July 2006

July 21, 2006

「駿河地酒や機廛螢檗璽函峪崑世糧酒美食・杉錦」

今回より「駿河地酒や」として開催することになった美酒美食会。
第1回目は「志太の美酒美食」をテーマに
地元の食材で、地酒を味わいました。
杉井社長
今回の会に、お忙しい中快く出席してくださった
「杉錦」杉井酒造社長・杉井均乃介さん。
そして、ご無理を言って貸切営業してくださった
藤枝の「蕎麦・酒 かわかつ」河辺さん。
ご出席くださった皆様。
ありがとうございました。

まずはお礼を申し上げます。

では記録用なので文章が長くなりますが、
(すみません、先に謝ります)

早速本日の美酒ラインナップから!
飛鳥山 (味醂) 
〇廓兔稱討發箸靴椶
⊇稱涜膓秕しずく取り原酒(平成18年新酒鑑評会・出品酒)
   兵庫山田錦40%+5 
生もと 特別純米 山田錦60% +6
と百萬(やおよろず)PB 掛川山田錦90%
セ廓兔稱 減農薬栽培の玉栄 60% +6
才助 (焼酎)

そして、いつも嬉しい差し入れです!
蓬莱泉 純米大吟醸 「吟」
王禄 純米酒 無濾過生原酒  
  Takaさん、篠田さん、ありがとうございます♪

ラインナップ事務所でラインナップ

今回のテーマにぴったりの
お酒とお料理のマッチング。



たとえば 山廃純米もとしぼり 
酵母無添加で育てた酒母をしぼったもの
6月にタンクで醗酵中の酒母を飲ませていただいたときは
あまりの酸味に驚いたのですが、今回は少し酸味も落ち着いていました。
・・・といっても日本酒というよりは白ワインみたいですが。)
 酸味とほのかな甘みが共存していて、新さんまの棒寿司にぴったりでした。
先付け飛鳥山






写真がぼやけていますが、
赤いのは「スイカの味醂掛け
杉井さんが作っている県内唯一の本味醂「飛鳥山」を使っています。

八寸お造り






八寸も豪華な内容でした。
ヤングコーン・松茸・ちびオクラの白和と
うざく、とりわさ、山葵漬けと足平の紅白小板など。

これは「吟」と「王禄」で頂きました。
35%で2〜3年熟成させているだけあって、華やかな香りの中に
しっかりとした米の旨みもあり存在感がありました。
王禄は入荷仕立てをお持ちくださったので、まさにフレッシュな味わい。
さわやかな酸味もあって八寸ともぴったりでした。

そして、杉井杜氏渾身の1本と言える
純米大吟醸しずく取り」をお造りと一緒に
夏らしい「鱧落とし」「鱸の洗い」「水蛸の柚子胡椒はさみ」
を梅肉で。

最高の取り合わせです♪
しかも杉井社長が自ら注いでくださって感激しました。

今年の新酒鑑評会で会長賞を受賞したお酒。
穏やかでフルーティな香りと後味のきりっと感。
品のある味だなーと思いました。

そして食事は本日のメイン!「大井川の黒シャモ」が
登場します。続きを読む

erikan0620 at 16:21|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 美酒美食会リポート | 美酒美食会リポート

July 17, 2006

夏の日本酒「発泡」出羽桜

発泡酒が大好きです♪

・・・といってもビールモドキではなくて
日本酒の「活性にごり」のことです。

日本酒好きの方ならもちろんご存知だと思いますが
初めてこの「活性にごり酒」に出会ったときは
衝撃的でした。

「これも日本酒なんだ!」という素直な驚き。

こんなに美味しくて飲みやすくて
女性にぴったりのお酒なのに
なんで出回らないんだろうと不思議でした。

今までも「SILVER MOON」や
スパーク・リ・ヴァン
獺祭・発泡にごり酒」などなど
美味しい「ライスシャンパン」に出会ってきましたが、

今回飲んだ「夏祭り・とび六」も美味しかった!
とび六
この日の夕食はカレーライス。
でもすごく暑かったので、どうしてもシュワシュワしたものが飲みたくて
「とび六」を開けることに。

すると、甘くバナナのような香りが漂い
カレーにも負けない風味。
でも飲んでみるとピリッとするくらいの発泡と
きりっとした辛口な味わいに
清涼感抜群でした!


300ml瓶を買いましたが
720mlでも飲めたかも(笑)

それほどお気に入りの1本です。

次回8月開催予定の「駿河地酒や」では
夏にぴったりの「発泡まつり」を開催しようと思っているので
この「とび六」もエントリーします!

夏祭り・とび六 DATA

出羽桜酒造株式会社
山形県天童市一日町1−4−6
吟醸にごり
精米50% アルコール15〜16度



erikan0620 at 18:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日本酒 | 日本酒

July 06, 2006

「酒蔵の一滴◆彎夜衣・森本酒造の「滲み出る旨さ」

日本酒でお世話になっている方からご紹介いただいた
しずおか地酒研究会
数々の本の執筆や「アットエス」の地酒ライターとしても活躍されている
鈴木真弓さんの会です。

もう10年も静岡の地酒を応援し続けている
真弓さんの姿勢には頭が下がるばかり。

今回区画整理のため蔵を建て直すことになった
「小夜衣」森本酒造・平成蔵見学会にお誘いいただき
先日見学に出かけてきました。
森本酒造平成蔵
一般の方の見学は今回が初めてとのこと。
まだ完全に引越しが終わっていない様子の蔵の中を
森本社長自らご案内くださいました。


 森本社長真弓さん筆森本さん似顔絵







左が森本社長ご本人。
右は鈴木真弓さんが書いた似顔絵。

ものすごく特徴を捉えていて、似てますよね(笑)


森本酒造は社長が杜氏を務める「自醸蔵」。
その森本さんの利酒力は素晴らしいのだそうです。
その研ぎ澄まされた舌で、味覚で美味しいお酒を醸し出したあと、
利き酒するときにこの「ヒゲ」が邪魔にならないのか?と
心配してしまうくらい
立派な口ひげをたくわえていらっしゃいました。

杜氏さんがひげを生やしているって、
全国的にも珍しいのではないでしょうか?
なんて変なことを考えながら
4種類の利き酒タイム!!
森本酒造利き酒4種
続きを読む

erikan0620 at 00:38|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 日本酒 | 日本酒