ネパール

2016年11月17日

アンモナイトを見ると思いだす

2016.11.17地層の勉強で、アンモナイトの化石を触ったり、スケッチしたり・・・
その状況を見て、
ネパールに行った時に、学校へのお土産としてアンモナイトの化石を買って帰れば良かったとちょっとどころじゃなく結構後悔。。。
先生は、お世話になった学校や、ネパールへの教育支援に協力頂いた学校へお土産として購入してらっしゃいました。

後悔を後悔として終わらせないためには、また行くしかないかなぁ、ネパールに。



eri2413 at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月29日

祈る

連日ネパール地震について報道されていますが、被害は深刻で救援も思うように進んでいないことにいら立ちと悲しみがこみ上げます。

私が訪れてもう7年が経ちますがこの7年でインフラやその他が劇的に整備されているようには思えませんので、各国からの支援物資や救護の人材、車両も被害地域に入るのも大変でしょうし、衛生的にあまりよくなかった場所も被害で輪をかけて非衛生になっていくでしょうし、地震発生から72時間も経ってしまったので生存者も少なくなっていくでしょう。

特に、以前訪れたダルバール広場の塔が崩壊しがれきの山になっている光景には本当にショックで、ネパールは神様に愛されている国だと思っていただけに、今回の地震によって起きた被害そして悲しみや苦しみはネパールの人だけでなく地球に住む人への何かしらの警告かと思ってしまうほどです。

ロク先生やティレさんはご無事でも、布地屋のお兄さん、取り置きの「キープ」をさせてくれたお姉さん、お土産やの来日経験のあるお姉さん、その他、短時間ではありましたが言葉を交わし交流した方々も同じように被害がなくご無事であることを願うばかりです。

直接自分ができることはないので、長期で何かしらお手伝いができればと思っております。

eri2413 at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月25日

子供ができました!!

2014.05.25色白のカワイイ子供ができました。
お母さん似です。!(^^)!
小島先生が、色白のカワイイ子供をネパールから連れてきてくれました。(#^.^#)
これでやっとイエティファミリーが完成!!

ネパールに行きたいと毎年思いながらも、今年の夏も仕事関係の周年行事開催やその他諸々があり、ネパールには行けそうにないです。思いがあって、そのタイミングになれば行けると思っておりますので、その時にいつでも行けるよう準備しておきます。
今年はなぜか行きたい気分だったんですけどね。。。

eri2413 at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月21日

お嫁さんが来ました

2012.09.21今年の2月、ネパールより我が家にイェティ君がやってきましたが、
半年後の今年の夏にそのイェティ君にお嫁さんが来ました。
色白のお嫁さんですが、イェティ君より目元がキリっとしているので、強い彼女さんみたいですね。
小島先生からお土産にいただいたブルーのネックレスを着けて、現在、ウィンドーに二人並んで飾っています。
遠路はるばる、日本に来てくれてありがとう。(#^.^#)

eri2413 at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月10日

Yeti が、うちにやってきた!!

2012.02.10ネパールよりはるばるうちに来てくれたイェティくん。
胸の名札の表には
womens Skillsdevelopment project Pokhara
裏には
"Yeti are the guardians of the secret abodes of the gods so they must excist" people of the high HIMALAYAS
なんて記してありました。

お土産屋さんにたくさん並んでいた子の中で、この子が「日本に行きたい」と、先生に訴えたそうです。
ということで、今、うちに居ります。
見た目ちょっと怖いけど、じっくり見ると愛嬌のある顔です。

eri2413 at 19:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月12日

ネパール便り

2011.08.127日に日本を発たれ、現在、ネパール滞在中の小島先生よりネパール便りが届きました。メールを下さったのは私も訪れたポカラからでした。

『相変わらず、良い空気、美味しい料理のポカラを満喫しています』と。
その文面から、私の心は一瞬でポカラに飛びます。

私がネパールに訪れてから早いものでもう3年が経ちました。
当時はフィルムカメラを持って行きましたが、次回訪れることがあればデジタル一眼のボディにすれば、浮いたフィルムの重さ分、現地の子供たちへのノートや鉛筆が持っていけます。

ただいま、ネパールの山の神様のコール待ちなんですけれど・・・






eri2413 at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月06日

あと45分がんばろう

新聞のテレビ欄に「ネパール」の文字を見つけた。
約45分後に始まる、『東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい』
で、ネパールに行くらしい。
ということで、
後、45分仕事がんばろー。
バックパッカーの原点に戻るって言ってるけど、最初はやっぱりカトマンドゥの街に行くのかなぁ?

eri2413 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月07日

博多レポ−④「華麗なるネパールの神仏〜ポーバ絵画の世界」展 

2011.02.09-1引き寄せられたのは偶然?

この度の研修旅行で訪れた博多の「福岡アジア美術館」で
「華麗なるネパールの神仏〜ポーバ絵画の世界展」
が開催されている上に、丁度自由時間にポーバ画家であるウダヤ・チャラン・スレスタ氏のトークショーもありましたので足を運ぶことにしました。
土日は大抵仕事で何か行事があっても参加できないのが殆どなのですが、たまたま参加できた研修旅行でネパール絵画が見れて、おまけに画家の方のお話が聞けるなんて、いっぱい偶然が重なってラッキーです。

ネパールに行った際に訪れた「ロク・チトラカール先生」のアトリエでは、描かれている神仏について、絵画が意味すること等々をお伺いしましたが、今回は、絵を描くには〜紙・絵の具(岩石・宝石・金も含む)図案、ポーバ絵画界の現状なども伺えて興味深かったです。

ギャラリーには30作家約50点の作品が展示されておりましたが、同じ神仏を描いてもどのように表現するのかタッチも雰囲気も作家によっても違いますし、見比べて見るのも大変面白かったのですが、なんせ、「コンピューターで描いたの?」と間違われるほど細かな図柄の連続模様などもありますので、じーーっと見ると涙目になっちゃうので、個人的に好きな作品だけゆっくりと堪能いたしました。
ちなみに、小さいところを見るために入り口に虫眼鏡が置いてありましたよ。

最近は現代風にアレンジしたり諸外国の表現や技法を取り入れて描かれる画家の方も増えてきたそうですが、やはり私は昔ながらの手法で描かれた絵画の方が好きですね。(人それぞれ好き好きがありますけど)

ロク先生のアトリエの窓からの風景がまた見たくなってきちゃいました。









eri2413 at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月22日

良い時間

2011.02.05-20ただ今自由時間。
福岡アジア美術館にてネパール絵画を堪能中。


eri2413 at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月14日

ネパールの音・色・形

2010.09.14-1小島先生より、今回のネパールのお土産にテラコッタの風鈴を頂きました。
結構な重さがありますし、割らないようにと持って帰って下さった先生に感謝です。
『お土産は、お土産話でいいのよ、先生』
なんですけれどね。ありがたいです。

eri2413 at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月13日

2010ネパール訪問報告会

 小島先生の今年の8月のネパール訪問の報告を、お食事を一緒に頂きながらお伺いしました。
写真の中の私が知っている顔がどれも少しずつ大人びており、なんだかちょっぴり恥ずかしい不思議な気分。子供たちの成長に驚きながらも元気に大きくなっていることが素直に嬉しいです。
先生の楽しいお話と、美味しい食事に、お腹も心もいっぱいに満たされました。

 大好きな「フジイくん」が通っている学校はお話には聞いていましたが2階の廊下に手すりがついたのを写真でちゃんと見て確認できて安心&嬉しい。また、新たに校舎を建てる予定で土台は出来ていましたが、校舎部分を建てるお金が無いみたいで、土台だけの写真が。子供たちが勉強できる環境を整えてあげたいけれど・・・

来年またネパールの山の神様が呼んで下さるように、今を一生懸命に過ごさなきゃ、と思いました。

久々の「ガールズトーク」は、『Dining&Bar Nobuya』さんで。
山口県下松市西豊井808-16 スタービル 2F 0833-44-0363
雰囲気も味も良いお店です。



13-1ちょこっとずついろんな味が楽しめる前菜の盛り合わせ


13-2チーズが良いアクセントの蒸し物


13-3サンマのパテ?はトーストに塗って頂きました。サンマの包み焼き?みたいなのもいいお味。


13-4お肉も柔らかくて、美味、美味。


13-5大きな茄子が乗っかったパスタ。


13-6デザートは甘すぎず、良い締めでした。


eri2413 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月13日

山の神様にご挨拶

nepal-237 8月、ネパールは「雨季」の季節です。
高くそびえる山々に厚い雲がかかっています。運が良ければ雲の合間からヒマラヤの山々が見えますが、本当に「運」が良ければの話。

ネパール滞在中の小島先生より、
「カトマンドゥからヒマラヤが見えました。今の季節に奇跡的よ」とメールを頂きました。
2年前、私も一瞬ですがマチャプチャレの頂きを垣間見ることが出来ました。本当に、山の神様が雲の覆いを取って私の挨拶に応えるため顔を出して下さったようでした。
来年は、再び山の神様にご挨拶しにあがりたいのですが・・・ご挨拶できるように毎日精進ですね。

私のお気に入りの「フジイくん」も大きくなって、髪を染めてカッコつけたおにいちゃんになっていたそうです。学校に行ける環境にまだ居てくれたことが嬉しい。
フジイくんだけでなく、どの子も学校に通えて学んで元気に育ってくれることを祈ってます。山の神様、どうぞ子供たちを見守り下さい。

eri2413 at 20:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月11日

台風接近中

nepal-110 今年の夏は行事が沢山重なっておりましたのでネパール行きは諦めて日本で見送り隊でした。
前回、先生が預かってきて下さった「子供たちが撮影したネパール」写るんです34本分をプリントしてネパールに今回届けてもらいました。子供たち、喜んでくれたかなぁ?

そろそろ、小島先生と一緒にネパールに行かれた方が帰国されるころ。台風の影響が無いといいんですけれど。
ちなみに、親戚の子も韓国の済州島で合宿中。どちらも無事に日本に帰ってきてね!

eri2413 at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月28日

楽しみなお土産

201001271昨年の夏に小島先生がネパールの子供達に手渡し、子供達の目線でシャッターを切ったカメラ達が、今年の冬のネパール訪問の際に子供達より受け取り、そして私の手元に帰ってきました。
早く中が見たい、とっても楽しみなお土産です。
とりあえず、嬉しいんでコンモリと盛ってみました。
現像が済んだら・・・また報告しますね。


eri2413 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月29日

間に合いませんでしたが

本日、周南市市民交流センター 大会議室で行われた『国際交流を通して、国際理解を深める会』ですが、仕事を終えてダッシュで徳山に向かいましたが会議室に到着した時間は会の終了時刻。残念ながら間に合わず桐生先生のお話も聴けませんでした。
でも、桐生先生の帰りの新幹線の時間までちょこっとですがお話をさせていただきました。
まず最初に「帰国してから、体の調子は(お腹の調子は)大丈夫でしたか?」
から始まり、ネパールの教育環境、写真が築くコミュニケーション、そして、世界&日本の言語(一部)に関してなどなど、もっともっとお話をしたかったのですが今日はそれだけ。
お別れの挨拶は、「山口かネパールでお会いしましょう!」でした。
あちゃー、次回再会はネパールですか・・・嬉しいような、うれしいような。。。

そしてこの年末、小島先生はまた日本の子供達からの思いと物資を届けにネパールに飛ばれます。夏に現地の子供達に渡した「写るんです」の回収をしてもらい、帰国後プリントします。子供達の目から見た世界がどんな風に写っているのか、とっても楽しみです。
先生のフライトが無事でありますよう、現地で安全に活動ができますよう、ネパールの神様にお願いしておきます。

eri2413 at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月06日

国際交流を通して、国際理解を深める会 ご案内

今回の『国際交流を通して、国際理解を深める会』は、世界で5本の指に数えられる講師を周南市にお招きします。
『ネパールとかかわって』という演題で美作大学の、桐生和幸准教授に講演して頂きます。
〜日本の文化と似たところもあるけれども、やはり異なるネパールの文化。
ネパールでの体験を交えながら、現在の日本人が忘れている何かを皆さんと一緒に考えることができればと思います〜


桐生和幸准教授 略歴
京都外語大学から神戸大学大学院で学び、後期博士課程単位取得満期退学。
平成2年から、京都の府立高校の非常勤講師(英語)、日本語講師をはじめ岡山大学、東京大学の講師と、様々な教育機関で活躍中。
現在は美作大学の准教授。津山市の街づくりにかかわる委員会の委員や座長を歴任。津山市小中学校連携の英語教育事業にも助言指導を行う。
専門は言語学。チベット=ビルマ語系言語の研究者として世界でも評価が高い。

平成21年11月29日(日) 13:30〜15:00
会場 周南市市民交流センター(旧徳山駅ビル3階)大会議室 
     周南市御幸通2−28 (0834−33−7701)

☆13時から民族衣装の着付けをします。30人程度可。男性用女性用あります。
カメラをご持参ください。

☆研修ではネパール茶を用意しています。参加費無料。当日受付OK!元気になれる研修会を目指します!

異文化体験ができ、貴重な体験談が聞ける90分です。
英会話習得のコツや秘訣がきけるかも・・・


昨年度ネパール訪問した際、同じペンションに滞在されてらした先生と朝食をご一緒させてもらいました。もっといろんなお話を伺いたいと思ったのですが時間が無くて諦めていたので、今回の再会と講演が楽しみです!



eri2413 at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月04日

あした葉 11月号

200911041有難いご縁を頂いて、寄稿&寄写真させて頂いた株式会社 トクヤマさんの社内報「あした葉」
今回の11月号を持ちましてなんとか無事に2009年度の6回分を終えることができました。
今回のお話を下さったトクヤマの山田さんはじめ、関係者の皆様には本当に感謝です。
そして、私のネパール訪問を訪問だけでなく、このような形に繋ぐご縁を作って下さった小島先生にも心から感謝です。
今までの6冊を並べてみたのですが、冊子という形にしてもらえたなんて、と思うと本当に感無量です。
沢山の想いも思い出も与えてくれた「ネパール」
私にとって縁のある国だったんだと、そして、これからもどんな形でもいいので関わっていきたい国だと思いました。
ありがとう、ネパール。ありがとう。


eri2413 at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月05日

2009夏 ネパール報告会

20090905今回は涙で見送ったネパール行き。行けなかった分現地の事が気になります。今日は、周南市にあるガネーシュで、ディナーを頂きながら先生のネパール報告を伺いました。
お気に入りの「フジイクン」がいるバルミキ校は2階の廊下に手すりが付き、校舎も色が塗られてきれいになり、図書室も去年より展示物やその他、充実してきた感が写真から感じられます。山の学校のバルワパティ校も生徒数が増え新たに校舎が建つとのこと。少しずつではありますが子供達が勉強できる環境が整っていくのは大変喜ばしいことです。
また、どの写真からも子供達のこの1年の成長が表情や体格から見られ、ちょっとウルウル。フジイクンも微妙なお年頃になったみたいで、先生との再会に照れちゃって近くに寄って来てくれなかったらしいです。それもなんだか可愛らしいです。
しかし、雨季だというのにヒマラヤの山々が拝めて・・・異常気象の現象です。雨季の時期に雨が降らず農作物は大打撃を受けており、農家の方々は今以上に苦しい生活を送らなければならなくなるそうです。物価上昇、政治不安は否めないとの事。
次回行ける日を夢見て、先生に頂いたお土産のこちらのチケットホルダーにネパールのお金を入れておきます!

eri2413 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月02日

あした葉 9月号!

200909161あした葉 9月号!届きました。
こちらは、ネパールのバルワパティ校の子供達です。学校に訪れて職員室で一息ついた後、校舎へ向かって歩いていた時のこと、私たちの訪問に、
「誰が来たのかな?」
と、窓から顔を覗かせている子供達にレンズを向けると、この笑顔をくれました。
ちょっぴり恥ずかしそう、でも、嬉しそうでしょ。

あした葉も次回の11月号で最終です。有終の美が飾れるよう、文章作成頑張ります!

eri2413 at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月16日

ヒマラヤの美しさの陰で

たまたま買った週刊誌の1週間のTV欄のページに「ネパール」の文字を発見。
その放映日は、たまたま?滅多とない休日。オンタイムでヒマラヤの美しさの陰で〜黒柳徹子のネパール報告〜黒柳さんがユニセフ親善大使として訪れたネパールの現状報告を見ることができました。
TV画面に映し出されたカトマンドゥやポカラの風景を見ただけで、街の臭いや空気感が思い出されました。「体験が一番」とはよく言いますが、実際に五感で感じたことは頭にも体にも心にも深く刻まれるのだと思いました。
訪れた街は同じでも私が見ることができなかった場面等があり、違った面からネパールを知ることができ、不思議なタイミングでこの放映を見れらたことが嬉しかったです。やっぱり「ネパール」とは何かしら縁があるのでしょうか。



eri2413 at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)