スイスの街角から

スイス在住17年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

スイス&ヨーロッパのニュース

マスク着用が義務付け スイス 今になって〜!


スクリーンショット 2020-07-02 3.59.19

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

7月1日に開催されたスイス連邦評議会にて、

来週明けの6日より、

スイス全土の公共交通機関にて、

マスクの着用が義務付けられました。 


公共交通には、

電車やトラム(路面電車)、バスのみならず、

登山鉄道、ケーブルカー、船舶も含めての、

全ての "公共交通機関" が対象となります。


えーっ?? その決断、今頃!? 


と、再び感じてしまったというのが、

正直な感想です。


6月の評議会でも、

マスク着用について話し合われていました。

その際は、着用の義務は否決されていました。



今回の決定は、

ここ数日の新型コロナウイルス感染者が

増加傾向にあることを鑑み、

会見でアラン・ベルセ内相は、

「第2波への予防策の一環でもある」と、

述べています。


確かに、先日このブログにも掲載しましたが、

チューリッヒのナイトクラブなどで

クラスターも発生していますし、

そんな状況が他でも起これば、

更に感染拡大が起こり得ます。


また、6日から、

リスクのある地域からのスイス入国者全員に、

10日間の自宅待機が義務付けられます。

これは、6月中旬以降、

シェンゲン国 及び 非シェンゲン国、

それぞれの国で、

新型コロナウイルスに感染した人々がスイスに入国し、

スイス国内で感染が確認されるケースが

発生しているためだそうです。


リスク地域については、

連邦保健庁が対象国のリストを作成し、

後日発表の予定です。

それを定期的に見直す方針とのこと。


いよいよスイスでも、

(って、かなり遅すぎですが、)

遅ればせながらのマスク着用義務と、

入国後の自宅待機のルールが

適用されることになります。


第三国からの入国制限は7月20日まで

現状維持で実施。

それ以降はEUと同様で、

一部の国々は緩和されます。


従って、日本も20日までは、

入国制限の対象国となり、

日本の皆さんがスイスへ入国できるのは、

早くて、7月下旬頃となりそうです。


7月1日、午前8時時点での

スイス連邦内務省保健庁発表によると、

スイスの累計感染者数:31,768人、

新規感染者数は、前日比 +137人と、

100人を超える人数が報告されています。


新規での感染者数が100人超えを記録したのは、

かなり久しぶりの事です。


ちなみにマスクの件ですが、

スイスではマスクを着用している人を

ぼちぼちと見かけるようになってはきましたが、

今現在、まだまだ着用している人は少なく、

「マスクを持っていない人もいるのではないか?」

と思いました。


と、その時、

自分宛のメールをチェックしてみると、

以前、マスクを購入した事のある

オンライン薬局からすかさず、

『マスク、ありますよ〜』

のセールスメールが・・。

FotoJet

なーるほど、水曜日午後の発表で、

着用の義務付けを

来週の月曜日からとしたのは、

おそらく木・金・土の3日間で、

持っていな人も購入できる、

準備期間としたのでしょう。


最近はどのスーパーでも、

中国産のマスクが箱で、

山積みで売られていましたが、

週末の商店やオンラインストアではまた、

プチ・マスク合戦となりそうです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村    

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪





スイスの街角から - にほんブログ村 

チューリッヒのナイトクラブで、クラスター発生


nightclub

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

あっと言う間に6月も最終日となりました。

一旦、収まりを見せたかように見えた、

スイスの新型コロナウイルスは、
 
6月19日のロックダウン解除以来、

新規感染者はわずかながらではありながらも、

日々上昇を続けています。


6月29日 午前8時の時点での

スイス連邦内務省保健庁発表によると、

スイスおける累計感染者数は、

累計感染者数:31,569人 (前日比+35)【369.5】

累計死亡者数:1,681人 (前日比 ± 0)

※かっこ内数字は10万人あたりの感染者数(単位:人)

となっています。


ロックダウン解除直後の6月21日には、

チューリッヒのナイトクラブで、

クラスター感染が発生しました。

6月21日、チューリッヒの

「フラミンゴクラブ(Flamingo Club)」内に、

"スーパー・スプレッダー" が存在し、

ウイルスが拡散されたと考えらています。


飲めや踊れやで大騒ぎしていた人の中のある男性が、

後日コロナの症状をうったえ、

25日に検査をしたところ、

COVID-19に陽性反応が確認されたそうです。


同じくクラブにいた他の5人も陽性反応を示し、

その場にいた約300人が

10日間の自己隔離の対象となりました。


現在スイスでは、

ソーシャルディスタンスが、

以前の2メートルから、

1.5メートルに変更されています。


また、1.5メートル以内で15分以上の

濃厚接触が見込まれる場合には、

マスクの着用が強く推奨されています。


ナイトクラブ内で、

この1.5メートルのソーシャルディスタンスが

保たれていたとは、考えづらいです。


クラブに限らず、ロックダウン解除とともに、

レストランなどでの食事の場や、デモなど、

人が集まる場所での緩和が一気に進み、

ありとあらゆる面で、緩和を通り越して、

ロックダウン中の予防対策が、

完全に近く終了となった事に、

正直なところ、不安を覚えていたところでした。


スーパーに買い物に出かけても、

街を歩いていても、至る場所で、

ソーシャルディスタンスを保つどころか、

そんな事にはお構いなしで近づいてきて、

飛沫が飛んでくるくらい、

大きな声で話している人の姿を

目にします。

彼らはマスクは着用していません。


どうしてもそのすぐ横を通らなければならない狭い通路や、

スーパーの店内を歩かなければならない場合、

怖くて仕方ありません。


そんな時に限って、

ゲホっ ゲホっ と真横で咳をされたりすると、

こちらはもう、冷や汗ものです。


チューリッヒのクラブに、

そんなに今スグ出かけなければならないのか?

私には理解に苦しみますが、

これも世代の違いなのかも・・。


日本でも、夜の社交場やカラオケなどで

感染者が確認されているようですが、

開いていれば行きたくなるのが

心理という事なのでしょうか。


スイスでは学校の夏休みは

州ごとに日にちが若干異なり、

早い州だと来週末から夏休みのスタートです。


EUは7月1日から、

14か国からの訪問者に対して

国境を開放する事が決定されました。

しかし新型コロナウイルスの感染者の多い米国は

リストに入っていません。


残念ながら日本も、

まだその対象国には入っていません。


訂正と朗報(6/30)

日本も上記14か国のリスト入りです!


現時点で「安全リスト」に入っているのは、

アルジェリア、オーストラリア、カナダ、ジョージア、

日本、モンテネグロ、モロッコ、ニュージーランド、

ルワンダ、セルビア、韓国、タイ、

チュニジア、ウルグアイの14カ国 とのこと。


休暇シーズンの到来で、

欧州内でもハメを外しすぎる人が

出てきそうな予感もします。


これから先、

各国で感染者が増えない事を願うばかりですが、

忍び寄る恐怖を感じずにはいられません。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村    

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ブログの読者登録はこちらより ♪





スイスの街角から - にほんブログ村 


欧州 いよいよ夏本番!


BlogPaint

「スイスの街角から」インスタグラムは こちらです★

ロックダウンが終了し、

ヨーロッパ内の旅行制限が解除された直後の火曜日、

欧州各地を "ミニ熱波" が襲い、

一部の地域では、

気温が40℃度に達する熱い日となりました。

スクリーンショット 2020-06-24 3.50.54

スペイン南部のセビリアでは、

日中の気温が41℃まで上がり、

噴水で涼んだり、

グアダルキビル川で水浴びをしたりする人々の姿が

見られたそうです。


フランスでも、今年最初の熱波が到来。

気温は30℃を超え、木曜日ごろまで、

35℃前後の気温が続くと予想されています。


北欧諸国でさえ、

今週は気温が30℃を超えると予想されています。

スウェーデンの気象予報士は、

最も暑い日になるのは、

水曜日と木曜日であり、

山火事の危険性の高まりを警告しています。


随分と長い間、

コロナの事ばかりに気を取られていましたが、

熱波が到来する真夏には、

様々な自然災害や気象災害、天災にも

気をかけねばなりません。


と言っても、

コロナ同様に、天災にも、

人間はなす術も無いのですが・・。


スイスも火曜日から気温が上がり、

暖かいと言うイメージはとうに超え、

暑い夏の日々が続きそうです。


チューリッヒ湖畔は今日も、美しい夏の夕暮れでした。

View this post on Instagram

暮れゆくチューリッヒ湖畔より🇨🇭 雲ひとつ無い上空、明日も良いお天気になりそうです。 ・ ロックダウンが終了し、ヨーロッパ内の旅行制限が解除された直後の火曜日、欧州各地を "ミニ熱波" が襲い、スペインの一部地域では、気温が40℃度に達する熱い1 日となりました☀️ ・ スイス・チューリッヒ地方も今週は、日中の気温が25℃〜28℃と、暑い夏の日々が続きそうです。 ・ ・ #スイスの街角から #チューリヒ湖 #スイス情報 #スイス生活 #スイス生活🇨🇭 #ヨーロッパの街並み #海外生活 #夕暮れ時 #スイス旅行 #暮れなずむ #ブログ #ブログ更新しました #ブログはプロフィールから #swiss_views #swisslandscape #swisslake

A post shared by スイスの街角から (@swiss_no_machikado_kara) on


気温も一気に上昇し、

これでコロナが一気に溶けて無くなってしまわないかと、

心のどこかで願わずにはいられません。


日本では新型コロナウイルス流行以来、

"アマビエ" への神頼みもブームとなっていましたが、

私もひたすら、神頼みしたい気分。


 
チューリッヒ地方も今週は、

日中の気温が25℃〜28℃と、

暑い夏の日々が続きそうです。






ー・
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。 



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村   
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ