家族

2014年11月17日

そうだったのかぁ

むか〜しのことですが、
中学3年の進路指導の時に担任の先生に
「先生は、藤井は学校の先生か看護婦さんが向いていると思うんだ」
と、言われました。

その時はあまり深く考えず
「人にものを教えるなんて、私はおバカさんだから無理です。
 あと、血がダメなんで注射も打てないし、血も取れないし、
 幽霊を信じているので夜は怖いから夜勤もできません。
 だから、どちらも無理です」
と、答えたのは覚えています。

大人になってから、亡くなった父方の祖母が看護婦をしていたこと(小学校6年まで一緒に住んでいましたが、看護婦時代のことは全く語ってくれなかったので祖母が看護婦をしていたことを私は知りませんでした)
そして先日、同じく父方の祖父が教師をしていたことを知りました。祖父が役場に勤めていたことしか知らなかったのですが、若い頃は先生をしていた(米川小学校で教鞭を取っていたとのこと)と、従兄弟から教えてもらいました。

今になって思えば、
教師だった祖父、
看護婦だった祖母、
どちらの血もちゃんと受け継がれていて、そのような素質が多少なりともあったのかと、それを中学3年の担任の先生は見抜いてらっしゃったのかと思いました。
実際は結局どちらの職業にもついてはおりませんが、なんだか不思議ですね。

ちなみにお稽古事で習っていた日舞は・・・と、思っていたら母方の血筋がどうも芸事が好きだったようです。

なんだか不思議な繋がりを感じた今日この頃です。(^^♪

eri2413 at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月11日

従兄妹会 2014

2014.10.11-1今回も周南市の「竹の第」にて従兄妹会が開催されました。
父方の従兄妹(集まれる人だけ)と、連れ合いで、今回は6名の参加。
元々は9月末の予定が一人の従兄妹の都合がつかず今回に。
でも、私にとっては変更になって幸い。
だって、当初の予定の日だったらインフルエンザでうんうんうなっていた日だったから。
こういうところも「ついてる!」って思いますね。

2014.10.11-2でも、高熱を出して以降、内臓の調子がいまいちなので今回はアルコールは頂かずにウーロン茶で。
料理は本家の従兄妹が全部手配してくれているので、お任せを頂いています。

枝豆・ほうれん草のおひたし・ゲソとからし酢味噌の和え物

お刺身


2014.10.11-3太刀魚の切り身の素揚げ

父方の家系は、皆飲める口なのでもうこの辺りから皆さんご機嫌です。
皆さん、楽しくて綺麗な呑み方をするので、親戚が集まっての呑み会&お食事会は大好きですね。


2014.10.11-4シンプルに焼肉
お肉がおいしくて、普通に白いご飯が欲しかったです。

私ともう一人は呑まない人だったので、
こちらの料理の他に
「茄子と御餅の揚げだし」
「青菜とじゃこの焼き飯」
「セグロイワシの天ぷら」
をもらってわけっこしました。


2014.10.11-5「竹の第」といえば、おでん。
お出汁が美味です。
柚子胡椒もいい味出しています。

うちじゃおでんは作らないので、前回こちらで頂いて以来ぶりのおでんかな?

2014.10.11-6最後は、あまおうと天津甘栗のアイスクリームで終わり。
約3時間でゆっくりと少しずつ頂いたので、これだけの料理を食べることができました。
内臓もなんとか本調子に戻ってきたかな?

ご機嫌な従兄弟たちを自宅に送って私も帰宅。
今回も良い従兄妹会でした。

eri2413 at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月05日

9年目

早いもので、父が救急車で病院に運ばれてから、9年が経ちました。
毎年、この日が来ると無事1年越せれたことに感謝、そして命って何?と考えさせられます。

父は人様からは目に見えない障害はあるものの、傍目には元気なおじいちゃんです。
いつかはあちらに行くとは思うのですが、
格好いい父のままで旅立たせてあげたいので、
普段の暮らし、恰好、その他諸々、家族が細かく気を付け注意しています。

くどし(〇9歳の歳)と、ぞろ目の年は気を付けてね、と言われていますので、
今年喜寿を迎える父『77歳』のぞろ目歳なので、普段以上に家族が父の動向に気を配ろうと思っております。

来年もまたこうやって家族揃って迎えられますように。

eri2413 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月13日

不思議な繋がりで

2013.08.13不思議な繋がりが(話すと長いんで)あって、そのご縁でディナーに呼ばれちゃいました。

世間は広いようで狭い。
また、どんなに離れていても、関係ないように思える業種にいても、縁があればどこかでぴぴっと繋がってしまうもんですね。

おまけに、
最後にサプライズで従妹の子からお誕生日祝いをもらっちゃいました。なんだかちょっと嬉し恥ずかし(*^^)vでした。

一緒に集えた人達との会話も
頂いたディナーも
どちらも美味しい、素敵な1日でした。

久しぶりに、ほっこりした時間を味わえました。


eri2413 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月27日

従兄妹会

父方の従兄妹(一部ですが)が集まっての『従兄妹会』。
音頭を取ってくれるのは、いつも本家の長男。
でも、私が一番忙しい人なので私の日程を最優先して集まる日を決めてくれます。

今回は、周南市にある『竹の第』にて開催。
連れ合いさんも一緒に、普段以上に楽しい会となりました。
にしても、珍しく吹雪いた午後。徳山駅からお店まで雪に翻弄されながらなんとか辿り着きました。
2013012718290000事前にコースを頼んで下さっていたみたいで次から次へとお料理が運ばれます。


2013012718500000季節先取り、「ふきのとう」の天ぷら


2013012718550000お刺身


2013012719240001おしゃべりに夢中になって、随分冷えちゃったお肉を頂きました。
あたたかかったら、きっとおいしかったでしょう。残念。
でも、口の中でお肉がとろけていきました。


2013012719490001ナマコもこんな感じで出されるとおしゃれ(^.^)


2013012720010001「竹の第」といえば、おでんらしいです。
玉ねぎが炊いてあったのが美味でした。


2013012720400001サバのお寿司?だったっけ?
普段口にすることのないお寿司でした。こちらも美味。


2013012722050000乾杯はビールでしたが、その後は従兄妹のお嫁さんとほぼ二人でこちらを開けました。
体質的には、アルコールは強いみたいです。
そういえば、酔っ払ってとっちらかしたことは無いなぁ。

従兄妹とはいえ、20才近く年が離れているので、私は会ったことのない祖父の話や昔の本家のいろんな話が聞けるのがとても面白いし興味深い。

次の従兄妹会はどこで開催されるのでしょうか?
また、料理とお話を肴にお酒を楽しむことにします。

eri2413 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月03日

初詣 宮島へ

2013.01.03-2気分転換も兼ねて初詣に行くことに。
前日無理やり家族に初詣に行くことを宣言して、朝、両親を叩き起こし、一路宮島へ。
早く出たとはいえ、お正月の三日です。渋滞するのは想定内。駐車場は無いことは無いと思うけど、あまり離れたところに置くと父が疲れちゃうからできるだけ近い場所に置きたかったのですが、やっぱり駅山手側の駐車場に車を置くことになりました。
寒風の中トコトコ歩き宮島桟橋へ。人の波がすごい。フェリーは1度は待たないといけないかなぁと思ったのですがぎりぎりセーフ。きっちきちのフェリーで宮島へ。

厳島神社も入り口で待ったのは生まれて初めて。空が暗くなってきたので雪が降らないかと心配しながら、人の波にもまれて無事参拝しました。

2013.01.03-1途中、舞楽が行われており(こちらも人の輪がすごくてなかなか見られませんでした)少しだけ拝見。
その後、あるミラクルが!
宮島のお土産屋さん前で従妹のお姉ちゃん夫婦とばったり遭遇。お互いびっくり。(*_*)
うちの家族もお姉ちゃん夫婦も宮島行は急遽決めて行動に移したので、偶然も偶然。
その後、その従妹のお姉ちゃん家のボクが勤めているホテル みや離宮でお茶をしました。

お正月早々、なんとも嬉しいハプニング。今年1年はワクワク、ドキドキするような1年になる?かしら。

eri2413 at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月29日

お座りができるようになりました

2012.12.29今年も残りわずかとなりました。年末年始を実家で迎える方々の日本大移動が始まっていますね。
本日、夏に『はだかんぼ』の写真を撮影した従兄弟の子の子が里帰りの途中に撮影に寄ってくれました。
もう自分一人でお座りができるようになっていました。
成長の速さにびっくり。

いっちょまえに椅子に座っていたので、「お〜い!」って声をかけるとこんなにかわいらしい顔を向けてくれました。

赤ちゃんはどこの赤ちゃんもかわいいですが、やっぱり親族の子は特別ですね。
見つめ合ってる視線にちょっと違うものを感じますね。



eri2413 at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月24日

父とランチ

10f6305d.jpg定休日の本日、同時刻に二校の撮影が重なりスタッフもお休みなので、父に一つの学校行事撮影を手伝ってもらいました。
撮影後、お届けものがあったので、道中にあるお店で父と一緒にランチをいただくことにしました。


2012.04.24-1こちらのお店は料理の提供が大変ゆっくりで、ぽわ〜んとしながら待っていました。
普段の昼食はあまり咀嚼もせず、急いでがつがつ食べてしまうのでたまにはゆっくりと食事を頂くのもよいものだなぁと思いながら・・・
とは言いながら、その後の予定のことも気になり、あまり落ち着いてはいただけませんでした。

テーブル側には早咲きの「つつじ」の花が生けてありました。


2012.04.24-2

デザートを頂くころにはもうお腹もいっぱい。
午後からも仕事があるのですが、春の陽気に誘われて眠たくなりそうです。


eri2413 at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月25日

2011年の自信作だそうです

2011.12.25忙しげな私に気を遣って、
母が今年一番の自信作を出してくれました。
母が毎月通っているパン教室の12月のお題が
「クリスマスケーキ」なのです。

なんだか疲れ切って胃も重たいのですが、こちらはちゃんといただくことにします。





eri2413 at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月06日

手作り薬ケース

2011.03.04-2最近、自分の都合の良いように、また、体裁を繕うために「嘘」をつく父。
特にお薬に関しては、飲んでいないのに「飲んだ」とか、
飲んだことを忘れてまた飲んでしまったり(短期記憶障害があるので)、
そのことについて責めると
「わしがやったことに文句あるのか」
と、逆切れしてしまいます。
病気と加齢のせいにはしたくありませんが、
せっかく頂いたお薬も、ちゃんと飲まなくちゃ逆に「毒」にもなってしまいます。


2011.03.04-1どうにかよい方法は無いものかと考えて、
100均で、小分けができるケースとそれをまとめられるボックスを購入。
日と朝・夜と判るように色分けしてテプラを貼り付け、
それぞれにお薬を分けて入れました。
今までは薬袋に一緒に入っていたのですが、これなら一目瞭然。
父だけでなく、母も私も父がお薬を飲んだのかどうかが判るので、証拠確認しながら父に声かけもできます。
我ながら良い案だと、仕分けし終わって満足!
かかった費用は、小分けケース6ケースとボックス1コ。
計735円でした。


eri2413 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月03日

ぜひ、ご贔屓に

2010.12.03-1母方の従兄弟が美容室をオープンしました。
せっかく別府まで行ったのでお店拝見。
可愛らしい外観に、店内はあったかくホンワカした感じでまとめられてイスや小物もお洒落で、こんな中でキレイにしてもらえるのって女の子冥利に尽きるわって思っちゃいました。
スタッフの女の子と二人で頑張っているみたいです。
近ければ行くんですけど、さすがに大分は遠いわ。
ちゃばちゃばしゃべってたので、お店の看板しか撮影しておりませんでした。
HPがお洒落で様子もよくわかりますので、そちらをご覧下さい。

「Hair Studio NINE」
大分県別府市石垣西3丁目1-5
TEL 0977-23-1537

HPはこちら→「Hair Studio NINE」
ブログはこちら→「Hair Studio NINE」

別府にお住まいの方、ぜひ、ご贔屓に!!

eri2413 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月21日

真光院

2010.10.21-1父方の本家(周南市須々万奥)のことを昔から「真光院−しんこういん」と呼ぶのは何故?と思っていました。別に宗教もからんでいませんし、何故がいっぱい。
岩合光昭写真展が開催されていた周南市美術博物館の3階常設展の展示物にも「真光院」の文字有り。

2010.10.21-2不思議に思い父に聞いてみたら、本家がある土地は元々山城があったところだそうです。そういえば家の裏山には石垣が積んでありました。
ネットで調べたら、
真光院山城(しんこういんやまじょう)/周南市須々万奥/城主・・山崎右京(大内家臣。沼城合戦に参戦)
とのこと。
そういうこともあって、伯父が本家の前にこういう碑を建てたのですね。
でも、父方の苗字は城主の方の苗字では無いのでそのままの子孫では無さそうです。
いつか、自分のルーツを調べてみたいですね。

eri2413 at 18:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月11日

運転手で呉まで

2010.10.11-2 たまたま予約の無かった今日。お店を急遽臨時休業にして呉の大和ミュージアムに行くことにしました。ミュージアムの休館日とお店の休日が同じなのでなかなか行くことができず、父の兄が戦時中潜水艦乗りだったのもあり、以前から大和ミュージアムに行きたがっていた父は大喜び。
私は・・・運転手で同行なので館内はささっと見て、両親と待ち合わせの時間まで久しぶりに海でも眺めながらまったりします。夕方に呉の友人と会う約束もできたのでそちらのほうが楽しみ。というか館内は人多過ぎ!説明が読めません(>_<)
ちなみに後ろの潜水艦は「海上自衛隊呉資料館」の建物です。

eri2413 at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月27日

母、嬉しそう

 仕事柄、人様との行事にご一緒できないことが多いのですが、
数年に一度行われる同窓会の幹事が今回交代されたということで、今までと違う曜日・時間帯の開催に母は参加しやすい状況になったのもあり、
「母さん、同窓会行ってきてもいい?」
と、申し訳なさそうな表情で聞いてくるので、
「行ってきたら、お父さん面倒見るから」
の言葉に嬉しそうに母はどしゃぶりの雨の中出かけて行きました。
今晩の同窓会の後は参加された皆さんと一緒に旅館へ宿泊、明日は叔母(母の妹)の家に泊まるのと、なんだか小学生が修学旅行に行く前のはしゃぎようと同じレベルです。
今晩別府、明日は大分、温泉大好きな私はこのコースたまんないんですけれど、母は別府、それも鉄輪で育ったのに温泉はキライみたいで、
「私は温泉はどっち向いててもいい」なんて言ってます。
ま、温泉に入って癒されるよりかは、友人や妹弟との尽きない話に花を咲かせ、いっぱいしゃべって、いっぱい笑って癒されて帰ってくるんでしょうね。
普段のストレスを発散させて、羽伸ばしてパタパタして帰ってきてください!
あ、逆にうちがストレス溜まるかなぁ???(笑)

eri2413 at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月24日

大事 しよります

DSC_8652雨が強い日の雨漏りがあまりにもひどいので見てもらったところ「屋上の防水シートがもう役目を果たさなくなっている」との診断。そりゃ、築30年近くになりますからね。こまめに手入れをすればよかったのに、なぜか殆ど家のメンテはしてませんでしたもの。おかげで今回は大事です。

DSC_8663屋上への荷物の上げ下ろしも、家の前に高圧電線があるので危険防止の黄色のシートをかけて、クレーン車を用いての作業だったので1日大事でした。
いらないもの、使わなくなったものもこの際一気に処分しました。
父は全てに思い出があるらしく、涙、涙で片付けられないので、私と母が心を鬼にして処分・処分。
大掃除は風水的にも良いみたいなので、沢山処分した分、これからは沢山受け入れられると思います。良いこと(だけ)やってこ〜い!

それにしても、片付けの前の日の大雨・・・
これでもか、というくらいの大雨で、ついでに、こんな時に、こんなに降らなくても、と思いました。雨漏りがひどい箇所は、昔のドリフのコントのようにバケツが沢山並びました・・・壁のクロスもぐだぐだです。

明日からは、防水シートの張替えです。梅雨に入る前に作業を終える予定だそうです。
そうじゃなくても今年はバタバタな毎日を過ごしているのに、輪をかけてドタバタです。さすがに、ちょっとぐったり気味です。



eri2413 at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月29日

10月 お誕生会

200910277父母と、父の姉夫婦の全員が10月が誕生日ということで以前より「みんなで一緒に誕生日会をしようね」と言っていたのですが、叔父が無くなり、このお誕生日会の話も無くなったのかと思っていたら、今年めでたく実現することができました。

今回、父母と叔母と運転手の私で訪れたお店は、周南市銀座に今年オープンした「Un bistro 鈴の音」さん。
料理は予約制の創作フレンチの『鈴の音コース¥3,000』のみで、野菜中心のメニューです。


2009102711品目は、「生ハムとお刺身と各種お野菜のサラダ」
オクラ・豆・アスパラガスにお刺身とちょっとだけのお味噌、生姜とカイワレ大根の風味が心地よく口の中に広がります。


2009102722品目は、「栗とかぼちゃのスープ」
口の中に栗の味とかぼちゃの味がけんかもせず、風味豊かに広がりました。


2009102733品目は、「りんごとお野菜のパイ生地包み」
さっくさくのパイ生地と、しゃくしゃく感の残るりんごと、細かく刻まれたいろんなお野菜が大変お行儀よくお口の中で合わさって、幸せ感いっぱいです。

また、自家製のパンは、周りサクサク、中はふんわり、お味は甘くてしっとりで、あまりに美味しかったのでおかわりをもらっちゃいました。


2009102744品目は、「チーズとカレー風味の冷製カッペリーニ」
上に乗っているお野菜の説明を受けたのですが、忘れちゃいました。
チーズとカレーのコラボはとっても不思議な感じで、上手にたとえる例がなくて、4人で「なんて表現すればいいんかね?」って笑いながら、でも完食。


2009102755品目は「豚ヒレ肉のグリエ、小芋のリゾット添え、ブルーベリーソース仕立て」
ブルーベリーのソースは結構斬新な味。豚ヒレとの相性も大変良かったです。お肉の下にこそっと隠れていたリゾットは小芋と一緒に炊いてありました。

頂いたどのお料理も大変手が込んでいて、全員がとっても満足しました。


200910276最後に頂いたデザート(別注文)と紅茶で、お腹一杯!もう食べられません!

お店の雰囲気も、スタッフさんの対応も大変よくて、おまけにこのお料理であのお値段です!
友達同士でも、家族でも、彼氏彼女さんとでも、どんなシチュエーションでも似合うお店です。
今回は運転手で飲めなかったので、次回は飲める状況を作って訪れようと思います。

eri2413 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月03日

節分の日は

 節分の日は脳卒中で倒れた父が病院より退院した日です。当家にとっては丁度覚えやすくて助かってます。今日で退院してまる3年が経ちました。早いものです。

本日は下松市の妙見神社へお参りに行ったのですが、3年前は父の両側を母と私が支えてようやく歩けていたのに、今は私のこと置いて一人さっさと神社へ。神社の境内では知った顔が沢山あるので社交的な父はニコニコ顔で皆さんと会話していました。父には短期記憶障害があるのでちょっと前の出来事は覚えていなくても、「今の方どなた?」にはスラスラとお名前や役職が出てきます。人間の頭の中、不思議ですね。

今日から季節も春へと変わっていきます。気持ちも新たに頑張りましょう!

eri2413 at 22:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年02月25日

継続は力なり

2241 ここ最近ロータリークラブ関係の撮影が続いています。
昨日も、新世代のためのロータリー会議2008 A Warm Hug Meetingの撮影で仕事をしながら貴重なお話を拝聴しました、とは言っても小さなお子様をお持ちのお母様がゆっくりと拝聴できるようにと別室に設けられた『託児所』の撮影もしなければならなくて、ホールと託児所を行ったり来たりしていたので全部が全部お話を聞けたわけではないですが、今回で9回目となるこの「A Warm Hug Meeting」ですが、毎回様々な視点から子育てについていろんな方々を巻き込み協力して頂きながら、先日行った植樹と同様継続事業として続けていっている徳山東ロータリークラブはすごいなぁと、「継続は力なり」の継続部分に関わらさせて頂いている事にこれまた感謝です。

 基調講演では、「HUGの原点」梅田病院 院長 梅田 馨先生の現場からのお話

 シンポジウムでは、 平成の語り部3人衆〜これでよいのか、今の子育て〜 と題し、
  見山孝昭氏(現:住職&四恩幼稚園園長)
  梅田 馨氏(現:梅田病院 院長)
  弘中善昭氏(現:蟾位攀燦Αー卍后

が長時間に渡り、それぞれの立場で経験から踏まえたことなどをメッセージとして届けて下さいました。


2242 また、最後に中国の弦楽器である「二胡」の音色で全身をHUGしてもらいました。『雪の降る街を』『夜来香』『蘇州夜曲』『カントリーロード』を撮影のために最前列に居たのでそれこそ全身に音の響きを受けながら良い気分でした。
また、二胡の演奏者であるMikiさんは山口県ご出身だそうで、この3月15日(土)にスターピアくだまつにて二胡とアルパのコンサート alpha Live 2008 〜早春の風〜が開催されるそうなのでご興味がある方はぜひどうぞ!


eri2413 at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月06日

父にとっての一番のリハビリは仕事です

2052 先日、ロータリークラブの周南地域5クラブ合同の会議が行われたのですが、記録・撮影で開会・閉会式〜基調記念講演〜会議〜懇親会までびっちり付いて撮影させてもらいました。緊張感が漂いながら、時には笑いも起こる、ちょっと独特な雰囲気に身を置くことが久々だったので、私も緊張しながら、でも楽しく仕事をさせてもらいました。
 基調講演では、軍事評論家・ジャーナリストであられます 田岡俊次 様による「東アジア情勢と国際親善」についてのお話は、最新情報を基に芯を突くお話に(私にはところどころわからないところもありましたが)約1時間半耳を傾けました。
 各クラブの活動状況報告では、「周南市大津島活性化」「ナベヅルの保護活動」「山口国体に向けての取り組み」「米泉湖水源の森づくり」等、私が住む下松市周辺地域への取り組みの報告に、時には「へぇ〜」と相槌を打ちながら拝見させてもらいました。


2053 会議の後には懇親会とマジックショーが行われたのですが、私は仕事でお伺いしているので勿論料理を頂くことは無く、美味しそうな料理を横目で見ながら、楽しく歓談されてらっしゃる方々の表情をカメラにおさめさせて頂きました。

そして、
丁度父が病院を退院して今年の節分で丸2年が経ちました。2年前は父を私と母が両側で支えないと歩けないくらい弱っていたのですが、沢山の方々の励ましと支えを頂き、長時間に渡る撮影もなんとかこなせるようになってきました。父は短期記憶障害がありちょっと前のことは忘れてしまうのに、不思議なことに仕事の写真や撮影のことは全然忘れておりません。まだまだ働ける場があるということに感謝し、そして大好きな写真に携わり写真を通じてリハビリをさせてもらっています。今回の撮影も体力も精神力もずいぶん使って大変疲れたみたいですが、体を動かすことが頭にも体にも良い刺激を与えているようです。

私は・・・父と一緒に仕事に行けることが嬉しいです。
あ、でも喧嘩もよくしますけど。
なんでもない、普通のことが幸せです。




eri2413 at 20:40|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2007年11月06日

徳佐でリンゴ狩り

11061 両親の用事の付き添い(運転手とも言う)で、徳佐へリンゴを買いに行ってきました。徳佐りんご組合
下松から周南市の須々万・鹿野を抜け約1時間ちょっとのドライブ。車中には先日家族で観劇した「レ・ミゼラブル」の曲をCDで流し、「ここの場面は○○じゃったねぇ」と各場面を思い出し話に花が咲いて盛り上がっているうちに徳佐へ到着。約10年位前に両親が徳佐へリンゴを買いに行った時「どこにしようかねぇ。同じ名前じゃけぇここにしよう」と入った先が『ふじい園』さん。それからのお付き合いです。ふじい園さんのご家族の雰囲気とあったかさがうちの両親にもびびっときたみたいで1年に1度だけではありますがふじい園さんの皆様の笑顔に会いに徳佐までドライブがてらリンゴを買いに行っております。
11062 今日はあいにくのお天気でしたが事前に今日お伺いすることを連絡しておりましたので、うちが必要な個数をちゃんと用意して下さっており、注文や購入はちゃっちゃと済みました。私も友達用に「ぐんま名月」「ふじ」「王林」を購入。今年はお天気も良かったと言うことでリンゴの出来は上等とのこと。そして、粒がとっても大きく綺麗でお味も大変良かったです。(右手で宅急便の宛名書きをしながら左手で試食分を完食)
実は・・・私はリンゴが食べられない人だったのですが(なんだかスカスカして美味しくなかった)ふじい園さんで頂いたリンゴ(最初はイヤイヤ頂いたのですが)は自分が食べたことの無いお味と食感で、一気にリンゴに対する考えが変わりました。勿論、美味しかったから食べられたのであり、それ以後リンゴが食べられない、ということはなくなったのですがやっぱりその他で頂くリンゴはちょっぴり苦手です。

徳佐ではリンゴだけでなく、ジュースやパイ、ジャムやお菓子などの加工品も売られています。今は丁度良い時期なので、ドライブがてら、徳佐へリンゴ狩りに出掛けられてみてはいかがですか?

eri2413 at 22:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0)