スイスの街角から

スイス在住14年目。 チューリッヒ湖のほとりに、英国人の夫と共に住んでいます。 カルチャーショックでいっぱいの実は意外だったスイスの姿と 海外生活の様子、国際結婚のお話し、 スイスの美しい景色と人々の生活風景、季節の情報など、 写真いっぱいのブログを湖畔の街よりお届けします。

英国

☆「スイスの街角から」(swiss_no_machikado_kara) の公式インスタグラムを始めました。→ Instagram

不安と心配、再び・・。


BlogPaint

今週も秋晴れの続くチューリッヒ地方です。


"秋晴れ" と記述しましたが、

日中の気温が25℃を超える日も多く、

午後は、まだ夏の延長のようなお天気です。

とは言え、

吹く風はどこか涼しげで、もう秋の訪れです。


昨日は先日まで連載で綴っていた、

ローラとジミーの結婚式 (英国ウェディング)

での主役の、

ローラの誕生日でした。

Happy Birthday ローラ


ジミーは相変わらずな、

ロマンティックなナイスガイで、

ローラには内緒で、

結婚後、初めての妻の誕生日の

サプライズを決行したそうです。


そのサプライズとは、

ローラには当日、


「1泊の外泊の準備だけしておいてね。

今夜はサプライズで出かけるから!」


とだけ伝え、

秘密の行き先は、

コーンウォールに停泊をした

豪華クルーザー内での1泊旅行だったのだそう。

二人が所有している別のヨットは、

中古ではあるものの、

とても居心地の良さそうな

彼らのクルージング専用ですが、

今回滞在したのは、

それとは比べられない豪華バージョンで、

いわゆるヨットのホテルのような状態で

停泊しているもののようです。


ハネムーンから戻って間もない二人は

職場復帰しており、

長い休暇は取れないのですが、

海が大好きな二人ならではの、

とても素敵な誕生日の夜となったそうです。


さて、そんな聞いているだけで、

こちらまで嬉しくなるニュースとは裏腹に、

同時にとても心配な出来事が、

伝えられました。


以前のブログ記事でも綴っていた、

ジミーの耳の状態が、

実はあまり良くないのだそうです。

その件を綴った過去の記事はこちら

心配と不安と落胆と、やるせない気持ち。(2018年 6月3日)

その後・・。(2018年 6月13日)


ジミーは先週、

掛かりつけの州立病院で更なる検査を受け、

その結果を電話で確認しようとしたところ、

結果は電話では伝えられないと言われ、

今週、医師の予約を取って、

その結果を聞くと共に、

再度、手術を受けなければならないようです。


スイスでも同様なのですが、

検査の結果に問題が無い場合、

電話でも結果を知らせてくれるはずです。

親族である私達も、

それが出来ない検査結果なのだろうと予測してしまい、

今は再び不安な気持ちでいっぱいです。

今はただ、その結果を待つばかり。


結果と状況次第では、

スイスで治療を受けるという選択肢も、

視野に入れて考え始めているところです。


若い二人の船出は、

とても厳しい現実と向き合う事となってしまいましたが、

ローラいわく、


「彼と結婚をして、本当に良かった。

だって私は、いつもそばで、

妻として支えてあげる事が出来るから。

私は彼と結婚をして、本当に幸せ・・。」


彼女がいつも口にする言葉が、

私達にとっても唯一の支えです。

どうか全てがうまくいきますように

と、祈ることしか、

今は出来ない私です。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

思い出、蘇る(ローラとジミーの結婚式)


BlogPaint

ローラとジミーの結婚式から、

早1ヶ月以上が経過しました。

結婚式の後、

二人は英国の観光地でもある小さな美しい島へ出かけ、

自分たちの趣味でもあるヨットで、

3週間近くセーリングを楽しんだり、

ビーチでのんびりとしながら、

ハネムーンを楽しんだようです。


本日の記事は、

先日まで続いていたローラとジミーの結婚式の

トピックの続きです。


過去のブログ記事(結婚式関連の全記事)
のアーカイブはこちら


ローラがアップするSNSを目にする度、

Love Love で特別な休暇を楽しむ

笑顔の二人の動画や画像が映し出され、

夫 Banana と共に、

ただ微笑みながら、その様子を眺めていました。


新婚旅行から戻った後、

普段の日常生活に戻った二人は、

相変わらず忙しい日々を過ごしているようです。


そんな9月に入ったある日、

英国から封書が届きました。

中には手書きの手紙と共に、結婚式の際、

プロのカメラマンが撮影した二人の写真や、

私達も共に写った写真などが送られてきました。

数々の幸せに満ち溢れた写真を目にすると、

愛情いっぱいに囲まれた、

英国での温かい結婚式の日の思い出が蘇ってきます。


ほとんどの事がネットを通じて済まされる

今の時代に、

二人らしい、とても温かみのある封書でした。

数々の写真と共に同封されていた手紙には、

たくさんの感謝の気持や、

私達夫婦へ、

それぞれのメッセージ綴られています。

また、結婚式のプレゼントとして贈った、

ストウブのお鍋が大変気に入り、

愛用してくれている旨も書かれていました。

そのプレゼントとは、こちら

文化の違いを感じるお祝いの品(ローラとジミーの結婚式 番外編)


いつも周りの人々への気遣いと、

感謝の気持ちを忘れない二人。

今回の結婚式では、

すべての過程において、

若い二人に色々と学ばされた事が多々ありました。


昔は自分が教えを乞うたのは、

年長者の方々からでしたが、

今では、年長者に加えて、若い世代にも、

教えられる事が多いなぁ・・

と感じる事が増える年齢になってしまった私です。


ローラとジミー。

二人がいつまでも末長く、

仲良く幸せに暮らせる事をあらためて願います。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ロンドンの ichiba に行ってきました ♪(ヨーロッパ最大のジャパニーズフードホール)


BlogPaint

先日のロンドン滞在中、

今年7月にオープンしたばかりの、

「ichiba」に行ってきました。


ここはロンドンのジャパンセンター姉妹店として、

郊外の巨大ショッピングセンターに出店された、

"ヨーロッパ最大のジャパニーズフードホール" で、

在英の日本人ばかりではなく、

今、ロンドンっ子にも大注目されている、

まさに、"ニッポン" です!


5月にもロンドンに滞在した際、

いつものように、

ロンドンの中心地、

ピカデリーにあるジャパンセンターを訪れました。

ショッピングを終え、お会計の際、

お店の方に、

「もうすぐオープンしますので、

よろしくお願いします。」

とチラシをいただき、

とても気になっていました。


8月のロンドン旅行では、

一人で5日間と時間にもゆとりがあったため、

早速出かけて来ました。

場所は郊外のウェストフィールドという、

とても巨大でモダンでショッピングセンターの中です。

Wsetfield London(ウェストフィールド ロンドン)


こちらが ↓ ichiba の公式サイト 🍣
ichiba London

住所:Unit 0220, Relay Square,
Westfield LondonW12 7HB


私はパディントン駅(Paddington Station)から、

Circle - Hammersmith & City lineに乗車し、

WOOD LANE で下車しました。

BlogPaint

乗車時間は、

パディントンからだと約10分くらい。

電車は市内の地下鉄に比べると、

とても新しくて綺麗で、

市民や会社員などが乗車しているラインでした。


郊外と聞いていたので、

もっと遠いのかと思っていましたが、

ロンドンの町の中心部からもすぐでした。

駅からは徒歩2分、

とても便利な場所にありました。

BlogPaint

このショッピングセンター自体が、

様々なスタイルのお店が揃い、とても魅力的!

規模もそれは大きく、圧倒されてしまったのですが、

「ichiba」 はその中でも一番目立つ一等地の、

駅に近い位置にありました。

駅を降りるとサインも出ていました。


まず入り口を入ると、

OKONOMIYAKI の文字と共に、

見慣れたような、

そして、なんだか懐かしい光景が目の前に。

BlogPaint

入り口ドア付近には、

日本の陶器がズラーリと並んでいます。

その他、

書籍(ただし、こちらにあるものは英語)、

DHCなどの化粧品、韓国コスメまで!

フードホールには、

お好み焼き屋さん、ラーメン屋さん、

カレーに丼ぶり、パン屋さん、

その他いろいろ・・。

軽食のデリが並び、広いホールは、

たくさんの人々で賑わっていました。


フードホールの反対側の、

広〜いスペースが食材のコーナー。

この部分は、

ピカデリーにあるジャパンセンターと

同じような雰囲気です。

日本食材や、お惣菜、お寿司用のお刺身、

お肉も薄切りのパックまで販売されています。


他にも品揃えがそれは豊富でビックリ!

利尻昆布、日高昆布、羅臼昆布・・

と、まるで日本の百貨店並みの棚を目にし、

思わずため息と共に、

「スゴイ!!」

と一人でつぶやいてしまった私です。


京都から直輸入された小松菜、

その他、日本各地からの野菜、

蓮根、さつまいも etc…。

IMG_9427

昆布やお海苔、お茶、お漬物など、

日本の専門店(百貨店にも出店している有名店)

からも商品を仕入れておられるそうで、

今まで海外で見た日本食材店とは

一味違う違う品揃えです。


日本酒の品揃えには、ただ、ただ、圧倒〜。

この反対側にもショーケースがあり、

そちらには、

獺祭(各種)や、その他の名酒も並んでいました。

IMG_9424

ああ、こんなお店がいつか、

チューリッヒにもオープンしないかなぁ。

と、いつもながら、

同じ言葉を繰り返してしまう自分です。


今回はホテルで朝食をしっかりといただいた後、

お昼前に到着したので、お腹はまだ空いておらず、

フードホールでのお食事は断念。

食材は前日にも、

ピカデリーの方の店舗で購入していたので、

ここではお気に入りの日本酒を見つけたので、

浦霞の300ml小型瓶と、お菓子を少々購入しました。

BlogPaint

大好きな獺祭は、

春の日本帰省で購入してきたのを数本、

まだタイセツにとってあるので、今回はナシ。


お菓子類は大きな袋入りだと、

開けたらすぐに食べきってしまわなければならないので、

海外暮らしにはもったいなくて〜(笑)

最近の小分けパックになっているスナック菓子は、

少しずつ大切に食べられて、好きです。


あと、お惣菜コーナーで、

うなぎのお寿司を購入しテイクアウトしたところ、

こちらも美味しかったです!


こちらはショッピングセンター中側からの入り口。

BlogPaint

ichiba がここに出来たコトは、かなり大きな魅力!

Westfieldは、

デパート各店舗や高級ブランドショップ、

かと思えば、

ドラッグストア Boots の超大型店や、

一般の小売店も軒を並べる、

まさに庶民派から高級品まで、

いろんなお店が揃った、

とても素敵なショッピングセンターです。


次回はゆっくりと時間をかけて、

買い物好きの夫と一緒に、

足を伸ばしてみようと思います。


ブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして、
ランキングの応援をよろしくお願い致します。




みなさまからの応援が励みとなります。ありがとうございます。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
記事検索
数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。 スイス・チューリッヒ州の湖畔の街で、 英国人の夫 "Banana(バナナ)"と共に暮らす "Apfel(アプフェル)"です。 ブログ「スイスの街角から」では、 美しいスイスの自然と風景、人々の暮らしの様子や旬の話題、 そして観光情報なども写真と共にお送り致します。 ちょっとヒミツの知られざるスイスの姿や、 海外生活でのカルチャーショックなどにつきましても 折に触れてお伝えして参りたいと思いますので、 しばしの間、おつきあい下さいませ。
ブログのランキングに参加中です。記事が面白い、または興味深いと思って下さった方々、下のバナーを1日1回の"クリック" で、応援をどうぞよろしくお願い致します! ーーーーーーーーーーーーーー
人気ブログランキング
トリップアドバイザーの、スイス現地おすすめ情報ブログ(おすすめ シルバーカラーのブログ)に認定されました ♪
ブログ内の記事・写真(スイス国内外のニュースのご紹介以外)はすべて「Apfel」のオリジナルです。記事・画像・動画の無断転記、及び無断使用を禁止致します。テレビの番組内での使用も同様です。番組やマスメディアでの写真/動画の使用、また、リンクをご希望の企業/個人の方々は、右上のメッセージ(livedoor プロフィールの下です)より、必ず事前に Apfel までご一報下さい。『当方の承諾無しでのリンクはご遠慮願います。』
Twitterもどうぞ!
Twitterではブログ更新情報の他、スイス関連ニュースのリツイート、目に入った生活風景の画像など、ちょこっと情報をつぶやいています。
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ