いよいよ明日は、笠戸島いかだまつり!ちょっと遅めの夏休み

2012年08月26日

第23回笠戸島マリンイカダレース大会

2012.08.26-4ぶち晴天の中、下松市の笠戸島イカダまつり 第23回笠戸島マリンイカダレース大会が、下松市笠戸島のはなぐり海水浴場で開催されました。
昨年度は、東日本大震災の被災地支援に力を注ぐため休止したので今回は2年ぶりとなります。
約3000人が浜に集ったそうです。


2012.08.26-1スタッフは、6時過ぎには会場へ集合。私もちょっと眠たい。
でも夜を通して、イカダが流されないように、トラブルがないようにと夜警をしてくれたメンバーはもっと眠たいでしょうし、身体もきついでしょう。お疲れ様です。大変な役を負って下さるから安心して当日が迎えられます。
夜警メンバーには感謝です。
そんな中、浜に朝日が差し込んできました。
一気に気温が上昇します。

2012.08.26-2前日に浜に降ろし運ばれたイカダもありますが、当日も朝から搬入されたイカダを下松市役所の方々やボランティアスタッフの方々のご協力を頂き、このように人力で所定位置に運びます。重い艇は運ぶのも結構きついそうです。足元も砂ですし、皆さん汗だくで作業を行ってくださいます。

2012.08.26-3所定位置に艇が並べられると、検査スタッフによる持ち物検査とイカダの規定の検査が行われます。
検査の様子を撮影しようと、砂浜をあっちに行ったり、こっちに行ったりで、この時点でもう足腰ふらふらです。


2012.08.26-5午前中は、海面に旗に見立てたペットボトルを浮べ、浜よりダッシュ→海飛び込む!!取る!!ビーチフラッグ大会や、
ビーチサンダル飛ばし、アピール大会等が開かれました。


2012.08.26-6午後より、52艇の手作りイカダが、浜の沖合までの往復1.5キロを速さで競います。
台風15号の影響か風が結構吹いています。浜に居る人は心地よいでしょうが、沖合はどうでしょう???

こちらはスタート時点の様子です。押すな、押すなって感じです。

2012.08.26-7沖合は風が結構強かったみたいで、イカダがいつもより右方向に流されていくので、浜からアナウンスで「大城の方(左手)に向かって」と、方向を指示していました。

着岸地点も解りやすいようにと、赤い旗をスタッフが必死に振って漕ぎ手に知らせております。

浜からの撮影しか行ったことがありませんので、次回可能であれば漕いでいる途中の撮影ができたらいいなぁと思います。メンバーからも、「実況中継ができてインターネットで配信なんかできたら当日参加できない人や、スタッフでも駐車場係でレースが見られない人も楽しめるかもね」という意見を頂いたので、次回への懸案として挙げようと思います。

大会に関係された皆様、大変お疲れ様でした!!


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
いよいよ明日は、笠戸島いかだまつり!ちょっと遅めの夏休み