June 2012

June 30, 2012

新生児

というワケで(←ただの枕詞デスヨ)、
ツイッターはじめて一夜が明けました。
たくさんのフォローありがとう><ありがとうです。

えりこの心を記録する場所

えりこ/心/ログ

えりこ*コ*ログ

eriko_co_log

な、意味を込めてみました。
実は、この言葉
繪*日記を始める時に最後まで候補に残っていたものなんです。
日のめを見せてあげることが出来て、本当に良かった。

新しい中村のコを、どうぞよろしくおねがいします。

中村繪里子ツイッター
eriko_co_log


あ、あと。
ラー油じゃねぃから!
(ラ のつく ゆ 的な…)


at 10:35|PermalinkTrackBack(0)

梅雨も明けたし冷やし中華もはじまったので

2012.11.03
ラ のつく、ゆ 的なことを。
にゅふふふ。


下ごしらえその1として、
Twitterはじめました。

eriko_co_log
中村繪里子


at 01:43|PermalinkTrackBack(1)

June 27, 2012

夢の中が

あまりにもキラキラしていたので、メラメラしてきちゃいました。

もっともっと私自身の“夢”を紡いでいきたい。

すでにご存知の方も、100名くらいはいらっしゃるとは思いますが…


2012.11.03


にやりんちょす。
続報をお待ちください。
にやりんちょす。


at 02:17|PermalinkTrackBack(0)

June 26, 2012

夢の中は

いかがでしたか?

アイマス7thライブ。
みんなといっしょに!

駆け抜けた今だからこそ感じることがあります。
ライブタイトルに込められた“みんな”の意味。

何も人の数だけをあらわしているのではない。
いろんな想いも、たくさんの曲も、ここまで来た思い出も、
惜しまなかった努力も、
そういったなにもかもをひっくるめた“みんな”だったんだって。

“みんな”“いっしょに”

すごく、幸せです。
本当に、ありがとう。


この日の為に、何かを我慢しなきゃいけない人がいたかもしれない。
この日の為に、何があっても乗り越えられた人がいたかもしれない。

そんな人たちにも楽しんでもらえますように。
貴重な時間・お金・想い・すべてを預かって、私たちは全力でした。

そうして出来たこのライブは、やっぱり“夢”みたいです。

こんなにステキな夢なら、
私は、なんどだって見たいと思う。
みんなといっしょに見たいと思う。

だから。

これからもプロデュースよろしくお願いします!!



2012.6.23,6.24を振り返って


at 23:02|PermalinkTrackBack(0)

June 24, 2012

夢の中に

まるで夢をみていたような心地なのに、
今からホンモノの夢を見るんだと思うと、
さっきまでの時間はやっぱり夢じゃなかったんだ。
と噛みしめる幸せ。

アイマス7thライブ
みんなといっしょに!
1日め 完走の感想。


at 01:00|PermalinkTrackBack(0)

June 22, 2012

夢の中で

『えりこちゃん。この写真OKて言ってたけど、椅子の上であぐらかいてるよ〜。気をつけてね!』
気にしないよ〜
『だ〜め。女の子なんだから。』
トリミングするー?
『だ・あ・め。気をつけてね』

ここで、目が覚めた。
ぽんやりとした頭でほんやりと反芻する。

―はむはむ。
久しぶりに彼女に会えた気がするなぁ。
―はむはむ。
元気そうだったなぁ。
―はむはむ。
元気かな。
―はむはむ。
会いたくなってきちゃった。
―はむはむ。
なんであんなに写真映りに拘ってたんだろ。
―はむはむ。
なんでトリミングじゃだめだったんだろ。
―はむはむ。
なんでこんな夢見たんだろ。

ここで、目が醒めた。

そうか。
そういうことか。
たしかに、“あぐらをかく”のは良くないね。
人として。

ありがとう。


at 13:18|PermalinkTrackBack(0)

June 19, 2012

夢の中へ

ここ最近。

アイマス7thライブリハと、普段のお仕事のミルフィーユに、
段々と、夢と現実を行ったり来たりしてるような心地になっていました。

プロデューサーさんにも、
スタッフさんにも、
メンバーにも、

自分にも、

ステキな夢を見てもらえるように。
うふっふー ふっふーふ ふっふー


at 10:34|PermalinkTrackBack(0)