スイスの街角から

スイス在住14年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

オーストリア

☆「スイスの街角から」(swiss_no_machikado_kara) の公式インスタグラムを始めました。→ Instagram

犠牲者はスイス人

ブログネタ
スイスの風景 に参加中!

19

3月15日(水曜日)にオーストリアのチロル地域で大規模な雪崩が発生し、

スキー客4人が死亡しました。

Austrian avalanche victims were  Swiss(The Local)


チロル警察の広報担当者の発表によれば、

犠牲となったのは8人グループの中の4人で、

いずれもスイス人だという事です。


報道によると上記に関して、

スイス外務省からの正式なコメントや身元については

出されていないとの事ですが、

グループ全員が "スイスドイツ語" を話していたとの情報から、

オーストリア側では、犠牲にになった4人が、

スイスドイツ語圏からのスキーヤーであったと述べています。


雪崩は Schmirnの村 の上にある2,450mの

Jochgrub山の背後で発生し、

雪崩警報サービスの責任者は「とても巨大な雪崩だった」

とレポートしているそうです。


雪崩に巻き込まれたグループ8人のうち4名は無事で、

3名は雪の中から引き出され、救助を試みるも死亡が確認。

4番目の被害者の遺体は、

数時間後に12メートルの雪の下で見つかったとの事です。


8人は前の週の土曜日に現地に到着し、

1週間のスキー休暇を終えた後、

翌週の金曜日にスイスに戻る予定だったようです。


雪崩の被害に遭い、命を落としてしまうという悲しいニュースは

スイス国内外でも年に何度か耳に入り、

とても残念な事ですが、

それらがスイス人だったという事実も時々聞こえてきます。


数年前にニュースで目にしたスイスフランス語圏での雪崩事故の犠牲者が、

自分は直接の面識は無かったものの、

自宅近くに住む知人のご近所さんであったという、

意外と身近なニュースを耳にした事もあります。


今回のチロル地方での悲劇は、

本来ならばきっと楽しいはずのスキー休暇が、

最悪の事態となってしまいました。


亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り致します。


ちなみに以下は、今回の事故との関連は全くありませんが、

数年前にSwissinfo(英語サイト)にアップされていた雪崩の様子です。


雪崩がいかにして発生するかという事が動画でレポートされています。

Avalanche (雪崩動画 : Swissinfo.ch)

48

個人的にはかなり恐ろしい映像だと感じるのですが、

ご興味がおありの方はご参考までにご覧になってみて下さい。


これからイースターの休暇ごろまで春スキーの続くシーズンですが、

気温の上昇などにより、

雪崩のリスクも否めないスキー場各地のようです。


これ以上、人命に関わる大きな事故が発生しない事を願います。


ブログランキングに参加しています。
「スイスの街角からを」応援して下さっている読者のみなさま、
ブログ継続の張り合いになります。大変お手数ですが、"1日1回"
応援の クリック を、どうぞよろしくお願い致します。
(いずれも別窓で開きます)



にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
 
携帯電話、スマートフォンからご覧下さっている方は、
こちら ↓ をクリックして応援してくださいますと嬉しいです


人気ブログランキングへ

にほんブログ村

ザッハトルテをオーストリアのカフェにて味わう


こちらはオーストリア・ウィーンが発祥、

ザッハ・トルテ (Sachertorte)です。

PB254077



以前にこのブログでもお伝えいたしておりました、

昨年末のオーストリア・グラーツへの小旅行ですが、

その際にホテルザッハ「Hotel Sacher」
の直営、

( ホテルはウィーンとザルツブルクにあり)


ザッハカフェ・グラーツ(Cafe Sacher)にて、

本場の味をいただいてきました。


ザッハトルテというと、

日本ではオーストリア王室御用達のお菓子屋さん

「デメル」が国内で購入可能だという事もあり

知名度は高いのかも?しれませんが、

ザッハトルテはこの「Sacher ザッハ」のものがオリジナル。

1832年にウィーンの菓子職人フランツ・ザッハが

最初に作った世界でも有名なチョコレートケーキで、

のちに
フランツ・ザッハのご子息

『ホテル ザッハ』を創業したのだそう。


"Sachertorte ザッハトルテ" とはドイツ語で、

Sacher は創作者の名前、

Torteはケーキという意味です。 

(ドイツ語の発音ではザッハと発音せず、

”サッハ” と聞こえるように発音する場合もあります。)




こちらがカフェの外観。

IMG_1826



かなり以前から私のブログを読んで下さっている方々は

ご記憶の片隅におありかもしれませんが、

まだバーゼルに住んでいた頃、夫の1年間の単身赴任で、

私はスイス(バーゼル)とグラーツをほぼ2週間に一度、

行き来していた事があり、

このカフェでもよくひとりでお茶をしました。



graz



写真はお店の

ウェブサイト
より、

カフェ内部の様子









この、一見雑誌に見えるものがメニューなんですよ〜。

やっぱりオーストリアって、お洒落です。

IMG_1823




今回も夫の仕事中にひとりで、

お茶とザッハトルテをいただいてきました。

PB254081


生クリームをタッープリと添えていただくのが

ウィーン風なのだそうですが、

アプリコットジャム入りのチョコレートケーキに

生クリムームの組み合わせは、

特に女性にとっては食べ過ぎに要注意です(笑)

気になるお味は、私には少々甘過ぎましたー。

でも、

お砂糖の入っていない生クリームと一緒にいただくと、

チョコのスポンジの部分のちょっとビターな味わいを

うまく調和し、美味しくいただけました。



オーストリアの人々はスイスに負けずと劣らず!?

甘いもの(スイーツ)がお好きなのか、

朝食にもこのような甘いトルテを食べるのは珍しくないらしく、

以前この町を行き来していた際スーパーで、

(ザッハのものではありませんが)

朝食用らしきチョコレートロールやお菓子が

たくさん並んでいるのには驚いたものです。


ちなみに以前宿泊した事のあるウィーンのホテルザッハでは、

朝食のビュッフェにも、

このザッハトルテが並んでいました!

その当時は、朝からスゴイ!!と感じたのですが、

意外とあれは、実は当たり前の習慣だったのかもしれません。



こちらはザッハのウェブサイトです。 →  Sacher




 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログへ

ブログランキングに参加しています。
大変お手数ですが、上の応援の クリック を、
どうぞよろしくお願い致します。




(過去のグラーツに関する記事はこちら ↓ からご覧いただけます。)

華やかな夜のクリスマスマーケット

素敵なクリスマスマーケット(オーストリア編)

オーストリアの世界遺産の町、グラーツ


美しきザルツブルク、オーストリアの世界遺産の街


久しぶりに、ヨーロッパの旅行記です。


今回は、オーストリアの世界遺産、

モーツァルトが生まれた音楽の都としても名高い、

「ザルツブルク」 のご紹介です。

2008年・5月に、夫と共に訪れました。


Salzburg (ザルツブルク) はその名の通り、

ドイツ語で、Salz (=塩) Burg (=城) 

「塩の城」 で、元々は "特産物の塩の取引で栄えた町" です。


そしてもちろん、7月下旬から8月にかけて行われる、

『ザルツブルク音楽祭』 は、

各国から一流の音楽家が参加して開催され、

世界的に有名なミュージック・フェスティバルでも有名な街。



写真は "ザルツァッハ川" の対岸から見渡す、美しき旧市街の街並みです。

IMG_0420_2




中央、遠くに見えるのが、

ザルツブルクのシンボルでもあるホーエンザルツブルク城壁。


IMG_0417





こちらがモーツァルトの生家。

黄色い外壁と赤白の国旗が目印です。

中にはモーツァルト博物館になっており、

実際に彼が使用していたピアノや家具等も展示されており、

モーツァルトファンには必見!


IMG_0418_2





また、ザルツブルクの郊外には、

日帰り観光が可能な、多くのみどころがたくさんあります。


下の写真はザルツブルクから車で約1時間の日帰り観光地、

ザルツカンマーグートにある

St. Gilgen (サンクト・ギルゲン) の町。


サンクト・ギルゲンは、

映画 「サウンド・オブ・ミュージック」 でも

撮影の中心となった湖畔の町で、

町の至る場所には、

サウンド・オブ・ミュージックが撮影された名残が残っています。



こちらの、現在地方裁判所となっている建物では、

1720年にモーツァルトの母が誕生しました。

IMG_0416_2




町の中ほどのあるロープウェィで、

ツヴェルファーホルン(1522 m) まで登ると、

そこには辺り一帯の湖水地方と

アルプスの眺めが眼下に広がります!

IMG_0443





映画 「サウンド・オブ・ミュージック」 でも知られる、

ザルツカンマーグートの景勝。

IMG_0447




ザルツブルクとその近郊には、

豊かな自然と、魅力のある多くの名所がたくさんあり、

下記の、

オーストリア政府観光局のウェブサイト(公式ガイドブック)

を、おおいに活用させていただきました。


そしてこちらには、上記のザルツカンマーグートの情報も満載!

ザルツカンマーグート



次回は音楽祭の頃に是非また訪れてみたい、

オーストリアの世界遺産の美しき街、ザルツブルク です。 



にほんブログ村 海外生活ブログへ   人気ブログランキングへ       

ブログランキングに参加しています!

大変お手数ですが、上の応援のクリックを、
どうぞよろしくお願い致します。


記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング
livedoor プロフィール
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QLOOKアクセス解析
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ