スイスの街角から

スイス在住17年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

日本との文化の違い

スイスに戻りました & ロストバゲージ

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

8月1日はスイスの建国記念日でした。

今年も各地でお祝いの式典が行われ、

我が家のあるチューリッヒ州の湖畔の街

近隣の各街でも、花火が打ち上げられました。


私は建国記念日の前日7月31日夕刻、

日本からスイスに戻りました。


春に続いての日本帰省、

2週間弱の短い夏の帰省でしたが、

今回は遊びに戻った訳ではないので、

限られた時間で、

都内に購入したマンションの必要な所用を済ませて

戻ってきました。


急に決定した予定外の帰省は、

往復ともにANAのデュッセルドルフ経由の便を利用しました。

デュッセルドルフ便は成田空港発着です。


行きは念のために、

乗り継ぎ時間50分の推奨便よりも1本早い、

2時間近くデュッセルドルフで待ち時間のある便を

予約しておいたのですが、

チューリッヒ発デュッセルドルフ行きの便(LX) の

出発時刻が約1時間遅れ、

ドキドキしながらの乗り継ぎでした。

結局到着したのは、

推奨便の50分乗り継ぎ時間の後の便とそんなに変わらず〜。


何とか間に合い、

預け荷物も間に合って成田空港へ無事到着し、

結果としては特に問題はありませんでした。


しかし帰りの便で、問題が発生。

帰りは成田~デュッセルドルフがANA

デュッセルドルフ - チューリッヒがEW(ユーロウィングス)

という、

ルフトハンザドイツ航空傘下の会社の飛行機でした。


帰りの乗り継ぎ時間は1時間15分ほど。

少々不安ではあったものの、

ANA便はデュッセルドルフ空港へオンタイムで到着し、

ユーロウィングの便もほぼオンタイムに搭乗開始。

チューリッヒ空港到着後、

何の心配もしていなかったのですが、

手荷物受取り所のぐるぐる回るコンベアに、

2個預けたスーツケースの1個だけが、

どんなに待っても現れない!


イヤーな予感がしつつも、

待って、待って、そして遂に、

荷物受け渡し中のサインが消滅。

残念なロストバゲージとなってしまいました。


幸い、日本で購入した洋服や、

スイスから持参した洋服、ブランドのバッグ、靴

などを入れたスーツケースの方は無事に到着し、

ロスト扱いになったケースには、

"一種類" を除いてほとんどが常温で保存できる食品で、

金銭的にはさほど高額なものは入れていなかったのですが、

一つだけ、

とても重要なものをそちらのケースに入れていました。

前回の記事にも記した、

3キロの重さがあるカーテンのカタログです。


これはリフォーム会社を通じて、

彼らの取引先のカーテン会社から

カーテンをオーダーするためにお借りしているもので、

秋にまた日本へ帰省する際に、

お返ししなければなりません。


とりあえずチューリッヒ空港の

バゲージクレームで必要手続きを済ませ、

カウンターにいた係の女性より、

「荷物が見つかったら配送業者さんから

直接連絡がいきますので待っててね〜。」

とかなりカジュアルな感じで言われ、

少々ガックリ・・。


日本でスターアライアンスの

バゲージクレームに行った時は、

ANAのスタッフの方がその業務を請け負われており、

彼女たちには何の非もないのに、

そんなに謝っていただかなくても〜

と、逆にこちらが恐縮してしまうほど丁寧でしたが、

スイスではそんな事はなく、誰も謝りません。

彼らにしてみれば、

「だってワタシ個人のミスじゃないもの。」

というところです。


これは文化と考え方、習慣の違いもある事で、

ブログでも何度となく同じような例を綴りましたが、

もう慣れっこになりました。


この状況では何を言っても仕方なし。

言われるがまま自宅に戻り連絡を待つ事にしました。

翌日は8月1日、

スイスの建国記念日(祝日)です。


仕事を終えて、

車で空港まで迎えに来てくれた夫 Banana と

到着ロビーで落ち合い、経緯を説明。


彼も今年5月の日本帰省で、

ロンドン経由の便で同じ体験をしています。

その時のブログ記事はこちら。




荷物のタグもついているし、

見つからないという事はないだろうから、

まあ、そのうち見つかって自宅まで届くだろうと、

と楽観的にとらえることにしました。


でも、翌日は建国記念日(祝日)だし、

お借りしているカタログも入っているし・・。

私としては、気が気ではありません。


ウェブサイトに行ってリファレンスナンバーを入力すると、

トラッキングできるシステムになっており、

帰宅してから何度も入力してみましたが、

自分の名前とケースの特徴が入力された

データはあるものの、

まだ見つかっていませんと表示されるばかり。

祝日(木曜日)の午前中も全く同じ状況でした。


「あーあ、やっぱり祝日ではダメか。

スーツケースが届くのは、金曜日かなぁ。」

と思った矢先、携帯電話が鳴りました。

配送を請け負っている業者のドライバーさんからで、

13時〜15時の間に届けられるとのこと。


先日の Banana の時は、

「そんな時間まで働いているの!?」

と驚かされましたが、

建国記念日にも働かれているんだなぁと

感心させられました。

おそらくドライバーさんはスイス人ではないので、

スイスの建国記念日にどうしても休みたいという

願望は少ないのかもしれませんが、

私にとっては本当にありがたい事でした。


約束の時間通り、13時ちょっと過ぎ、

無事にスーツケースが自宅に到着。

ケースの破損もなく、中身も全部問題なし。

お借りしているカタログも無事でした。(心底 ホっ。)


おそらく今回は、ロストというよりは、

荷物2個のうち1個だけ、

乗せ遅れで間に合わなかったのだと思います。

なぜ1個は間に合ったのに、

1個だけ間に合わなかったのかは定かではありませんが・・。


カウンター(窓口)での対応とか、

コンピューターの荷物トラッキングシステム

(今回はドイツ)が全く更新されないとか、

そういった類いは日本のサービスにはかないませんが、

仕事はちゃんとやって下さるのだな、

良い意味で、

『やっぱりここはスイスだな。』

と、感じさせられた、

なんだか記憶に残りそうな、今年の8月1日でした。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

次回のメールマガジン【Vol.30】は 8月06日(火曜日) 配信です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、
「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ 

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分の全てを、
試し読み(無料)でご購読いただけます。

♪ メールアドレスのご登録だけで、1ヶ月分の無料購読OK!

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

薬局でも予防接種を受けられる。スイスのインフルエンザ事情 (by TRiP EDiTOR)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、

「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

の配信がスタートしました!

ご興味がおありの方は、是非、ご登録をお待ちしております。
                       
まぐまぐ「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて

ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。

初月無料、ご登録いただきますと、

ひと月分の全て(今月は2月分)が配信されます。

まぐまぐの新システムにより、

初月分のご登録時、クレジットカードの登録ナシで、

1ヶ月分の試し読みが可能となりました

ご登録後は、いつでも登録解除も可能です。♪

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
スクリーンショット 2019-02-19 18.17.42

今年1月15日にスタートした

「スイスの街角から」のメールマガジン、

「スイスの街角から」 番外編~
3つの文化に囲まれて ブログでは書けないあれこれ

創刊からようやく1ヶ月が経過しました。


メルマガの定期配信という、

右も左も分からぬ分野での新チャレンジでしたが、

何とか配信予定を滞る事なく、

順調に続けさせていただいております。

これも配信を楽しみに、

ご購読を下さっている皆様あってこそ。

読者の皆様、誠にありがとうございます。


さて、今回、

私が配信させていただいている

メルマガ "まぐまぐ" の提携サイトである、

「TRiP EDiTOR(トリップエディター)」に、

メルマガで配信した記事の一部が掲載されました。

内容は、スイスのインフルエンザ事情について。

TRiP EDiTORは、

『旅と人生は、もっと楽しく編集できる』をコンセプトに、

各界のプロが語りつくす新しい旅行メディアです!

TRiP EDiTOR(トリップエディター)


今回の記事は専任スタッフの方に選んでいただき、

推奨いただいたものです。

書き手にとってこれは実に、

喜ばしい事なのだと理解しております。


通常、メルマガの方は、

ご登録(初月無料)をいただいていないと、

【無料サンプル版】以外、

読んでいただく事が出来ないのですが、

こちらはご登録まだの方々にも、

お気軽に読んでいただける抜粋版となっています。


よろしければ、こちらもどうぞご覧下さいませ。

薬局でも予防接種を受けられる。スイスのインフルエンザ事情
TRiP EDiTOR(トリップエディター)

(掲載の画像は一部、編集部にて追加編集されています)


記事が面白い、興味深い!

と思って下さった方がいらっしゃいましたら、

メルマガへのご登録はこちらです。

2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

バレンタインの朝

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、

「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

の配信がスタートしました!

ご興味がおありの方は、是非、ご登録をお待ちしております。
                       
まぐまぐ「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて

ブログでは書けないあれこれ  (サンプル号 無料)

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。

初月無料、ご登録いただきますと、

ひと月分の全て(今月は2月分)が配信されます。

まぐまぐの新システムにより、

初月分のご登録時、クレジットカードの登録ナシで、

1ヶ月分の試し読みが可能となりました

ご登録後は、いつでも登録解除も可能です。♪

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
BlogPaint

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
まぐまぐのメールマガジン、

「スイスの街角から」 番外編~
3つの文化に囲まれて ブログでは書けないあれこれ

Vol.5は、2019年 2月 12日(火曜日)配信です。

((目次))2019年 2月 12日配信 / Vo.5

● 今週のスイス

今年もアート・オン・アイスが開催中 ~ ブログには書かない「裏話」

● Apfelのオトナ履歴書 3.

● スイスと英国で有名な日本人についてのランキング ♪

● 我が家は給料制~日本とスイス 家計の違い

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

Happy Valentine Day!

本日はバレンタインデー。


昨年の今日は、日本に一時帰省中でした。

日本では今年も、

バレンタイン商戦が凄かったのだろうなぁと

思い出しつつ、

自分のブログを回想してみると、

こんな記事を書いておりました。

日本のバレンタイン、逆カルチャーショック再び!?
(2018年2月14日)


それにしても、あれからもう1年だなんて。

年々、月日の経過の速さに驚かされています。


今朝はのんびりと起床して、

ふと携帯をみると、

友人からのグループLineが入っていました。

スイスで仲良くしている日本人のお友達です。


内容は、

「今日はバレンタインね〜。

何か特別な行事はアリ?」

みたいなたわい無い会話から始まり、

朝のコーヒーを飲みながら、しばしチャット。


我が家は本日の振り替えとして、

Banana がバレンタインのプレゼントに、

週末、ちょっと素敵なレストランの予約を

してくれているものの、

今日に限っては何もナシ。


"誰も特別なコトは何もない(平日だし)"


と話し終わり、その数分後・・。


またまた先ほどの友人から。

「たった今、こんなのが届いたー。」

とメッセージ。


写真を拝見すると、

旦那様がバレンタインデーの奥様へのプレゼントに、

配送を手配をされていた花束でした。

BlogPaint

(画像は友人の許可を得て掲載しています)

お花には "Honey(ハニー)" 付。

まあ、なんと素敵で、甘〜いプレゼント

お花とのセットなのだと思います。


男性から女性に花束やプレゼントを贈る、

欧米ならではの、

日本とはまた異なったスタイルで、

これもスイスのお花屋さんの、

粋なバレンタイン特別バージョンなのでしょう!


ちなみにこちらのご夫婦

(旦那様:スイス人  奥様:日本人)

ご結婚されて、もう25年近いカップルです。


もう一人の友人は "日本式" で、朝、旦那様に、

「チョコいる??」

と尋ねたところ、

「いらない」

とのお返事だったそう。


過去の記事にも綴りましたが、

欧米では基本的に、

男性から女性に、

お花やチョコなどをプレゼントと言う風習です。

まあ、これも伝統みたいな、古い習慣であり、

最近ではこだわらず、変わってきてはいるようです。


日本では女性が自分用に高級チョコを買われたり

が流行っているようですが、

実際に食べたい人が買えば良いと、

私も思っています。


ちなみに、欧米と日本との違いについてふれた、

過去のバレンタインのブログ記事はこちら

本日はバレンタインデー♪


我が家も過去に、英国人の夫 Banana から、

お花のプレゼントがあった年もありました〜。

何よりも、覚えていてくれるコトが大事 ♪

覚えていてくれるコト ♪(2017年2月16日)

スクリーンショット 2019-02-14 17.24.50

今年の我が家はと言うと、

寝ぼけ眼の私に、

「ハッピーバレンタイン」

と声をかけて、

Banana は仕事へ出かけて行きました。


我が家のバレンタインは、

今年はお花のサプライズは無さそうですが、

数日遅れの星つきレストランで、

美味しいワインとお料理を楽しみながら、

今年も元気に、夫婦二人、

仲良く過ごせる事へのお祝いの予定です。


やはりチョコくらいは、

私の方から渡してあげようと、

(今年は事前に何も準備していなかった! 苦笑)

急遽これから、街に出かけて来る事にします ♪


2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ