スイスの街角から

スイス在住15年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

スイス・フランス語圏の町

20年に一度の盛大ワイン伝統行事が開催されます!

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

次回のメルマガ【Vol.27】は、7月16日(火曜日)、

【号外】は7月18日(木曜日)配信です。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
((目次))

2019年 7月 16日配信 /〈Vo.27〉

● モントルーへ到着
● 湖畔を散策
● 今年のライブ
● 熱く燃えた!オーディトリアム・ストラヴィンスキー

次号では、

第53回 モントルー・ジャズ・フェスティバル (2019)
の様子をレポートでお届けします。
メイン会場のオーディトリアム・ストラヴィンスキーでの、
臨場感あるライブの様子や裏話、
今後モントルーを旅されるご予定のある皆様や、
ご興味がおありの方々へ、Apfel が語る、
ガイドブックに載っていない街の情報 など等・・。

メルマガ読者の皆様だけにお話しする、
とっておきの耳より情報など交えお送りします!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
さて、ここからが本日の話題。

前回のヴヴェイの記事からの続きです。


前回の記事でも記しました通り、

今年の夏ヴヴェイでは、

20年振りに開催されるワイン関連の伝統ある行事、

「フェット・デ・ヴィニュロン 2019

( Fête des Vignerons 2019)」が、

2019年7月18日〜8月11日まで開催されます。

Fête des Vignerons 2019(公式)


公式ページに掲載されている内容によると、

この行事はユネスコの無形文化遺産のリストで認められた

伝統あるスイスの行事で、様々な年代の人々が集い、

地元の人々と田園地帯、そしてブドウ畑、

更にはそれらと、

世界各国から訪れる人々を結びつけ、

ひとりひとりが超越した空間に集合する機会を

提供する場所となり、世界で唯一の、

ユニークなスタイルのショーが開催され、

周辺で行われる文化的なイベント、

スイスの郷土料理の提供なども合わさって、

今までにはなかった、特別な催しとなるそうです。


フェット・デ・ヴィニュロンの歴史はさかのぼる事1797年。

その年に始まって以来、

20年〜25年に一度の周期で開催されているのだとか。

まさに歴史ある伝統行事です。


18日からのスタートに向け、町中に広告が出ていて、

街全体が盛り上がっている事を感じました。


レマン湖畔を散策していると、

複数、工事途中の建物が見えてきました。

BlogPaint

ちょうどマルシェ広場 (Place du Marché)

の前あたりまで来ると、

スタジアム形式の大きな建物の建設作業中でした。

BlogPaint

BlogPaint

手前の建物には案内所がオープンしており、

中をのぞいてみると、

1階はまだ閑散としている建物の中に、

ビデオが流れていました。

IMG_0688

2万人を収容するスタジアムが出現するそうです。

こんな風なイメージだそうです。

IMG_0690

自分が思っていたよりも、かなり大規模。

流石は20年振りの大掛かりな催しです。


スタジアムの中では、様々なショーが繰り広げられ、

日ごとにスイスの各州(カントン)をテーマとし、

色々な催しが開催されるそうです。


パッと見た目の建物の感じからして、

18日のオープンに間に合うのかな!?

(撮影日は10日)

というのが正直な印象でしたが、

まあ、オリンピックではないですが、

きっと何とか頑張って間に合わせるのでしょう。


階段を登って2階に上がってみると、

こちらはほぼ人のいない1階とは異なり、

テラスではカジュアルスタイルのレストランがオープンし、

賑わっていました。


更に階段を上り3階へ行くと、

こちらはまたもやテラススタイルの屋外バーになっていて、

目の前にはレマン湖の美しい風景がドーンと広がり、絶景!

BlogPaint

せっかくなので、昼間からではありますが、

私もワインを1杯いただく事にしました。


ラヴォー地区で収穫されるブドウの品種、

シャスラーの白ワイン ♪

BlogPaint

BlogPaint

この界隈のレマン湖岸には、

モントルーのような、

露店の準備も着々と進んでいるところでした。


例のフォークのオブジェの前にも、

レストラン(バー?)が開店準備中。

BlogPaint

目の前に美しいレマン湖の風景を眺めながら、

最高のひと時になる事は、間違いなし。


湖畔を散策し、軽くグラスワインを飲んだ後、

予定通りの電車へ乗車し、ローザンヌで乗り換えて、

チューリッヒ中央駅(HB) まで戻りました。


午後4時過ぎにはチューリッヒ州の湖畔の街の自宅に帰宅。

夫 Banana が仕事から戻る前には

いつも通り、晩ご飯の支度も間に合わせました〜。


午前中にモントルーのホテルを出て、

わずか半日のプチ寄り道でしたが、

お天気も良くて、気温は暑すぎず快適で、

散策にも最適な1日。

とても満足できた、

一人だけのリラッククスタイムでした。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、
「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ 

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分の全てを、
試し読み(無料)でご購読いただけます。

♪ メールアドレスのご登録だけで、1ヶ月分の無料購読OK!

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

レマン湖畔の美しき町、ヴヴェイ(Vevey 2019)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

前回の記事、

夏のモントルー(2019)

からの続きです。


モントルーから電車(IR インターレギョ)に乗車して約10分、

ヴヴェイに到着。

BlogPaint

過去のヴヴェイへの旅の記事はこちら

レマン湖畔の美しき町、ヴヴェイ(Vevey)2011年 6月25日


今年の夏のヴヴェイは特別な年です。

20年〜25年に一度開催される、

ワインに関連するお祭りでもあり、

お祭りを超えた超大イベントの

「フェット・デ・ヴィニュロン 2019
( Fête des Vignerons 2019)」が、

2019年7月18日〜8月11日まで、

ヴヴェイで開催されます。

Fête des Vignerons 2019(公式)


ヴヴェイの駅を出ると、

至る場所にその広告が出され、

駅の一角には、

公式グッズショップもオープンしていました。

BlogPaint

BlogPaint

「フェット・デ・ヴィニュロン」は

まだスタートしていませんでしたが、

着々と工事が進められていました。

その様子は続の記事(後半)でお伝えします。


駅を出て、湖の方角へ歩いてみました。

美しいフレンチアルプスとレマン湖を眺めながら、

しばし散策。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

こういう、何も考えずに、

美しい景色や街並みを眺めながら、

一人で歩くこと、結構好きです。

太陽の光を浴びて、

スイスで不足しがちなビタミンDを十分補給。


最近、忙しくてちょっと疲れ気味でもあったので、

信じられないくらい癒されました。


フォークのオブジェの前は、

いつも写真撮影をする旅行客でいっぱい。

もちろん、私もそのひとり(笑)

BlogPaint


ちょうどフェリーが到着〜。

BlogPaint

BlogPaint


マルシェ広場 (Place du Marché) の前には、

「フェット・デ・ヴィニュロン」の

巨大な建物が建設中でした。

BlogPaint

来週スタートなので、

インフォメーションセンターと、

レストラン、バーの一部は既に営業されていました。


後半では、ちょっとだけのぞいてみた、

開始直前の「フェット・デ・ヴィニュロン」

の様子をお伝え致します。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

次回のメールマガジン【Vol.27】は 7月16日(火曜日) 配信です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
メルマガ【Vol.27】では、

第53回 モントルー・ジャズ・フェスティバル (2019)

の様子をレポートでお届けします。

メイン会場のオーディトリアム・ストラヴィンスキーでの、

臨場感あるライブの様子や裏話、

今後モントルーを旅されるご予定のある皆様へ、

行った人だけが語れる、

ガイドブックに載っていない街の情報 

など等・・。

メルマガ読者の皆様だけにお話しする、

とっておきの耳より情報など交えお送りします!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、
「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ 

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分の全てが配信されます。

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

夏のモントルー(2019)

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

今週はプチ1泊旅行で、夫 Banana と一緒に

フランス語圏にあるレマン湖畔の街、

モントルー (Montreux) に行ってきました。


過去の "モントルー" への旅の記事はこちらです

● 夏のモントルー(2016年)2016年 7月12日

● レマン湖畔、ベルエポック時代の歴史ホテル
(フェアモント・ル・モントルーパレス)2016年7月29日

● モントルーの町とジャズ・フェスティバルをちょっとご案内
(Montreux Jazz Festival)2011年7月6日


このシーズンの "モントルー" と言えば、

目的はもちろん、

レマン湖畔で繰り広げられる

「モントルー・ジャズ・フェステイバル」です!


メイン会場のオーディトリアム・ストラヴィンスキー

(Auditorium Stravinski)で、

最高のライブを楽しんできました。


モントルーへは近隣の村や町も含めて、

何度も旅していますが、

「モントルー・ジャズ・フェステイバル」

(メイン会場)に出かけたのは、

3年前の第50回記念イヤーと今回の2度目です。


おかげさまで今回の旅も、晴れ夫婦健在。

(☀︎コワイくらい 笑)

最高のお天気のライブ日和でした。

BlogPaint

ライブの様子は体感レポートで、

次号のメルマガ  Vol.27(7月16日火曜日 配信)と、

来週は【号外】(7月18日木曜日 配信)の2回に分けて、

お送りする予定です。

BlogPaint

昨年は、24万人が来場し、

チケットは9万5千枚を売り上げた、

世界3大ジャス・フェスティバルでもある

「モントルー・ジャズ・フェスティバル」です。


次回のメルマガでは、

臨場感あるライブの様子や裏話、

今後モントルーを旅されるご予定のある皆様へ、

行った人だけが語れる、

ガイドブックに載っていない街の情報 

など等・・。

メルマガ読者の皆様だけにお話しする、

とっておきの耳より情報など交えお送りします!


ご興味がおありの方は、是非こちらよりご登録を ♪

※ 初月ひと月は、無料でご購読いただけます。
 

モントルーの街の話題に戻ります。

レマン湖畔に向かって立つ

フレディ・マーキュリーの銅像はあまりにも有名!

BlogPaint

大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ」

が作られる前から、

いつ訪れても人だかりのできている、

大人気の観光スポットですが、

昼間だというのに、奇跡的に一瞬だけ人がはけた瞬間を

画像におさめる事が出来ました。


さて、今回は、大賑わいを見せる

ジャズ・フェスティバルを離れ、

美しいモントルー湖畔の風景をお届けします。

人々でごったがえす昼間と夜とは雰囲気が一変で、

翌日の朝の、

静かで美しいレマン湖畔の景色です。

BlogPaint

普段見慣れているチューリッヒ湖とはまた異なる風景。

「美しいなぁ、スイス〜 」と、

溜め息の出そうな景色。

BlogPaint

BlogPaint


平日のマルシェは、何も催しが開催されておらず、

こちらもとても静か。

BlogPaint


マルシェ前から眺めるレマン湖と、フレディ・マーキュリー。

BlogPaint


とても可愛いレストランは、お昼の営業前の準備中〜。

BlogPaint


どこまでも歩きたくなる、湖畔の美しい遊歩道。

BlogPaint


フレンチアルプスの山々も、眺められました。

BlogPaint

実はライブの翌朝は、

Banana はそのまま仕事のため、

勤務先のオフィス直行だったので、

ホテルで一緒に朝食後、

午前の電車でひとりチューリッヒへ戻りました。


私はというと、

こんな美しいお天気なのに、

まさか朝、そのままチューリッヒへ帰るなんて、

「そんな〜」

ということになり、

急遽、ヴヴェイで途中下車して、

ちょっと歩いてみる事にしました。


数年ぶりのヴヴェイ。

今年の夏はこの湖畔の小さな町で、

最大規模のイベントが開催されます。

続きはこの次で・・。


(スコットランドの旅の記事も、

スイスの旅の記事が終了後に続きます)


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

次回のメールマガジン【Vol.27】は 7月16日(火曜日) 配信です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「スイスの街角から」の まぐまぐメールマガジン、
「スイスの街角から」番外編 〜
3つの文化に囲まれてブログでは書けないあれこれ 

配信中です!
 
「スイスの街角から」番外編 〜 3つの文化に囲まれて
ブログでは書けないあれこれ 

♪ メルマガは週に一度 ✳︎火曜日✳︎ に配信です。

♪ 初月無料、ご登録いただきますと、
【号外】を含むひと月分の全てが配信されます。

♪ 登録解除は、いつでも可能です!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
2つのブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をどうぞよろしくお願い致します。




にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
メルマガサイト「まぐまぐ!」より、メールマガジンを配信中です。ブログには書けなかったヒミツのお話や、メルマガ読者の皆様にだけコッソリとお伝えする情報も、ココでお届け致します! 初月無料。購読解除もいつでも可能でございます。 ご登録はこちらからです。 ご興味がおありの方は下のバナーから、無料サンプル版をご覧下さいませ〜

記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ