旅行ルート二転三転、四転くらいした夏休みの旅行がやっと決まりました。
・・・多分(^^;)
当初考えていた音楽の都オーストリアから、どこをどう方向転換したのか、決まった先はロシアです。しかも水の都サンクト・ペテルブルクなどの都市部ではなく、極東の地カムチャッカ(^^;)

確かに私もロシアのパンフレットはしげしげと眺めていましたが、それは「サンクト・ペテルブルクでエルミタージュ美術館に行く8日間」のようなよくあるタイプのツアー。
でも夫がみつけてきたのは、カムチャッカの温泉に泊まって高山植物を愛でながらハイキングをして、ハバロフスクからウラジオストクまでシベリア鉄道で移動するというちょっと珍しいコースでした(^^;)

私 「え〜〜ロシアだったらサンクトがいいなぁ。。。」
夫 「いいじゃない、また今度行けば」
私 「あ、そう?」

という、なんとも脳天気な会話で目的地が決まったのですが、「また今度」って本当にあるのか???とは内心お互いに思っています(爆)

去年までの私は「う〜〜ん、自然満喫のロシアねぇ・・・色々と不便なのでは??」などとマイナス思考だったと思うのですが、今年はロシア語を少しかじり始めたこともあり、「まぁいっか〜〜ロシアだものね(^^)」と前向きではありますね(笑)

そうそう、ロシア語。
明日から文法は横において、旅行会話の本を読むことにしました。
目先のことを考えるならば、格変化よりも「珈琲下さい」の方が大切かと(^^;)

それから・・・
旅行に行くと言うと友人から必ずと聞かれるのですが、今回は2人で行きます!
義母はハイキングとシベリア鉄道にあまり気が進まないそうで・・・
まぁ、たまにはね(^^;)