クレジットカードを初めて申し込む時には、申込用紙に記入したものを、送
付したりしますよね。気軽に記入しているものの、漏れや記入の仕方次第で
は、しっかりと審査にかかわってきますから注意が必要になります。

クレジットカードには、大きく分けて4種類ほどあります。銀行系のクレジッ
トカード、百貨店やスーパーが発行している流通系と呼ばれるもの、信販会
社のクレジットカード、メーカーや消費者金融が発行するものなどです。
それぞれのクレジットカードに、特有な顧客がいます。銀行系のクレジット
カードの申込が難しいと感じたら、申請が通りやすいカードを持って、コツ
コツとクレジットの良い履歴を積み上げていって、最終的には自分の持ちた
いカードに申し込めるようにしていくという申請方法もあります。

クレジットカードの審査の流れは、各社によってまちまちですが、おおむね
以下のような質問がされます。

まずはオンラインや申込書に個人情報を記入して提出します。

その際には、自署捺印届けや本人確認書類が必要になるケースもあります。

書類を受け取ると、カード会社側は入会審査を行い、判定の結果がメールな
どで手元に届くという流れです。

申込方法や会社によって、カードが送られてくるまでにかかる時間もさまざ
まですが、早いところでは翌日から1週間程度、ゆっくりのところでも1か月
前後で受け取りができます。

インターネットでのクレジットカードの申請は、手早く申込が終わることで
人気があります。

本人限定受け取り郵便という配送方法をとることで、本人確認が確実になる
ため、インターネットの申込でも他人が成り済ますことなく、本人の手元に
カードを送ることができるようになっています。

クレジットカードの発行にはスコアリング制度がとられていて、決まった点
数のラインに達しないと発行されません。

年収、勤務年数、居住年数といった基本的なスコアに、過去の多重債務のあ
るなし、支払遅延のあるなしなど、クレジットの履歴を考慮して、カードの
発行になります。