熟女おばさん [近親 相姦] 秘密の告白母子 相姦母子相姦・息子とのこと…。。母子相姦

母子相姦・息子とのこと…。。母子相姦/山梨の主婦<42>

はじめまして、42歳の主婦です。
実は1年前から私は息子の母子相姦セックスを受け入れてきました。


最初は…昨年の夏休みでした。
夫は仕事に行っていて家には私と息子だけでした。
お昼ごはんを終えて、息子が横になってお昼寝している隣で私も一緒にうたた寝していました。
うとうとしかけた頃、息子が私の肩に手を置いて撫でてきたんです。
それがとっても気持ち良くてじっとしていると息子の手は私の膨らんだ胸へ…
私は寝たふりをしていました。
優しく撫でるように胸をもみだかれ、乳首をコリコリとされて…
40を過ぎた私でも声がでそうでした。
息子は私のブラウスのボタンをはずして、乳首を口に含み舌先でころころ転がして噛んだり吸ったりしながら、手は下腹の当たりをもそもそ撫でていました。
次第に手は下へと延びて行き、スカートをめくってパンティーの中へと…
まだ愛液が出ていない私のあそこをさすっていました。
でも、私は身体の中が熱くなるのを感じ…自分から足を開いていました。
息子が指に唾液をつけて私のあそこをいじり回していました…
しばらくはただ、いじり回しているだけでしたが…いきなりあそこに顔をうずめてきました。


息子は私が起きている事を知っていました。
私に「母さん…、気持ちいい? 母さんのここ… 僕にも使わせてよ…」と言って
さらに激しくあそこをなめ回してきました。
息子の唾液でヌルヌルになったあそこに・・息子の指が…
「もう… だめよっ…」私が叫び、足を閉じてしまうと息子は咄嗟に脚の間に割って入ってきて、自分の大きくなったモノを私のあそこに押しつけてきました。
「やめなさいっ!」と必死で抵抗する私の両手を押さえて…
いきなりグっと入れてきました。
最初はうまく奥まで入りませんでしたが繰り返すうちに全部入ってしまって、そのころには私の抵抗意欲もなくなり、母子相姦快感へと変わっていました。
息子のピストンに押さえきれないほどの母子相姦快感を覚えて、息子にしがみついていました。
あまり長い時間をかけずに息子はいってしまいました。
それからは毎日のように息子の母子相姦セックスを受け入れるようになりました。
夫が居るときなどに、コタツの中で息子が触ってきたりします。
脚の指で私のあそこを…起用にパンティーをずらして脚の親指をあそこに入れたり、出したり…
側には夫がいるし…
そう思うととても怖いけど感じてしまいます。
今では夫よりすっと息子との母子相姦セックスのほうが激しく感じます。
初めての頃、「あなたにお嫁さんが見つかるまでの間だけよ」と、約束をさせましたが、今では息子が結婚してもこの母子相姦関係を続けたいと…私のほうが思っています。

母子相姦・息子とのこと…。。母子相姦

<<■わた せせい ぞう/わた せせい ぞうの作風熟女おばさん [近親 相姦] 秘密の告白のトップへ近親 相姦・実の息子との背徳の近親 相姦快楽>>