スイスの街角から

スイス在住15年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

オーストリア旅行

オーストリアの世界遺産の町、グラーツ


先日訪れた、オーストリアの美しい城下町、

グラーツ (Graz) をご紹介します。


グラーツはウィーンに継ぎオーストリア第2の都市で

シュタイヤマルク州の州都、

旧市街の町並みはユネスコの 「世界遺産」 に登録されています。

(郊外にある、エッゲンベルク城も世界遺産)

 

クリスマス時期のスペシャル イルミネーションで

美しくライトアップされた市庁舎(Rathaus)
 
BlogPaint


ここは街の中心の高台にある城山 (Schlossberg) と、

その上にある大きな時計塔がシンボルの美しい街で、

いつも観光客で賑わっている都市でもあります。

 

町のシンボル、山の上の時計塔

BlogPaint


この山のてっぺんまで登るには、三つの方法があります。

一つは高速エレベーターに乗って約1分。

またはケーブルカー (案内では登山列車と表記) で約3分、

そして残るもう一つは徒歩!

下の写真、少々解りづらいかもしれませんが、

山の岩肌に階段が設置されているのがご覧いただけます。


BlogPaint

 

 

軟弱な私は階段はパスし、

今回は行きにエレベーター、帰りは登山列車を利用しました。

 

PB253916

 

 

山をくり抜いた

この洞窟中に

高速エレベーターが

あります。






 

 

 

 

 

ここからグラーツの町が一望出来ます。

BlogPaint


BlogPaint

 

遠くはオーストリアのアルプスまで。

スイスでは雪が降っていたらしいこの日、

グラーツは青空の1日でした。

BlogPaint



1554年に造られた、歴史の深い城壁。

BlogPaint

 

城壁の壁のは、なんと6メートルの厚さ!

高さは20メートル以上で、

かつてこの城壁の内側には兵士が使用する馬が

待機していたのだそうです。


BlogPaint

 

 

こちらは同年代に使用されていた古い井戸。

BlogPaint

 

地上からの水の供給に使用されていたそうですが、

94メートルの深さだそうです。

 

山の頂上には見晴し台があり、

昔使用されていた大砲が、そのまま残されています。


かつてこの町の兵士達は、

敵が攻めてこないかこの高台から監視し、

市民の安全を見守っていた訳です。

残念ながらこの見晴し台は夏期のみ解放されているため、

写真は柵越しに見た、大砲です。

BlogPaint

 


山の上には自然もいっぱい。

木々には本物のクリスマスツリーを想像させるような、

スイスではあまり目にしない、いろんな木の実が実をつけていました。
 

BlogPaint

PB253978



帰りはケーブルカーで下山しました。

PB253983

 

PB253982


 


一気に降ります!

約3分間で、

下まで到着

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは町の旧市街から眺める、城壁と時計塔。

BlogPaint



ここはまさに、オーストリアの城下町です。


次回は、美しきクリスマスマーケットの様子に続きます。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。


美しきザルツブルク、オーストリアの世界遺産の街


久しぶりに、ヨーロッパの旅行記です。


今回は、オーストリアの世界遺産、

モーツァルトが生まれた音楽の都としても名高い、

「ザルツブルク」 のご紹介です。

2008年・5月に、夫と共に訪れました。


Salzburg (ザルツブルク) はその名の通り、

ドイツ語で、Salz (=塩) Burg (=城) 

「塩の城」 で、元々は "特産物の塩の取引で栄えた町" です。


そしてもちろん、7月下旬から8月にかけて行われる、

『ザルツブルク音楽祭』 は、

各国から一流の音楽家が参加して開催され、

世界的に有名なミュージック・フェスティバルでも有名な街。



写真は "ザルツァッハ川" の対岸から見渡す、美しき旧市街の街並みです。

IMG_0420_2




中央、遠くに見えるのが、

ザルツブルクのシンボルでもあるホーエンザルツブルク城壁。


IMG_0417





こちらがモーツァルトの生家。

黄色い外壁と赤白の国旗が目印です。

中にはモーツァルト博物館になっており、

実際に彼が使用していたピアノや家具等も展示されており、

モーツァルトファンには必見!


IMG_0418_2





また、ザルツブルクの郊外には、

日帰り観光が可能な、多くのみどころがたくさんあります。


下の写真はザルツブルクから車で約1時間の日帰り観光地、

ザルツカンマーグートにある

St. Gilgen (サンクト・ギルゲン) の町。


サンクト・ギルゲンは、

映画 「サウンド・オブ・ミュージック」 でも

撮影の中心となった湖畔の町で、

町の至る場所には、

サウンド・オブ・ミュージックが撮影された名残が残っています。



こちらの、現在地方裁判所となっている建物では、

1720年にモーツァルトの母が誕生しました。

IMG_0416_2




町の中ほどのあるロープウェィで、

ツヴェルファーホルン(1522 m) まで登ると、

そこには辺り一帯の湖水地方と

アルプスの眺めが眼下に広がります!

IMG_0443





映画 「サウンド・オブ・ミュージック」 でも知られる、

ザルツカンマーグートの景勝。

IMG_0447




ザルツブルクとその近郊には、

豊かな自然と、魅力のある多くの名所がたくさんあり、

下記の、

オーストリア政府観光局のウェブサイト(公式ガイドブック)

を、おおいに活用させていただきました。


そしてこちらには、上記のザルツカンマーグートの情報も満載!

ザルツカンマーグート



次回は音楽祭の頃に是非また訪れてみたい、

オーストリアの世界遺産の美しき街、ザルツブルク です。 



にほんブログ村 海外生活ブログへ   人気ブログランキングへ       

ブログランキングに参加しています!

大変お手数ですが、上の応援のクリックを、
どうぞよろしくお願い致します。


メルマガサイト「まぐまぐ!」より、メールマガジンを配信中です。ブログには書けなかったヒミツのお話や、メルマガ読者の皆様にだけコッソリとお伝えする情報も、ココでお届け致します! 初月無料。購読解除もいつでも可能でございます。 ご登録はこちらからです。 ご興味がおありの方は下のバナーから、無料サンプル版をご覧下さいませ〜

記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ