2007年05月

2007年05月27日

お風呂で・・・

お風呂で爆睡
お風呂で爆睡です(笑)

今日はゆっちと遊んだり、そのあとひいおじいちゃんの家にゴハンを食べに行ったりして沢山遊んだがっちゃん。お昼寝もそこそこだったのでさすがに疲れたようです。

ひいおじいちゃんの家から帰って来て、パパちゃんとお風呂に入ってる途中で爆睡してしまいました(笑)


あまりにも気持ち良さそうに寝ているので起こすのが忍びないくらいでした・・・。

eriri_1976 at 23:53コメント(0) |  

ゆっちとがっちゃん

ゆっちとがっちゃん
今日はN家のみなさまが我が家に遊びに来てくれました。
3ヶ月ぶりに会ったゆっちは、またさらに大きくなっていました。


前回、玄関を開けた旦那さまを見て大泣きだったゆっち。
さて今回は・・・

玄関は私が開ける。しかし、泣き出す。
「いらっしゃ〜い」と迎えた旦那さまの顔を見てさらに激しく泣く。

・・・やっぱり今日もダメだった(笑)

いや、結構一緒に遊んでるんですがね(言い訳)


しばらくすると慣れて、部屋中をちょこちょこと動き、ティッシュを箱から全部出してくれたり、コップを置いていたコースターを「どーじょ!」と何個も渡してくれたり、ティッシュで床を拭いてくれたり・・・(笑)

前回会ったのは、がっちゃんがまだお腹にいるときだったので、ゆっちとがっちゃんは初対面!!
ゆっちは「赤ちゃん」が気になるらしく、側に来てはじ〜っと見ていました。
「よしよししてあげて」と言うと激しくよしよし(笑)


がっちゃんを「ちゅ〜」と言いながらゆっちに近づけると、体をのけぞって嫌がっていました。
がっちゃん、生後3ヶ月を待たずして、ふられました(笑)


今日はゆっちのママと育児に関していろいろ話す。
スリングがうまく使えないことを相談していると、がっちゃんに参加してもらって実演。
実演で教えてもらってるうちに、がっちゃんは寝てしまいました。
まち子ママの寝かしつけ


ママちゃんのときは寝ないくせに!


さすがゆっちママ。子育ての先輩です。

今度はがっちゃんがゆっちの家に行くことを約束してさよならしました。
久しぶりににぎやかな我が家でした。

eriri_1976 at 23:48コメント(0) |  

もうすこし!!

くびすわり
6月1日で丸3ヶ月を迎えるがっちゃん。
まだ3ヶ月無いのに、もう首がすわりそうです。


1ヶ月を過ぎた頃から横抱きを嫌がり、縦抱きを要求していたからでしょうか・・・。
首も早いうちからしっかりしてきて、2ヶ月半になると首に手を添える程度で縦抱きが出来るようになりました。

昼間、畳にうつぶせにすると自分でしっかりと首を起こして前にいる私を見つめます。
う〜〜〜ん。かわいい!!(笑)


まだ時々グラグラするときもあるけど、もう少しで完璧に首がすわりそうです!

eriri_1976 at 23:30コメント(0) |  

ワンちゃんとの闘い

ワンちゃんと仲良し
最近、お散歩コースの途中にある小さなペットショップのガラスケースに小さな白いマルチーズが入れられています。
がっちゃんはそのペットショップのワンちゃんを見ると、口をぽか〜んと開けて、「これなんだ?」ってね感じでじっと見つめています。
お散歩の途中で出会ういろんなワンちゃんにも興味津々。
首をあちこちに動かしながら、目で追ったり、「あう〜あう〜」と声を出しています。


昨日お出かけしたときに、そういえば車にワンちゃんのぬいぐるみがあったな・・・と思って、見せてみると。


いきなり鼻をがしっとわしづかみ。
そして「びぃ〜ぶぃ〜〜!!」とものすごい声で威嚇。
「りゃぁ〜!」と赤ちゃんにはありえないような声で、ワンちゃんをねじ伏せておりました・・・


ご近所のワンちゃん・・・がっちゃんに近づくと怪我しますので、お気をつけください。

eriri_1976 at 23:24コメント(0) |  

2007年05月25日

起きたら横に!

横に移動する雅空
コレは、横に移動しているがっちゃんです(笑)


朝5時頃。
がっちゃんのベッドからなんだかガサガサと音がするので見てみると。


!!!!


がっちゃんが横に移動している!!

しばらく眺めていると、「ふにゃぁ〜ふにゃぁ〜」と言いながらベッドに対して真横に移動。
そして「ふにゃぁ〜ふにゃぁ〜」と言いながら足でどんどんと掛けふとんを蹴っ飛ばす。
そして、おさまりがついたのか、また眠りについてしまいました。

確かに寝るときはまっすぐに寝かせたのに・・・。
起きたときには横、きっちり90度に移動して寝ていました。


・・・寝相、悪すぎです・・・



これじゃ、寝返るのも早そうだなぁ・・・。



eriri_1976 at 23:06コメント(2) |  

バラ、満開!!

母の日のバラ満開
私がこの前迎えた初めての「母の日」

がっちゃんとパパちゃんからもらったバラの花は満開になりました。

私が留守中にパパちゃんが説明書通りに大切に大切に育てていてくれたおかげで、見事に咲くバラの花を見ることができました。


大切に育てて、また来年も花をつけてくれるといいなぁ。

eriri_1976 at 22:57コメント(0) |  

おえっ!!

おえっ
これ、「おえっ!」ってなった瞬間の写真です(笑)


最近では自由自在に「ちゅっちゅ」が出来るようになったがっちゃん。

あまりにも上手になってグーにした手が口の奥へ奥へと行きます・・・。
で、仕舞いには思いっきり『おえっ!』となって、涙目になっています。


それでもやめようとしないがっちゃんです・・・。

eriri_1976 at 22:54コメント(0) |  

2007年05月23日

できあがりました!!

がっちゃんお宮参り
5月4日にお祝いしたお宮参りと初節句。
そのときに子どもの写真で有名な「スタジオアリス」に行って、みんなで写真を撮りました。

がっちゃんは朝から暑い中連れ回しているにも関わらず、写真撮影のときもすご〜くお利口にしていて、大人がやれ上向けだのやれ笑顔でだの、と言われておりました(笑)


で、そのとき撮った写真が仕上がり、今日受け取りにいってきました。


早速開いて写真を見る。


いやぁ〜〜〜〜!!!かわいい〜〜〜〜!!!


親バカじゃありません!
本当にかわいいんです!!


他にも家族写真や総勢10人の集合写真、初節句の写真など盛り沢山!(笑)
とてもステキな記念写真が出来ました。

・・・それにしても「スタジオアリス」の人はうまいこと撮るねぇ。
商売だから当たり前なんだろうけど、ちゃんとカメラ目線。
素晴らしい技術です。




eriri_1976 at 23:55コメント(2) |  

小松菜の炊いたん

小松菜の炊いたん
旦那さまのおかあさまのブログに「菜っ葉の炊いたん」が載っていて、たべた〜い!と思い、作りました。
おかあさまに頂いた『魔法のフライパン』で。

小松菜を洗って切り、あげと一緒にフライパンへ。
味付けしたら2〜3分で出来上がり。


魔法のフライパン、大活躍です(笑)


ところで。
「炊いたん」とは「炊いたもの」という意味らしい。
初めて聞きました。
でも、パソコンで「たいたん」って打ったらちゃんと「炊いたん」と変換されてびっくりした。
てっきり方言かと・・・(笑)

eriri_1976 at 23:52コメント(0) |  

2007年05月21日

パパちゃんのあごひげ

あごひげ
昨日、久しぶりに会ったパパちゃんはちょっぴり変わっていました。
はい・・・あごひげです。

羽田空港にお迎えに来てくれていたパパちゃんに、思わず
「レッドソックスの松坂のマネ?」
と、聞いてしまいました。

でも旦那さまはこんなにも世間を騒がしている最近の松坂をしらないらしく、
「え?松坂ってあごひげはやしてるの?」
と、言っていました。


どうやらマネではないようです。


「写メ撮らせて。」と言うと、
「え?いや、まだキレイに生えてないしお手入れしてないから・・・。」と、嫌がる。
それでも「いや、そんなのいいけん。」と言って撮る。


様子を見ていると、自分のあごひげ姿にまんざらでもないパパちゃん。
いや、まんざらどころか、『オレってかっこいい!』くらい思っているかもしれない。


35歳のおじさんになったパパちゃんは、今頃色気付いています。


一体、どこへ向かおうとしているのだろう・・・。
謎です。

eriri_1976 at 23:30コメント(0) |  

2007年05月20日

お誕生日おめでとう!!

お誕生日おめでとう!
久しぶりの我が家。
横浜に帰ってきました。


実は今日はパパちゃんの35歳の誕生日なのです!
昨年のおめでとうメールで『来年こそは3人でお祝いしようね!』と言っていたことを思い出して・・・
まさか本当に1年後に『3人』になっているとは思ってもみませんでしたが(笑)


で。
約束通り3人でお祝いしようと思いまして、今日のお昼に飛行機に乗って帰ってきました。


空港に迎えに来てくれたパパちゃん。
がっちゃんに会うといきなり目尻がダラーッ・・・
「がっちゃんおかえり〜!がっちゃんおかえり〜!!」とがっちゃんから目を離しません。
おい!ママちゃんに「おかえり」はないのか!・・・と思いましたが、まぁ誕生日なので心の中にしまっておきました(笑)


がっちゃんはパパちゃんを忘れていなかったらしく(笑)
忘れるどころか、大興奮!!
パパちゃんに抱っこされると、ものすごい勢いで「あぶ〜〜〜!!!あう〜〜〜!!!う〜ひっ!!」と様々な声を出して笑い、手足をバタバタさせていました。


そんながっちゃんを見て、またもやパパちゃんの目はダラ〜ッ。
よかったね、泣かれないで・・・とこっそり心の中で思っていました。


パパちゃんの誕生日。
昨年の約束通り、3人でお祝いできて本当に良かったです。



パパちゃん、お誕生日おめでとう!!!


eriri_1976 at 23:45コメント(0) |  

たぬきがお見送り

たぬき
今から横浜に帰ります!

なぜか実家の玄関にいるデカいたぬきの置き物がお見送りです!

eriri_1976 at 11:19コメント(0) |  

2007年05月18日

と〜ふアイス

豆腐アイス
スーパーで不思議なアイスを見つけました。
『と〜ふアイス』

お豆腐のアイスというだけなら、そんなに珍しくないのですが。


『青のり』味のアイス発見!!!


迷いもせず購入。
他にもいろんな味があったけど、変わり種から選んで5個購入。
個人的には『青のり』と『いぐさ』に興味津々。

青のりアイスの中味
で、食べてみる。
私は「青のり」
母上は「いぐさ」


お互い、一口ずつ食べてみる。
・・・なぜかお互いしばし無言・・・(笑)

「う〜ん、もろ青のり」と私。
「う〜ん、いぐさーって感じ」と母上。

で、お互いのアイスを食べ比べてみる。
母上は青のりアイスを食べて驚いておりました(笑)
いぐさアイスは抹茶に近い感じ。


なんだかおいしいんだけど、不思議な味のするアイスでした。
海の味がする青のりアイス・・・。
アイスなのに海。


明日は何味にしよっかなぁ。


eriri_1976 at 23:56コメント(0) |  

タイピーエン

タイピーエン
この前、久しぶりに「タイピーエン」を食べました。
タイピーエンとは熊本の郷土料理で、チャンポンの麺が春雨になったもの。
タイピーエンを漢字で書くと「太平燕」と書きます。


中味はこんな感じ。
タイピーエンの中味


大学で東京に行くまで、タイピーエンって普通にどこにでもある中華だと思っていました。
だって、学校の給食にも結構高い頻度で出てたし。

でも、どうやら違うらしい。

最近では、タイピーエンを売り出そうと空港でお土産ものの中に並んだりしています。
ご当地の食べ物として、県外の人には珍しがられているようです。

給食に出ていたものがお土産として並んでいるのは、なんだか不思議な感じです(笑)


せっかくなので材料と作り方をのせてみます。


<タイピーエン>

*材料*
キャベツ・・・4枚  もやし・・・1袋  豚肉・・・80g
いか・・・100g  えび・・・中20尾  きくらげ(乾)・・・20g
揚げゆで卵・・・4個  はるさめ・・・200g  
中華スープ・・・300cc  チャンポンスープ

*作り方*
1. キャベツを切ろう
   野菜は、にんじん・たまねぎ・ネギ・白菜なども可。かまぼこ・しいたけ・たけのこなどを入れてもオーケー!    
2. きくらげを切ろう
3. イカを切ろう
4. エビの皮をむこう
5. 豚肉を切ろう  肉は入れなくてもいいけど、お肉入れるとよりいっそうおいしいよ!
6. 肉をを炒めよう
7. 魚介類を炒めよう イカ・エビを炒めて、塩・コショウをしてちょ!
8. 野菜等を炒めよう
9. スープを作ろう  市販のチャンポンスープ・中華スープの素で十分オーケー!
10. はるさめをゆでよう  後からスープと合わせるので、固めにゆでるのがコツ!
11. はるさめを水で洗おう  ざるに返すとき、やけどに気を付けてちょ!
12. 揚げゆで卵を切ろう  ゆで卵やウズラの卵でもオーケー!
13. 仕上げましょう  スープの中に、はるさめ、具材を入れて一煮立ちさせてちょ!


そんなこんなで、出来上がり。
ね、チャンポンでしょ?(笑)


小さい頃から食べ慣れてる味で、横浜じゃ作らないくせに実家に帰るとついつい食べてしまいます。



eriri_1976 at 23:54コメント(3) |  

2007年05月17日

至福のとき

至福のとき
乳腺炎になったため、連日おっぱいマッサージに通っているママちゃん。
助産師さんと文句を言いながらもちゅぱちゅぱと吸ってくれるがっちゃんのおかげで、少しずつ改善しています。
おっぱいがおいしくなってきたのか、飲み終わったあとにまぁ〜〜〜っと笑顔になります。
若干、気持ち悪いです(笑)

でもおいしくて満足してくれるのは、ママちゃんにとってとても嬉しいことです。


飲んだら眠い
普段はおっぱいを飲んでもあんまり寝ないがっちゃんですが、時々酔っぱらいのような顔でゲップをします。
ママちゃんのおっぱいにアルコールが入っているのかと思うほど(笑)


おっぱい痛くて大変だけど、このがっちゃんの顔を見るためだったら頑張れます!!
がっちゃん、いっぱい飲んで大きくなってね〜!

eriri_1976 at 22:50コメント(4) |  

2007年05月16日

がっちゃんのマイブーム

アンパンマンにくぎづけ
最近のがっちゃんはアンパンマンがお気に入り。

熊本のお家にはビニール製のデカいアンパンマンの起き上がり人形があります。
がっちゃんの倍以上あるアンパンマンです。


そのアンパンマンを見ては「あう〜〜。あう〜〜。ぶ〜〜〜。」とかなりの勢いでおしゃべりします。
アンパンマンを揺らすと、ハァハァ言いながら大興奮です。
寝転がるがっちゃんの隣にアンパンマンを置いておくと、一人で両手の拳をあげてアンパンマンと闘っています。


・・・アンパンマンすげぇ・・・


2ヶ月半の赤ちゃんまで虜にしてしまうなんて・・・


eriri_1976 at 23:07コメント(0) |  

手に持った!

オモチャを手に持つ1
がっちゃん、初めておもちゃを自分から手に持ちました!


この前Tの家に遊びに行ったときにおもちゃをもらいました。
本当は足につけて遊ぶおもちゃなんだけど(笑)


中にスズが入っていて振るとかわいい音がします。
足につけるとなぜか固まってしまうので、目の前で振っていたら・・・
手を伸ばし始めて、ガシッと掴みました!
オモチャを手に持つ2
ちょいと写真がぶれていますが、決定的瞬間です(笑)


親バカなママちゃんとばぁばバカの熊本ばぁばは、「すご〜い!がっちゃんてんさ〜い!!」と大騒ぎ。
その様子を黒棒を食べながら見守る熊本じぃじ。


いやぁ〜ウチの子、かなり「出来る子』です(笑)

eriri_1976 at 22:58コメント(0) |  

寝相の悪いがっちゃん

寝相の悪さ1
今朝、6時のがっちゃんです。
ちょっぴりぐずったのでおっぱいをあげようと、白い掛けふとんをめくると・・・。


ぐちゃっ


下の薄い毛布を蹴りまくって、下の方でぐちゃっとなっていました。
それがコレ。
寝相の悪さ2


「がっちゃーん!寝相悪すぎ!毛布がぐちゃってなっとるよ〜!」
と言うと、ニヤ〜っと笑っていました。
寝相の悪さのあと


「いや、笑い事じゃないって。」
と言うと、べ〜っと舌を出しながらにこ〜〜っと満面の笑顔。




がっちゃん・・・
誉めてる訳じゃないんですけど。


最近、とてつもなく寝相の悪いがっちゃんです。

eriri_1976 at 22:49コメント(0) |  

ついに!!

右手ちゅっちゅ
今まで右手でしかちゅっちゅが出来なかったがっちゃん。
左手は口に持っていくことさえ出来ませんでした。


しかしついに!!


左手があがったかと思ったら、口元にいき・・・・


ちゅっちゅっちゅっちゅっちゅ・・・・


響き渡る音。


「うわぁ〜〜!がっちゃんすごいね〜!」
と言うと、ニヤッと笑いながら「うぃーうぃー」と言っていました(笑)


これで右に左に自由自在のゆびちゅっちゅです。
そして最近はよだれまみれのがっちゃんです・・・。


eriri_1976 at 21:26コメント(0) |  

2007年05月15日

正夢になぁれ!!

今日、久しぶりに夢を見ました。


旦那さまの弟夫婦の奥さまのCちゃん。
Cちゃんが妊娠8ヶ月になっている夢を見ました(笑)


なんで妊娠8ヶ月なのかはよくわかりません・・・。


私は「いとこが出来てうれしい!!」と喜びながら、なぜかノリノリで阿波踊りを踊っていました。
・・・本当にわけがわかりません(笑)


でもCちゃんの妊娠・・・
正夢になったらいいなぁ。


そのときは夢ではなくCちゃんのために阿波踊りを披露します(笑)



しかし・・・
なんで阿波踊りだったんだろう・・・

eriri_1976 at 22:52コメント(3) |  

偶然にもほどがある!!

今日、乳腺炎の診察のために病院に行った私。
初診なので問診票を書くことに。

最初は広いところに座っていたけれど、問診票を書くだけだしココでいいっか。と産婦人科受付の窓口の前の椅子に座って書く。

名前、生年月日、今日の症状などなど・・・。


書いていると隣から「おとうふ??(実際は私の名前だけど)」と呼ぶ声。
振り返るとおととい会ったばかりのT!!


Tは私の大大大親友で、3月に結婚した子です。
熊本であった結婚式に行きたかったけど、がっちゃんを産んだばかりだったので行けませんでした。
だからこの前、新居にお邪魔して結婚式のDVDを見せてもらいました。
今度会うのは夏かなぁ・・・なんて言って別れたのに、まさかここで会うとは!!


Tは問診票を書いている私を見て、「この人初診なんだ〜」と思ったらしく、書いている問診票をチラ見したそうです(笑)
そこに書いてあった名前が私の名前。びっくりして生年月日を見て確信したらしく、声をかけたのだと。
声をかけられた私はびっくりしてそのあとは大笑い。


偶然にもほどがあります(笑)


「あんた、座る時に気づかんかったと〜!!」
と言われましたが、はい・・・全く気づきませんでした。
っていうか、周りなどこれっぽっちも見ないで座っていました・・・。


いや〜、偶然ってあるもんですね。
本当にびっくりした待合室でした(笑)

eriri_1976 at 22:46コメント(0) |  

今話題の・・・

慈恵病院
今日、今朝から話題になっている熊本市の『慈恵病院』に行ってきました。
どうやら昨日の夕方から乳腺炎を起こしたらしく、診てもらうことに。
なんでその病院かって?
いやぁ〜、慈恵病院を選んだのはウチから一番近い産婦人科なもので・・・(笑)


そんな中、今朝の熊本の朝刊の一面トップで例の「こうのとりのゆりかご」(いわゆる赤ちゃんポスト)に3〜4歳の男の子が入れられていたことが判明したとの記事が!!


昼前くらいに病院へ行くと、ものすごい報道陣の数。
ちょうど11時半くらいのニュースで生中継している感じの横を何気なく通って病院に入る。
病院の中はいたって普通。
でもスキャンダルが大好きそうなやじうまおばさま2〜3人が、「すごいね〜」とニヤニヤしながら話していました。


それにしても3歳くらいの男の子とは・・・。
なんでも、
『お父さんと福岡から来て、かくれんぼって言われてココ(こうのとりのゆりかご)に入った』
と言っているらしい。
しかも自分の名前やお父さんの名前も言っているという。


そりゃそうでしょ、3歳だもん。


それぞれ家庭に事情はあるだろうし、私も初めて母になってみて育児ノイローゼや虐待の気持ちがわかる。(もちろん虐待なんてしないけど。)
でも、子育てには辛いときもあるけど、それ以上の喜びもあると確信しています。
だから子育てを諦めないでほしいな、と個人的に思っています。


閣僚の人たちはみんな「こうのとりのゆりかご」に否定的です。
今回のことに関してのコメントでも「許されないこと」とか「遺憾だ」とかばっかり。
確かに子育ては途中放棄できないものだし、親になった以上大きな責任があることは確かです。
でも親の都合で命を落とすなんてもってのほか!
せめて命を助ける方法、手段として設置されたのなら、私は賛成です。(こうのとりのゆりかごを肯定するわけじゃないですが)


閣僚の人たちも「許せないこと」とか言ったり、なんだか訳の分からない「親業」のプログラムを作って『授乳しながら子守唄を歌いましょう』とか『ゴハンは家族で食べましょう』とか言うんだったら、親が早く家に帰れるように制度を整えたり、目に見える形で援助してほしいです!!


今回のこの件。
3〜4歳児というずいぶんと大きい男の子なので精神的な面でのことは心配ですが、こうなってしまった今、大人がゆりかごの設置がいいの悪いのとあれこれ言っててもしょうがありません。
大事なことはゆりかごに入れられた子どもたちの今後をサポートすることじゃないでしょうか・・・。
時は止まってはくれず、前に進むだけですから。


最近は、自分を含め『大人になりきれていない人』が親になっていると感じています。
それじゃ、いけないんだけど。
子どもを産むこと、子育てをするということはリセットがききません。
ゲームじゃないんです。


今回の件は私にとっていろんなことを考えさせてくれました。
「親になるということ」「子育ての責任」「子どもの未来」などなど。
人それぞれ意見は違うだろうし賛否両論だろうけど、忘れちゃいけないのは『子どもにはなんの罪もない』ということだと思います。


あ〜〜〜〜〜。
何が書きたいか、よくわからなくなってきた(笑)


え??
乳腺炎はどうなったかって??


状態がひどく、明日も病院に行かなくてはいけません・・・
炎症止めの薬まで処方されてしまいました・・・
早く良くなって、がっちゃんにおいしいおっぱいを飲ませてあげたいと思います。




eriri_1976 at 22:30コメント(0) |  

初めての母の日

母の日のバラ
この前の日曜日、5月13日は母の日でしたね。


おばあちゃんのお葬式の為にバタバタと熊本に帰った上にしばらく熊本にいるため、直接受け取ることはできませんでしたが・・・。
実はパパちゃんとがっちゃんがコッソリ私に母の日のプレゼントを準備してくれていました。
私にとって、初めての「母の日」
・・・そういえば、がっちゃんを産んで私も『母』になったのです。


そんな新米ママの為にバラの花をプレゼントしてくれたパパちゃんとがっちゃん。
先に横浜に帰ったパパちゃんが、ママちゃんが帰るまで大事に育ててくれています。


ママちゃんの留守の間にずいぶんと咲きほこり始めたようです。
そのバラを写メで送ってくれました。


帰ったらしっかり育てたいと思います。
パパちゃん、がっちゃんありがとうね!!



eriri_1976 at 21:29コメント(0) |  

山の家

山の家 玄関
熊本には実家の他に通称『山の家』というなんちゃって別荘があります。
そもそもは亡くなったおじいちゃんの趣味で始まった別荘。
おじいちゃんが自分の子どもや孫が遊びに行ける場所として作りました。
趣味がこうじて露天風呂まであります(笑)

久しぶりに『山の家』に行きました。
母上が庭に手を入れたのは知っていたけど、すごいことになっている!!
玄関に行くまでに木や木の皮で門が作ってある・・・。
お庭散策に出てみる。

へびいちご
あ、久しぶりにみた。
『へびいちご』だ。
小学校のとき、担任の先生が「これを食べると夜中に蛇が来るよ!」と言ってたけど、そんなわけないよね〜。


もみじ
台風でちょっぴり折れてしまった紅葉の木も復活していて、見事でした。
紅葉にくっついているプロペラみたいなのもいっぱいあった。


柿
今年は柿の木も元気!!
実がいっぱいなってくれるといいなぁ。
山の家の柿は本当に甘くておいしいです!


その他にもスミレやバラ、名前のわからない花たちがいっぱいでした。
梅の実もいっぱいなっていたので、「梅干し」と「梅ジュース」を希望。
果たして作ってくれるかはわかりませんが、父上に頼んでおきました。



バス停みたい
庭の隣にある栗の木がある所にも行ってみる。
・・・なんか不思議な建物を発見。
宮崎駿の映画に出てきそうなバス停みたい・・・。


何これ?


思わず聞いてみる。
すると、


わからん・・・


と。
どうやらいつもお願いしている植木屋さんが、台風で倒れた木を使って、勝手に作ったらしい。
この植木屋さん、いつも好き勝手に作っていきます。
木で不思議な動物を作り、コッソリおいていくこともあります。


この山の家、夏にはカブトムシも飛んでくるような所。
がっちゃんがもう少し大きくなったら、カブトムシ採りに行こ〜っと!




eriri_1976 at 19:25コメント(0) |  

2007年05月11日

おばあちゃんとの思い出

島崎のおばぁちゃん
最後に会ったのは横浜へ向けて引っ越すとき。
2006年3月20日でした。

夏やお正月に熊本に帰って来て会う予定でしたが、私が妊娠したり、つわりの時期だったので「産まれたらいくね〜」なんて言ってて結局会わずじまいでした。

亡くなる前は病気の影響もあってか、お見舞いにきた人が誰かもわからなくボケた状態だったようですが、私が出産したときはまだハッキリしていて、母上ががっちゃんの写真を見せると
『よか子ば もったな〜。 よかったな〜。』(いい子を授かって よかったね)
と笑顔で喜んでくれていたようです。

ひ孫を抱っこしてもらうことは叶わなかったけど、無事に産まれたことやがっちゃんの写真を見て喜んでくれていたことを知って、少しばかり救われました。

私はおばあちゃんにとって、1番最後の孫。
結婚してからことあるごとに「子どもはまだかい?」と言われていたので、妊娠したことを報告したときは本当に喜んでくれていました。
産まれたことを知って、安心して逝ったのだと思います。



明治45年生まれのおばあちゃん。


ちっちゃい頃は、ガツンと怒るおばあちゃんだったので恐くてあんまり好きじゃなかったんだよね・・・。
でも遊びに行くと必ずお小遣いやお菓子をくれるから、恐いながらも遊びに行っていました(笑)

大きくなるにつれていろんな話をするようになり、恐かったおばあちゃんはどこへやら・・・。私もいつの間にかおばあちゃんが大好きになっていて、ことあるごとに遊びに行くようになりました。話をするたびに「あんたと話すとおもしろかね〜。」と笑ってくれて、あっという間に時間が過ぎて行くことがしばしば・・・。


小さい頃はおばあちゃんと一緒に一新小学校の踏切の所にあるお地蔵さまに花をあげに行ったりもしました。
でもおばあちゃんは「霊は優しい子どもが好きだけん、あんたは手ば合わせたらいかんよ。霊がついてこらすけんね」と言って、手を合わせることをさせませんでした。
小さかったから全く意味がわからず、言われるがまま「なむなむ」と言うだけ(笑)
手を合わせていたら、霊がくっついて来てたかも!


踊りが大好きだったおばあちゃん。
親戚で集まったときや宴会などでは率先して踊っていました。
『おてもやん』も上手だったなぁ。

結婚して、旦那さまともよく遊びに行っていました。
そのときに必ずコーヒーとお菓子が出てきます。お菓子はいろんなものが出てきていたけど、なぜかカステラが多かった。あ、時々缶のポカリスエットも出てきてたなぁ。
お腹がいっぱいと言っても、お菓子は食べるまで勧められました(笑)


おばあちゃんとの思い出、とにかくいっぱいあります。
気丈で賢くてステキなおばあちゃん。
最後は病気に勝てなくて元気だったころの面影なく痩せてしまっていたけど、それでもやっぱり美人で気丈さは無くなっていませんでした。


おばあちゃんは100歳まで元気に生きているものだとばかり思っていました。
そう思わせるくらい、今まで元気だったから・・・。
それでも95歳の大往生。
これからは私たちを天国で見守ってくれているのだと思います。



おばあちゃん、今までありがとうね!!
そして、これからもよろしくね!!

eriri_1976 at 23:25コメント(0) |  

飛行機デビュー

5月7日。
おばあちゃんのお通夜、お葬式のために実家のある熊本に帰ることに。

熊本へは飛行機で帰ります。
がっちゃん、思わぬ形ですが2ヶ月で『飛行機デビュー』です。

パパちゃんも一緒だったので、初めての飛行機でしたが大変なこともありませんでした。


がっちゃんは飛行機に乗る時間とおっぱいの時間がちょうど重なってしまい、飛行機に搭乗するときに大泣き。
お客さんがみんな乗ってしまうまで、なんとかおしゃぶりなどであやし、みんなが乗ってしまってから速攻でおっぱいを飲ませました。

それからは「超」ご機嫌!
客室乗務員の人に愛想を振りまき、「あ〜い!あ〜い!!」とおしゃべりまで披露。
本当に外面がいいといいか、女好きというか・・・

あっと言う間に熊本に着いてしまいました。



パパちゃんは先に横浜に帰ってしまったので、熊本から羽田まで帰るときはママちゃんとがっちゃんの2人です。・・・大丈夫だろうか・・・。



それにしてもがっちゃん。
2ヶ月で飛行機デビューはすごいです。



eriri_1976 at 22:32コメント(0) |  

2007年05月10日

お祝いのあとの不幸

5月6日。
お宮参りなどのお祝いを終え、広島じぃじ、ばぁば、おじちゃが新幹線で帰路につき、熊本ばぁばも飛行機で熊本に帰って行きました。

熊本じぃじは8日の飛行機なので、6日から我が家にお泊まりすることになりました。

夕方買い物に出かけ、6時前頃から夜ゴハンの準備。
あ、私ではなく熊本じぃじが。
熊本じぃじは、料理がとっても好きだから(笑)

水菜のおひたし、豆腐とたまごのスープを作ったところでじぃじの携帯が鳴りました。
・・・なんか、様子が変。


私が「誰から?」と聞くと・・・。
「今回のお祝いのこともあったし、今まで黙ってたけど。おばあちゃん(私の父の母)が入院していて、もう長くはないんだよ。それで、今の電話は入院している病院からで、血圧が上がり始めてるから家族の人は病院に来てくださいっていう連絡だった。でも、いつもなんとか持ちこたえてるから、今回も大丈夫だと思うよ。」との返事。

おばあちゃんが長くないなんて、知らなかった・・・。


父上は横浜の我が家にいるので駆けつけるわけもいかず。
とりあえず、熊本にいる母上に電話。
私も「大丈夫だと思うよ」という言葉を信じてがっちゃんをお風呂に入れるために、一足先にお風呂に入る。


お風呂でがっちゃんを受け入れる態勢ができたので、がっちゃんを呼ぶがなかなかパパちゃんが連れてこない。かすかに父上とパパちゃんが話している声がする。
・・・なんかおかしい。・・・もしかして・・・。
もう一度「がっちゃん、お風呂入れるよー。連れてきてー。」と言うと、お風呂から出てこいとの指示。
そこで、おばあちゃんが亡くなったな、と感付きました。

お風呂から上がるとなんとかして熊本に帰れないかとネットで飛行機会社を検索してくれている旦那さま。
そして父上がひと言。
『おばあちゃんが亡くなったって。』


やっぱり。
6時59分。おばあちゃんの95年という尊い人生が終わりました。


そこから私と旦那さまの連携プレイ。
7時を過ぎていたので熊本行きの飛行機は間に合わない。
車を飛ばせば最終の福岡行きが間に合うはず!!
とりあえず考えるより行動した方が早いので、旦那さまに羽田まで車をとばしてもらう。
旦那さまと父上が羽田に向かっている間に、私が電話で飛行機のチケットを予約。航空会社に連絡して事情を話し、ギリギリまで待ってもらえるように手配。
もし間に合わなかったときのために、別の航空会社での帰れる方法を検索。
時間や羽田空港でどうしたらいいかを移動中の父上に連絡。
・・・携帯って素晴らしい、と実感。

旦那さまが飛ばしてくれたおかげでなんとか最終の福岡行きに乗れました。
そこからは福岡から熊本まで1番早く帰れる方法を検索して、時間などを父上の携帯にメール。
・・・本当に携帯って素晴らしい、とまたまた実感。

飛行機の到着が遅れたからヒヤヒヤしたけど、なんとか指示した通り博多駅から予定していた電車に乗ることができて、夜中12時過ぎにおばあちゃんの元に駆けつけることができました。

旦那さまが羽田までの道に慣れていたこと。
私が飛行機や羽田空港、福岡空港、福岡から熊本までの移動などに詳しかったこと。
すべてがうまくいくってこのこと!
今までの人生の経験をフルに活かして、無駄のない方法で父上を熊本まで帰しました。


おばあちゃんもきっと「ありがとう」って喜んでくれたと思います。


羽田まで車を飛ばしてくれた旦那さま、事情をしっかりと聞いてくれ、申し送りをして飛行機に乗れるようにしてくれたANA、にも感謝です。







eriri_1976 at 23:52コメント(2) |  

菖蒲湯

菖蒲湯
5月5日。端午の節句!!

昔から「端午の節句に菖蒲湯に入るといい」と言いますが、がっちゃんもちゃんと入りました。

ママちゃんが菖蒲を買いに行こうとしていたら、ちょうど熊本ばぁばが持ってきてくれました。
パパちゃんとママちゃんで『病気をしない、元気な子に育ちますように』と願いを込めて菖蒲をお風呂に入れて、パパちゃんとがっちゃんと仲良くお風呂タイム。


がっちゃんは連日のお出かけで疲れていたのか、菖蒲湯に入ったまま寝てしまいました(笑)




eriri_1976 at 23:06コメント(0) |  

粋な計らい

かぶと
お宮参りをした夜。
お祝いに参加してくれたみんなを食事に招待しました。
広島のじぃじとばぁば、熊本のじぃじとばぁば、広島からお祝いに来てくれたおじちゃん(旦那さまの1番下の弟)、横浜から撮影班に抜擢されたおじちゃんとおばちゃん(旦那さまの弟夫婦)、そしてパパちゃんとママちゃん、主役のがっちゃん。

総勢10人。

いっぱいだ(笑)


場所は新横浜駅前にある「新横浜国際ホテル」の『上野桜木庵』っていうところ。
お宮参りと初節句のお祝いということを伝えていたからかしら。
予約していた座敷の個室に入ると、鎧兜が飾ってありました。


みんなでおいしい料理を頂きながら、がっちゃんをたらいまわし(笑)
楽しいひとときでした。

eriri_1976 at 22:58コメント(0) |  

お宮参り

お宮参り
5月4日。
広島と熊本のじぃじ、ばぁばに来てもらって、お宮参りをしました。
広島ばぁばの「晴れ女」の威力は素晴らしく・・・。
見事に快晴!!


私はこのお祝いを機に、結婚して以来初めて着物を着ました。
最後に着た着物が「振り袖」だったので、袖が短い着物を着てなんだか変な感じ(笑)
最初は「着物は面倒臭いかなぁ」なんて思っていたけど、着てよかったです。
やっぱり我が子のお祝いだし、記念にもなりました!
着物を勧めてくださったおかあさま!ありがとうございました!!
そして、何から何まで着物を準備してくれて、片付けまでさせてしまった母上!ごめんなさいね!!


がっちゃんはというと、神主さんの祝詞のときもスヤスヤと寝ていましたがさすがに太鼓の音にはびっくりしたらしく、ピクピクと動いておりました。
でも、本当にお利口にしていました!


氏神様にもがっちゃんを無事に報告できて、みんなが祝福してくれて、本当にいいお宮参りでした!!

eriri_1976 at 22:47コメント(0) |