えり姉ちゃんの たゆたゆ日記

山口県下松市にある『藤井写真館』のお写真に関する話や、ミュージカル観劇、旅行、美味しい話、その他のいろ〜んなお話のブログです!

よくわかってらっしゃる(笑)

2018.02.18-1広島に住むいとこのお姉ちゃんが立ち寄ってくれた際にお土産としてこちらのノートをくれました(^^♪
私がぶち喜ぶのがわかってらっしゃる(笑)


2018.02.18-2ちなみにこちらのノートは、
『平和を祈念して折られた千羽鶴を再生利用して作られたものです』
と、ノートの裏の説明書きに書いてありました。
中の白い部分にも所々色がついているので、千羽鶴の思いの欠片が入っているのでしょうか。
普通のノートとはいろんな意味で思いがちょっと違いますね。
大切に使います。

2年間、ありがとう

2018.02.17-2赤色のタブレットケース。
大切に取り扱っているつもりでも手が滑って落としたり、硬いと所にぶつけたりで、
各角のプラスチックがほげてタブレットの収まりが悪くなってきたので、心機一転、今度は青色のケースに差し替えました。
タブレットを購入して約2年の間、一緒に頑張ってくれました。ケースが無かったらタブレットはもっと悲惨なことになっているだろうなぁ。
2年間、ありがとうございました。

私の体温はゴムを溶かすのか(笑)

2018.02.16愛用しているペンタブレットのペン。
手で持つ処がこのようにすり減って、持つ感覚が変わってきたので新しいのに替えました。
今までで2本、このような状態になってしまいました。
仕事とプライベートで使うから使用頻度がすごいってのもありますけど、
持つ際に少しずつすり減っていっているのか、
もしかしたら、私の体温でゴムが溶けているのかも(笑)
今使用しているペンタブレット製品は廃盤品なので、そろそろ新しくて使いやすいのを検討しようかと思っています。

見つけた 買った 食べた

2018.02.15流行りもの 季節限定もの 地域限定もの 
そんなに飛びつく方じゃないけれど、
お芋は大好きなので
飛びついてみた

美味(^^♪

第3回 くだまつ笠戸島アイランドトレイル

2018.02.11-1心配されていたお天気も、晴れ男100%の会長の力で無事当日はお天気に。風が強かったのはご愛敬。
早朝、5:30に浜辺駐車場へ集合。駐車場係のメンバーは、4:30に集合ですからもっと早くからの準備です。
準備段階から記録で撮影を行っていたのですが、カメラを持つ手が冷たい、冷たい。朝は今度は手袋が必要ですね。


2018.02.11-2受付は、笠戸島ハイツで行われました。
参加者の方のアドバイスやボランティアスタッフの気付きより、少しずつ様々な場面が改善され、年々良くなっていっています。


2018.02.11-3ロングのA、ロングのB、ショートの3コースが時間差でスタートです。
これから大変な距離走られるのに、皆さん笑顔です。


2018.02.11-4今年はスタートを撮影した後、深浦へ移動。深浦近辺と深浦エイドを撮影した後は、初めて野鳥の森に行ってみました。
コースは先日下見をしたので安心して撮影に取り組めました。

木立の間からランナーの方が見えると
「足元に気を付けて下さ〜い、がんばれ〜、ふぁいと〜」
と、お声かけすると
「あ、どっかから声がする〜♪♪」
「お疲れ様でーす。応援ありがとうございま〜す♪♪」
と、逆に声かけしてもらえました。
野鳥の森は、スタッフもおりませんので、こうやってスタッフに会えると嬉しいそうです。


2018.02.11-5今大会のランナーの登録は893名で北は青森から南は鹿児島より、当日は、約700人のランナーの方が笠戸島を走り抜けたそうです。
ボランティアスタッフも、380名がランナーの方のお手伝いをさせてもらいました。


2018.02.11-6各エイドも地元の皆さん方が趣向や工夫を凝らしてランナーの方を盛り上げて下さいました。
私も各エイドのスープやお菓子を頂いてみたいもんです。!(^^)!
だって、美味しそうなんだもの!!


2018.02.11-7下松工業高校登山部、下松高校の陸上部、美術部&写真部の生徒さん達も大会を盛り上げて下さいました。
特に、ゴール寸前ヘロヘロの地点での女子高校生のかわいらしい声援には、どんなに疲れてても最後の力が出せるそうです。(^^♪

2018.02.11-8私は撮影で様々な場面に訪れることができるので沢山の方に出会えたり、その場面での状況を知ることができたり、そこはカメラマンの特権ですね。

今年も撮影で関わらせてもらえて私も反省点や気付きもありましたし、撮影すればするほど欲が出てきて欲と自分の実力とに葛藤したり、
来年はもっともっとの気持ちを大切にまた撮影で携わらせてもらえたらと思います。
でも、朝の5:30から、終了は17:00頃まで、2台のカメラを抱えて、特に望遠レンズを着けたカメラは重くて最後の頃は腰と背中が痛くて(泣)もっと、身体も鍛えておかないといけないですね。

トレイルランニングに興味がある方は、ぜひ、来年の第4回にご参加下さい。
笠戸島でお会いできること楽しみにしています!!

くだまつ笠戸島アイランドトレイル 前夜祭

2018.02.10-1明日行われる『くだまつ笠戸島アイランドトレイル』の前夜祭が、下松市笠戸島 大城 にて行われました。
夕方からの開催で、お天気が良いと夕日がとても綺麗に見えるのですが、あいにくのお天気で窓から見える景色は・・・でした。


2018.02.10-5美味しそうな料理が並んでいます。


2018.02.10-4料理とおもてなしとゲームの賞品が良いので!(^^)! 今年はあっという間に定員に達したそうです。


2018.02.10-3笠戸といえばもちろん「ひらめ」
活け造りもあります。一番にひらめのお刺身がなくなりました(^-^;

あ、もちろん私は撮影するだけです。
美味しそーだなーと思いながら。


2018.02.10-2今年は優勝者にこちらのプレートが贈られることになりました。
下松市が誇る、ものづくり技術を生かした優勝プレートです。
明日はどなたの手に渡るのでしょうか。

翌日のスタートも早いので、前夜祭は早めに終了。
皆さんの検討をお祈りします!!
私も早く就寝することにします(^O^)/

今年はこのタイミング

2018.02.07『2012年3月11日 震災復興イベント』で下松に訪れて下さった福島YEGの方に、ローターアクト時代のメンバーが熊本のみかん農家さんに嫁がれたので、そこのおみかんを毎年送ってもらっているのですが、今年は年末バタバタで送ってもらうのを頼み忘れていたところ、「こちらのはどうですか?」と、提案頂いた「不知火」。珍しいので「美味しいのをよろしく、発送日はお任せするね」と、お願いしていたところ、
福島の方がちょうど全国的に猛威を振るっているインフルエンザで倒れたタイミングで届いたらしく、福島の方も、私もビックリ。
このタイミングの良さが面白いのと、嬉しいのと、ビックリしたのとで、おみかんを送ってくれた熊本の友人にもこの件をお伝えしておきました。
三方よし、ではないですけど、贈った人、贈られた人、作った人、みんなが笑顔になる1件でした。(^^♪

くだまつ笠戸島アイランドトレイル 下見

2018.02.06-1試走の日やコース手入れ等の日にどうしても都合が合わず、でも、絶対下見をしておかねばならないのでどうにか時間を作って笠戸島のコース(一部)に行ってきました。
寒風は身を刺すは、雪は舞うはの、最悪なコンディション。
けど、空気が澄んでいるので撮影すると結構良い感じです。
笠戸島から、笠戸大橋、笠戸島ハイツ、そして下松の工業地帯が見えます。

2018.02.06-2前日に、実行委員長と会議所局長にお薦めポイントを教えてもらい、当日のランナーさん達が走り抜ける時間と計算しながら、下見してきました。
笠戸島アイランドトレイルはいろんな風景が楽しめるのが良いそうです。
海沿いを海を眺めながら走ったり、
山の中のコースは木々の中を駆け抜けたり、
恐竜のオブジェの中を通り抜けるときは、ちょっとワクワク。
もちろん、沢山あちこちに良い眺めの場所もあり、撮影も楽しみながら走れるそうです。

2018.02.06-3会議所職員の方の手作りの撮影ポイントをお知らせする立札が可愛いです。
このまま、この後も使用すればいいのに。(^^♪


2018.02.06-4たぶん、この地点が一番撮影GOODなポイントでしょう。でも、撮影場所はなかなか厳しい場所です。
そういう場所が一番良いシーンが撮影できるんですよね。

お天気がイマイチですが、下松商工会議所 青年部会長が晴れ男さんなので、当日はきっと晴れてくれるでしょう!!

約900人のランナーのみなさん、お待ちしてます!

日本国民の権利

2018.02.04父と共に。
参政権は日本国民の権利の一つですが、あまりの投票率の低さに・・・

皆様、良いお年を!

2017.12.312017年も残りわずかとなりました。
とりあえず、ウィンドーのディスプレイをお正月バージョンに差し替えて、
まだまだ仕事はありますが、今日のところはこれであがることにします。
だって、もうぐったり。((+_+))

今年もやっぱりあれこれとバタバタな1年でした。
時間の使い方を考えないと、と思ってはおりましたが、無駄が多いのか実力がないのか納得いくものではありませんでした。これは引き続き来年も課題です。
と、同時に体力の衰えが・・・
自分の身体と相談しながら周りに迷惑をかけないように仕事もプライベートも頑張らなくちゃって思います。
また、自分の身体の断捨離も、仕事もプライベートも断捨離しながらシンプルにステキに過ごせるように徐々にしていかないと。

大きな怪我や事故もなく、両親も年の割には健康にいてくれたことに感謝。
でも、どんどん一緒にいられる時間は短くなっていくので毎日を大切にお互い生きていきたいです。

さて、来年はどんな年になるのでしょうか?
皆様も良いお年を!

Recent Comments
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


o0234006011131834581

   
Link-1
livedoor 天気
QRコード
QRコード
ランキング