Женяこれ、誰のフィギュアだかわかりますか? 私は一番最初に動画の中でこれを見たときにはあまりに似ていないので笑ってしまったのですけれどね(^^;) というか、言われなければ気がつかなかったというか(苦笑)

正解はプルシェンコ。(私が買ったということだけでわかったかもしれませんが(笑))
箱に書かれたキリル文字が今の私にはちょっと嬉しいロシア製。販売サイトも教えてもらったのですが、さすがの私もまだロシアサイトで買い物をするほどの勇気はございません(^^;) 言葉の問題はもちろん、買えたとしても郵便事情を考えるとリスクが高くて・・・しかも、こんなに似ていないし(爆)

**** 因みに・・・ ****
このシリーズはコチラのサイトで販売中。
http://www.fanshop.ru/index.php?CID=506
上からスルツカヤ、ヤグディン、プルシェンコですが、パッと見てわかるのは「仮面の男」の衣装が鮮やかなヤグディンだけのような気がします(^^;)
本体価格で日本円にして400〜500円くらいでしょうか。
*********************

ところが、そんなフィギュアの存在を忘れた頃に某オークションに出品されているのをみつけてしまったのです。
本体価格とロシアからの送料を考えたらリーズナブルなスタート価格。「この価格で買えるのだったら、blogのお笑いネタになるかもしれない」などと不謹慎なことを考えながら入札してみたところ、競り合う人もいなくて(^^;)落札出来てしまったという訳です。

日本では多分買えない、ある意味貴重品。似てる似ていないは関係なく、とっても嬉しく思っているのですが、実はこの話には「おまけ」があります。
出品者の方とやりとりをしている中で、送付方法について少しでも良いコンディションで届くようにと料金は高くなるものの「ゆうパック」で、とお願いしたところ、「せっかくゆうパックで送るんだったら、おまけもつけましょう」と仰ってくださって、なんと、2006年3月7日にモスクワで行われたアイスショーのパンフレットを一緒に送って下さったのです!
これこそ日本では手に入らない貴重品〜〜〜♪
なんだか「瓢箪から駒」「棚から牡丹餅」などなど色々な諺が思い浮かびますが、とにかく「ありがとうございますm(_ _)m」の一言。

そのパンフレットがこちら。

パンフレット-表紙パンフレット-内容






プルの写真の下には紹介のコメントが載っているのですが、もちろんロシア語。
でもね、せっかく勉強を始めたのですからこれは読んでみなければ。
(あ、でもとりあえずプルのところだけですけどね(^^;))

ということで、多分訳はこんな感じです。
*********************
=2006年冬季オリンピックのシングルチャンピオン=
「私は、フィギュアスケーターになるために生まれたと思います。
それは運命だったと思います。そして、私はそのようにしてくれた神に感謝しています。私は、成功しました。すなわち、神はそのように与えたのです。」

1996年、ジェーニャが13歳のときに、オーストラリアのジュニア世界選手権で第6位になりました。そのとき、彼は最初の賞金1500ドルを受け取りました。このお金で、彼はおかあさんにテレビとスーツを買いました。
次の年ジェーニャは韓国でジュニア世界選手権を獲りました。その時彼は14歳でした。 - フィギュアスケートの全歴史において最も若いチャンピオンです。
最近ではジェーニャは74の大会に出て、47の金メダルと14の銀を獲得しています。
2006年2月16日に、ジェーニャは人生で一番大切なメダルを獲得しました -オリンピックの金メダルを。
*********************

もちろん私が全部訳したわけではありません(笑)
ロシア語→英語→日本語のWeb翻訳でまずは訳し、うまく訳してくれなかった単語を少々補足し、文章を日本語らしくまとめたものです。なので、もしかしたら違っているところもあるかもしれません。
特に賞金の金額は1500ドルなのか15000ドルなのかよくわからないのです。「1,5千ドル」という表記なのですがジュニアの6位で約150万円の賞金って、そんなにもらえるものなのでしょうか(^^;)(→なので訳は1500ドルにしてみました)
因みにジェーニャというのはプルの愛称ですが、自動翻訳では「妻」と訳されてしまい(ジェーニャ=Женя、妻=Жена)「13歳で妻、14歳で妻???」と頭の中が一瞬パニックになりました(爆)

こんなに早くにロシア語辞書と真剣に格闘する羽目になろうとは思っていませんでしたが、実り多き買い物であったことは確かです。出品者の方には本当に大感謝なのでした(*^^*)