スイスの街角から

スイス在住14年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

タイ・プーケット旅行 (2012)

ピピ島へ 2.(レオナルド・ディカプリオ主演 ザ・ビーチで話題となった島)

ブログネタ
タイ に参加中!

BlogPaint



ピピ島へ 1.(レオナルド・ディカプリオ主演 ザ・ビーチで話題となった島)

からの続きです。


ここが レオナルド・ディカプリオ 主演の映画、

「ザ・ビーチ」で一躍有名となった無人島、

ピピレイ島の "マヤベイ"
です。


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint



場所によっては静かさは残ってはいるものの、

ここで同じボートでツアーに参加していた男性からひと言・・。


「映画のシーンでは、全く船がいなかったのに、

随分とたくさんの船が停泊していて、


イメージとはちょっと異なる・・・。」



私達が参加したツアー以外にも、

プーケット島から各社のオプショナルツアーで似たようなツアーが組まれ、

朝10時を過ぎた頃からビーチは観光ボートでいっぱいになるのだそうです。



BlogPaint



とはいえ、

人気の映画の撮影シーンの場所を訪れる事ができたのは、

とっても素敵な体験で、よい思い出となりました。



BlogPaint



マヤベイの裏側にあるローサマベイにて、この日2度目のスノーケリング。

BlogPaint


BlogPaint



約30分程のスノーケリングを楽しみ、午後1時過ぎに遅めの昼食へ・・。

昼食は別の島のランチ・ビュフェだったのですが、

このランチを取ったレストランのある島の入り組んだ浅瀬には

観光用のボートが入り江まで近づけないらしく、

砂浜のかなり手前で降ろされ、

ホテルやレストランの並ぶビーチまで

"海の中" を歩かねばなりませんでした!


夫 Banana と私は当然の事ながら共に、

ビーチサンダル着用で水着の上にTシャツと薄手のパーカーをはおり、

リュックを背負って参加して本当にラッキーでした!

中には海の中(位置によっては腰あたりまで深く)

ぬかるみに足を取られ歩いていてバランスを崩し、

海の中で転んでしまった男性や、

乳飲み子程の小さなお子さんを抱っこして歩く人、

かなり激怒しながらしぶしぶ歩いている白人の女性も・・。

海の中は岩や石がごろごろしており、ちょっと危険だとも感じました。


BlogPaint


この状況は事前に、

(ホテルのスタッフからも、出発前のハーバーの係りからも、

そして船のスタッフからも・・)


誰からも全く説明が無かったため、ちょっとビックリ!

ヨーロッパのビーチリゾートでは

おそらく考えられない状況であるような気も・・。


ランチを終えて最後に立ち寄ったのが、

バンブーアイランド(バンブービーチ)。

島の反対側には美しい竹林が続いているのだそうです。

BlogPaint



こちらはマヤベイに比べるとずっと静かで空いていて、

しばし砂浜の上に座り、波の音を聞きながらくつろげました。

BlogPaint



こちらはピピ島1日オプショナルツアーの動画です。

モンキービーチ ~ バイキング・ケーブ ~ ピレ・コーブ ~

ピピレイ島 マヤベイ ~ スノーケリング

(素人撮影のため、手ぶれがあります。)【2012年3月19日撮影】





まぶしい太陽の下、

青い海で久々にビーチアクティビティを満喫した、ピピ島での1日でした。


(注意:私達が参加したのは "英語" でのオプショナルツアーでしたので、

日本語専門のツアーとは、内容が少し異なるかもしれません。)



プーケット旅行の全記事はこちらです。 →
プーケット旅行(2012)



ブログランキングに参加しています。
毎日のブログ更新の張り合いとなりますので、
"1日1回" 大変お手数ですが、
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。






お時間がおありの方は
こちら もどうぞよろしくお願いします。(別窓で開きます)


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村


ピピ島へ 1.(レオナルド・ディカプリオ主演 ザ・ビーチで話題となった島)


BlogPaint



スイスでの行事やイースターの休暇なども重なり、

途中で停滞していたタイ・プーケット島の旅行記の続き、

今回は、

数年前にレオナルド・ディカプリオが主演して話題を集めた映画、

「ザ・ビーチ」の舞台となった ピピ島 のご紹介です。


一番上の写真は、

ピピ島のパンフレットやオプショナルツアーの宣伝に登場する、

一番有名な場所ピピレイ島  "マヤベイ"  のショット。


ピピ島へはいくつもの会社から1日ツアー(オプショナルツアー)が

出ていますが、

私達は宿泊したホテルのコンシェルジェにお願いし予約を入れました。

朝9時にホテルを出発、帰着は夕方6時半と、

島々を周遊して観光したりスノーケリングをしたりして

丸1日を海で過ごす、ピピ島周遊のツアーに参加。


プーケットを訪れるまで、

ピピ島とは一つの島の名前だと思っていたのですが、

実際はピピ島は
クラビ県に属する島々で、

いくつかの島から形成されています。


こちらプーケットシティからも近いハーバーから、

各オプショナルツアーの船が出ます。

どうやら私達が参加したピピ島のツアーと、

「映画007」で撮影された島を訪ねる

"ジェームス・ボンドツアー" が人気を2分しているのだとか・・。


BlogPaint




船はさほど大きくもなく、小さ過ぎもせず、

約25名程が乗船できるボート。

BlogPaint



乗組員はキャプテンとこちらの精悍な海の男性2人、

それに英語はもちろんスペイン語も堪能な女性のガイドさん。

BlogPaint



過去に旅した地中海やエーゲ海など、

透明度がまさしく透き通った透明な海に比べると、

こちらは深みのあるエメラルド・グリーンの輝く海。

やはり南国なのだなーと感じる瞬間。

BlogPaint



最初に見学をしたのは "モンキービーチ"

野生の猿たちが生息をしている島です。

別の会社の船によっては島に上陸している旅行客もいましたが、

私達はガイドさんの指示により島のすぐそばから上陸せずに見学。

と、いうのには理由があり、

以前はこちらの船も島に上陸していたそうなのですが、

数ヶ月前にある旅行者が猿に噛まれ、

そうすると、

一緒のボートに乗船していたツアー客全員が

病院で検査を受けねばならい事から

上陸をして見学をさせる事は断念したのだそう。

一人とは言え野生のサルに噛まれたとしたら、

そのまま無人島に放って帰る訳にもゆかず、

乗ってきた船で一緒に戻る事から検査が必要なのだそうですが、

そんなに危険だなんて、コワイ!

欧米人からすると珍しい猿なのかもしれませんが、

日本人の私からすると、

日本で見るのと似た雰囲気の普通の猿だったので、

船内からの見学でも充分でした。


BlogPaint



 "野生の猿" に興味新々の様子の人々・・。


BlogPaint



次に向かったのはバイキングケーブ。

かつてここに海賊船が打ち上げられ、そのまま保存されているそうです。

BlogPaint


そしてここは更に、

幻の高級食材「燕の巣」が取れる場所なのだそうですよー!



BlogPaint





その次に向かったのは、

雄大で美しい景観のピレ・コーブ(
ピレ・ラグーン)


BlogPaint



映画「ザ・ビーチ」では、

ここの崖の上(のどれか)から、レオナルド・ディカプリオ(の役柄)が

海に飛び込むシーンが撮影されたのだそうです!

BlogPaint



深く青い美しい海、ここはダイビングスポットでもあるそうで、

私達もここでしばしスノーケリングを楽しみました。


ピピ島 2.  へと続きます。


プーケット旅行の全記事はこちらです。 →
プーケット旅行(2012)


ブログランキングに参加しています。
毎日のブログ更新の張り合いとなりますので、
"1日1回" 大変お手数ですが、
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。






お時間がおありの方は
こちら もどうぞよろしくお願いします。(別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

 

携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村


美しきタイのお寺、ワット・チャロン(前半) プーケットお寺巡り 2.


ワット・プラトンを後にし、

プーケット最大の寺院「ワット・チャロン(Wat Chalong)」

を訪れました。

ワット・チャロン(Wat Chalong)は

英語の発音で "ワット・シャロン" とも呼ばれるようです。


プーケットには29カ所に寺院があるのだそうですが、

こちらのワット・チャロンは規模が大きく、美しい寺院としても有名で、

海外からの観光客たちも多く訪れています。


こちらがそのご本堂。

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint



ご本堂の外ではお参りの前に、

信心深いタイの人々が身を清められていました。

この風景は日本の大きなお寺と同じ光景ですね・・。

BlogPaint


BlogPaint




ご本堂の内部。

BlogPaint


ワット チャロンの歴史は1879年に始まったとされています。

ご本堂の中には、

ちょうどその頃、スズ鉱山での中国人たちの暴動を静めたと伝えられる

高僧ルアン・ポー・チャエムとその弟子の像が祀られており、

観光客だけではなく、多くの地元の方々もお参りをされています。



BlogPaint


像は参拝者が貼り付けた金箔でいっぱい。

(信仰の厚いタイでは、お参りの際に

金箔を張るのがタイのお寺での習わしのようです。)




こちらの木にも、

おみくじのような紙がたくさんつり下げられています。

BlogPaint



木々には色とりどりの布が巻き付けられ、

木の下にお供えをするのも習わしのようです。

BlogPaint




そしてタイのお寺といえば、欠かせないのが 爆竹の音!

BlogPaint


これは事前に予備知識としてあったので、

辺り一帯にものすごい爆音が轟いた時に、


「ああ、これが爆竹の音かー!

それにしても、すごいな~・・・。」



で済んだのですが、

もしも知らなかったとしたら、パニックになってしまいそうな程の

ものすごい爆音でした。


これがその、爆竹の音。

ご興味がおありのみなさまはどうぞ!





ご本堂のお隣りにも、それは色鮮やかな別の建物があり、

こちらでも現地の人々がお参りをされていました。

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint



それは広いワット・チャロンの敷地内。

ご本堂をあとにし、

「お釈迦様のご遺骨の一部が大切に保管されている・・」という、

向かいの高い塔、仏舎利塔
へと移動しました。



ワット・チャロン(後半)へと続きます。




ブログランキングに参加しています。
毎日のブログ更新の張り合いとなりますので、
"1日1回" 大変お手数ですが、
下の応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。


 



お時間がおありの方は
こちら もどうぞよろしくお願いします。(別窓で開きます)


にほんブログ村 海外生活ブログへ



 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村


記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング
livedoor プロフィール
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QLOOKアクセス解析
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ