お父さん、わたし元気にやっています。

ぐだぐだ地球を旅行中・・・。

Pay It Forward。

IMG_4336
↑白川郷にて。Riccardo(from Italy) & Christine(from Sweden)

帰国して間もなく、弾丸で神戸にも行きました。
みなさまお元気ですか?
また、チャンスがあったら遊びに行くよ!!

「リカルドとクリスティーンが日本に来るらしい」
との噂を耳にして、冗談でしょ?!と思っていたら
ほんとにほんとに、27日に成田着らしいということで
大急ぎで東京行のチケットを手配。
バックパッカーとしては(現役のつもり)往復夜行バスでといきたいとこですが
今は時間的にも体力的にも無理ってことで、贅沢にも電車と飛行機を予約。
偉くなったもんだ。

というわけで、金曜日の仕事終了後、ダッシュで電車に乗り込み一路東京へ。

お父さんへ
写真でこんにちは。
↑突然ですがオーストラリアの記事。本当に来てくれたね。


さて翌日、待ち合わせの王道(?!)東京駅銀の鈴にて噂の二人と待ち合わせ。
私でも迷ってしまう銀の鈴、あの二人はだいじょうぶだろうか?
と心配をよそに、時間どおりにやってきていました。

約1年ぶりに会うリカルドとクリスティーンは以前と変わらず、
そしてとっても元気そうでうれしかった。

小綺麗な格好の私にクリスティーンが「You are so cleaned up!」と。
そりゃぁねぇ、帰国して3カ月たって、しかも仕事してますからね。

さてさて、しばし再会を喜んだ後は渋谷へ。
私にとっても久々の渋谷、人がすごかった。
交差点は見せておかないとってことで、信号を渡って、
「バスケットボール通り?!なんじゃそりゃ?!」を通過した後原宿方面へ。
とりあえず、私たちの大好きな場所の一つ、明治神宮を見せてあげたいと代々木公園へ。

週末で天気も良かったし、運良く結婚式なんかもやってたし、七五三の子供たちも一杯だしで
なんてラッキーな二人なんだろうと思った。
私も、結婚式見たのは初めてかも。

その後はおなかすきましたねってことで
原宿にある激安ビールの居酒屋へGo。
本当はキリンビールを飲ませてあげたかったんだけど、そちらのお店はサッポロでした。

アジのたたき、焼きそば、たこ焼きなんかをつまみつつ1軒目は終了。
もう一軒行きましょうかとなったんだけど、
ここは日本スタイルでコンビニでビールを買いましょうということに。
日本て、どこでもビールが飲めてすごいなと改めて思った。

ほろ酔いで表参道らへんを冷やかしすの図。
4

5
↑南青山の交差点。

で、初日は終了。
翌日はみんなで秋葉原へ。
同じくオーストラリアで出会ったという日本人女子も加わり、電気街へ。

IMG_4331
↑マッサージ中の二人。

いやー、秋葉原は疲れました。
電機屋見るだけですごい疲れたので、喫茶店でコーヒー飲みつつのんびり。
その後はみんなでプリクラ撮ったり(十数年ぶり)なんだりして
私が帰る時間に。
帰りは飛行機だったので6時には羽田に向かいました。

実は、次の週末、なんと二人が富山に来るというので
ひとまずは、しばしのお別れ。

そして翌週末。
コージ君のアテンドで二人が富山に到着。
日本はバックパッカーには不向きなようで、高速バスのチケットがなかなか買えなかったらしい。
先に東南アジアを回って日本に来た二人だから、日本の物価の高さにはかなりビビっているだろうし
英語もなかなか通じないだろうし、大変だろうなと。

夜行バスだけど、前に乗った時、私でも狭くて辛かったから
リカルドなんて寝れなかったろうなぁと思うと、なんだか申し訳ない気分になった。

朝6時ごろに着いたので
みんなで仮眠を取った後、ぜひとも見せたかった場所、白川郷へ出発。
あいにくの雨だったけど、
白川郷はこの日、紅葉のピークをむかえていて、道中もとっても綺麗だった。

IMG_4351
↑わかるかなぁ、紅葉の感じ。

IMG_4332
↑お昼ごはんに入ったお蕎麦屋さん。
有名らしく、腹ペコなのに結構待たされた。

腹ごしらえの後、ようやく散策開始。

IMG_4343
↑髪を切ったコージ君。

IMG_4334
↑無人販売って、すごい。

IMG_4347
↑記念写真。

IMG_4348
↑素敵。ラムネより、水がおいしそう。

IMG_4349
↑あー。飲ませてあげたらよかった。
ラムネの瓶って、もう作ってないんだよね?

IMG_4342
↑田舎の風景。

IMG_4304
↑天気が悪くていい写真が撮れなかったので、前回来た時の写真。

IMG_4296
↑これも、夏ごろの写真。

IMG_4298
↑田舎。

IMG_4293
↑リカルド達のためにワサビアイスを探したけど結局見つけられなかった。

一通り観光した後は、高岡に帰って、回転寿司屋へ。
近所に寿司食いねぇという回転寿司屋があっておいしいのでそこに行きました。

JPG11
↑Sushi Trainにはしゃぐ二人。

この席には妹も加わり、わいわい楽しい夜となりました。

翌日はカツ丼好きの二人のためにとっておきのカツ丼を食べさせてあげようと金沢へ。
と思いきや、雨がすごく強くて出かけるのが遅くなった。
結局、カツ丼は食べられなかったけど、

近江町市場に行ったり、
東茶屋街を散策したり、
1

おいしいコーヒーを飲んだりして、素敵な金沢観光となりました。
写真
↑素敵なコーヒーカップ。

IMG_4359
↑これから京都に行く二人に茶屋街はなかったかなとちょっと反省。

ちなみに、金沢のおすすめのカツ丼屋さんは「ぶんぷく」というお店。
香林坊の裏通りにある、カウンターのみのお店なんだけど、
注文してからとんかつを揚げてくれるし、
なんだかわからないけどとにかくおいしいカツ丼が食べられます。
金沢にお越しの際はぜひ。

夜は、二人が富山に来た最大の目的
「エリコのパパの料理を食べる」の会を催しました。
みんなで食べるお父さんのお料理は最高においしくって
いやー、世界中いろいろなところでおいしいものを食べてきたけど
世界一おいしいのはやっぱりお父さんのお料理だなと再確認したのでありました。

日本食好きの二人はこれは何だあれは何だともぐもぐもぐもぐおいしそうに食べてくれて
本当にうれしかった。
バックパッカーなのに手土産までいただいてしまって・・・(イタリアのお酒)。
これは正月にみんなで飲みましょう。

今回はコージ君が夜行バスで東京に帰るので
コージ君、二人とは先にお別れ。
いつものことながらなんだかバタバタして風のようにバスに乗って行ったコージ君を
クリスティーンが泣きながら見送っていて
私もちょっともらい涙。
あー、なんだかいろいろ思い出すわ。

翌朝、7時前のバスで京都に向かう二人を見送りに駅へ。
二人は富山駅でバスに乗るので、ちゃんと辿り着けるのかと心配しつつ見送った。
ちょっと前までは自分たちも同じだったな。
だからクリスティーンとリカルドの気持ちがよくわかる。
お金はかかるけど、しっかり日本を楽しんでくださいね!!
ちなみに、大阪ではたこ焼き三昧したそうです。
今頃は広島かな?

そして一番はやっぱりお父さんとお母さん。
今回いろいろ大変だったろうけどどうもありがとう。
おかげで、二人はすっごく喜んでくれたよ。
お父さん、お母さん、ありがとう。

私もタイのOak、ジェフ君、ロンドンのジョナサン、そしてスケーターのみんな、アメリカのキース・・・
たくさんの人にお世話になったからな。

アメリカでキースと一緒に暮らすベッツィーと話をしていた時のこと。
「キースとはどこで出会ったの?」と言うので
「フェスの帰りにヒッチハイクをしたときに乗せてくれたのがキースだったんだよ。
でもキース、私たちにありがとうって言うんだ。僕も昔ヒッチハイクをして
いろんな人にお世話になったから、その時の恩返しができてうれしいって。」

と言うと

「私たちはそれをPay It Forwardって言うのよ。」と。

Pay it Forwardといえば、そんな映画があったね。
ようするに「次につなげる」というか、
誰かから受けた恩を、また違う人に返すというか、そんな感じのこと。

キースがいつもそんなことを言ってた。
次は別の人に返すんだよって。
お父さんとお母さんのおかげでちょっとだけそれができたと思います。
ありがとう。
今度はちゃんと自分たちでやってあげられるように頑張らないとな。

というわけで、かなりハードな2週間でしたが
外国から来た二人をもてなすことができて私たちもうれしかった。

今後は福岡から船で韓国に渡って、中国からシベリア鉄道に乗ってロシアに行って
その後それぞれの家に帰るそうです。
あー。わたしも何処か遠くにいきたいなー。

8d522617.JPG
インドとか。

ご無沙汰してました、ごめんなさい。

IMG_4275
↑北陸本線にて。

みなさまどうもお久しぶりです。
帰国してめっきりブログを書かなくなっていたら
あれよあれよと3ヶ月が経過してしまいました。

帰国後はしばらく東京で
ずっと会いたかった友達に会って(でもまだ会えていない人もいる...)
IMG_4159
↑会いたかった人のうちの一人。カラオケ楽しかったね〜!

IMG_4213
↑Tokyo

IMG_4165
↑Downtown of Tokyo.

IMG_4192
↑東京谷中にて。

IMG_4208
↑珈琲。

実家に帰って、
IMG_4311
↑金沢21世紀美術館にて。

IMG_4327
↑金沢長町武家屋敷跡にて。

家族みんなで立山に行ったり、
IMG_4251
↑美しい。

大切な友達と称名滝に行ったり
2
↑これはコージ君。

猫とたわむれたり、
3

東京から友達が遊びに来てくれたり、
IMG_4308
↑白川郷にて。

IMG_4301
↑今となっては懐かしいポスト。
ここから絵葉書を出すと、白川郷のスタンプ付くのかしら?

働き始めたりと...
旅の余韻に浸ったんだか浸っていないんだかよくわからない状態で今日を迎えました。

3ヶ月が経ったけど、
スーパーに行くと日本の加工食品の種類の多さにびっくりするし
コンビニに入ると「いらっしゃいませこんにちは〜」と言われて
思わず「こんにちは〜」と言ってしまったり(海外ではお店に入ると必ず挨拶していたように思う)
というかコンビニの充実っぷりにびっくりしたり
おいしいコーヒーは星の数ほどあって
いつでもどこでもおいしく飲めるし
トイレには必ず紙が備えられていて
驚くほどきれいで
地元のコンビニなんかはウォシュレット標準装備でしかも広い!
ほんとに、やりすぎなんじゃぁないかと思うくらい日本は便利。

ご飯は何を食べてもおいしくて
やっぱり自分は日本人なんだと実感するとともに
バックパックを背負っていた日々を恋しく思う。
正直、後半は体力的にきつくって
そろそろ帰りたいなと頻繁に思っていたけど
帰ってきた今となってはやっぱり、あのふわふわした日々が恋しい。

上でちょっと触れましたが、今は仕事してます。
本当に、あの日々が嘘のような毎日。
朝早いので夜も早く寝るんだけど
旅行中に体力が激しく衰えたらしく
家に帰るともうぐったり。
毎日とっても眠くて体もだるくて
するとすぐに次の日になって...て日々です。
個人的にはもっとちゃんと余韻に浸りたいんだけど
なんだかわけがわからないまま日々に追われる今日この頃。

と思っていたら、なんとあのリカルドとクリスティーンが日本に来るらしいとの情報が。
行きたい行きたいとはオーストラリアで一緒に暮らしていたときから言っていたけど
本当に二人は日本にやってくるのんかいね?

(今日はもう眠いので)つづく。

都会再び・・・。

IMG_4131
↑ブルックリンにて。

旅行の間、ずっとずっと、「アメリカで音楽を聴きたい。」と思っていた希望も叶い、
いよいよ、帰国に備えてNYCへ逆戻り。

フェス最後の日は夕方ごろまでショーがあったので、
その日はもう一泊キャンプして、翌日NYCに帰ろうと思っていたら
キースから思わぬ言葉が。

「ここは危ないから今日中に出たほうがいい。」と・・・。

以前、フェス終了後にキャンプしたことがあるというキース、
彼が「あまりよろしくない」というので、
かなり悩んだけど(この日の夜のNYCの宿は予約していなかった)
結局またHOLIDAY Innに泊まることにした。

今回は1部屋150ドルと、前回よりちょっと安くなってた。
なんで?!

というわけで、いよいよこれでキースとはほんとにお別れ。
みんな暑さでぐったりしていたし、
さみしかったけどキースはサクッと帰って行った。
キースにはまた絶対に会いに行こうと思う!
待っててね〜!!

さて、翌日、快適すぎるほどの宿をチェックアウトし、
マンハッタンの独房へと戻りました。
今回は、同じ宿に戻ってきたので荷物を置かせてもらうことができて、そこら辺は助かりました。

この日からは残りわずかとなった旅行を惜しむ毎日でした。
まだ行ってなかったところもあったのでそちらに足を運びつつも、
でも正直、私の心は日本にありました。
どうしてもアメリカで音楽が聞きたくて
それが叶ったのでもう思い残すことはないというか、
やりきった感があったというか・・・
とりあえず、「もう帰ろう」という気分。
都会はもうおなか一杯。

IMG_4124
↑グランド・ゼロ。

IMG_4130
↑ブルックリン・ブリッジとともに。

IMG_4126
↑旅行最後の夜は奮発して、毎日大行列ができてるピザ屋へGo!
ブルックリン・ラガー(これおいしい)とともに。

IMG_4127
↑お待ちかねのピザ。
これ、びっくりするぐらいおいしかった!
ブルックリン・ブリッジの下にありますので、ぜひ。

IMG_4143
↑そして、夜景。

IMG_4144
↑ きれいですね〜。

そして、日本へ。

IMG_4152

はい、ただいまー!

Let's go to the Vibes!!!

IMG_4107
↑Gathering of the Vibes 会場にて。

 NYCでは毎日「都会は嫌だ。早くキャンプに行きたい。」とぼそぼそ言うとりましたが
我慢しても都会にいた理由はこのフェスティバルに行くためでした。

PHISHに引き続き、見たいバンド目白押しのこちらのフェスティバル。
今回もかなり気合を入れて、前乗りして現地入り。
会場へはマンハッタンからNorth Lineで1時間ほど。
便利な場所でよかった。

現地到着後、今回もキャンプをということで早速キャンプ場を探しましたが・・・
またもやキャンプ場がないっ!
唯一あるキャンプ場はフェスティバルの会場ですので
そちらに入ることはできず。
いろんな人に聞きまくって、
フェス会場のスタッフ入口に行ったら入れてもらえるかも?!と思ってみたけど
入れるわけもなく・・・。

これは困ったということで、
仕方なく町に戻って(徒歩30分) HOLIDAY Innというホテルに泊まりました。
おそらく、普段は数十ドルで泊まれるであろうこのホテル、
イベント用のお値段になっており、なんと1部屋180ドル。
でも、泊まるとこが他にないので仕方なくこちらにチェックイン。

せっかく大金支払ったしってことで、
湯船にお湯を張ったりなどしてくつろがせていただきました。

で、今回のこのフェスにはキースと一緒に行くことになっておりましたので
 HOLIDAY Innに泊まっていることを告げると「Good choice」だと。
「??」と思ったんだけど、翌日の早朝、その謎が解けました。

翌朝、6時前に宿に迎えに来たキース。
突然ベッドに入り、「1時間後に起こして。」とのこと。
チェックアウトの準備をしてキースを起こすと、
今度はシャワーを浴びだしたキース。
そして、車に何か取りに行ったと思ったら、
クーラーボックスを持ってきて、ホテルの氷を山盛り調達。
なるほど、Good choiceだわ。笑

朝8時にゲートが開く予定だったので、
そのくらいに出発。
が、行ってみるとすでに長蛇の列が・・・。

IMG_4079
↑落ち着きのないアメリカ人のみなさん。
車から降りてだべり始めました。

結局、ほんの数十分で行けるところを3時間近くかかって会場入り。
でも、キース持ち前の図々しさで木陰のいい場所をゲットすることができました(笑)
私たちもキースのバスの隣の木陰をバッチリゲット。
これ、木陰じゃなかったら本当に脱水とかになってたかも・・・。

IMG_4103
↑自慢の車は、毎回きれいに洗車する。

さて、今回のフェスティバル。
バンドがたくさん出るのはいいのだけれど
スケジュールがタイトできつかった・・・。
でもそれより何よりきつかったのは「暑さ。」

海沿いなので湿気もすごいし、日差しも強いし、風もあんまり吹いてなくて
1日中サウナの中にいるようだった。
暑さに弱いえりこさん、そっこうグッタリ。
それでも、頑張ってみたいバンドは見に行ってましたよ。
でも、それ以外の時間はほんと、ぐったり。
あれは・・・ほんとにきつかった・・・。

IMG_4083
↑ステージは3つあり、ここは2番目に大きなステージ。

IMG_4093
↑メインステージ。

IMG_4094
↑FURTHERのショーの前に記念写真。いい写真。

IMG_4096
↑人に撮ってもらったら逆光になってた。

IMG_4102
↑かけているのはキースの大切な星型サングラス。

IMG_4108
↑私も早くフラフープがほしい。

4日間続いたこのフェスティバル。
とにかく、暑さと忙しさとの戦いだったように思う。
PHISHのときがあまりに快適だったのでちょっとなめてました。
とにかくひどい湿気、
シャワーは長蛇の列、
トイレは・・・まぁまぁかな。
でも、そんなことより見たかったバンドが見れて大満足の4日間。
行けてよかった!

日本でも、早くキャンプインのフェスに行きたい。

NY生活。

IMG_4071
↑MOMAにて。ジャクソン・ポロックの絵。

さてさて、いくらひどい宿だからといって
毎日泣いてるわけにいかないので、気を取り直してNY観光を。
でも、やっぱりNJが恋しくて、しばらくは観光する気になれず。
でもひどい宿にこもってるのも嫌だしということで、いろいろと出かけてきました。
あーでも、都会はもういいや。
緑がたくさんあったほうがいい。

IMG_4005
↑グッゲンハイム美術館。

IMG_4013
↑中はこのような感じです。

IMG_3999
↑タイムズ・スクエアらへん。
前にさっちゃんと来たときはこのへんに泊まってたね!

IMG_3998
↑タイムズ・スクエアにある吉野家。
意外だったのが日本人のお客さんが少ないこと。
海外の日本食屋って日本人が結構入ってるイメージだったけど
ここは逆のようでした。
味もサービスもいまひとつで残念。

IMG_3996
↑ベッツィが好きな紫色のお花。
なんとNJのお花だった!

IMG_4015
↑やっぱ、洒落た自転車多いですね。

IMG_4019
↑新しいスケボーを買ってウハウハのコージ君。

IMG_4037
↑宿の近くに大きなオーガニック・スーパーがあり、
そこの酒屋で見つけた素敵なビール。

IMG_4038
↑この人たちが作ったビールだもん。旨いに違いない。
味は、癖のある濃い目の味のおビールでした、通好みの味かも?!

IMG_4046
↑5番街にて。

IMG_4074
↑MOMAにフリーダの絵が来てました。
MOMAも結構気持ち的に大変で、最初入館料無料の日に行ったら
もぅすっごい人で、しかも絵の前に群がって写真ばっかり撮りやがって...。
写真撮りゃぁいいってもんじゃないでしょ。
人も多かったし、そんなんでストレスを感じたので
後日お金を払って入ろうと、その日は外に出たのでした。

IMG_4023
↑スケボーをしに、このようなモニュメントのある公園へ。

IMG_4025
↑で、こちらは有名なスケートパークらしい。

IMG_4055
↑ブルックリン・ブリッジ。

IMG_4066
↑橋の向こう、ブルックリン側のハドソン川沿いにはこのような公園ができています。いいね。

IMG_4026
↑バッテリー・パークでパティ・スミスのフリーライブがあるっつうことで行ってまいりました。

IMG_4033
↑会場に入れなかった人がたくさん。私たちも例外ではなく...。

IMG_4035
↑みんな自転車で来てます。

IMG_4017
↑伝説のあの人のポスター。

というわけで、都会は嫌だ嫌だと言いつつも、結構あちこち行ってきました。
改めて思ったことは、ビル郡の中にいるよりも、緑のある場所にいたほうがずっと気分がいいということ。

あ、それと、コンプレイン事項がひとつ。
この街、公共のトイレがなさ過ぎ。
お陰様で、毎日ぎりぎりでした。
観光客でごった返してるんだから、もうちょっとトイレ作ったらいいのに。

あ、皆さん、飯の写真がねぇじゃねぇか!とお思いでしょうが
ろくなもんを食べてなかったのであしからず。
毎日の食事は
朝兼昼→オーガニックスーパーでスープとベーグル。
夜→ピザ、もしくはサブウェイ。
ビールも、安いのばっかり飲んでました。

NYはとにかく何でも高いので
散々貧乏旅行してお財布カツカツの私たちにはきつかったです。
都会に行くときはお金たくさん持ってないと楽しめませんね。 

IMG_4149
↑これは楽しかった!
楽天市場
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ