スイスの街角から

スイス在住14年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

♪ チューリッヒ ♪

☆「スイスの街角から」(swiss_no_machikado_kara) の公式インスタグラムを始めました。→ Instagram

人気のバイエルン料理のお店 in チューリッヒ ♪

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

先日、久しぶりに大人の女子会で、

友人達と夜の外出をしました。


今回出かけたたお店は、

チューリッヒ市内で今、とても人気の、

ドイツ・バイエルン料理のお店、

ROSI です。

Restaurant ROSI Zürich(公式)

BlogPaint

ドイツ料理自体、

普段はいただく機会がそうそうない私ですが、

今回は友人が見つけてくれたお店で、

バイエルン料理に初チャレンジ。


バイエルン州といえば、

その州都であるミュンヘンは訪れた事がありますが、

もう20年近く前の事で、

その時に何を食べたかよく覚えていません。


それ以降は日本へ帰省する際に

乗り継ぎのため空港を利用する程度で、

食事はしないので、

この地方のお料理は、

自分にとっては新しい体験でした。


約半年ほど前?

にオープンしたばかりのお店だそうです。

本格的なバイエルン料理に特化した店を

スイス(チューリッヒ)に出す事は、

お店にとっても、

かなり大きなチャレンジだったのであろうと

思います。


金曜の夜のお店は、超満員でした!

(予約、必須です)

スイスに限らずヨーロッパでは、

お料理やワインなどを味わいながら、

ゆっくりと食事をするので、

夜は、1テーブルに1組で終了

という事も多いのですが、

私達のお隣のテーブルは、

2巡目のお客様も入られたほどの混み合い。


ワイワイ賑やかな雰囲気で、

とても楽しかった〜。

いつもは少々声を落として

友人達とのおしゃべりを楽しむのですが、

この日ばかりは周りも賑やかなので、

結構大きな日本語で会話しても、

周りに響く心配もありませんでした(笑)


お店のスタッフの方が、

初めての来店かどうかを尋ねて下さり、

友人のうちの一人も色々と質問してくれた結果、

お店のオススメのお皿を組み合わせた、

トライアルのコースをそれぞれで注文しました。

ワインはドイツの白ワインを、

3人で1本注文 ♪


今まで目にした事もなかった、

興味深いお料理が並びます。

BlogPaint

上の写真の真ん中の白いものはチーズですが、

お店のサイトを見ると、

このお料理の写真が載せられており、

代表的な料理のようです。


3人分が一つのお皿に乗り、

全部のお料理をシェアしていただきました。

楽しさも倍増〜。

BlogPaint

上の画像 右は、メイン料理のポーク。

カリカリの皮もいただきます!

左端は、紫芋っぽいお芋の付け合わせで、

これも美味しかった ♪


途中で取り皿と、ナイフ&フォークも

綺麗なものに取り替えて下さり、

お店のスタッフの方々もフレンドリーで、

とても雰囲気の良いお店でした。


最後のデザート(コースに含まれる)だけは、

一人一皿ずつです。

BlogPaint

新しい体験に、

楽しいオトナの女子の夜でした


緑の木々に囲まれた

お店構えも素敵でしたが、

広々としたテラスには

ピンク色の椅子が並べられ、

真夏のシーズンには、バラに囲まれた、

素敵なガーデンテラスとなるようです。


また新しいお店にチャレンジしながら、

友人達と、

チューリッヒのレストランを

開拓してみたいと思います!


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

旅行者にもオススメ、チューリッヒ市街を一望する丘

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

天気予報がバッチリと当たり、

とても美しい、

快晴の週末となったチューリッヒ地方です。


超ハードなスケジュールで

とても忙しかった夫 Banana に、

月曜日の平日休みが取れて

久しぶりの3連休となりました。


週末は夫婦でスイス国内の温泉へ、

スパ旅行へ出かけようかと計画をしていたのですが、

諸事情により、その予定が延期に。

せっかくお天気が良いので、

自宅でじっとしているのはもったいない・・。

という事で、

近場、チューリッヒ郊外にある丘、

ユートリベルク(Üetliberg 871m)へ

散策に出かけました。

Üetliberg(公式)


ユートリベルクにつきましては、

ブログを始めたばかりの随分と前に

記事に綴っております。

チューリッヒ郊外、アルプスを見渡せる山(2010年 8月27日)


以前は何度か、電車で訪れましたが、

(チューリッヒ中央駅から、電車で20分)

今回は Banana と一緒なので、

チューリッヒ湖畔の自宅から車で出かけました。


まずはカーフェリーに乗って、

チューリッヒ湖の反対側へ。

BlogPaint


遠くに見える、チューリッヒの町。

BlogPaint


反対側にはアルプスの山々。

BlogPaint

夏の名残を残す、快晴の湖は爽快です!


今回はユートリベルクの麓の、

Uitikon Waldegg 駅近くにある駐車場に車を停めて、

2駅だけ、

チューリッヒ方面からユートリベルクへ向かう

電車に途中乗車しました。

BlogPaint


ユートリベルクへ車で出かける場合、

上記の、

ホテル UTO KULM のパーキングが

駐車場です。

そこからは電車に乗り換えるか、

徒歩で約1時間の道のりです。


終点、ユートリベルクの駅からは、

徒歩で約15分で高台のてっぺんへ。

夏が戻ってきて、

歩いている人たちはみんな再び半袖!

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


チューリッヒ市内を一望〜。

BlogPaint


こちら側にはピラトゥス(山)

BlogPaint

またまた午後だったため、

少し霞がかかっていました。

景色を遠くまで見渡したい場合は、

やっぱり早起きをして、

朝イチバンに登るのがおすすめです!


帰りはなだらかな坂道をゆっくりと下りながら、

程よい距離のウォーキング。

途中駅で今度は一駅だけ電車に乗って、

パーキングのある

Uitikon Waldegg へ戻りました。

BlogPaint

もっと本格的なハイキングを楽しみたい人には、

いくつかのハイキングコースも設けられています。

私達はこの日、

急に思い立って出かけたので、

このコースで十分でした。


チューリッヒ郊外にあるユートリベルクは、

休日は家族づれ、

平日はお昼の休憩を気軽に楽しむ人達や

夕暮れ時のアペロなど、

人々が街なかから簡単に足を伸ばせる、

みんなの憩いの場所 ♪


旅行者の方々でも、

チューリッヒ中央駅(HB)から電車に乗車すれば、

市内からも気軽に足を伸ばせる場所です!


暑さの残る夏の終わりから、

美しい秋晴れのスイスを楽しめる日々は、

週明けから約1週間は続きそうです。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先日の続き・・。

ブログネタ
スイスの風景 2 に参加中!

BlogPaint

先日お伝えしておりました、

チューリッヒ中央駅(チューリッヒHB)

近くのビルで発生した火災。

そのブログ記事はこちら


スクリーンショット 2018-09-08 4.26.14

先週と今週、

ちょうどそのビル付近を通り掛かりました。


実際に現場を目にしてみると、

駅(HB)から本当に近い!

HBの裏側の入り口から出て距離感を見ると、

ビルは大通りを挟んで、ほぼ目の前です。


ニュースで流れたビデオで、

火災発生時の燃え方を見ると、

駆けつけた警官が軽傷は負ったものの、

よく死者や大きな怪我人も出ず、

無事に鎮火出来たものだと感じました。

これが空気の乾燥した冬で、

風も強かったりしていたら、延焼していたのかも?

考えるだけで、ゾッとします。


もしもこの火災の件を知らず、

駅に沿って並行する大通りから見てみると、

何事もなく、

工事途中でビルの骨組みが

むき出しになっているだけ

のようにも思えてしまう状態です。

あれほどの燃え方だったのに、

建物にシートも被されておらず、

そのままの状態でした。


こちらは別の日に、

トラム(路面電車)の中から眺めた画像です。

BlogPaint

BlogPaint

ビルの高層階、

奥の部分を中心に燃えたようです。


このままビルを改装して使用すると、

将来的に倒壊の恐れがあるため、

建物を取り壊すとの情報でしたが、

大勢の人々が利用する駅の目の前で、

周りには集合ビルがあり、

ショップの立ち並ぶ、

チューリッヒのメインストリート、

バンホフシュトラッセも目と鼻の先です。


大変大掛かりな作業になる事は間違いなさそうですが、

ダイナマイトで一気に倒壊させるなんて方法は、

場所を考えると、

現実的ではないような気がするし、

いつ? どんな方法で取り壊すのだろう?? と、

気になります。


5月の帰省で日本(東京)

に住む友人と会った際、

毎晩夜になると道路工事が始まり、

音がうるさ過ぎて、

数週間よく寝付けていない・・。

と話していたのを思い出しましたが、

スイスでは夜間や休日の騒音はNG。

夜間の道路工事もあり得ません。

夜中に作業をするとは思えず、

取り壊すとすれば昼間なのかもしれません。


新たな動きがあれば、

引き続きまた、レポートしようと思います。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
Twitterではブログ更新情報の他、スイス関連ニュースのリツイート、目に入った生活風景の画像など、ちょこっと情報をつぶやいています。
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ