July 2005

July 31, 2005

「牛タン」のない仙台なんて・・・

静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」の取材で
牛丼が消えて、カレー丼登場!と言いながら吉野家へお邪魔させてもらったのが
2004年2月。

早いもので牛肉問題が浮上してからずいぶん経つんですね。

確かにスーパーに並ぶ牛肉は、以前に比べて高騰。
そういえば最近、切り落とし肉しか登場しないね」って彼が言うとおり
ぶ厚い牛肉コーナーは、いつも素通りしている私。
お給料日後に「よーし、今日はいい牛肉を買うぞ!」って思ったけど
閉店近くに出かけて、ついつい「3割引」のシールがついたものを手に・・・
あ”〜〜正規料金で買う勇気が欲しい(笑)

牛タン記事そう思っていた矢先、今朝の読売新聞にこんな記事が。
「牛タン“舌”体絶命」
ダジャレた割に、内容は深刻です。
仙台で牛タン専門店が相次いで閉店し、
1年半前の4割に激減しているとか。
米国産牛肉の輸入禁止に加えて
オーストラリア産も高騰。
大変ですよね。
・・・ていうか仙台ご当地名物は輸入肉だったという事実も
結構びっくりでしたが、みなさんはご存知でした?


先月取材で仙台を訪れた時に夕食で寄らせてもらった
牛タン炭焼 利休」のことも記事には載っていました。
ご一緒したディレクターさんと頼んだ牛タンは
塩味と味噌味の盛り合わせ。
塩だけでいいのにねって言ってたんですがこれには理由があったんですね。
続きを読む

erikan0620 at 22:22|PermalinkComments(6) グルメ 

July 28, 2005

第4回美酒美食会リポート◆嵌反35号と揚げ出し餅」

美酒美食会から1週間。
まだあの時の美味しさが忘れられません。
「かぶと焼」もさることながら、他にも美味しいものがたくさん!
志太泉八反35号茄子餅揚げだし











今回私の一番のお気に入りは
↑この組み合わせ♪
「志太泉純米吟醸原酒八反35号」と「揚げ出し餅&茄子」

「八反35号」だなんて、悪者と戦ってくれそうな名前ですが(笑)
立派な酒造好適米。広島県を代表する酒米のひとつです。
「八反錦」という酒米の父であるこの米は、昭和35年に誕生。
この八反35号を使って酒造りをしている蔵は、静岡では志太泉さんだけでは
ないでしょうか?

米の特徴は「艶のある香り、滑らかな端麗な酒を生み出す」と
資料で読みましたが、私が飲んだ印象では
穏やかな吟醸香で、米一粒一粒の旨味が伝わってくるようなどっしりと、力強い味」 
だと思いました。
それでいて、後味はすっきりといわゆる「キレ」がよくって
冷酒もいいですが、燗つけしたら美味しさが増しそう!

この日に頂いた5種類の日本酒の中では
一番食事に合うのがこの「八反35号」。
単独で飲むより、揚げ物や煮物に合わせるとぴったり!

揚げ出し豆腐ならぬ揚げ出し餅との相性は素晴らしかったです。
あ”〜〜〜また食べたいっ。


他にも続きを読む

erikan0620 at 20:20|PermalinkComments(5) 美酒美食会リポート 

July 25, 2005

いざ!という時の自分って?

,梁海を書く前に先日の地震のお話を。
週末はブライダル司会の仕事で東京へ行っていました。
17時からのパーティだったので、スタッフの方々と打ち合わせをしていたら
久々の横揺れが・・・。結構長く感じましたね。
幸い地下の会場なので高層ビルに比べれば揺れは小さかったようですが
司会の立場だと、動揺せずにお客様を誘導する義務があるので
余震が来たらどうしよう…と緊張しました。
でも、不思議と仕事中って冷静。
パーティの合間にTVニュースをチェックしたり、
お客様に交通情報を伝えるため、メモしたり。
怖いという気持ちは全く起きませんでした。

静岡でも大型地震が来ると言われ始めてからずいぶん経ちますが、
もしもの時にも、落ち着いて行動できるかも?と
すこーーし安心しました。


でも、入浴中に地震が起きるのは勘弁してほしいです(笑)
眉毛くらい描かせてもらわないとねー。って言う前に服を着るほうが先か??
続きを読む

erikan0620 at 23:59|PermalinkComments(7) 日記 

July 21, 2005

第4回美酒美食会リポート 峪崑誓瑤箸泙阿蹐里ぶと焼」

月日の流れるペースが年々早くなっているような気がします(>_<)
このペースでいくと、2006年ももうすぐ!…歳のせいでしょうか(笑)

楽しみにしていた第4回も、あっという間に終わってしまいました。
お忙しい中出席してくださった志太泉専務・望月雄二郎さん、
少ない予算で美味しいお料理を提供してくださった焼津蓬来荘さん、
ありがとうございました。まずはお礼を申し上げます。


さて、志太泉づくし!の今回のラインナップはこちら!
第4回ラインナップ秘蔵酒梅











ヾデ奸ΑΑ志太泉専務秘蔵の梅酒(写真右・梅)
      (H16年6月に純米原酒で漬けた梅酒・専務からのサービス)
吟醸酒H16BY・・・播州山田錦・50%・静岡酵母NEW−5
純米吟醸H16BY・・・焼津酒米研究会山田錦・55%・NEW-5
純米吟醸原酒H16BY・・・八反35号・50%・NEW−5と蔵内自家培養酵母
大吟醸金賞受賞酒H11BY・・・兵庫山田錦・35〜40%
純米大吟醸H16BY・・・播州山田錦・40%・静岡酵母HD-1と蔵酵母

Э錦・純米本味醂「飛鳥山」三年熟成
開会・専務
いつもながら美味しいお酒が味わえることに加えて
今回は蔵元の説明付!なーーんて贅沢なんでしょう♪
参加者14人で、雄二郎専務の優しい語り口に耳を傾けながら
美酒と美食に酔いしれました。

食事もすごい!
メインディッシュは「まぐろのかぶと焼」!!
大きさをわかっていただこうと自分の顔を並べてみました。続きを読む

erikan0620 at 10:13|PermalinkComments(13) 美酒美食会リポート 

July 19, 2005

はっちゃんと亮子ちゃんの「愛情野菜便」

神奈川県藤沢市に実家があります。
ありがたいことに、父も母もとっっっっっても元気で
先日も二人で愛知万博へ出かけてきたとか。
母孫ブランコ
母「亮子ちゃん」は還暦記念にホノルルマラソン(2回目)に挑戦したり
来週末には富士登山に出かけてくるという超体育会系。
彼女からは「疲れた」という言葉を一度も聞いたことがありません。
←これは、孫2人と一緒に公園のブランコで遊ぶ亮子ちゃんの写真(一番左)。
画像はぼやけてますが、誰よりも楽しんでる様子が伝わってきて
兄からの写メを受け取った時は大爆笑してしまいました。

そして父「はっちゃん」は、月に2〜3回ゴルフに出かけ(先日は優勝したらしい!)
普段は庭の花壇の手入れと野菜作りに一生懸命。

いつも新鮮朝採り野菜を送ってくれます。
父野菜せっとひき父トマト











きれいに洗った後、鮮度が落ちないように水で濡らした新聞紙に包んだり
トマトはつぶれないように箱詰めしたり。
2人で工夫して詰めて送ってくれます。
お陰で「さっき採れたばかり」という状態で届く野菜は
どれも美味しくて、買った野菜とは比べ物になりません。


実際、なかなか買えない野菜もあるんですよ!
↓   ↓   ↓   ↓続きを読む

erikan0620 at 16:42|PermalinkComments(10) 美味しい頂き物 

July 12, 2005

お米、育ってます。(酒米・山田錦成長記◆

焼津酒米研究会の田植えに参加させていただいたのが
6月10日。(6/18「お米育ててます」を参照ください)
サボテンすら枯れさせてしまう私が、
持ち帰った稲を育てられるのかどうか1ヵ月が勝負!と思ってました。
健康に育っているとは言い難いものの、
少しずつ大きくなってきたのでご報告です♪
稲5日後ヨリ
持ち帰って、プランターへ植え替えた直後は
幅も細くって、背丈も15センチくらい。
稲もまだ「ふらふら」してました。
見るからに か細くて頼りない山田錦。




山田錦19日め
20日ほど経つと背丈は30センチほど。
一株から生えている本数も、心なしか増えてきたような…
ただ、黄色く変色したところが見られるようになり
ちょっと心配。
水道水を使ってる影響かな?続きを読む

erikan0620 at 14:15|PermalinkComments(7) 日本酒 

July 09, 2005

「酒蔵の一滴」〇崑誓酒造106号タンクの謎

七夕の午後。念願かなって志太泉酒造さんにお邪魔しました。
梅雨明けしていないとはいえ、すっかり夏の暑さだったこの日、
蔵の目の前を流れる瀬戸川は透明で穏やかな姿を見せていました。
春になると咲き誇る土手の桜の木からは、一足早く蝉の声
藤枝駅から車で20分ほどしかかからない場所なのに、
とてものどかで、懐かしい風景が広がる素敵な場所です。
志太泉蔵外観志太泉入り口











志太泉窓から瀬戸川長い歴史の中で、戦争による休業を乗り越え
昭和30年代に建てられたという蔵の中に案内していただくと
2階の窓から川のせせらぎの音とまばゆい緑が目に飛び込んできました。
とても心地よい風がそよそよと・・・。
ここで昼寝ができたら気持ちよさそう(笑)

冬の仕込み時期ともなれば、この風が酒造りの温度調整にかかせないものとなるそうです。

志太泉専務の望月雄二郎さんが、お忙しい中丁寧に
麹室の中までご案内くださって(ありがとうございます!)
その説明に、活気ある冬の仕込みの様子が目に浮かぶようでした。

仕事柄いろんな質問をしてしまい、
2時間近くもお邪魔してしまったのですが
興味深かったのは「幻のお酒」の存在
その名も「メロースィート・−10」
志太泉さんに横文字のお酒があったとは!・・・驚きました。続きを読む

erikan0620 at 08:24|PermalinkComments(4) 日本酒 

July 06, 2005

目指せ!違いのわかる女 VOL.1(醤油編)

コレ、醤油です。
微妙に色が違うのを気づいてもらえるでしょうか?
醤油3種
今年かかげた目標のひとつ
「違いのわかる女になる!」
利酒師の認定をもらったのはいいものの、
活用するためには舌を鍛えなければ!と思い
基本の調味料に少しだけ気を使うようになりました。

だし、味噌、塩、胡椒、そして醤油。
素材を活かした料理が好きなので(…っていうか凝ったものは作れません・笑)
これらを変えただけで料理の腕前が上がった気がします。
上の写真は左下から「キッコーマン醤油」右下「百年蔵」
上が「あずさ醤油」です。


今まではキッコーマン醤油をいかに安い時に買おうかと
チラシとにらめっこでしたが、
あずさ醤油に出会ってからは、コレひと筋!!あずさ醤油

「桜海老塩」を教えてくれた美容室オーナーから
紹介してもらったんですが(3月12日掲載)
ホントに美味しい♪
それまであまり好きではなかった「ネギトロ丼」を
あずさ醤油のお陰で大好きになりました。

冷やっこも、煮物も、焼きうどんにも合う!
アトリエJ.D.の清水さん。いつもありがとうございますm(__)m

国内産の材料を使い昔ながらの製法「古式しぼり天然醸造」で
造られていながら、値段もお手ごろ♪
一升瓶入りで850円(税別)の薄口醤油です。続きを読む

erikan0620 at 10:30|PermalinkComments(13) グルメ 

July 04, 2005

20個で58円の山桃とは?

家から歩いて3分の所にある「しずてつストア
静岡の方ならお馴染みですね。
リニューアルオープンしてからは
チーズ専門店や、東京進出中の酒屋「ヴィノスやまざき」、
焼きたてピザ、スープコーナーを取り入れて
ちょっと(ほんのちょっと)セレブな香り漂うものを置くようになったんです。
そして、地元の「作り手の顔が見える」食材にも力が入りました。

ある日、いつものように入り口近くにある地元食材コーナーを物色していると
「山桃」と書かれたパックを発見!
見れば直径2センチほどの、小さくて赤いマリモのような形をしたものが
透明パックの中に20個ほど入っていました。
山桃
初めて見る「山桃」に興味をそそられ、手にとって見ると
なんと!58円と書いてあるんです!
58円ですよ。
今時58円で買えるものは少ないので驚くと同時に
「ほんとに食べられるの〜〜?」という疑いの気持ちが・・・

まぁ、悩む金額でもないので買い物かごへ入れてみることにしました。

・・・意外と美味しいんですね、食べてみると。
周りがプツプツしているので、舌触りがおもしろく、
味はベリー系。少し黒くなったものは熟しているようで、甘味と酸味があって
お酒にしたら美味しそう♪」と思っちゃいました(笑)

調べて見るとほんとに「山桃酒」はあるらしく、
色もロゼワインのようになってきれいだそうです。
飲んでみたいですね〜。

ずいぶん長く生きてるのに
出会ったのが初めての「山桃」。
森や林はもちろん、街路樹、公園などいろんなところにあるそうですね。

いちばん驚いたのは彼のひとこと。続きを読む

erikan0620 at 23:47|PermalinkComments(4) グルメ 

July 01, 2005

仙台取材は美味しいもの満載♪

番組の取材で宮城県仙台へ行ってきました!
仙台広瀬川仙台ロケ漁港








仙台といえば=広瀬川!と思った人は30歳以上ですね(笑)
♪「ひろせーがわーながれるきーしべー…」さとう宗幸さん、お元気ですかー?

それにしても仙台は美味しいものが多い!
いいところですねー。
有名な牛タン、笹かまぼこをはじめ、もちろん地酒も…

今回は「アセロラ」と「みょうがたけ」を取材したんですが
どちらも驚きました。
ニチ○イのアセロラドリンクは本物の味ではなかったんですねー。
本物はどんな味かというと……すみません、ぜひ番組をご覧下さい(笑)

そして、みょうがたけ。
普段私達が見ているのは「花みょうが」なんですって。
みょうがたけは、みょうがの若い茎の部分を1mの高さくらいまで育てたもの。
色がとってもキレイ♪
あんまり長いので、カットして売ってるんですが
クセが少なくてシャキッとしていて、「花みょうが」よりも
たくさん食べられます。

下の写真はお約束の「牛タン」「笹かまぼこ」「みょうがたけ」
そして、地酒「雪の松島 入魂超辛+20」です♪続きを読む

erikan0620 at 12:00|PermalinkComments(11) グルメ