えり姉ちゃんの たゆたゆ日記

山口県下松市にある『藤井写真館』のお写真に関する話や、ミュージカル観劇、旅行、美味しい話、その他のいろ〜んなお話のブログです!

2020.07.24

お薦めされたこちらの冊子。
私に薦めて下さったということは、今の私にこれが必要だということ。
私に足りないところなんだと。

そして、薦めて下さった方にも感謝。

比較的時間が取れる時期にも入りますし、参考にしてお勉強しなおそうと思います。
丁度、ストロボ機材が必要ということもありましたし、どのタイプを購入すればいいのか実際に使用した際のお写真も載せてありますので参考になります。

これまた、なんだかうまい具合にいろいろと繋がりますね。(^^♪

2020.07.23

長年使用してきた、ダ〇ソンの掃除機ですが、ヘッドの部品の一部が行方不明になったことと、ヘッドのブラシが取れ剥げてカーペットなどの掃除が思うようにできていないと感じていたので、溜まっていたポイントでヘッドのみ購入。
早速付け替えてスタジオを掃除したところ・・・
「・・・」
今まで掃除機かけていたのはただただ表面をなぞっていただけ?というくらいスゴイ量のゴミが(恐ろしくて写真のアップはできません)取れました。
ダ〇ソンの吸引力はもちろん信用していますが、ヘッドのブラシが良い仕事をしてくれたのは一目瞭然。
掃除機は吸引力も重要ですが、ヘッドが命(^^♪と今回で十分納得しました。

2020.07.22-1

下松市では、笑顔が笑顔を呼び、笑顔があふれる安全安心なまちづくりのため、笑顔の写真コンテストを実施しています。
レンズを通して、日常生活の中で捉えた「笑顔」や「親子」を表現した作品を募集しています。

募集期間
    令和2年8月3日(月曜日)〜9月30日(水曜日) 17時まで 当日必着
   ※昨年度と募集期間が違いますので、ご注意ください。
2020.07.22-2

ちっちゃくて見えにくいと思いますので、
詳しくは、こちらをご覧ください(^^♪

2020.07.18-4

昨日は幼稚園の年長の子供たちが楽しみにしている「お泊り保育」でした。
な・の・に・・・
例のyoutuber騒ぎで園の近くの学生さんが感染したこともあり、
お泊り無しの2日目無しの行事となりました(泣)
2020.07.18-2

お泊り保育の内容も例年と変わりませんがここかしこに工夫があり、子供たちにコロナの感染が無いよう、そして逆にコロナを感じさせないような心配りばかりでした。

子供たちが作ったカレーを私も頂きました。頂いている途中に子供たちがやってきて
「ぼくが切ったじゃがいもはね、これと・・・これ」
な〜んて教えてくれました(^^♪
久しぶりに子供のお口に合わせたカレーを頂きました。
2020.07.18-1

おばけ迷路では暗闇の中で私を見つけた子供たちが
「写真屋さんが一緒じゃないと行けない〜(涙)」と、洋服をガッツリつかんで私の周りに群がってくれるので、子供たちのその様子が愛しく可愛くはあるのですが・・・「撮影ができない。。。」
なんとかなんとか子供たちだけでゴールできように促しながらの撮影は楽しくもあり、大変でもあり(;^ω^)
2020.07.18-3

日が暮れたらみんな浴衣に着替えて盆踊り&花火大会です。
今年はキャンプファイヤーができたので(昨年度は雨の影響で薪に火がつきませんでした)子供たちが園庭で輪になって盆踊りを楽しみ、星空が見える頃には各自4本ずつ花火をもらって火傷しないよう花火を楽しみました。
子供たちが一斉に花火をするので、園庭が花火の煙の匂いと煙のモクモクで「間違って消防自動車来ないよね?」と、思うほどすごい煙っていました。

1日だけの「お泊り保育」でしたが、子供たちが大きく成長する大切な1日だったと思います。
楽しそうで、面白そうで、見てるだけでこちらがニコニコしちゃう素敵なお写真が沢山撮影できたので、卒園アルバムにどれを載せるか悩みますね。
私もハードな1日でしたので、今日は身体がガチゴチ。夜はゆっくり休むことにします。(^^♪

2020.07.17

例年であれば4月末頃に行われる「1年生を迎える会」ですが、今年はコロナの影響で今の時期となりました。それも密を避けるために、該当する1年生と6年生のみでの開催です。入学式も行えなかったので保護者の方の見学も今回はありました。
接触も防ぐために手を繋いでの入場・退場もなく、ちょっと寂しさも感じましたが1年生は6年生手作りの王冠を被せてもらって、マスクをしていてもみんな笑顔で楽しそうなのはよくわかります。!(^^)!

学校もなんとか通常モードに戻りつつある〜という状況でしたのに、
山口県内でありえないコロナ感染症患者の発生でまた来週からいろんなことの自粛や縮小が求められそうです。(;_;)/~~~




2020.07.11

【コロナに負けずにみんなで頑張ろう!】
下松市公式マスコットキャラクター「くだまる」が、           
この度、「ゆるキャラグランプリ2020THE FINAL」にエントリーしました✌️
最初で最後の挑戦だそうです‼️
一人1日1回投票できるそうです。
下松にご縁のございます方もそうでない方も、ぜひとも応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

2020.07.10

親子の日のご案内です(^^)/(親子の日普及推進委員よりシェアです)

コロナの話題で一喜一憂している間に、夏になってしまいましたね。
写真館のご苦労や地域におけるみなさのご活躍は、ネットを通じて拝見しております。
おかげさまで、「親子の日」は今年で18回目を迎えることができました
今まで大変大変お世話になりましたことに心から感謝いたします。
すでにお知らせが届いた方もいらっしゃるかもしれませんが、恒例だった「スーパーフォトセッション」は、今年中止といたしました。
残念ではありますが、世界中が大きな節目を迎え試行錯誤をしているこの年をチャンスと捉えて、親子の日普及推進委員会は、「親子の日」当日のメインイベントとして、オンライントークイベントを実施することにいたしました。
登壇してくださるのは私たちをいつも応援してくださっている友人たち。
テーマは、「未来への贈り物〜Present to the Future〜」です。
まだまだ進化し続ける「親子の日」!
どうぞ期待してください。
ブルース・オズボーン & オズボーン・井上佳子

☆ 第一回 「親子の日」2020 online トークイベント
テーマ:未来への贈り物~ Present to the future ~ フォトジャーナリスト、声優、企業経営者など、さまざまなジャンルで活躍するスピーカーによって、『未来へ の贈り物~ Present to the future ~』をテーマに、貴重な体験談とこれからチャレンジしたいことなど思い思いにお話しいただきます。

司会:秀島史香(DJ /ナレーター) 、関智(編集者/プロデューサー)
出演: ブルース・オズボーン(「親子の日」オリジネーター / 写真家)、石川和則(DAC グループ代表)、木下 聡(オーティコン補聴器代表)、滝村雅晴(パパ料理研究家、株式会社ビストロパパ代表取締役)、藤本裕子(お母さん業界新聞代表)、松本梨香(女優/声優)、元木行哉(俳優)、安田菜津紀(フォトジャーナリスト)、山城 まゆみ(イラストレーター、西表島在住のガーデナー)、岩野 早苗(愛知県児童総合センター元職員/児童厚生員) 、
井上佳子(親子の日普及推進委員会代表)
日時:2020年の親子の日7月26日(日曜日)午後14 時より 親子の日公式サイトにて配信開始
主催:親子の日普及推進委員会 協力:PechaKucha
オンラインイベント開催を記念してオリジナルTシャツを抽選でプレゼントいたします。
トークイベントの詳細はこちら

☆ 「親子の日」写真コンテスト 2020
オリンパスが運営する写真投稿コミュニティサイト「fotopus」で公募する親子(人物)の写真のコンテスト。 ミラーレス一眼 オリンパス OM-D E-M10 MarkIII をはじめとする豪華な賞品をご用意しています。入賞作品は 公式サイトや SNS でご紹介いたします。
写真コンテストの詳細はこちら

☆「親子の日」エッセイコンテスト 2020
心がほっこりしたり、思わず笑みのこぼれるエピソード、とっておきの秘話など、「親子」にまつわるお話を寄 稿してください。素敵な賞品を今年もご用意いたしました。入賞作品は、後日公式サイトでご紹介させていただ きます。
エッセイコンテストの詳細はこちら

☆「親子の日」親子大賞 2020
仲良し親子、元気な親子、かっこいい親子、ユニークな親子など、あなたが共感する一番輝いている有名人の親子を選びます。今年の栄冠は、はたしてどの親子の手に?みなさんの1票をお待ちしています。 ちなみに、2019 年の大賞に輝いたのは、奥田瑛二+安藤サクラ親子でした。
親子大賞の詳細はこちら

7月は「親子の日月間」です。
「親子」に関わる事業や活動を展開されている方のイベントを応援いたします。情報をお寄せください。 FacebookやInstagramなどの「親子の日」特設ページで随時掲載いたします。
Facebook はこちら
インスタグラムはこちら

2020.07.09-1

やっと、やっとクラス写真撮影が始まりました。
全部並びを整えてからマスクを外して撮影です。
子供たちもおしゃべりもせず、ちゃんとお約束を守ってくれるのでサクサクと撮影が進みます。
来週も別小学校のクラス写真撮影が行われます。
例年とはいろいろと進め方が違うので、先生方も気を遣って下さいます、助かります!!
接触に気を付け、学校にご迷惑がかからないように私達も頑張ります!


2020.07.09

まだまだ雨は続いています。
こんな時だから、あえてアップします。もし、被災された方がいらしたら教えてあげてください。
私も情報として教えてもらいました。

***************************************************************************************************************
大雨災害で自宅が被災したら、何から手をつけていいかわからないかもしれません。

浸水などに見舞われた場合は、片付ける前に家の被災状況を写真で記録しておいてください。後日、市町村から「り災証明書」を発行してもらうときに必要になるからです。
被災者は各種の支援を受けられる
地震や洪水、台風などの自然災害による被災者には、「被災者生活再建支援法」などに基づいて支援金が支給されます。その際に必要なのが、被害程度を証明する「り災証明書」です。

被害程度には、全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊、床上浸水、床下浸水、全焼、半焼などがあります。損害の程度を証明するために、デジカメ、スマホ、携帯電話などで撮影した写真が重要なのです。

罹災証明を発行するためには
被害程度を証明するための写真なので、撮影するポイントがあります。浸水などの水害にあった家屋を例にします。

(1)建物の全景を撮る
▼遠景で建物の4面を撮影します

(2)浸水した深さを撮る
▼メジャーを使って水が浸かった深さを測定
▼測定場所がわかるように遠景を撮影
▼メジャーの目盛りがわかるように近景も撮影

(3)被害箇所を撮る
▼被害箇所ごとに遠景と近景の2枚セットで撮る(被害箇所がわかるように指を差して撮るとよい)
▼主な被害箇所は、外壁/屋根・基礎・内壁・天井・床・ドア・ふすま・窓・キッチン・浴室・トイレなど

こうして撮影した写真を「り災証明申請書」に添えて市町村に提出すると、市町村の担当者が現地調査を行います。その結果、「り災証明書」が発行されると支援制度が受けられます。
各種の支援金が支給される
被災者に対する支援制度のひとつ、「被災者生活再建支援制度」は、居住する住宅が全壊するなど、生活基盤に著しい被害を受けた人に。次の2つの支援金の合計額が支給されます。

【基礎支援金】
全壊:100万円、大規模半壊:50万円

【加算支援金】
建設・購入:200万円、補修:100万円、賃借:50万円

「被災者生活再建支援制度」は国の支援制度ですが、都道府県や市町村が独自に支援制度を設け、支援金の支給だけでなく、貸付制度を利用できることがあります。

また、火災保険や地震保険などの保険金を請求するときも「り災証明書」が必要になります。被害を受けた住宅を片付ける前に、被害状況がわかる写真を撮影してください。

出典
「防災情報のページ・罹災証明証」(内閣府)、「建物被害調査のトリセツ」(常葉大学付属社会災害研究センター)

この度の九州の大雨で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
私が住む山口県もここ数日ずっと雨が降り続いております。明日早朝、強い雨が降る予報も出ておりますし土砂災害警戒3レベルの発令も受けており、できる範囲内で家族での対策はしておりますが、先ほどから雨脚もまた強くなってきましたし、今日は雨の音を気にしながら一夜を過ごしたいと思います。

さて、
2014年の広島土砂災害、2018年の豪雨災害で写真洗浄に携わった経験から、自宅の浸水被害が予想される場合は、貴重な家財道具と共に写真、アルバムをできるだけ高い場所に移動して頂くようお願いいたします。
仮にご自宅が浸水し、写真が濡れたり汚れることがあっても、手元に残っていれば洗浄、保存は可能です。被害が出る前にぜひ予防措置を講じて頂ければと思います。
また不幸にも既に被災された場合でも、写真の洗浄に関していつでもご相談に応じます。

富士フイルム提供の、被災写真・アルバムの対処法に関する情報です。必要な方はご参照ください。
https://www.fujifilm.com/jp/ja/consumer/support/photoprinting/fukkoshien

同じく富士フイルムの、「写真でつながるプロジェクト」の紹介ページです。こちらも必要な方はご参照ください。
https://fujifilm.jp/support/fukkoshien/index.html

皆様どうぞ油断せず、ご無事で。

このページのトップヘ