2008年02月03日

2007年10月11日

<イラン日本人誘拐>被害者は横浜国大生 犯人らの意図不明

7e4d722a.jpg
 イランを旅行中の日本人男子大学生が7日に武装グループに誘拐されたことが分かった。テヘランの日本大使館から8日に外務省に連絡が入った。同省は緊急対策本部を設置するとともに、イラン政府に協力を要請した。武装グループの要求内容は不明。外務省は政治的意図の誘拐でない可能性が高いと見ている。
 外務省は学生の安全などを理由に氏名を公表していないが、関係者によると、大阪府出身の横浜国立大教育人間科学部4年、中村聡志さん(23)。中村さんは6月からネパールでボランティア活動をした後、今月初めにパキスタンからイランに入国し、同国南東部のケルマン州で誘拐された。
 外務省によると、8日午後10時50分と同11時15分(いずれも日本時間)の2回、中村さんから「7日に拘束された」「自分は無事」という内容の電話が在テヘラン日本大使館にあった。これとは別に8日に家族にも電話があったという。犯人グループに指示されて電話したとみられる。
 外務省の緊急対策本部長の小野寺五典副外相は11日の記者会見で「本人からの連絡内容、イランとの協議内容から誘拐事案と認定した」と述べた。学生の安否については「10日夜の時点では無事」と語ったが、確認手段は明らかにしなかった。
 横浜国大や家族によると、中村さんはボランティア活動に参加するため4月1日から9月30日まで休学。ネパールでは小学校で英語や日本文化を教えていたという。
 一方、外務省は11日、誘拐場所とみられるイラン南東部とパキスタンのイラン国境付近の危険情報を最高レベルの「退避勧告」に次ぐ「渡航延期の検討」に引き上げた。
 高村正彦外相は同日夜、現地で大規模な捜索が実施されているとの情報について「大体場所は分かっているということだから、そういうことは想像に難くない。早い時点での解決を期待している」と語った。また、高村外相はイランのモッタキ外相に事件解明と安全確保を要請したことを明らかにした。


2007年10月03日

エリカ様が謝罪、不機嫌理由は明かさず

15f38c8a.jpg不機嫌なエリカ様が謝罪した。主演映画「クローズド・ノート」の公開初日舞台あいさつでの態度が波紋を広げた女優沢尻エリカ(21)が2日、公式ホームページ上で謝罪した。「諸悪の根源はすべて私にあるもので、それを踏まえた上で、責任を取る考えです」と、反省の言葉を連ねた。騒動余波で、6日に予定していた釜山映画祭への参加を取りやめを決定したが、なぜ不機嫌だったかは不明のままだ。
 沢尻の謝罪が公式HP上にアップされたのは2日午前4時ごろ。「多くのファンの皆さまを失望させてしまったことは、明らかに私のファンへの裏切り」「女優として、表に出て表現する人間として、プロとして、あってはならないこと」などと、反省の言葉が並んだ。しかし、何がそうさせたかは、明かされなかった。
 主演映画の晴れ舞台で、腕を組み、質問にも仏頂面で「特にないです」「別に」としか答えない9月29日の不機嫌モード全開の言動は、各所に影響を及ぼした。舞台あいさつ以降、沢尻のHPはアクセスが殺到。つながりにくい状態はこの日の謝罪文で拍車が掛かった。
 芸能界のご意見番、和田アキ子(57)が「今度しめるからさ」と制裁を予告。ほかの会見で「別に…」と沢尻発言をパロディーする俳優まで現れた。ネット上では「話題づくりの演技では」とまで推測されたが、悪印象は避けられない。このままでは、映画の興行にも悪影響を及ぼし、5社と契約、4本が放送されるCM企業のイメージダウンにもつながるだけに、所属事務所は謝罪という形で、収拾に乗り出した。
 波紋は海を越えた。6日に釜山映画祭に出品された「クローズド・ノート」の特別上映で舞台あいさつする予定だったが、製作・配給の東宝と所属事務所が話し合い、欠席を決めた。所属事務所は欠席理由を「騒動が大きくなり、関係者や映画祭サイドに迷惑を掛けられない」と説明。一時は「過労による体調不良で欠席するようだ」との情報もあり、関係者内部の混乱ぶりも伝わってくる。
 主演ドラマ「1リットルの涙」が放送されるなど、韓国でも沢尻の人気は高い。中には「沢尻と会えるめったにないチャンスだけに、がっかりした韓国のファンも多いはず。連日PR活動に頑張ってきたのに、あの舞台あいさつですべてが狂ってしまった」と、肩を落とす関係者もいる。
 約2カ月間、100媒体以上の取材をこなすなど、作品への思い入れは強かった。ところが、トーク番組などでみせる奔放な言動と奇抜なファッションの“女王様キャラ”は、時には場違いな印象も残した。それが暴発するように、初日舞台あいさつでの失態。映画関係者には映画館に足を運んだファンの前だったことが、許されない行為だとされている。

2007年10月02日

やはり健康に問題か 3カ月ぶりに見る金総書記 

e9dbefa1.jpg北朝鮮の金正日総書記は2日、南北首脳会談のため平壌に到着した盧武鉉大統領の歓迎式に久しぶりに姿を現したが、満65歳という年齢の割には老けて見え、表情にも生気が無く、やはり健康に問題があるように見えた。閲兵などで歩行には異常は見られなかったものの、肉体的な衰えを印象付けた。【

2007年09月24日

元SPEEDの今井絵理子がHPで離婚発表

元SPEEDの今井絵理子(24)と人気バンド・175RのSHOGO(27)が離婚することが24日、分かった。この日、今井のホームページ上に2人が連名で発表したもの。

 「いつも応援してくれている皆さまへ」のタイトルで「2人で何度も話し合い、離婚という道を選ぶ事になりました。いつからか互いの描く未来像、家庭像の違いを感じ始め心の距離が開いてしまったのだと思います」とコメント。「愛する我が子は2人で助け合いながら育てていきます。これからも2人の活動を温かく見守っていただけるとうれしく思います」とつづっている。

 関係者などによると、離婚届は近日中にも提出し、親権は今井側が持つという。2人は04年5月に結婚、3歳の男児がいる。

2007年09月18日

長嶋茂雄終身名誉監督夫人が死去

プロ野球巨人軍の終身名誉監督、長嶋茂雄氏(71)の夫人、亜希子さん(64)が18日 午前4時33分、東京都内の病院で心不全で死去した。通夜・告別式は近親者のみで執り行う予定。
 関係者によると、亜希子さんは17日夜、外出先から車で帰宅する途中に突然、気分が悪くなり容体が急変。家族らが渋谷区内の病院に運んだ。ここ数年、体調が悪く、入退院を繰り返していたという。
 亜希子さんは、昭和18年1月、東京生まれ。東京オリンピックのコンパニオンをしていたことがきかっけで、長嶋氏と昭和40年1月に結婚。長男の元プロ野球選手、一茂氏ら2男2女に恵まれた。


2007年09月11日

山田優 ファンへの手料理は★★★★★

385530da.jpgモデルで女優、歌手の山田優が、新曲「fiesta!Fiesta!」の発売記念イベントを行った。昨年9月のCDデビュー以来、ファンイベントを行うのは初めてで、キュートなシェフ姿で登場した山田は“アンチエイジング”をテーマにしたフルコースをファン100名に振る舞った。「いっぱいの人に作るのは初めてだったので緊張した」という山田だが、メインの“豚肉と栗のアンダルシア風パエリア”をファンの目の前で手際よく調理。「おいしい!」という感想にホッと胸をなでおろし、「点数は星5つ!」と満面の笑みを浮かべた


2007年09月10日

フェイ・ウォンの刺青が気になる!お忍び香港でブランド漁り!―香港

052b6f9e.jpg2007年9月7日、歌手で女優のフェイ・ウォン(王菲)がお忍びで香港を訪問した。

夫の俳優リー・ヤーポン(李亜鵬)との間に昨年生まれた女児の病気がきっかけで、中国で「エンゼル基金」を立ち上げたウォン。慈善活動に奔走する彼女にとって、久々のプライベートでの香港訪問だった。

これを知った取材陣が彼女の宿泊ホテルに殺到。夕方、友人の女性2人と車に乗り込んだウォンが訪れたのは、大好きなルイ・ヴィトンだった。ここで45分過ごしたのち、フェンディやグッチなどのブランドショップ5店をはしごした。

この間、ウォンは終始ご機嫌で、取り巻く取材陣の質問に笑顔で答えていたが、ある記者が元カレのニコラス・ツェー(謝 霆鋒)について質問すると、とたんに顔色を変えて不機嫌に。その日短めのトップスを着ていたウォンの腰に、ニコラスと熱愛中に彫った刺青がまだあったのを記者たちは見逃さなかった

2007年09月09日

ブラックホール


ブラックホールとは、重力が強いために光さえ脱出できない天体をいいます。太陽の8倍以上の質量をもった星では、その進化の最終段階で超新星爆発を起こし、星の外層部を吹き飛ばしますが、逆に中心核は重力収縮します。この中心核の質量が太陽の2〜3倍に達しない場合は中性子星になりますが、それ以上の場合、自分自身の強い重力のために星を支えることができなくなります。そして最後には重力崩壊し、物質が外に飛び出せない領域(ブラックホール)をつくるのです。

重力バランスの崩壊がブラックホールを形成する
一般相対性理論によれば、ブラックホールは光さえも重力に引きつけられるので、外部からブラックホールそのものを見ることはできません。天体に限らず、太陽質量の10万倍以上の星間雲がそのまま収縮すれば重力崩壊します。銀河の中心核や球状星団の中心核では星が密集しているため、互いに作用する重力によってバランスが崩れ、巨大なブラックホールを形成する可能性もあります。

最初に発見したブラックホールははくちょう座X1番星
1970年、アメリカの科学者たちは強力はX線を放射する天体を突きとめるため、アフリカのケニアからウフルという名の人工衛星を打ち上げました。X線はエネルギーの高い光で、宇宙の激しい活動を表わすものですが、ウフルは数100個もX線源を発見しました。その多くは中性子星で、伴星のガスをはぎとって活動する星でした。
しかし、はくちょう座X1番星はちがいました。そのX線源と同じ位置に、太陽のおよそ30倍の重さの大きな熱い青い星があったのです。この星は、太陽の10倍の大きさの見えない天体に引っぱられており、これが多くの天文学者からブラックホールであると初めて認められました。

世界の科学者にショックを与えた「ホーキングの放射」理論
「ブラックホールは、明るく輝いたり、縮んだり、ときには爆発したりすることがある」。1974年、イギリスの科学者スティーブン・ホーキングのこの予言は、科学の世界に大きなショックを与えました。それまで、ブラックホールは宇宙の物質の究極的な吸込口であり、どんなものもそこから出ることはできないし、ガスや星を飲み込んで質量を増やし、大きくなることしかできないと思われていました。
ホーキングの理論は、一般相対性理論と量子力学を組み合わせて、さらに想像力を大きく飛躍させたものです。彼はブラックホールの周囲の重力場から、エネルギーが放射されることを発見しました。つまり、ブラックホールから質量とエネルギーがわき出ることもあるということです。この「ホーキングの放射」は、通常のブラックホールではごくわずかです。しかし、非常に小さなブラックホールはエネルギーを放射し、やがて大爆発を起こす確率が高いとされています。

宇宙にはまだまだ巨大なブラックホールがある
いまでは、ブラックホールが引き起こす宇宙現象は、大きく分けて次の5つがあります。それは、(1)見えない質量(ミッシングマス)、(2)X線など周囲の物質が落下する際の放射、(3)物質の吸い込み、(4)重力波源、(5)重力レンズです。
先ほどふれた質量が太陽の6倍もあるはくちょう座X-1やさそり座V861星、宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))の衛星が発見したきりん座X0331+53、大マゼラン星雲にあるLMC・X3などが大質量星のブラックホールの有力候補といわれています。また、銀河の中心核では、ハッブル宇宙望遠鏡などの観測によりアンドロメダ座のM32、おとめ座のM87などの巨大なブラックホールがあるとされ、M87については、太陽質量の26億倍という超大質量のものであるといわれています。また、国立天文台は1995年、銀河M106に太陽質量の3,600万倍の巨大ブラックホールを発見したと発表しています。

衛星あすかがガスを吸い込むブラックホールを初観測
ブラックホールは、光さえも吸い込む強力な重力場として知られていますが、実際に物質が吸い込まれるのを観測したことはありませんでした。1999年8月に日本の天文衛星「あすか」が、ガスがブラックホールに吸い込まれる様子を初めてとらえました。これは、地球から1億光年離れた銀河「NGC3516」の中心にある太陽の1,000万倍もの質量をもつブラックホールを観測したもので、銀河の出すX線を詳しく分析し、波長から速さを割り出したところ、ガスは時速1,040万kmでブラックホールに吸い込まれているとわかりました。その後、米オハイオ州立大の研究チームが、ブラックホールが強い重力によって周りのちりやガスを渦巻くように吸い込む様子の撮影に初成功しました。

これまでで最も低温、100万℃のブラックホール
1999年10月の観測では、X線天文衛星チャンドラが観測史上最も低温のブラックホールを発見しました。冷たいといっても温度は100万℃を超えますが、これまでは最低でも1,000万℃はあるとされてきたので、超低温といえます。見つかったのは、地球から約200万光年離れたアンドロメダ銀河で、太陽の3,000万倍もの質量があると考えられる超大型ブラックホールです。ここに吸い込まれるガスが摩擦で熱せられて出すX線をチャンドラがキャッチするのに成功。X線の強さからガスの温度は数100万℃とわかりました。なぜ温度が低いのか不明ですが、ブラックホールは大型になるほど温度が高いという理論を見直す必要が出てきました。



アメリカの天文観測衛星チャンドラが発見した、観測史上最も低温のブラックホール

--------------------------------------------------------------------------------
1宇宙開発の歴史1世界の宇宙開発史・宇宙へのあこがれ・宇宙開発競争の幕開け・月探査機打ち上げ競争・惑星探査機打ち上げ競争・有人飛行打ち上げ競争・競争から協調、実用へ2日本の宇宙開発史2宇宙開発機関1宇宙開発機関2世界のロケット打ち上げ射場3ロケット1ロケットのしくみ・ロケットはなぜ飛ぶか?・ロケットの構造・固体ロケットと液体ロケット・ロケットの推力・速く飛ぶためのくふう・ロケットの構造と設計(1)・ロケットの構造と設計(2)・ロケットの構造と設計(3)・ロケットの構造と設計(4)2ロケットの打ち上げ・多段式ロケット・クラスターロケット・ロケットの打ち上げ工程3ロケットの制御方法・ロケットの誘導・ロケットの制御・ロケットの慣性航法4いろいろなロケット・日本のロケット・世界のロケット・微小重力実験機の比較5日本のロケット開発史・初期小型試験ロケット時代・日本初の人工衛星打ち上げ・世界レベルの開発をめざす・国産ロケットへのあゆみ(1)・国産ロケットへのあゆみ(2)・LE-7Aロケットエンジンの燃焼試験・H-IIAロケットを支えるLE-7Aエンジン6未来のロケット・未来のロケットの種類・代表的な未来ロケットの原理(1)・代表的な未来ロケットの原理(2)4人工衛星1人工衛星のしくみ・人工衛星はなぜ回る?・「軌道」とは何か?・人工衛星の高度と速度・人工衛星の構造と設計(1)・人工衛星の構造と設計(2)・人工衛星の構造と設計(3)・人工衛星の構造と設計(4)2人工衛星の軌道・人工衛星の軌道要素・だ円軌道・人工衛星の代表的な軌道(1)・人工衛星の代表的な軌道(2)3人工衛星の種類・技術開発・試験衛星 ・科学衛星・通信・放送衛星・気象・地球観測衛星・その他の人工衛星4人工衛星の制御方法・受動安定方式・三軸制御方式・軌道制御・地球測位システム(GPS)・地球観測衛星データの解析・地球観測衛星データの実用5人工衛星と私たちの生活との関わり・衛星放送・衛星通信・気象観測6地球観測・人工衛星の地球診断・エルニーニョ・ラニーニャ・オゾンホール7JAXAの追跡管制網5月・惑星探査1探査機の基礎知識・宇宙速度・打ち上げ高度と速度の関係・月までの軌道・ホーマン軌道・火星・金星へのホーマン軌道・スイングバイ航法・スイングバイ航法の例2太陽系の探査・太陽探査・水星探査・金星探査・地球探査・月探査・火星探査・木星探査・土星探査・天王星探査・海王星探査・冥王星探査・彗星探査・小惑星探査3月探査計画・月と人類のかかわり・月での観測と実験・月面基地・NASAの月面基地計画・月世界への夢6有人宇宙活動1宇宙環境の基礎知識・無重力・無重力でおきる不思議な現象・地上での無重力実験・飛行機やロケットの無重力実験2初期有人飛行から月到達まで・マーキュリー計画・ジェミニ計画・旧ソ連の有人宇宙飛行・アポロ計画3スペースシャトル・スペースシャトル計画・再利用可能なスペースシャトルの打ち上げと帰還・スペースシャトルの機体・スペースシャトルのコックピット・スペースシャトルのペイロード・ベイ・スペースシャトル内の環境・スペースシャトル打ち上げ実績4宇宙ステーション・スカイラブ計画・アポロ・ソユーズテスト計画・旧ソ連/ロシアの宇宙ステーション・国際宇宙ステーション計画5国際宇宙ステーション計画の歴史・「フリーダム」の開発・規模縮小で名称「アルファ」へ・「国際宇宙ステーション」の開発・シャトル・ミールミッション・今後の建設へ向けて・建設が進む国際宇宙ステーション6国際宇宙ステーションの構成要素・ザーリャ・ユニティ・ズヴェズダ・「きぼう」日本実験棟7宇宙飛行士の活動・有人宇宙実験・宇宙飛行士・宇宙でのくらし・船外活動8宇宙での生活・ベッド・洗顔・入浴・トイレ・宇宙食・人体への影響・宇宙服・宇宙生活いまむかし9宇宙環境・スペースデブリ・スペースガード・デブリ観測所7宇宙開発構想1宇宙旅行2スペースコロニー3テラフォーミング4宇宙葬5太陽光発電8スピンオフ1スピンオフ2スポーツ3新素材4環境5通信・コンピュータ6自動車9宇宙とのかかわり1星空へのあこがれ2古代の人々が見た宇宙3天動説から地動説へ4ニュートンの近代的宇宙観5彗星の再来を予測したエドモンド・ハレー6赤方偏移発見に貢献したドップラーとフラウンホーファー7銀河の地図を作ったハーシェル8相対性理論を発見したアインシュタインの宇宙10宇宙のしくみ1宇宙の進化・ビッグバン・はじめの3分間・銀河形成から現在へ・地球の誕生と人間の歴史2宇宙の広がり・広大な宇宙・ミクロの世界3宇宙をはかる・地球の大きさをはかる・月・太陽までの距離をはかる・恒星までの距離をはかる・広大な宇宙をはかる4宇宙の謎にせまる・ブラックホール・ダークマター・クェーサー・ワームホール・宇宙背景放射・ニュートリノ・パルサー11星の物理学1星の一生2星の分類12銀河系1私たちの銀河系2さまざまな銀河3銀河系内の天体4銀河の分類13私たちの太陽系1太陽系・太陽・水星・金星・地球・月・火星・木星・土星・天王星・海王星・彗星・小惑星・小惑星帯2惑星の組成・水星・金星・地球・月・火星・木星・土星・天王星・海王星3地球に衝突した隕石の跡4流星群14宇宙生命探査1地球生命2宇宙生命3SETI計画15天体観測1星座について・星空のうごき・星座のなりたち・いろいろな星座2天体観測・観察を始めるとき・天体観測・観察を始めるとき(1)・天体観測・観察を始めるとき(2)・天体観測・観察を始めるとき(3)3天体の観測・観測技術の変遷・巨大望遠鏡・天文台とプラネタリウム・電波望遠鏡・電磁波の種類4毎日の天文現象・日食と月食・月の満ち欠け
--------------------------------------------------------------------------------


2007年09月06日

あゆの情熱的な最新PVをチェック〜72時間限定!!

fb68f808.jpgブロードバンド放送GyaOの「音楽ch」では、7日深夜0時より9月19日にリリースされる浜崎あゆみの新曲「talkin' 2 myself」のビデオクリップをフル配信する。
 
 「talkin' 2 myself」は9月19日にリリースされる浜崎あゆみのニューシングル。デジタルカメラ「LUMIX」のCMソングとしてもおなじみの同曲は、力強く情熱的なメッセージソングとなっている

Profile

あゆ

sweet
tenki
サイト鑑定団