スイスの街角から

スイス在住14年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

日本の味

☆「スイスの街角から」(swiss_no_machikado_kara) の公式インスタグラムを始めました。→ Instagram

今回の日本土産 ♪(2018年 秋)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

晴天の週明け月曜日。

先週に引き続き、

美しい秋晴れが続くチューリッヒ湖畔の朝です。

今朝は湖上に朝もやがかかり、

とても幻想的なアルプスと、

湖の景色が眺められました。

BlogPaint

BlogPaint

夫 Banana は日曜日の夕刻、

無事に日本から戻りました。

スイスー成田発着で、

今回は神戸に3泊、

その前後泊で東京に1泊ずつ、

5泊7日の出張で、

毎度の事ながら、ハードな旅でした。


そんな忙しい夫に日本のお土産を注文するのも

申し訳ないものの、

どうしても持ち帰って欲しいものがあり、

お願いしてみました。


それは、日本の梅干しです ♪

我が家の梅干しは、

いつも日本に帰省する際に仕入れてくるのですが、

自宅に常備しているものが切れかかっており、

次回には必ず〜!

と、思っていたところだったのです。


特に、今回手に入れたかったものが、

本日の画像にある、

紀州南高梅のみかん梅

この時期〜冬場に出回る限定品とのコト。

紀州のみかんと梅のコンビネーションなんて、

素敵過ぎる商品です。

BlogPaint

以前、年末の帰省の時だったか、

都内の某有名百貨店で

このみかんで漬けた梅干しに出会い、

その美味しさに魅了されました。


梅干しに限らず、

基本的に酸っぱいものが苦手な私は、

はちみつ梅が定番なのですが、

この美味しいみかん梅を味わって以来、

また食べてみたいなぁと思っていたのです。


極上の紀州南高梅に

国産みかん果汁を加えて漬け込んだ

自慢の逸品との事。

体にも優しい、低塩の梅干しです。

この画像で1キロ!!


自分が帰省した際に、

1キロのものを購入し持ち帰るとなると、

スーツケースの許容量と、

買いたいもののリスト、

更には既に買ってしまったものの重量や

それらの大きさと照らし合わせ、

重さを考慮してしまい、

ついつい躊躇してしまいます。


たかが1キロ、されど1キロ!!

他に欲しいものを減らして、

航空会社のマックス許容量に収めるための

1キロを捻出するか?

毎回、頭を悩ませる日本帰省

(=海外生活)なのです。


幸い、

(夫に取ってはその逆でしょうが・・  苦笑)

出張で出かけた 夫 Banana は、

スーツを含む着替えなどが荷物の中心で、

今回はさほど荷物が重くはなさそうだったので、

1キロの梅干しの持ち帰りを快く了承してくれました。


いつものように私がスイスからネットで購入し、

都内の宿泊先のホテルを配送先に指定して、

商品を受け取らせていただきました。


いつものように成田空港で、

辛子明太子と、

季節の和菓子も仕入れてくれた Banana、

ありがとう〜

BlogPaint

ちなみに前回の日本土産について綴ったブログ記事は

こちらです ♪

明太づくしのお土産 ♪


Banana のおかげで、

梅干しも明太子も手元に届いて、

これでしばらくの間は安心 ♪

我ながら、「日本人だなぁ」と思ってしまう

ホッコリ気分の朝でした。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日本のほうれん草 ♪

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

日本では見慣れた、

茎付きのほうれん草が今年も出始めました。


通常、スイスのスーパー等で見かけるほうれん草は、

サラダ用にパックになったほうれん草か、

または、

大きな袋入りで売られたりもしていますが、

大体、葉の部分だけに切り分けられています。

(サラダに入れて食べる人がほとんどだからのようです)


スイスのほうれん草は、

こんな感じでパックになっています。

スクリーンショット 2018-10-06 0.23.15

そのままサラダに入れたり、

付け合わせにする場合は茹でたり、炒めたり・・。

共通して言えるのは、

日本のほうれん草とはちょっと違うという点。
スクリーンショット 2018-10-06 0.23.34


日本での「ほうれん草」でイメージする、

長くて太い葉の部分と、

ピンクの茎付きで売られているのを目にするのは、

とてもごく稀です。


そして、

そのごく稀な

日本スタイルのほうれん草を見たのは、

昨年の秋の終わり頃。

どうやら秋から冬の初め頃に限られているようです。


昨年のブログ記事はこちら


日本の野菜、今度はアレを見つけた〜 ♪

スクリーンショット 2018-10-05 5.53.28

643f7730

これを初めて目にしたのは昨年の11月頃。

ブログに掲載した時期を最後に、

それからは全く見かけなくなり、早1年近く経過。

そして、今年もまた、

ピンクの茎付きのほうれん草が出ているのを

発見しました。

まさに、旬の味〜。


今回は自宅近くのBIO食品

(有機農産物、有機加工食品)

のお店で見つけました。

ちょうど、

農家の方が搬入しているところに出くわし、

「あ、これは、

ずっと探していた、あのほうれん草だ!」

と思い、即購入 ♪


今回のは袋入りではなく、

他の野菜同様、

大きなカゴに山盛りにされていて、

欲しい分だけ、好みの量を計って

会計をする量り売りでした。


スイスの人たちは、

これをどのように調理して食するのか?

なんとなく興味津々!


写真の束で、

約8フラン(900円ちょっと)

決してお安い買い物ではありませんが、

これでおひたしを作ると、とても美味しくて、

夫 Banana も日本食好きなので、

我が家の食卓のちょっとしたゼイタク品!


軽く茹でておひたしにすると、

量のかさは減り、

和食の夕ご飯の副菜として、

二人であっという間にたいらげました〜。


今年もまた、もうしばらくの間、

味わえそうかな!?


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

居酒屋ナイト♪(遊庵 in チューリッヒ 2018年 秋)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

週末の夜、

チューリッヒの居酒屋さん

遊庵(Yu-An)さんに食事に出かけました。

yu-an (公式サイト)


いつものように、目印はこの教会。

お店への行き方は、

下にリンクを貼った過去の記事(ランチ)に掲載しています。

BlogPaint


とてもカラフルな、

ひときわ目を引く看板が目に入りました。

ポップで、字も読みやすくて、素敵です。

ランチのテイクアウトも始めらたようです ♪

BlogPaint


前回は昨年12月に、

夫 Banana と二人でお邪魔しましたが、

あれから早9ヶ月。

もうそんなに日が経つなんて・・。

特に今年は、目まぐるしく、慌しく、

瞬く間に、

月日が流れて行っているような気がしています。


過去に遊庵さんについて綴った記事はこちら



お店のベテランスタッフで、

私と同じ九州出身出身、

お店のリーダー的存在のTさんとご挨拶。


このブログをいつもご愛読くださっている

厨房スタッフのHさんも、

前回に引き続き、わざわざテーブルまで

ご挨拶に来て下さいました。感激〜 ♪


お二人とも相変わらずイキイキ、

ハツラツとお仕事をされていて、

とても素敵な働く女性達です。


若い女性スタッフも入られているようでしたが、

みなさん、感じがよく、

楽しくお食事が出来ました。


まずは、お気に入りの

「常陸野ネストビール ホワイトエール(White Ale)」

でカンパイ!

最近、仲間内でもこのビールが流行っていて、

全員、同じものを注文しました(笑)

BlogPaint

今回は友人ご夫婦も一緒だったので、

会話の方に集中し、

お料理の写真は角度を気にせず、

慌ててそれぞれ1枚だけで、

画像クオリティはあまりよくはありませんが、

記録だけしておきます。


まず、冒頭の写真(上)は、

★ イベリコ豚のポン酢おろし

これが、すごく美味しくて、

自宅でリピートし、

自分で作ってみたい一皿でした!


★  チキンサラダ(左) 、枝豆(右)

BlogPaint


★ 野菜の天ぷら、★ 海老の天ぷら

BlogPaint

天ぷらはそれぞれ別々のメニューですが、

Tさんが機転を利かせて、

2種を盛り合わせにして下さいました。


★ 炙り握りスペシャル (左)、★ スパイダーロール(右)

BlogPaint


★ 炙りサーモンロール

BlogPaint

毎回感じるのですが、

こちらのお店、一皿料理も美味しいのですが、

創作のお寿司や巻物が、すごくオイシイです!!

洋風アレンジされてはいますが、

これを日本でいただいても、

とても美味しく感じると思います。

日本人にも、現地のスイス人、他、

あらゆる国々のお客様に好評なのが理解できます。


デザートは友人と旦那様は、

餅アイス、柚子シャーベット、

私たち夫婦はそれぞれ、抹茶アイスにしました ♪

BlogPaint

今回も全て美味しくいただきました。

おご馳走様でした!


この日は土曜の夜で、

テーブルは全て埋まり、満席でしたが、

(私達ももちろん予約をしてお邪魔しました)

平日の夜ならば、予約も取りやすいそうです。


次回は、大人女子会を是非ここで〜♪♪♪


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
Twitterではブログ更新情報の他、スイス関連ニュースのリツイート、目に入った生活風景の画像など、ちょこっと情報をつぶやいています。
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ