ホテル・旅館

2017年06月22日

今年もヨコハマグランドインターコンチネンタル

2017.06.22-2今年の「PHOTO NEXT」行きの宿泊ホテルは昨年同様「ヨコハマグランドインターコンチネンタル」を予約しました。
会場から近いことと、お部屋からの眺めが何かしっくりはまるというか、落ち着くというか、お部屋の窓際がとても私には心地よいのです。

しかし、お値段があまり可愛くないので(去年はちょっと背伸びしてレディースプランにしてみましたが)今年は早めに予約して通常のお部屋を早割で少しでもお安く(^-^;

2017.06.22-1ホテルのとんがった先の方のお部屋を頂いたので、部屋のドアをあけるとこんな面白い廊下が見られます。

2017.06.22-3お部屋はオレンジ色のライトで統一され暖か味があふれています。
オレンジ色のライトは、眠りにも良い影響を与えるということだそうですが、ライトの色関係なく私はどこでも基本、爆睡できます(^^)/


2017.06.22-4窓側に30センチほど出っ張りがあり腰が掛けられるようになっています。
夜はお部屋の電気を全部消して海〜赤レンガまでの景色をぼーっと何も考えずに眺めるのがとってもとっても心地よいのです。
今年は去年宿泊した階より低い階でしたが、それでも素敵な眺めでした。


eri2413 at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月12日

古き良き湯の宿 木屋旅館

2016.08.12-1この度の三朝行きでは、集合時間が山口県からではちょっと厳しい時間だったので、前日に三朝に入ることにしました。
三朝の相澤写真館さんの口添えで
古き良き湯の宿 木屋旅館で1泊です。

2016.08.12-2久しぶりの旅館です。
あったかみがあって、親戚の家に寄ったような感じです。
お部屋も懐かしい感じで、詳しくは、木屋旅館さんのHPをご覧下さい。

チェックインしてから、ひとまずお風呂へ。
三朝は、世界に誇るラドン温泉です。
ラドンの効果は、『自然界に存在する物質の中で、最も強力なイオン化作用を持つラドン。温浴中に人間の組織内に吸収されると、血液内の老廃物や過剰な糖分の代謝が促進されるほか、体のコリや痛みも軽減される』そうです。

木屋旅館には幾つかお風呂があり(HPをご覧下さい)、はじめに「楽泉の湯」を頂きました。こちらは飲泉ができますので、頂いてみました。
また、お風呂は地下2Mの深さからお湯が沸いており、ホースで水を加えて温度を調整しながら入るのですが、なかなかワイルドで楽しかったです。

長いこと湯船に浸かっていたわけではないのに、お風呂から出て暫くは汗が止まらず。
身体はホカホカ、ここ最近の疲れも汗と一緒に出たようです。

2016.08.12-4目の前には共同の足湯もあるので遅い時間までにぎわっています。
夜は浴衣を着て下駄の音をカラコロ鳴らしながら皆さんそぞろ歩きを楽しまれてらっしゃいます。


2016.08.12-3宿の前の風景です。風情ある雰囲気ですよね。

お風呂も、いつでも入ることができますし、内側から鍵がかけられるので家族湯・プライベート湯ができます。

久しぶりにゆっくり休むことができました。


2016.08.12-5朝食はお部屋で頂きます。
オリンピックをTVで見ながら、一品一品味わいながら頂きました。

ホテルもいいですけど、旅館の雰囲気もいいですね。


eri2413 at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月28日

ヨコハマ グランドインターコンチネンタルホテル

2016.06.28-1今回の横浜でのイベント会場に近い場所の(実は、横浜は2〜3回しか行ったことないので不慣れ)ホテルを予約。
むか〜し、メキシコのインターコンチネンタルホテルに宿泊したことがあり、その時の想い出が大変良いものだったので、同じ系列のホテルに泊まってみました。
TV等で良く見るこちらがそのホテルでした。


2016.06.28-7海が見えるお部屋にしていただいたので、お部屋の大きな窓からこのような景色が見えます。
あ~気持ちいい(^^♪
遥か彼方に見えるのが、封鎖できなかったレインボーブリッジでしょうか。


2016.06.28-6なぜか、お部屋全体を撮影するのを忘れています。
ちなみに、一人で宿泊ですがベッドはダブル。
横でも縦でも寝れる〜♪♪と思ってしまうのは、寝相が悪い人特有かな?


2016.06.28-4水回りは大切です。お部屋に入った時に一番に確認します。
以前宿泊したホテルで、バスタブの栓のサイズが合わなくて、いつまでもバスタブにお湯がはれない事件がありました。
あ、外国のホテルですけど。

2016.06.28-3アメニティーグッズも充実しています。
黒いポーチのぷち化粧品は、レディースプランで予約されたからということで頂きました。
母へのお土産にします。
このグッズ以外に、ぷち小箱あり。中にコットン、ネイル関係、コーム等もセットされてて、ビジネスホテルとはやはり違うなと一人勝手に感心。


2016.06.28-5お部屋のカードキーにもホテルの外観のお写真が使われててお洒落です。


2016.06.28-2翌日はあいにくのお天気でした。
お部屋の窓からの眺めもいまいちです。
でも、大変心地よいお気に入りのホテルの1つになりました。
また、横浜に来ることがあれば利用したいと思います。

ヨコハマ グランドインターコンチネンタルホテル

eri2413 at 13:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月30日

三朝温泉 三朝館

2016.03.30今回の、三朝で開催された運営委員会後に宿泊したのは、山陰 三朝温泉 三朝館です。
三朝で営業されてらっしゃる「相沢スタジオ」さんに手配して頂きました。

最近は超短時間のステイが多いのですが、今回は余裕を持った時間配分にしておりましたので、温泉に3回も入り全湯船を制覇。おまけに女性にはバラ風呂もあるのでバラの花びらに囲まれての入浴で目も香りも身体も癒されました。

大変大きな旅館で館内も様々なサービスが充実しており、過ごしやすい素晴らしい旅館でした。(詳細はHPをご覧下さい)

桜が咲くにはもう一歩、というところでしたので、今週末から来週にかけてちょうどお花見頃でしょうか。
また、夏に訪れることができたらいいな。(今度は、夏の研究大会で)

eri2413 at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月08日

東京プリンスホテル

2015.04.08今回の東京での宿泊は、増上寺すぐ側の東京プリンスホテルを利用しました。
飛行機とホテルのパックを利用したのですが、申込時に喫煙・禁煙の指定がなかったので、チェックイン時に「もしかして〜」と、訪ねてみると喫煙で予約が入っているとのこと。
禁煙に代えてもらいたいことをお願いすると快く聞いて下さり、代わりに準備して下さったのがこちらのお部屋・・・
「ゆっくりとご利用下さいねぇ」(^^♪
もう、ゆっくりすぎるくらいゆっくりできます。
貧乏人にはこちらのお部屋は広すぎ・・・
いちいち導線が長い・・・贅沢な悩みです。(*^^*)

この日は朝からいろんなことに「ラッキー」が続きます。
ありがたいことです。いろんなことに感謝です。

eri2413 at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月05日

嬉しいのですが・・・

2014.09.05レディ・べスのソワレ終わりからの新幹線上り最終はちょっとばかりきつかったので、久しぶりに博多にお泊まりしました。
外泊は大好きなので、今まで泊まったホテルも全国一覧表にしてエクセルでまとめているぐらいです。(*^^)v
定宿もありますが、あちこちいろんなホテルや旅館に泊まってみたいタイプでそれを実行しているので、家族には「変な子ね」って言われています。
今回宿泊したのは、リッチモンドホテル福岡天神です。リッチモンドホテルは以前福山を利用して、私の中でお気に入りの上位に入ったので今回福岡天神を利用してみました。

お部屋が空いているということで、ツインにして頂けたのですが、
荷物もあまりなく、一人のお泊まりでのツイン使用ってお部屋が広くてちょっと寂しい・・・
((+_+))
でも、ありがたく広いお部屋を使用させて頂きました。

こちらは、大丸、三越、岩田屋のデパートも近いですし、天神の駅も目の前ですので大変便利です。


eri2413 at 08:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月30日

もっとゆっくりしたかった

2013.08.29-1毎年写真搬入後は車で深夜に帰宅しておりましたが、今回は素直に広島に宿泊することにしました。
判りやすい場所で移動の事も含めて、市電「銀山町駅」すぐの
チサンホテル広島を今晩の宿に。


2013.08.29-2レディースルームということもあり、
お部屋には観葉植物も置いてあり、柔らかいライトの中でしばし安らぎの一時を。


2013.08.29-4女性でよかったと思う一瞬。
イオンスチーマーナノケア
マイナスイオンドライヤー
加湿空気清浄器
アクセサリートレー
ハーブティー
拡大鏡等が設置されておりました。


2013.08.29-5また、こんなに揃ったアメニティーセットまでもらえて、結構おいしいお値打ち価格でした。


2013.08.29-3でも、ホテルに戻った時間は・・・・ゴニョゴニョ・・・
翌日も早朝にホテルを発ったので、滞在時間はホント数時間・・・
こんなに心地よいお部屋だったのに、もったいないです。

リゾートホテルにゆっくり滞在してみたいものです。
でもきっと貧乏性なのでじっとできず、あちこちうろうろしちゃうんでしょうね。(^_-)

eri2413 at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月31日

ホテル松島大観荘

2013.07.30-6松島での宿泊は、ホテル松島大観荘です。松島湾島めぐりの際にも船からホテルが見えました!(^^)! 逆に、ホテルからも松島湾が見えるのですが、松島湾は薄く霞んでいました。

お部屋は、「一人暮らしするのならこんな部屋」と思うくらい和洋折衷が上手く組み合わさっており、お風呂場も洗面台もとても使いやすくて、灯りもいい雰囲気でリラックスできる良いお部屋でした。

久しぶりに家族一緒の時間を過ごすことができます。
とりあえず汗を流して、一息ついて、お夕飯に向かいます。

eri2413 at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月13日

ホテルメトロポリタン丸の内

2012.09.13-10先日の夏休みのお話、遅くなりましたがアップします。

大阪から新幹線で移動し、東京へ到着したのは午後10時。
到着が遅くなるのは予想していたので、東京駅に大変近い
メトロポリタン丸の内を予約しました。
駅に隣接しておりますので、出口さえ間違わなければ大変便利の良いホテルです。

ちなみに、こちらは朝の東京駅の様子です。


2012.09.13-4エントランスは吹き抜けで大変オシャレです。

こちらも到着時ではなく、朝の一コマ。


2012.09.13-5不思議な形のオブジェ越しに見上げてみました。


2012.09.13-6エレベーターホールに向かう廊下もシックで良い雰囲気です。


2012.09.13-7こんな風に照明を落としてみたいですね。


2012.09.13-8フロア廊下は、
「ケン・ケン・パ」がしたくなるようなデザインでした。


2012.09.13-1シングルのお部屋でしたが、ベッドは十分な広さで、お部屋は少し狭く感じましたがうまくセッティングされているので不自由さは感じませんでした。

こちらのホテルも加湿器が用意されていましたので利用させてもらいました。

お部屋からのNIGHT VIEWも素敵ですよ。


2012.09.13-2ベッドが大きいと、斜めに寝たくなってしまう私は、天邪鬼ですか?

こちらのラウンジもオシャレだから、カクテルでも一杯・・・と、思っていたのに、またまたまたまた、結局お部屋で過ごしてしまいました。最後の気力を振り絞る元気がありませんでした。残念。
ラウンジからの眺めも素敵だったでしょうね・・・


2012.09.13-3しっかりと睡眠を取って元気満タン、今日一日のパワーチャージにと朝からがっつりと朝食を頂きました。
こうやって見ると、卵料理多いですね。

こちらのホテルは、外国人の方の宿泊が大変多いみたいで、日本なのに外国に来たような感覚を覚えました。


2012.09.13-9メトロポリタン丸の内は鉄道が好きな人にはたまらないホテルかもしれません。

ホテルの窓から、
東海道新幹線、山手線、その他沿線がこのように見えます。
新幹線と、在来線が一緒に見られるという場所も滅多にないので、私も朝から少し興奮してしまいました。

数時間後に迎える懐かしい再会にふさわしい、気持ちの良い朝でした。

eri2413 at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月29日

アルモニーアンブラッセ大阪

今回の大阪宿泊は、ちょこっと洒落た処に泊まってみようと、今までになく少し冒険してみました。
宿泊を決めるのに、,部屋の造りと朝食をメインに、あちこち探してみました。

今回の宿泊は、アルモニーアンブラッセ大阪に決定。場所は観劇で訪れる梅田芸術劇場近くのホテルです。
ホテルの外観は、二等辺三角形の様な不思議な感じ。ですので各お部屋のレイアウトも異なります。それにお部屋のタイプは4種類あり、私が宿泊したのは、“PETIT TRIANON”タイプ。
2012.09.18-1お部屋の中はタングステン調の照明でしたので、写りが少し黄色いです。

お部屋の扉を開けると通常は正面にベッド等が見えるのですが、こちらのお部屋のタイプは正面は突き当りになっており、右側に直角に曲がるとベッド・ソファー、バス等がありました。

写真には少しだけしか写っていませんが、左側には大きな姿見があります。お着替えに大変便利でした。

2012.09.18-2曲がってすぐに見えたお部屋のレイアウトがこんな感じ。
ちょっと細長いお部屋です。

2012.09.18-3こんなかわいくてシックなデスク&ミラーが欲しいなって思っちゃいます。
コンセントも目の前にこれだけついていたので充電も楽ですし、
PCもつなげばすぐに使えるようになっています

18-4綺麗にメイクされたベッドとやわらかい灯りが旅の疲れを癒してくれます。

ベッドの上に枕とクッションがこんな風に置いてあるのに憧れますが・・・
理想と現実は違いますよね(笑)


18-5ベッド足元側にTVがあり、サービスでDVDレンタルがあったので
「ハリーポッター」
を借りてはみたものの・・・
あまりの心地よさに睡魔に襲われて、DVDは見ずじまい。

また、空気加湿&清浄器も付いていました。
乾燥した場所はすぐに喉をやられちゃうので、このようなサービスは大変ありがたいです。

18-6部屋とバスルームはガラスで仕切られていますが、二人で宿泊の際にはカーテンを引けばいいので全く問題なし。
バスもシンプルな感じで、一つ一つなんか私好みです。


18-7洗面台は、背の低い私は少し使い勝手が悪かったですが、こちらもかわいい&シックでちょっとオシャレでしょ。
アメニティも充実しておりました。


18-8私は滅多と使うことのないコーナーです(笑)
魅せる見せ方ですね。


18-10こちらのホテルは大変珍しく、ベランダが付いております。
これは、ベランダから大阪駅方面を見た風景です。


18-9そのままもう少し左を見るとこんな感じです。車の流れがとってもきれいです。


18-11右を向くと、9月から公演される「エリザベート」に出演される山口祐一郎さんが宿泊されているであろう(この時はたぶんリハーサル時)
「ホテル阪急インターナショナル」
が見えます。


18-12せっかくオシャレなホテルに宿泊したのだから、バー&ラウンジで一杯楽しもうかと思いましたが、今回も結局疲れちゃったのと、お部屋の居心地があまりにもよくて再度外出する気にならなかったのとで、ラウンジでの一時はありませんでした。。。

朧月夜の大阪でした。

eri2413 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月14日

ほっと一息

2011.09.12-2博多座観劇の時の定宿は、ホテルオークラ福岡です。
今回は那珂川が見えるサイドのお部屋でした。エレベーターホールからてくてくてく歩きます。でも、夜の雰囲気はこちらの眺めの方が良いのでちょっと歩くのなんてたいしたことな〜い。

滞在時間はとっても短いですが、
自分の気の向くまま、好き勝手できるってちょっと嬉しい。
心地よい雰囲気の中で、ほっと一息、くつろぎます。
ふかふかのベッドに横たわり、パンフレットを眺めながら眠りにつける幸せ。
一人気ままなホテルライフは、私の人生の時々に必要みたい。

eri2413 at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月29日

朝食に1時間半

2011.07.29-1大阪2日目。
ゆっくりと睡眠もとれ、サプリメントの効果もばっちしみたいで、久しぶりに気分の良い朝を迎えることができました。
朝食は片面が大きなガラス窓で解放感のあるザ・カフェにて頂きました。こんなにばっちしセットしてもらえると、頂くのも気合が入ります!

2011.07.29-2たぶん今まで私が経験した朝食ブッフェの中で一番メニューが豊富だと思います。様々な料理を前に、鼻血吹きそうなほど興奮しちゃいました。いろいろと頂けるのが嬉しくってお皿にタンマリ・コンモリとってきちゃいました。
右下のプニプニしてそうなオムレツは、希望した具材を入れてシェフが目の前で作ってくださいます。

2011.07.29-3ブレック・ファーストなのに、それこそブ・ランチも兼ねてって言えそうな勢いで頂きましたら・・・
『ごちそうさま』をした時点で、1時間半経ってました。

こんなに朝食に時間をかけたのも初めて、
こんなに朝食に時間がかかったって、気がついたのも初めて。

今回の大阪滞在では、今までにない「充実感」を得ることができました。
あ、非日常の時間や空間を楽しむことも覚えたかな(*^-^)

eri2413 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月28日

ベイラウンジでディナー

2011.07.28-1ハイアット28階のベイラウンジで、久しぶりに妹夫婦と妹旦那様お母様に再会。ディナーを一緒に楽しむことにしました。
ディナータイムは、随分と陽が落ちていたのでこちらの写真よりもっと雰囲気が出ています。

(画像をお借りしました)

2011.07.28-2食前の小前菜
サーモンとささ身ときゅうりにソースがかかっていたような。

実は・・・
ウェルカムカクテルで頂いた白ワインに酔っちゃってて、記憶がおぼろげです・・・
おまけに、乾杯もワインで気分良く頂いちゃったので、ホロ酔って・・・


2011.07.28-5前菜
(これからは、メニューが載っているので大丈夫です)
ホロホロ鳥のコンフィ レタス チコレ サマートリュフのサラダ


2011.07.28-4白手袋をはめてお皿を運んできて下さったのでなんでだろう?と思ったら、
このように目の前でトリュフを削って下さいました。
田舎もんびっくりです。


2011.07.28-3スープ
大和地鶏 じゅんさい 冬瓜 モロヘイヤのとろみスープ

とろみがついているもの、ねばっこいものは、夏バテに良いと聞いたので頼んでみました。中央にあるモロヘイヤのピューレをくずして頂きました。モロヘイヤのピューレも珍しいです。


2011.07.28-6メイン−お魚より
蝦夷鮑のステーキ 肝とトマト入りグリビッシュソース

手前のビッグなホワイトアスパラガスも美味でした。
鮑を幸せな顔で頂いていたら、みんなに笑われました


2011.07.28-7メイン−お肉より
黒毛和牛フィレ肉のステーキ 山葵添え

お肉も美味でしたが、とうもろこしの蒸し焼きも面白い。


2011.07.28-8デザート
フォンダンショコラ 和束の抹茶を使ったアイスクリーム
キャラメルソルトアイスクリーム添え


2011.07.28-9食後の小菓子

デザートで終了と思ったら、このようなお菓子が。
「小菓子 こがし」
と、言うそうです。

抹茶のフィナンシェ、生チョコ、マシュマロ で、本当に終了。

2011.07.28-10ベイエリアの夜景も楽しみながら、久しぶりの家族の会話に花を咲かせていたら、あっという間に2時間が経っていました。

また、家族で楽しい時間を過ごせる幸せを得られるよう、日々頑張ります。
父さんも、母さんも元気でいてね!

eri2413 at 07:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月27日

HYATT REGENCY OSAKA

2011.07.26-2随分と前のことですが、写真の会の研修会会場兼宿泊場所ということでこちらのホテルを訪れたことがあります。
地元にはないスケールの大きさ、気品、値段も・・・ただ、ただ圧倒された記憶しかありません。
あの頃はまだ若かったんだなぁ(*^.^*)
やっぱり、改めて宿泊したいと思い今回の大阪での宿泊場所はこちらにいたしました。
HYATT REGENCY OSAKA
私は宿泊「運」というのがあれば、絶対ついてます!
今回もとても魅力的な素敵なプランを見つけました。
充実したサービスを提供する「リージェンシークラブ」の宿泊プランで、客室棟の25階から27階の高層階で、専属のコンシェルジュが常駐し、チェックイン後には専用ラウンジで、ウェルカム・ドリンクか、ウェルカム・カクテルのサービスが受けられます。

2011.07.26-3強行スケジュールに疲れ切った父と母を専用ラウンジに預け、私は安心してチェックイン。

お部屋までの廊下には絵画が飾ってあり、柔らかな間接照明で雰囲気を醸し出しています。


2011.07.26-7荷物をお部屋に運んでもらったら、迷わずに専用ラウンジへ!

早朝より運転を頑張ったワタシに、
到着してからも学ぶことに頑張ったワタシに、
父と母のお守に頑張ったワタシに、

白ワインで乾杯。
うひゃぁぁぁ〜〜っというほど、ワインが身体に染み渡りました。

7時前だというのにまだこんなに明るい大阪でした。


2011.07.26-4夕食は妹夫婦と、妹旦那様のお母様とご一緒にいただくことにしていたので、妹達が到着するまで、いつも通り
「ホテルクルーズ」です。

エレベーター前のエントランスや、ちょっとしたオブジェが、いちいちオシャレで、田舎者のハートがきゅんきゅんしちゃいます。


地下にはダルビッシュ君のパパの輸入雑貨のお店もありました。


2011.07.26-6こちらのホテルは結構広いので全部見学することはできませんでしたが、限られた時間内で贅沢な空間や時を楽しんで過ごすことができました。

できることならいつの日か、連泊していろいろと楽しんでみたいものです。


2011.07.26-5お部屋は・・・記念に撮影するのを忘れておりました。
でも、なぜかバスルームはしっかりと撮影してました。
なんでだ???でも、反対側は撮ってないし???

さて、こちらはセパレートシャワーブースが付いたモダンなバスルーム。
父がバスタブにお湯をはってくれたので、久しぶりにゆっくりとお湯に浸かり、長い1日の疲れをとることができました。


eri2413 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月15日

修学旅行〜ホテル〜

2011.05.11-10私も初めて宿泊します。
スペースワールドに隣接する
北九州八幡ロイヤルホテルです。

お部屋は子供たちと同じフロアです。
朝は目覚ましより子供たちの騒ぐ音で目が覚めるかな!

eri2413 at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月29日

Good night & Good morning

2011.04.27-2本当は朝が結構弱いワタシ。でも、朝一便で帰らないと仕事に間に合わない・・・朝一便は6:35 羽田発。朝の移動時間をできるだけ削りたい、
よって、
羽田空港に隣接されている羽田エクセルホテル東急が遠征時の定宿です。
今回、エレベーターホールから結構歩くお部屋に通されました。「ぶち歩くじゃー」とぶーたれて廊下を歩いておりましたがお部屋にはいってびっくり。
目の前にはANAの飛行機がずらっと並んでおりました。

2011.04.27-1夜遅くのチェックイン、早朝のチェックアウトで飛行機を見る余裕など無いので普通のお部屋を予約していたのですが、どうやら、滑走路側のお部屋にグレードアップしてくださったようです。
今回もチェックインした時間が夜の10時半頃でしたのでもう空港は眠る時間だろうと勝手に思っておりましたらどうやらそれは間違いで、この時間からでも窓の前の飛行機は飛び立つ様子。荷物の搬入などが行われ、気がつけばボーディングブリッジも外されております。


2011.04.27-4プッシュバックされながら滑走路に向かいます。
どれも大きな機体なのでしょうけれど、窓から見える状況はおもちゃが動かされているような感じです。

フライトスケジュールを見ればどこへ発つ便かわかるのでしょうがあいにく手元に無く、行き先不明の飛行機の無事のフライトを祈っておりました。
また、窓の左手側に滑走路に入ってくる飛行機のライトが見えており、5分毎位の間隔でがんがん飛行機が到着していました。

2011.04.27-3これだけ沢山の飛行機を間近で見ることはなかなかないので窓ガラスにへばりつきガン見です。
機体マニアにはたまらないお部屋ですね。
私はマニアまでではないですが、飛行機は好きなので飽きもせず眺めておりましたら
「明日の朝、早いんだから早く寝なさい」と、母の一声。
しょうがなしにお布団へ。でも、雰囲気を味わっていたくてあえてカーテンは閉めずに全開で。
格好つけてみたものの、数分後にはZZZ

2011.04.27-6カーテンを閉めなかったので窓から差し込むやわらかい朝日で目が覚めました。
飛び起きて窓から外を眺めると、もう空港関係者の方々のお仕事は始まっておりました。


2011.04.27-5そして、昨晩より一回り大きい機体が駐機場に待機していました。
いつ到着したんだろう・・・

短時間のホテル滞在ではありましたが、とっても楽しい時間をすごすことができました。
グレードアップして下さったホテルに感謝です。
ラッキー!!

eri2413 at 15:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月24日

大阪に来てます

7254  写真のラボ会参加のために早朝に下松を出発。いのたかsamaにアドバイス頂いた道順で無事西宮にある会場へ到着。ラボ会では、デジタル撮影の実演や処理方法に関して、また様々な商品の展示や相談等があり、参加しただけ大変勉強になりました。又、普段は電話でやりとりしている現場のプリントマンの方と色やその他要望を直接お話できるので年に1度のラボ会は大変貴重な時間です。


fdb873a9.jpg 大会に参加した後は西宮より大阪市内へ移動し、以前より宿泊してみたかったホテル阪急インターナショナルへチェックイン。お部屋は30階の高層のアーバンサイド。目の前には大阪駅や観覧車が見え、眼下には行き交う車や電車がまるでおもちゃのようで、夕刻のオレンジに染まるビル群、ネオン煌めく夜景を飽きもせず窓にへばりつき眺めていました。
ちなみに↓はお部屋の三角窓の右側、左側の風景です。

7252

7251

eri2413 at 22:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年06月19日

やっぱり今回も

6191 スターバックスのチャイ・ティ・ラテ、好きですねぇ。
山口(下関のみ店舗有り)ではなかなか口にできないので、スタバいっぱいある場所に行くと、ついつい立ち寄って買っちゃいます。
 ちなみに、今回宿泊したホテルから帝国ホテルが見えます。いつかは泊まってみたい帝国ホテルですが、今回はチャイのバックになってもらいました。
お部屋にあるマッサージチェァに座り、マッサージを受けながらのチャイもなかなかのもの。ちょっとリッチな気分です。
今回の宿泊は、シアタークリエの上にあるレム日比谷です。

eri2413 at 19:44|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年05月23日

朝一よりいい気持ちです

523 目覚ましより早く起きてごそごそする子ども達の音で目が覚めました。展望露天風呂にて朝風呂をゆっくり頂いたので昨日の疲れも少しは取れたでしょうか。 今日は北九州八幡、いのちのたび博物館と、子ども達の一番の楽しみスペースワールドです。今日も頑張ります。 今回の宿泊は、筑後川温泉 ゆの郷ちくごです。

eri2413 at 06:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月08日

博多一望

905 今回の博多泊に利用させてもらったのは、博多座に隣接するホテルオークラ福岡です。私一人で宿泊したことはありましたが、両親は初めてです。父の体調がイマイチ不安、博多座に近いので移動が楽、私もお薦めということで決めました。シーズンとはちょっとズレていた為美味しいプランがありましたのでそれを利用させてもらいました。
ロビーには「大黒流」舁き山が展示されており、更にゴージャス感が漂っていました。


907 実は私達のチェックイン時に、楽屋入りされるためホテルを出発される森 公美子さんと遭遇。「今晩観劇します。楽しみにしてます!頑張って下さい!(*゚∀゚)っ」と声をかけさせてもらいました。観劇はまだ数時間後だというのに、家族で勝手に盛り上がってしまいました。


906 今回ご提供頂いたお部屋は12階。天井上の階は1度は泊まってみたいペントハウスがあるのみ。その12階のお部屋の窓から博多ポートタワーが目の前に、少し視線を左にやるとヤフードーム、福岡タワーが望めます。綺麗な青空と博多の街を眼下に見下ろしながら大変よい気分でした。

それと、趣味になった「ホテルクルーズ」ですが、朝食後に父の散歩を兼ねてホテル内を散策しました。WEDDINGに関する事、写真に関する事、パンフレットやインテリア等見るだけでも勉強になります。
見て帰っただけでなく仕事に活かさないと、と毎回思うのですが、まだまだ努力の足りない私です。



eri2413 at 21:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)