登場に絡め、
"現金社会" にまつわる裏話をします。
秋も深まるスイス、意外な季節の習慣とは!?
スイスで是非味わっていただきたい
スイスのビールをご紹介します。(お土産にも!)
4回に渡って連載中、ラッパーズヴィルの続き 第3弾。
城下町に残る、中世の旧市街などをご案内します。


 ((目次))2019 910日配信 /Vo.35

● 最近のスイスのニュース 新しい100フラン紙幣と現金にまつわるお話

● 今年もカラフル登場!

● 秋、スイスの人々の習慣

● アッペンツェルの「ジンジャー・ビール」

● ラッパーズヴィルの続き

● あとがき 〜 EU離脱問題、更に揺れる英国について

● メルマガ、ブログへのご質問やコメントも受け付けます!

(一件ずつご回答させていただきます。)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
涼しさを通り越し、肌寒さを感じた

チューリッヒ湖畔の街の週末。

ここ数日でスイスの秋は、日に日に深まっています。

朝晩は、寒い!というのが現実。

つい最近までは、

冷やし中華を作っていたというのに・・。


こんな季節になると、

いよいよ今年も我が家の食卓に、電気鍋の登場〜。


お鍋は15年前にスイスに来る際に

日本で購入してきたものですが、

全く壊れることなく、

今でも寒い季節には大活躍しています。

さすがは "メイド・イン・ジャパン" の素晴らしさ!


週末のおうちご飯は夫 Banana の好物でもある、

 "キムチ鍋" をつくりました。


薄切りの豚肉はいつものように、

一山超えた町のお肉屋さん「Hotz」で ♪

日本人好みの肉の切り方に慣れており、

機械で薄切りにスライスして下さるお店です!

日本で普通に売られているスライスしたお肉は、

スイスでは売られていないため、豚バラ肉もありません。

日本に近い食材を手に入れられるよう、

あれこれ、努力とチャレンジを続けております。(苦笑)


このお肉屋さんについて綴った過去の記事は こちら



お肉屋さんは1年以上工事中だったため、

仮店舗で営業されていましたが、

新店舗が完成して新装オープン。

立派な建物になりました。

BlogPaint

お肉屋さん & デリの建物の隣には、

新たにカフェもオープン!

パン屋さんを併設です。

手広くビジネスを広げられています。


ちょうど先週、

そちら方面へ出かけるついでがあり、

お店に立ち寄り、お肉の予約をしておきました。


小分けにし、

ラップに包んで冷凍保存しておくので、

2キロも〜!(笑)


いつもは、

「機械で紙のように薄切りに・・」

とお願いすると、

「シャブシャブ〜?」

と向こうから、

スライスする肉の厚みを確認されるのですが、

今回は、

「シャブシャブ? スキヤキ?」

と尋ねられたので、

「じゃあ、スキヤキで!」

とお願いしました。


土曜日の食材の買い出しついでに車で出かけ、

ピックアップ。

早速自宅に戻ってお肉の厚みを確認してみると、

ちょうど良い薄さでした。

レシートを見ると、

「SUKIYAKI」と書かれていました。

BlogPaint

今回も希望通り、

美しくスライスして下さいました。

お肉とお肉の間には透明フィルムを敷いて、

直接重ならないように丁寧なお仕事をして下さっており、

いつもながら感激〜。

この厚さだと、生姜焼きにしても美味しそう!

BlogPaint

英国人の Banana の大好物であるキムチ鍋の材料は、

豚肉の他、

ニラとえのき茸はチューリッヒのアジアショップにて、

お豆腐とキムチは、

同じくチューリッヒの韓国ショップで購入。

これらは前日、買い出しに出かけました。


ちなみにお豆腐は日本食材店まで足を伸ばせば、

スペインから送られてくる

美味しいお豆腐も手に入ります。


白菜は普通のスーパーで買えます。

スープはいつものように、

クックパッドを参考に出しを取り、

調味料を加えて、ホームメイド。

野菜をたーっぷりと

山盛りのせて作るのが、我が家流。

BlogPaint


ビールは、この日、友人からいただいた

スイスのジンジャー・ビールに初チャレンジ!

BlogPaint

このビールにつきまして詳しくは、

次号、9月10日配信のメールマガジンに綴ります。


大満足のお鍋の後は、

昨日のブログにも綴った日本風の梨がデザートです。



今回の梨は少々酸味のある味わいで、

どちらかというと、20世紀梨のような、

シャキシャキした口当たりでした。

お口直しに甘くみずみずしく、フレッシュな梨を、

美味しくいただくました。


私がスイスにやって来た15年前を振り返ると、

こんなにも簡単に、

日本やアジアの欲しい食材を手に入れる事は

とても容易ではありませんでした。

今は時代も変わりました。本当にありがたい事です。


なんだか日本にいるかのような気持ちになれて、

お腹もいっぱいで幸せな、

スイスの週末おうちご飯でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
♪ 「スイスの街角から」のメルマガは
週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分の全て(今月は9月分)を、
無料で試し読みしていただけます。

♪ 1ヶ月分の無料購読OK!

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

バックナンバーはこちらから↓ご購入いただけます。

https://www.mag2.com/archives/0001685027/

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆