静岡東部(沼津)でフランス語

自宅(沼津)または近隣のカフェ等でフランス語個人レッスンをしております。 日時や場所、内容は、相談の上決めるスタイルです

自宅(沼津)または近隣のカフェ等でフランス語個人レッスンをしております
日時や場所、内容は、相談の上決めるスタイルです

*プロフィール*
横浜出身
立教大学フランス文学科卒業
大学と並行して、フランス語語学学校に週の半分ほど通う
在学中にフランス交換留学
東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻修士課程修了(専門:フランス語教育)
在学中に中学生にフランス語(第一外国語)の家庭教師
在学中に高校生のフランス語(第二外国語)授業担当
エルメスジャポン株式会社 HERMES JAPON CO.,LTD.に約15年勤務 
在勤中に通訳・翻訳、貿易事務等に従事  
結婚にともない、静岡県沼津市に転居
自宅その他でのフランス語レッスンを開始 
仏検一級保持
facebookでは:杉山中村恵理

レッスンにご興味のある方は、お気軽にご連絡くださいませ
(問い合わせ先:eri0815@gmail.com)

楽しく厳しく?フレキシブルに勉強、またフランスについてなどおしゃべりしましょう

(通訳・翻訳についてはお問合せくださいませ)

Notre-Dame de Paris brûle ノートルダムドパリが燃える

NDdePincendieeBonjour à tous


すでに報道のある通り、
Notre-Dame de Paris が火災(Incendie アンソンディ)に遭ってしまいました…Pâques パック (=イースター)を迎える前に…

 

凱旋門 Arc de triomphe アフク ドゥ トゥリオーンフ の一部がGilets jaunes ジレ ジョーヌ たちに破壊された時よりずっと、フランス人の落胆が大きいように思います(もちろん損害の規模の違いもありますが)。

 

やはりNotre-Dame de Paris はフランスのいろいろな意味で中心なのでしょう(まずはあの辺りからパリは始まり、日本の日本橋のように「パリから○○キロ」を計る際の起点があり、テロの際もあそこでミサを行い…)

 

マクロン大統領は、Gilets jaunes ジレ ジョーヌ たちのデモ解決のために行っていた大討論会le Grand débat national ル グホン デバ ナシオナル を終え、昨日、声明allocution アロキュシオンを出す予定でしたが、延期になりました。

ちなみにフランス語という点でも、Notre-Dame de Parisは少し特別で、冠詞のつかない固有名詞です(La cathédrale キャテドゥラール 大聖堂 Notre-Dame de Paris とすることはありますが。他は普通は、例えばルーブルは Le Louvre と冠詞が付きます)。

 

*写真はル・パリジアンからお借りした、火事の後の内部の写真ですwww.leparisien.fr/paris-75/notre-dame-en-feu-les-images-saisissantes-de-l-interieur-de-la-cathedrale-16-04-2019-8054145.php 中の物は取り出せたようですが…

 


新しいレッスン(グループレッスン)の例 単語を書く

mc idees pe cursives

Bonjour à tous!

今日は、先日お知らせした、新しいグループレッスン「フランス語を 楽しく 美しく 読む 書く」の補足・レッスンの例について、ご紹介します。

 

例えば 「ありがとう」とちょっとカードにフランス語で書く場合は、

Merci メフ シー という単語になりますが、

こちらをまず、正確な発音で読みます。

次に、M  e  r  c  i  とアルファベット一つ一つの筆記体を、お手本を見ながら書いていきます。

このとき、見にくいですが写真にあるような、フランスで使用されている罫線のノートを使用します(これがあれば、あとは書き方が決まっているので、誰でも綺麗に書けます!)。

 

その他、例えば写真にある、

Table ターブル (=テーブル)

Pâques パック (=イースター)

Coussin クッ サン (=クッション)

Jardin ジャル ダン (=庭)

 

など、気になった分野の言葉を、読んで書いていきましょう。


新しいレッスンのお知らせ(グループレッスン) ~フランス語を 楽しく美しく 読む・書く

cursive8

Bonjour à tous!
春と新年度が訪れ、元号も変わるこの佳き時、皆様にお知らせです。

 この度、グループレッスンを始めることになりました。

場所は、沼津駅北口近くのカフェ、

Cafe+Gallery Fran さん     
https://fran0511.jimdo.com/ 

です。

 

楽しく、ちょっとだけ

好きなフランス語の言葉を口にしてみる

でもあくまで美しく

みんなで気軽に

1回だけでもOK

みんなが集まれたときに


という感じのコンセプトです。

 
また、フランス語の独特の、
英語とは違う、
美しい筆記体
を学べるレッスンが日本ではあまりないので、
併せて、筆記体を学べるように致しました。

(フランスでは筆記体は小学校1年生くらいから習って、大人も普通は筆記体で書きます)

 今までにあまりない感じのレッスンだと思います。


 フランスでも暗い寒い冬が終わり、春printemps プラ トン が来ました。

 イースター( Pâques パック 今年は421日。満月が関係するので毎年移動する祝日で、今年は遅いです)を待ちながら、
3月末にはサマータイムも始まり、花々 Fleurs フロー も咲きました。

この機会にぜひ皆さまも、新しいレッスンにご参加くださいませ。

*お問い合わせは、私のほう eri0815@gmail.com までお願いいたします


-----------以下 ご案内です----------------------


フランス(語)が好きだけど
踏み出せない・続かない方
           
カードにフランス語でちょっとしたメッセージを
書いてみたい方

アルファベットの ししゅう を
フランス語の筆記体でしてみたい方
                          
フランス語でメニューや看板などを
書きたい、書いている方
                     
フランス語はできるけど発音を直したい方
フランス式にノートを取りたい方
                       
何か始めたい方
美文字やぬりえなどの趣味以外に何かやってみたい方

などなど…へ



フランス語の単語やフレーズをいくつか

美しい発音やリズムで読んで                                                                                                                 
美しいフランス式筆記体で書いてみませんか?

お名前のイニシャル A B C…(アー ベー セー…)から始めてみましょう


☑カフェで 気軽に ゆったりと 日本語の説明で 仲間と 少人数で  
                   
☑カラフルな写真豊富な美しいテキストを使用します                                                                                                                 

1レッスンごとに参加可能です
                                  
☑フランスのノート、筆記用具も使用して頂けます                                                                         
☑フランスについてのおしゃべりをしたり
本なども見たりします
                                    

☑ご希望によりフランスの教材や文房具などをお分け致します  
                                                                               
*別途、会話や筆記体に特化、などご要望に沿った個人レッスンもございます


隔週程度 土曜 10:30-11:30 
*希望日時をお聞きし、
24名集まり次第開催致します。
平日はお問合せ下さい
       
                                                    
場所:Cafe&Gallery Fran
沼津市高島町34 加藤ビル2F   
https://fran0511.jimdo.com/    
沼津駅北口徒歩3分程度 
             

大人3,000円  親子(ペア)4,500円 
(飲み物代込。ご希望の方はテキスト代等別途)                   
レッスンを受けられない同伴のみのお子様は、
飲み物を各自でご注文お願いいたします


講師・問い合わせ先:杉山 e-mail: eri0815@gmail.com
                                 
希望日をお知らせ下さい

通常は沼津および近隣でフランス語個人レッスンを
させて頂いております 

http://blog.livedoor.jp/eri0815/                          

フランス交換留学後、東京大学大学院修士課程(フランス語教育)修了
                            
エルメスジャポン(株)
HERMES JAPON CO.,LTD.
15年勤務  
仏検
1


                     

お子様について 参加・同伴可能です (静かに座っていられるお子様)

参加:小学3年くらいから、保護者様と一緒に 
(大学生以上:大人)

同伴:フランスのぬりえ クレヨン 色鉛筆 絵本などご用意します
                               

 

別室で将棋教室もあります  1日300円                              
レッスンに参加しないお子さまは、こちらに参加することもできます
駒の動かし方から教えてもらえます
対戦もできます                  

http://www.numazu-shogi.com/
  
                                                    




ベルばらでフランス語3 「陛下、革命でございます」

revolution

Bonjour !

日本でこのところフランスのニュースというと、ルノー・日産・ゴーン問題が大きく取り上げられています。

 

しかしこれは、フランスのメディアでは日本ほど報道されておらず、もっぱら黄色いベスト運動 (Gilets jaunes ジレ ジョーヌ)と、それに対処するためにマクロン大統領が始めた大討論会 le Grand débat national ル グホン デバ ナシオナル についての報道が多いです。

後者は、マクロンが自ら全国行脚し、市民(実際には市長とかも多い?)と直接、何の話題でもいい・タブーは無し、ということで一日中話し合って、暴力なき、言葉での問題解決を探る、なんともフランスらしい解決の仕方を模索しているものです。

 

フランス人は、討論・論戦、大好きです。ディナー、ホームパーティー、いつでもどこでも論議します。夜中までやって、すぐ寝て、翌朝早く出勤日本人には結構つらいことでしょう。行かれる方は覚悟が必要です。

 

話が少しそれましたが、

さて、冒頭の、「陛下、革命でございます」です。

フランス語では、画像にある文字のとおり、 «Sir, c’est une révolution» シーフ、セ チュ ヘボリュシオン。

 

画像の「ベルばら」の絵の方が、その出所を説明したもので、

フランス革命でバスチーユ牢獄が陥落した際に、リアンクール公 duc de Liancourt デュック ドゥ リオンクーフ が、ルイ16世に報告に駆け付け、ルイ16世が「単なる暴動ではないか」と言ったのに対し切り返した、有名な言葉です。

 

画像のもう一つ(文字だけのほう)は、これを引用したもので、フランスの大手ニュース週刊誌 Le Point 2018126日号(凱旋門の一部がGilets jaunes ジレ ジョーヌに破壊された、騒然とした時の後の号)の社説です。

つまり、「マクロン閣下、これは革命です」、ということなのでしょう。

 

先ほど、議論するのが実にフランス的、と書きましたが、こうしてみると、暴力と血はフランス式の行きつくところ、ということになります。

le Grand débat national ル グホン デバ ナシオナル については、フランスのアンケートでは市民に不評のようです。

果たして、「革命」となるのでしょうか

 

 

 

                               

 


フランス語教授法

Bonjour !

 

大変遅くなりましたが…あけましておめでとうございます!!本年もよろしくお願い致します。

 

クリスマス Noël ノエル や 冬休みvacances de Noël ヴァコンス ドゥ ノエール はいかがでしたか?

 

クリスマスや、新年明けてからのGalette des rois ガレットデホワ(イエス様が生まれた際に東方の三博士がお祝いに来ますが、これをお祝いしてこの時期フランスで食べるアーモンドパイです)については、最近は色々なところで紹介されているので、別のことを書きたいなあと思って、Blog更新が遅くなってしまいました…

 

 

本日は、(いきなり)フランス語の教授法についてです。

難しい言い方ですが…要は、どうやったらうまく教えられる・生徒さんはできるようになるか、というお話で、巷の方法と私のレッスンの場合、を以下でご紹介したいと思います。

 

一部英語と共通するところがあるので、ご存知の方もいるかと思いますが、

現在、フランス語で主流の方法は、コミュニカティブ・アプローチ、と呼ばれる方法です。

 

*最近、日本の小学校などで、アクティブ・ラーニングという、みんなで考えて例えば法則を見つける、といった方法が採られ始めていますが、こちらのフランス語教育への応用の研究はまだ発展段階ですので、私は使用しておりません

 

コミュニカティブ・アプローチとは、コミュニケーションができるようになるために、言いたい文や場面(例えば買い物で「これを下さい」と言う)のと、文法(文の組み立て方の説明)を、なるべく頻度の高いもの・易しいものから学べるようにしたものです。

私のレッスンも、こちらに基づいたものになっています。

 

 

次に、このコミュニカティブ・アプローチの以前に存在し、現在も使用している語学学校もある教授法と、その良い面・悪い面、私のレッスンでの場合をご説明します。

 

まず、ダイレクト・メソッドと呼ばれる、母国語を使用しないで、その習っている言葉だけで教師が説明する、生徒さんはその外国語に浸る、というものです。

 

これについては、文法の説明などわかりにくいものについては、現在の教授法(コミュニカティブ・アプローチ)ですと、外国語での説明だと非効率的で誤って理解される危険もあるので、むしろ、母国語での説明が推奨されています。

ですので、私のレッスンでの説明は、大部分が日本語です。

 

ただ、留学する前は、現地の先生のフランス語での説明に慣れたり、帰国後はフランス語の感覚を忘れないようにしたほうがいいかと思いますので、そのような方々には、フランス語での説明もレッスンで取り入れます。

 

ダイレクト・メソッドの次に登場したメソッドが、

オーディオ・リンガルメソッドなどと呼ばれる、基本文の暗記とか、口頭練習問題で一部の単語を置き換えて、反射的に言えるようにするものです。

 

これについては、とにかくつまらない、続かない、ということで、下火になりました。

しかし、やはり効果的ですので、今でもこれを取り入れているテキストも多いですし、私も、生徒さんのご要望に応じて、多かれ少なかれ取り入れるようにしています。

ただ、あくまで、ご興味のある分野のものに(例えば料理とか、靴の買い物とか)に、内容は切り替えています。

 

この次に登場した教授法が、絵や映像を見て会話を聞いて、そのシーンごと反射的に覚える・教師の説明もフランス語、という、視聴覚方式、という方法です。

いまでもこれを使って教えている有名な語学学校もあります。

これは、週に何時間もそういった環境におく必要があり(留学に似ていますね)、大部分の方の日常生活では非現実的な方法なのですが、

確かに良い面もありますので、私のレッスンでは、一部、取り入れるようにしております。

 

この視聴覚方式と重なる感じで登場したのが、現在主流のコミュニカティブ・アプローチ、という流れです。

 

 

以上、私のレッスンでは、これまでの色々な理論と実際を考え併せて取り入れておりますので、ご自身のお好みや悩みなど、ご相談くださいませ!


プロフィール

eri

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ