パンツ穿かずにミニスカートでお出かけ

過去に私が経験した出来事を密かに書いておきたいと思います。 できれば最初からお読み下さると嬉しいです。 露出は、TPOをわきまえて他人に迷惑をかけないでPLAYできる人達だけのための、紳士・淑女の精神世界の楽しみだと思います。って思うの、ヘンかな?

結婚式の報告を。 02

神前式の神々しい雰囲気から、披露宴の緩い雰囲気に移行して行って、場が和んだタイミングあたりで参加者からの余興が始まりました。関係者からの祝辞は2人程度で短めに終わり、後はグループで歌を歌うチイチの中学生時代の友人さんや、手品を披露する旦那様サイドの友人さん等、余興の時間となりました。

関係者さんの固いお言葉交じりの祝辞の時間が短かったのは、私にとっては助かりました。ありきたりの言葉を聞かされるのって、結構苦痛なんですよね

余興をされる皆さん、最後の締めくくりはお祝い事に結び付くように無難に落としますね。手品では何もない箱から”Happay Wedding”と書かれたカードを出したり。

旦那様はアメフトにちなんだ寸劇に参加されていました。私個人的には、このショートコント(?)のような寸劇が一番面白かったです。

ステージに友人さん達が5〜6人出てきてスクラムの態勢を作り、旦那様はそのスクラムに突進する位置に居ました。スクラムに対面するのは一人だけ。その一人が、両足で作ったトンネル間を通すように後方に投げて旦那様にパスを通し、旦那様はパスを受け取った瞬間に、猛然とスタートを切って走り出すのですよ(ただしスローモンション風に)。

パスで受け取ったのは脇に抱えられる程度の大きさのリボン付きの箱。全てのタックルを交わして相手を払いのけて、新婦の待つゴールラインに辿り着いたらトライ成功で、箱を開けて中の花束を取りだして新婦にプレゼントする、というストーリーでした。会場からはパチパチと拍手。友人さん達の1人が試合の実況中継をして盛り上げていましたよ。

並み居る強豪(他の求婚者)を全員倒して花嫁獲得〜!という演出だったのでしょうかね〜。私の深読みでしょうか?もしそういう演出を意図していたなら、実話含みになってしまうので不用意に笑えませんね。私の知る範囲では、倒された側の当事者は披露宴の会場に居なかったように思うのですが…

この寸劇の後司会の方が穏やかに新婦のお色直しを告げて、一旦チイチさんは一人会場から出て行きました。

会場の招待客の皆さんは殆どが休憩タイムと思われた事でしょう。私達の座っていた丸テーブルのメンバーなど、皆お手洗いに行って、殆ど誰も残っていませんでしたから。

しかし実際は、お手洗いに行ってたのではなく、全員が着替えのために近くの控え室に行ってたのでした。各自予め用意していた服を確認して、短い時間で急いで着替えを済ませて準備して(多分10分かかっていないと思います)、会場のスタッフさんにOKのサインを送ってしばらくすると会場から「皆様お待たせいたしました、着替えの終わった新婦の再入場です。拍手でお迎え下さい」とアナウンスが聞こえて来ました。会場のドアの前で待機します。セーブしたつもりだったけど随分料理食べちゃったなー、などと思いながら。


続きます。

結婚式の報告を。 01

チイチさんとその旦那様の結婚式についてです。
ようやく記事にする事が出来ました。遅くなったのは私のモノグサのせいです。すみません。

とても華やかで上品な結婚式と披露宴でした。司会の方の落ち着き、式場のスタッフの方のベテランっぷり、飾ってあった花の豪華さ種類の多さ、お料理の美味しいこと美味しいこと!ケーキカット後に頂いたイチゴのケーキの美味しいこと美味しいこと!!頂いたお土産に入っていたバームクーヘンの美味しいこと美味しいこと!!!

いやあ〜。とても美味しい、いや、とても神聖な趣の結婚式でした。手を抜いた感が少しも無く、そこかしこから高級感が漂っていました。まだまだ結婚式に呼ばれた事は多くありませんが、私の知る中では最高の式でしたよ。

旦那様はタキシードが似合っていました。カッコ良かったです。きっと素敵な筋肉の持ち主なのでしょう。チイチのドレスも予想に反して、いや、予想以上に似合っていました。純白のドレスに憧れる人が多いのも納得がいきます。

それにしても聖書には良い言葉が多く書かれていますね。病めるときも健やかなる時も…に続く一説は感動モノです。耳にする度に新鮮な気持ちになれます

神父「誓いますか?」
チイチ「はい」

短い「はい」の言葉に込められた想いがどれだけ密度が高いか、チイチの声の震えが物語っていたと思います。好きな人と一緒になれる喜びや、家庭を持つ不安や、皆の前で愛を宣言する照れくささ等が混じり合った一言だったように思いました。

これほどまでに結婚式が良いものなら、何度でも式をあげたくなりますね!(何度もするものではありません)

披露宴の方は、落ち着いた感じを醸し出していたのは序盤の方だけで、次第に和やかになっていって、お酒も回りだした頃には新郎を弄り出す悪友さんも現れ始めて、会場が段々と緩んできました。

式の様子は一回で書ききれないので、次回に続きます

久しぶりの投稿です

こんばんは。
いつの間にかミソジの足音、ささやき声が聞こえ始めてきたように思います。

霞がかった川の向こう岸では妖精「ミソジ」が、こちらにおいでと笑顔で手招きし、軽い気持ちで私を招待しているような気がしますが、どうか幻覚だったり幻聴であって欲しいものです。…この川は渡ったら元に戻って来れない川の類でしょうか?

今日は久し振りに投稿しています。

一昨年の冬頃から仕事量が一気に増え出して、休日出勤も慢性的に発生するようになりました。あぁ、かくして多忙とはこのような状態の事を指すものなのですね。

残業と休日出勤…お給料が増えるのは嬉しいのですが、ちょっと生活のバランスを見直したいです。

昔のように、昔といってもほんの2年ほど前ですけど、楽しいことを思い描く時間が無くなり、次に髪や肌の手入れをする時間が無くなりました。寝る時間を削って何かをする事は苦にしないでいられると自負していたのですが、こうも長い間続くと心身共に疲弊してしまいますね。

他の皆さんも気力も体力も続くものです。感心しています。同時に呆れてもいます。これが社会人の普通だというのなら、私は社会人になれなくてもいいです…なんてね。

これ以上は仕事時間が長くならないように予防線を張らなければ!

唯一の息抜きのはずのバンド活動も、今のままでは何だか、ただの作業のように感じてしまいそうです。何か変わるきっかけを作らなくちゃね。

頑張れ私。
負けるな私。

チイチ、本当の式は、実は10月

皆さま、早速ですが、前の記事は間違いでした。結婚式は10月でした。

すみません、すみませんx10。聞き違いした私が7月と書いてしまいました。しかしめでたい事には変わりはありません。是非とも幸せになって欲しいものです。

高校時代の友人と、結婚式の出し物を考えています。やはり元クラブのチーム集めて踊るしかないだろう、と盛り上がっています。チイチにも既に相談済み。途中から一緒に参加して踊ってもらいますよ〜。

もう段取りは大体出来上がっています。

ダンス曲が途中まで進んだところで「新婦もご一緒にいかが?」と私達がジェスチャーして、チイチには「ダメダメ私ムリ」と両手を振ってもらって、「それでもいいからおいでおいで」とジェスチャーしてですね。司会者さんに「昔の気持ちに戻って新婦も一緒に参加していただきましょう」と一言添えてもらって、会場のゲストさんにも拍手で煽ってもらって、チイチが「ムリだって言ってるのにもー」等とゆう表情をしているにもかかわらず無理矢理立ち上がらせて会場の広いところまで手を引いて行ってですね。靴も履き替えてもらって小道具も渡して。

そして2コーラスめが始まったとたん、チイチが真顔でキレッキレのダンスを披露するというストーリーを立てているのです。

チイチ、自主練よろしく!

ウェディングドレスは動きやすいように軽装のものを選んでね!
(それはムリか…(^^;))

チイチ結婚おめでとう!

いやあめでたい
とにかくめでたい

ついにチイチも結婚かぁ。
早いなぁ。私たちももう結婚してもおかしくない年頃になってきたんだね〜。

どんな旦那様なのかなぁ。来月、式場でお会いするのが始めてなので今から楽しみ。

お幸せに!

さて、友人代表はいいんだけど、どんなスピーチにしようか…。


続きを読む

そーっと覗いて見てごらん

壁||・・)ノ…。

壁から…そーっと。。。半分だけ顔を出してご挨拶。

メリークリスマス♪
あけましておめでとうございます♪
鬼はぁ外、福はぁ内♪
ハッピーバレンタイーン♪
ご進学ご卒業おめでとうございます。

伝えられなかった時候のご挨拶。

しばらくの間、Blogもメールへの返信も何も出来ずすみませんでした〜。
仕事と音楽活動の方がメインで時間だけでなく気力も体力も使い切ってしまい、しばらくの間、他に何もヤル気が出ませんでした。

もう少し私に時間と気持ちの余裕が出来たら、Blogも再開します。
特にメール下さった方、本当に何も返信していなくてすみません。

とりあえず今晩はおやすみなさい。皆様良い夢が見られますように。
エリカ

見られるのが好きな理由 20 本当は辞めたかったレオタード

中学生後半の頃と言えば、親の保護下から抜け出したいと最も思ってた頃です。

不注意で硝子のコップを割ってしまっても、その始末さえ自分でさせてもらえませんでした。私が片付けると親が満足するレベルまでキレイにならない、と思われていたようです。

友達付き合いも制限されてましたね〜。男女の違いはそれほど気にしていないようでしたが、いわゆる「勉強の出来ない」子とは仲良くならないようにね、と、何度か言われていました。

自分で思いついた事をなかなかさせてもらえなかったんですよね〜。新しい楽器(確かエレキギターかベースだったと思います)を始めたいとか、通信教育でペン字を習ってみたいとか。返って来る答えは、それよりも今習っている事を続けなさい、途中で諦めちゃだめよ、という言葉ばかりでした。まぁ、私の方もそれを覆すほどの強い希望を持っている訳ではなかったので、半ば当たり前のように従っていました。

レオタードでのスポーツもそろそろ限界を感じていた頃でした。私のような高い身長の選手は有利ではないと定説が有るくらいでしたから。反復練習に面白さを感じなくなってきてました。練習が原因で怪我するのは嫌でしたし、真剣に練習にとり組まなかったせいか、あまり高度な技を習得できませんでした。それに、仲の良かった練習仲間は中学校に上がったのを機に何人も辞めていたので、私も中1の秋頃には辞めるつもりでいました。

家族に相談しましたが、返って来た言葉は予想通りでした。「嫌で辞めるって言うの?うまくいかない日も有ると思うけど、そんな事で辞めたりしたら何事もやり遂げられない人間になるし、大きくなってから後悔するでしょう?。中学いっぱいは続けてみたら?」。

そりゃぁまぁね、確かにそうなんですけどね…ウジウジ…。なんだかんだで結局説得されて、続ける事なりました。
辞めたい理由が全然前向きでなかったので後ろめたさを感じていたとはいえ、私の希望が通らなかったのは、当時は不満に感じていました。いつまで親の言いなりのまま過ごすのが続くんだろう、とそちらの方が心配になっていました。

そんなもやもやする気持ち続く日々を送っていた頃、ある日、所属するスポーツクラブに外部コーチの方がやって来ました。何の専門の方だか説明を受けていませんでしたが、聞いた内容は、何故レオタードを着て競技をするのか、というものでした。

その頃の私といえば、小学性の頃にはそれほど気にしていなかった、人前でレオタード姿になるのに段々と抵抗を感じ始めてた頃でした。同年代の女子に比べて胸の発育がスロースタートでしかもマイペースでしたし(^^;)、骨盤の形がクッキリ出ているのが分かるのが嫌でした。

コーチの方は色々な話をされていて、今となっては殆ど内容を忘れているのですが、その中に私のレオタードに対する認識を変えてくれた話が有りました。

(続く)

見られるのが好きな理由 19 中学1年生の転機

お客さんの前で裸になって写真のモデルになったりステージに立って踊ったり、というような職業が世の中に有るのを知ったのは、確か小学校低学年の頃だったと思います。一部の男性向け雑誌にヌードグラビアが載ってるのを知ったのもこの頃と思います。

コンビニ店内にもそういう雑誌のコーナーが有って、そこで立ち読みしている人の本のページが見えて、グラビアの内容がどんな感じのものか分かってしまった事も有りましたね〜。今思うと、小学生が近くにいるのに、そのテの本の立ち読みを続けるような気が回らないオトナは、もっと減って欲しいと思いますよね…。

そのような職業に就く女性の多くが経済的な理由で、仕方なく、服を脱ぐものだ、と聞いていました。私が小学校低学年の頃は、1兆円もらっても絶対にヌードになるもんか、と思っていましたね〜。でももし家族等頼る人が居なくなって、どうしてもしょうがなくなった時は私もそういう職業を選ぶ時が来るのかな〜等と悲しい想像をした時、仕方ない時は10億円ならヌード写真もOKしちゃうのかな〜と思ったりしました。中学を卒業する頃には、顔が分からないようにしてもらえるなら1億円くらいなら脱ごうかな〜、と思うようになりました。

だんだん値下がりしていってますね(^^;)。

それでも1億円なんて相当高い金額ですけど…。自分の身体にそれだけ価値があると思うとんのか、コラア!調子にのるのもいい大概にせいやー、と当時の自分に言ってやりたい気持ちです(^^;)。加減を知らない子供の発想なんて大体こんなものでしょうか。

私にとって中学1年の頃というのは、性に関する新しい情報が私の中に一気に入って来た時期でして、どの情報が真実で、そんな事が本当に世の中にあるのか、他にもオトナが隠していることがまだまだ有るのではないか、と疑心暗鬼になったものです。

お客さんの前で裸になるだなんて程度でなく、世の中には初見の男性に体を触られる仕事や男性器を体内に受け入れる仕事まで有って、しかもそのようなお店が結構な数有ると知ってショックを受けたり。月経が始まったり。家の中でコンドームの箱を偶然に見つけてしまったり。競技の大会で着ているレオタードは体のラインを見せるのが目的の服だと改めて力説されたり。男性は皆胸の大きな女子に魅力を感じると聞いたり(後に、全員ではないと分かりましたけど…(^^;)。

これはよほど特別な事件でも起きない限り、私もゆくゆくは結婚してSexしたりするのだろうな〜と想像しました。それから、前回書いた記事のように、恥ずかしい状況に身を置く興味が出てきたり、一度は男性器を見てみたいと想像したり、エッチに対する抵抗ががかなり減り、一気に身近になったように感じました。きっとエッチなコトに近づいたり離れたりしながら、時にはどっぷりとエッチに浸ったり、また時には頭の中から完全に忘れ去ったりしながら生活を送るのだろうな〜と考えたのを覚えています。

人は皆、いや、殆どの皆が(一部の例外が有ると思いますので(^^;)こう書きました)、エッチな感情や行為と共に人生を歩まざるを得ないと分かって、がっかりもしましたが安心もしました。所詮ヒトも生物ですのでエッチな行為からは逃れられませんし、私も数々の煩悩持ちで、私ひょっとしたら異常過ぎるかなと不安になった時期もありましたが、エッチな事を思い浮かべるのは異常ではなく当たり前だと思えるようになりました。

こうゆうのって、少しずつ、何で?どうして?こんな事が現実なの?っていう感情や疑問が積み重なって、少しずつ解決していって、自分なりの考え方が出来上がっていくんですよね。

恋愛もしてみたいし、カッコいい人・優しい人に巡り合いたい想いや、スポーツよりも音楽の方に興味が移ってきたり、いかに楽して成績を上げるか一生懸命考えたり、何か特別な才能が突如開かないかな〜と期待したり、楽しいであろう高校生活を想像したりしてましたね〜。若いな〜。中学生の私!今振り返ると乙女過ぎて恥ずかしいぞー!

ただ私の場合、特定の好きな相手とエッチするのも想像しましたが、それ以上に複数の男性に囲まれて服を脱ぐ事や、人に裸体を見られる事への興味が強かったように思います。ちょっと意識過ぎかも、と気づいたのが確か中2の終わりから中3にかけての頃です。

(続く)

パンツ穿かずに髪サラサラでただいま 02 人差し指でくるくるくるりん

トイレに腰かけて先ず踵だけ靴を脱いでおいて、パンツを足から抜き取る時に足を上げます。足からパンツが離れていく瞬間、私の着衣でなくなります。暖かかったパンツとはしばしのお別れ。パンツはたたんで、一旦左手の中に小さく丸めておいて、先ずは靴を履きます。立ち上がって、スカートの裾を元通りにして、手の中のパンツを確認します。まだ暖かいパンツです。どこにしまっておこうか迷いましたが、持っていたバッグの一番底の部分に丸めたまま押し込んでおきました。

使用中の下着でしたからね…清潔なモノではないので出来れば袋のようなものに入れて、バッグ内の他の物に触れないようにしておきたかったのですが、袋を持っていなかったので、ハンカチを三角形にたたんで、その間にパンツを置いて挟むようにしました。三角形のハンカチの角を少し折り曲げてから、バッグにそのまま入れました。

ジャケットのような上着は持っていなかったので、ブラは着けたままにしました。薄い色のブラウスしか着ているものが無いのにブラジャーを外すのはちょっと勇気が要ったんですよね。

トイレのドアを開け、もう一度スカートの様子を確認し外に出たのですが、ノーパンになる時いつも思う事があります。私はどうしてこんな事をしてるんだろう、という迷いが頭を掠めるんですよね。結構バカバカしい事をしている自覚もあるし、趣味にしては随分低俗な部類ですよものね。…まぁ確かに趣味で脱いでますけど

-----

見つかった時の事を考えたりすると怖くて不安になります。恥ずかしくなっても引き返せないストレスを感じるのも最初から分かっているので、正直気が重くなりますよね。ノーパンで外出した後、うしろめたさを感じる事も結構多いですから。

じゃあ、止めておけばいいのにね!止めないのは、きっと何か私を惹きつけてやまない魅力があるからですよ。「脱ごうと思ったから脱いでる」で間違いないのですが、日によってなぜ脱ぎたくなる動機が幾分違うんですよね。

脱ぎたいというよりも穿いていたくない気持ちの方が強い時とか、自分を開放したくなる気持ちとか。(多分、自由になりたい気持ちを服を脱ぐ行為で紛らわしているんでしょうね。)。

世間の常識を壊したくなる時。ある事をキライになり過ぎて壊れてしまいたくなる時とか。逆に、今どうしても脱がなければならないよう脅迫されているような気時ちになる時とか(…これはあまり多くはないですけどね。脅迫観念が芽生えてもすぐ自分で否定できます。)

普通の人が出来ないことを実行できた時の優越感。穿いてないのを隠し通す「かくれんぼ」に似たスリルの求め。自分だけが特別な世界にイってしまったような浮遊感を感じたい時。何かに挑戦したい気持ち(こうゆうのが、下着を付けずにどれだけ上着面積を少なく出来るか、に繋がっちゃうんですよね)。

肌をキレイに保ったり体形の維持を常に気にして生活しているので、それを評価して欲しい気持ち。昔出来ていたことが今出来なくなってるのを恐れる時(スカートで守られているのにノーパンにもなれないような臆病者になってたら嫌だな〜、ちゃんと出来るかどうか確認しておかなくちゃ、という考えになっちゃいます。別にノーパン出来なくなってても困らないんですけどねぇ。)

あぁ、うんうん。私の根底に流れているのはこの辺の想いですかねぇ〜。頑張っていたい気持ちとエッチへの興味が混ざって濁ってしまった結果、パンツに手をかけることになる事が多いように思います。

それから、多くの人に裸体を見てもらいたくなる時。死ぬほど恥ずかしい気分になりたい気持ち。死ぬほど恥ずかしい気持ちの更にその上を知りたい興味。見つかった時感じるであろう絶望感も知りたい。。。(あ、やっぱり今は知らなくても良いです。)こういう気持ちって、多分レイプ願望の代償行為として、私はノーパンをしてる時が有るんだと思います。人が誰もいない所で全裸になるのと、人のたくさん居る所でパンツだけを脱ぐのとでは、感じるモノがかなり違います。

女性だけが持ち得た身体の特徴を活かして何かしてみたい欲求や、男性でいる限り一生知り得ることができない、女性だけが感じる事のできる悦びをより多く求めたい気持ち等も有りますよねー。(要するにエッチを好きになってしまっていて、私が女性であったことを幸運に思っているんですよね。多分そうです。)

後は、単に蒸し暑さを緩和したい時。

気持ちの揺らぎというのは本当に不思議です。

長々と私以外の方にとってはどうでも良いことを書いてしまいましたが、色々なきっかけやも目的が有りますけど、いつも常に何種類もの想いが入り交ざって、脱いでしまおうかどうしようか考えている内に、少しずつ考えが変わっていって、だけど結局はパンツ脱いでる私に辿り着くんですよね。別の結果に辿り着いて他の行動をするときもありますけど、それはまた別の機会に

(結構長々と欲望だらけの文章を書いてしまいました。ドン引きされた方、すみません。)

-----

ただ昔に比べて減ったのは、「あぁ、またやってしまった。こんなことで私は大丈夫なんだろうか」と不安になる気持ちです。今は「あー、今日はやっちゃったね。まぁいいか、気分も良かったし。しばらくはまた謹んだ生活に戻ろうっと。」と考えるようになっています。

まぁ、この日は今までと違う私がどこからかやって来たような勘違い(?)をして、浮かれてる気持ちがかなり強かったので、パンツを取りたくなったのですね。あまり後ろめたさは無かったように思います。

もし誰も人が居なかったら、人差し指でパンツをくるくる回しながらワッフォーイとか叫びながらスキップしてたかも知れませんよ?

さて、デパートの外に出ました。この日のスカートの長さは足首まであるので、ノーパンなのを他人に気づかれる心配はほぼ有りません。髪型を変えたイメチェンを更に延長したような気分で、ある意味ワクワクして街を歩きました。

ノーパンで外を歩くのはほぼ半年ぶりでした。特別な気分になって色々と試してた頃の間隔が蘇ってきたような気になりました。外観からは分からないと理解していても、ついつい壁際の方を歩いたり、時々腰に手を当ててパンツが存在しない事を再確認したり、両手の指通しを絡めて体の前に手を置いてスカートを無意味に抑えてみたり、通りすがりの人の目の位置を気にしてジっと見つめてしまってました

いや〜、ちょっと体温が上がりました。

それでも10分ほど、さして目的も持たずウロウロ歩いていると、だんだんとノーパンでいるのが当たり前のように思えてくるんですよね。もちろん穿いてないのを忘れはしません。下半身が不安なのはずっと意識していますが、穿いてなくても大丈夫になるんですよね。着ているスカートがロングだと平気になるのがかなり早いです。

昼間の路上で、女性の大事な部分が外気と触れ合うという異常な状況にいるというのに時間が経過すると、なんと!慣れてしまうんですよね。麻痺とはオソロシイものです。羞恥心は時間の経過に弱いのです。後、場の勢いにも弱いですね。時間と勢いがダブルでやってくると、結構簡単に負けます(負けたのは私だけではありませんよ)。

おっとっと、また話がそれました。

それでも自分の姿が気になるので、お店のガラス窓や良く磨かれているステンレスの柱等を見かけると、チラチラ見てしまいます。目が行くところは大体、髪の毛先、前髪、スカートです。いつもと違うと思って気にしているところばかりですね。

帰宅時間が決まっていたので、短かい路上散策タイムが終わった後はまっすぐ家に戻りました。結局、帰宅するまでパンツはバッグの中に入れたままでした。

家に戻って落ち着いてから自分の服を見つめなおしましたが、ブラは取らなくて良かったなーと思いましたね。ブラウスの素材は薄手ではなかったのですが、注意して良く見る人がもし居たら、ブラの有無くらいなら判別できていたかも知れません。身近な生活圏での遊びは控えめにしておかないとね

さぁ、次はノーパン遊びはいつしようかな〜?それと、髪が真っ直ぐで長いうちにしておく事は何か無いですかね〜?結ったりまとめたりしなければ、今なら髪はお尻が半分以上隠れるくらいの長さがありますよ♪。

くるくる、くるりん。
ワッフォーイ(小声)♪

皆様お休みなさい。

(完)

パンツ穿かずに髪サラサラでただいま 01 美容院からの帰り道

私の住んでいる地域では8月末から9月上旬にかけて、毎日のように雨が降っていました。小雨、土砂降り、朝だけの雨。色々とバラエティに富んていた雨の降り方でしたが、とにかく雨が続いていました。

8月最後の週末にはマキシワンピースを着てお出かけする予定を立てていましたが、それは全部キャンセルしました。残念(?)。もしお出かけ出来てたら、半年ぶりに下着無しで外で時間を過ごせていたのですけどね〜

マキシワンピースは肌触りの良い素材のコットンで出来ているので好きなのですが、直に着ている場合、雨で濡れると肌にピタリと貼り付いてキモチ悪くなりますよね〜。私の持っている服の場合、かなり多めに濡れると体に貼り付く部分が多くなって、結果、下着を着けていないのが分かりやすくなります。気を付けねば…。

傘を持ってない日に強めの通り雨に逢い、ブラの形が浮き出ているのを自覚した経験も有りますからね…。そのような危険性が高いと分かっている日は最初からマキシワンピは着ない方が良いですよね

困ったのが翌月曜から木曜まで連続で雨模様だった事です。会社にも穿いていけるようなショートスカートは4着しか持っていないので、金曜日まで雨だったらどれを着ようか困ってしまっていた事でしょう(金曜は雨が止んでヨカッタです〜)。

先週はもうまるで、ショートスカートが私の出勤着の定番のようでしたよ。膝上15cmくらいのスカートの日もあったので、ミニスカートと言い換えても良いかもです。

昨日と今日は曇りがちでしたが、日中は雨は降りませんでしたね。今日の夕方、少し降りました。(ああー、明日も雨かなぁ〜

さてさて、昨日は美容院に行ってきました

8月途中までは暑かったし、かなり長くなってきた髪を毎日手入れするのがいい加減時間がかかってかかって仕方がなかったので、もう短くしてしまおうかな、と思っていたのですけどね。その矢先に、もうすぐ高校の同窓会の計画の話が飛び込んで来たので、短くするのは次のタイミングに延ばすことにしました。

枝毛を切って長さを揃えて、生まれて初めてストレートパーマをかけました

凄いですね〜、効果!パーマだけでなく聞いたことの無いような薬剤も使ってたようですけど(^^;うねってて、ごわつきがちで、あまり櫛通りの良くなかった私の髪が、サラサラの真っ直ぐになってましたよ
あーん、素敵何これ
真っ直ぐな長い髪ってこんなに良いの〜?気分良いわ〜
高級シャンプーのCMみたいに、用も無いのにスピードつけて体を回転させて、髪がふわーってなるのをやってみたくなりますよ。

気分良い〜。気持ちも高揚〜。

想像してた以上に自分の「出来上がり」加減が満足出来るものだったのでついつい私は調子に乗ってしまいましたよ。

それならついでです。先週してみる予定だったノーパンもやってしまえ〜。イケイケ〜。

予定してたマキシワンピースではなく、半袖ブラウスと軽めのジーンズ風ロングスカートでしたが、久しぶりに脱いでみる事を試したくなりました。

美容院を出た後駅近くの低層のデパートのトイレに入りました。スカートだけたくし上げて、両手の親指だけをパンツにかけ、サイドの部分、お尻の部分、お腹、の順番でちょっとずつパンツを下げて行きました。お尻まで降りたら後は早いです。するするっと足首まで降ろします。この瞬間がいつもドキドキしますね。

(続く)
記事検索
訪問者数

    最新コメント
    最新トラックバック
    マシンガンバイブ×強制アクメ 4時間 (乳首攻めグッズ・チクビッチ・乳首バイブ・乳首洗濯ばさみマニア!)
    バイバイバージン 03 思い出しオナニー
    つぶやき
    QRコード
    QRコード
    livedoor プロフィール
    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    検索ありがとうございます
    広告のコーナー
    • ライブドアブログ