スイスの街角から

スイス在住17年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

日本の味

隔離14日間の食生活と、美味しいものお取り寄せ ♪


IMG_0847

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

前回のブログ記事からの続きです。



日本帰国後、

健康観察期間の隔離14日間が無事に終了し、

徐々に外出をしています。

と言っても、

14日間もずっと家にこもっていまし、

ちょうど日本は

最初は自宅近くを軽く散策したり、

近所のスーパーなどへ買い物に出かけたりする程度です。


私のブログは日本にお住まいの皆様を中心に、

スイスを含むその他の国々にお住まいの方々にも

読んでいただいておりますので、

通常はスイス発の目線で、

日本をはじめ、

その他の地域でご購読くださっている読者の皆様へ

発信しています。


しかし今回の日本滞在中は、

コロナの影響で、

ちょっと特殊な状況と環境に置かれ、

初めての経験や希少な体験もありましたので、

しばらくの間は日本からの目線で、

スイスや海外でご覧くださっている皆様へ、

海外に住んでいる私の視線で

目にし、感じる、

現在の日本の様子などを綴ってみようと思います。


そんなお話に進む前に、

まずは日本到着後、14日間の自宅隔離中から

現在に至るまでの、

食生活をちらりとご紹介します。


前回の記事でも述べましたように、

食材や日用品の宅配便を利用し、

おかげさまで大きな不自由をさほど感じることもなく、

14日間を生き延びました。


ただし、今振り返ってみると、

最初の1週間はかなり手抜き料理でした。

サラダや野菜は毎日摂るようにしていたものの、

宅配で注文した食材で、

焼きそばや焼うどんなどの麺類を中心に作るか、

冷凍食品を温めるだけの、

簡単に準備できる食事でした。
3FotoJet
とは言え、

利用した Amazonフレッシュに、

お気に入りのお店、

「RF1(アール・エフ・ワン)」の

食品が含まれていたことが、

私にとってはとても助かりました!


「RF1(アール・エフ・ワン)」のお惣菜や、

野菜の鮮度を保ったサラダなどは、

日本に帰国の際、

デパ地下に行くたびにいつも利用させていただき、

美味しくいただいていました。


今回は初チャレンジで、

冷凍のドリアやコロッケ、ハンバーグなど、

レンジでチンするだけの食材も利用させていただきましたが、

手軽で美味しく、

最近の日本の冷凍食品の凄さを感じさせれました。

IMG_0931

IMG_0737

IMG_0707

普段の帰省の際は、

日本の美味しいものを食べ歩くのが楽しみで、

外食が中心です。

けれども今回は家におこもりで、

日本到着翌日から自炊しています。

最初の1週間は主婦の料理というより、

お皿に1品、

見た目もなんとなく、

"男の手料理" ぽいものが続きました。(笑)


年始に帰省した際、

冷凍庫に保存しておいた焼売や

お肉などにも助けられました。

半年間も保存!?と思われた方、

私もそう思いましたが、

自己責任と判断で、

健康被害もなく美味しくいただけました。


隔離生活2週目からは、

お取り寄せサイトで注文した

日本の旬の美味しいものが続々と到着〜。

IMG_0785

IMG_0795

IMG_0799

FotoJet

IMG_0927

これらの美味しいものは、

グルメな友人から教えていただいたサイト、

「豊洲市場(旧 築地市場)」から、

お取り寄せしたものです。【いくらのみ、別のサイト】



このサイトでは、

"飲食店の休業や、観光客の足が途絶えて

行き場を失った食材を救済したい"

との思いから、

フードロスの削減を目指し、

市場から産地を応援する試みとのこと。


消費者は生産者さんを陰ながら、

支援させていただきながら、

おうちで美味しいものをいただける!

素晴らしいアイデアだと思います。


外で美味しいものはまだ食べられていませんが、

おうちでいただく産地直送の魚介やフルーツで、

日本に戻ってきたんだなぁと

思える食生活を送ることが出来ています。


今回の一時帰国は、

色々な意味で、

異なったスタイルでおうち時間を過ごす毎日です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村    

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪





スイスの街角から - にほんブログ村 


昨夜の晩ごはん、日本のお刺身が美味しすぎた〜!


BlogPaint

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

天気予報の予報通り、ここ1週間ほど、

とても暑い夏の日が続きました。


チューリッヒ市では6月26日より、

湖の屋外プールが一斉にオープンしました。

チューリッヒ州の我が街の湖水プールは、

6月最初の週末より、既に開いています。


来週からは少し気温も下がりそうですので、

泳ぐには、ちょっと早いのかも!?

けれども、湖岸の芝生の上に寝そべって

日光浴をするには、

ちょうど良い気候になりそうです。


さて、昨日の晩ご飯は、

先日オランダの北海水産さんより注文した、

お刺身を準備してみました。

 

冷凍されたお刺身は、

今回初めて注文してみましたが、

先週スズキを試してみましたが、

日本食好きの英国人の夫も絶賛の美味しさでした。


この日はブリのお刺身です。

ブリは日本で養殖されたものだそうです。


スイスのデパ地下の魚売り場には、

キングフィッシュ(カンパチ)と表示されている、

ブリに味が近いお刺身が販売されており、

時々利用しています。


最近では、大型のスーパーでも、

マグロやサーモンのお刺身のかたまりと並び、

カンパチのお刺身用も、

時々見かけるようになりました。


それらもとても美味しいのですが、

今回のブリは、やはり味が違いました!

BlogPaint

脂がイイ具合にのっていて、

まさに日本のブリのお刺身の味そのもの

久しぶりに唸りました〜(笑)


冷凍のお刺身はこのような状態で届くので、

完全密閉のまま、流水解凍していただきます。

BlogPaint


メインのおかずは栗原はるみさんのレシピより、

我が家の人気メニュー、

「韓国風から揚げ」

BlogPaint

スイスにやってきた17年前に

日本から持参したレシピ本を

今も変わらず愛用しています。


気温28℃とこの日も暑かったので、

副菜はちょっと涼し気に、

きゅうりの旨みあえに紫蘇(大葉)を添えて。

BlogPaint

スイスでいただく幸せな、

大満足、"和風おうちご飯" の夕べでした。
 
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村    

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪





スイスの街角から - にほんブログ村 

スイスで手に入る食材で、和食おうちご飯 ♪


BlogPaint

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

今週火曜日の夜は、

夫 Banana が仕事の後、

勤務先のバンドグループのメンバー達との練習で、

不在でした。


6月からはスイスのロックダウン も緩和し、

ソーシャルディスタンスを保ちつつ、

バンドの仲間同士がまた集う事ができ、

どことなく楽しそうにも見える、英国人の夫です。


私はと言うと、

そんな夜は、一人だけの手抜き晩ご飯。

ここぞとばかりに、作り置きしておいた、

冷凍庫にある食材で、

和食の夕ご飯を済ませました。


ロックダウン以来、

もう半年以上も日本への帰省が遠のき、

今年の年始に日本から調達してきた日本食材も

ほとんど底をつきました。


調味料などは、

チューリッヒ市内の日本食材店まで出かけるか、

または、

同店のオンラインショップでも購入可能なのですが、

やはり、日本国内でしか手に入らない、

デパ地下で手に入れていた食品や、

こだわりのお取り寄せ食材からは遠のいてしまい、

もう随分と日が経ちました。


もう、日本も日本食も、

恋しくて恋しくて、仕方ありません。


そんな中、我が家では、

スイスで手に入る食材で、

出来る範囲で和食のおうちご飯を作り続けています。


今晩は夫も不在なのでラクチン。

作り置きしておいた冷凍のハンバーグを解凍して、

大根おろしをすりおろし、

ポン酢と紫蘇(大葉)をたっぷりかけて、

「和風おろしハンバーグ」にしました。

BlogPaint

付け添えは、きゅうりの海老塩あえと、

昨晩のおかずの残りの、

セロリと鶏胸肉の塩炒めをレンジでチンして。

一人なのでお味噌汁は、

今夜は手抜きをして無し(笑)


ここまでは、

全てスイスの普通のスーパーで手に入れた

食材で作りました。


白ご飯だけは、

チューリッヒの日本食材店から取り寄せた、

新潟のコシヒカリです。


ご飯もまとめて炊いて、

個別パックに分けて冷凍しておき、

一人の時はレンジで温めて食べます。


和風ハンバーグには、

たーっぷりの大根おろしと、

自宅バルコニーで健やかに成長中の紫蘇を添えて。

BlogPaint

今では大根もきゅうりも、

スイスの一般のスーパーで

販売されていますが、

私がスイスに住み始めた17年前は、

大根はとても大きなスーパーに出向くと、

運よく時々手に入る程度。

きゅうりは、日本のものとは異なる

巨大サイズの、味の薄いきゅうりしか

売られていませんでした。


時代は変化し、食に関しては、

随分と便利になったスイスでの海外生活です。


スイスでは野菜は、町のスーパーの他、

屋外マーケット(マルクト)、

農家の直売所などで、

新鮮な野菜やフルーツ、卵などを手に入れられます。


こちらは先日出かけた、

農家の直売所で購入した野菜とイチゴです。

BlogPaint

スイスのとれたて野菜は新鮮で、美味しい!


ちなみにイチゴは日本では、

冬から春先までが旬だと思いますが、

スイスでは春から夏にかけて春のフルーツで、

今もスーパーには、イチゴが並んでいます ♪






ー・
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村   
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ