2008年02月21日

『交渉人』第話―其の壱

第話あらすじ

真里谷(城田優)の心神喪失が認められ、
無罪となる可能性が出てきた。
そんな中、
玲子(米倉涼子)は田口(斉藤祥太)の自殺を止められなかったことを理由に、SITからはずされることに。
さらに真里谷の仲間だった少年たちの名前がテレビで出てしまう。
騒然となる中、玲子はこの一件を、
真里谷が出所したら困る人間による仕業ではと推測。
だが、SITのメンバーの対応は冷たい。
玲子は片山(高橋克美)の捜査に望みを託すが…。

◎ゲストは
田中圭、斉藤祥太、荒木宏文、倉貫匡弘、高橋光臣 ほか。


―以上、テレビ朝日メルマガより♪
(高橋さんのお名前があるのがうれしくって(*^^*))



かりめろ的感想

あ〜高林さんの役職って、内村さんと伊丹んの間なんだぁ♪


というわけで、かりめろです☆(え
どこから感想書いてますか?って感じですが(笑)
いや、『相棒』に慣れてると
役職とか階級とかが気になって×◆帖亜亜
大杉漣さん演じる高林さんって、
ものっそい威張ってるイメージあるのに
部屋がめさめさ貧s…イヤイヤ…質素だったのでw
『ん?』って思ってしまって☆
《内村部長と伊丹んの間》なら
納得できなくもないかなって考えたのでした♪
…って、いったい何のこだわりなんだか( ̄▽ ̄;)


さて、本題☆
今週から『浅川雅樹』くん登場です(≧∀≦)
…って、フツーに書くと思うでしょ?(笑)

いやね、かりめろもたまには♪と思って
フツーに書き始めてみたですよ☆

でもね、、、
書き始めてみたらば。
自分でも呆れるほど、えらい根本のところから書くこととなり><
しかも。
相変わらず、ものっそいでっち上げの世界に入っていき(自爆)
なんだか、とんでもない方向に、、、( ̄▽ ̄)



『かりめろ日記』常連の方は慣れていらっしゃると思うので
適度に
『あ〜、またかりめろったらやらかしてるよw』程度に流してください♪
でも。
一度でも、かりめろの記事にドン引きしたことのある方は
絶対的に、×ボタンを、ぽちっとな☆






いいですね?






んじゃ、『交渉人』第話のかりめろ的感想行ってみよぉ♪♪


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


それは突然やってきた。


忌まわしい過去とつながる封書。
忘れていた時間。
断たれていた繋がり。


なるべくなら、忘れたままにしておきたかったのに。
なるべくなら、そんな繋がりなど断ったままにしておきたかったのに。


平穏な生活。
やっとそれが、自分にとっての『日常』になり、
これからもそれが続くのだと、、、
今の時間と過去の時間は断ち切られたのだと、、、
それを意識せずとも生活できるだけの時間が経ったのに。

その封書は
今の自分を過去へ引きずり込もうとする、
強力な…暴力的なほど凶力な、チカラを魅せていて。


でも。
『今の自分には関係ないから』
そう思って。
そう、自分に言い聞かせて。
何も変わらない日常を続けていた。


そこへ飛び込んできた、昔の仲間たちのニュース。


誰が何のために?
今度は自分なのか?
逃れることはできないのか?



浮かぶのは答えの見つからない疑問ばかりで…


でね☆
浅川くんは飯塚くんたちのニュースを見て
すっごくコワかっただろうなぁって思うです。
うん、めちゃくちゃリアルに『恐怖』を感じただろうなって。


真里谷からの手紙、だけであれば黙殺できた。
だって、
真里谷はまだ塀の中にいるから。
現実に、何かを自分(たち)に対して行うことなど、できない。
だけど。
現実に、飯塚は殺され、田口は飛び降りた。


『日常』が壊れていくことよりも、
『過去』が戻ってきてしまうことよりも、
もっとリアルに、自分の命が狙われていることへの、恐怖。



しかも。
相手の顔は、見えない。


現実が、想像が、恐怖を増幅させていく。
そんな恐怖を押し殺して。
…それは誰かにも気取られてはいけない『恐怖』だから。
だから全部を、自分の中に押し殺して、
なんとか日常を繋いでいた、のに。



それは突然やってきた。


お昼の天気予報―全国放送で報道される、自分の名前。
そして、過去の罪。


『浅川雅樹。中村隆一。酒井貴司。
この人たちが五年前何をしたか忘れるな。』



もしかすると。
浅川くんは、自分の名前がなぜ読み上げられたのか、
わからなかったかもしれないですね。

五年前。
確かにやんちゃをしていた。
真里谷と一緒に、遊びまわっていた。
―警察沙汰にも、なった。

でも。
自分は未成年で責任も問われず、
その後はしっかり足を地につけた生活をしてきた。


五年前。
五年前。
五年前。



突然そんなことを告げられても、身に覚えは、ない。
でも。
現実に、自分の名前は報道―全国に晒され。


…ココで一つ疑問♪
実名報道って、お昼の番組の天気予報ですよね^^
サラリーマンである浅川くんがどうやってその報道を知ったのか?


いろいろ考えられるですよねぇ^^
たとえば。


お昼休憩にテレビを見ていた会社の女の子たちが
『これって浅川さんのことじゃないですよね?』的な感じで
教えてくれた、とか。

営業に回っていた浅川くん自身が
お昼を食べに入った定食屋で(なんかリアルだなぁw)見た、とか。
でも。
あの服装で定食屋ってのも違う気がするので><
定食屋でテレビを見た上司から会社で問われた、とか。

あるいは。
おうちの家族から、彼女(指輪してなかったのでw)からメールが入った、とか。



…って、誰かかりめろを止めてください><



とりあえず。
その報道を知ったときの浅川くんのキモチは。
まさかそんな方法で来るとは思わなかったでしょうし。
きっともっと直接的なコトを想像していたでしょうし。
うん、、、
驚愕とか、呆然とか、そういうレベルでなかっただろうなって思うです。


何か見えない凶力なチカラに否応なしに引きずり込まれていく感覚。


それってね、
正常な思考力を奪うにはいちばん的確な攻撃だと思うですよね。
追い込んで、追い込んで、追い込んで。
そして、とどめを刺す。


さらに。
実名報道そのものがもたらすボディブローに加えて
そこから引き起こされる『災害』―マスコミの加熱、ネットの攻撃。


それら全部全部が、
彼を、彼らを、追い込んでいく。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


って、登場シーンまでですか、そうですか^^;
でも。
メールを読んだあとの表情、めちゃくちゃ好きでした(≧∀≦)
すっごいドキドキして、
『うっわぁ…カッコいい…』
と、一人昇天モードに入っていたことはナイショの方向でw


今回はこんな感じです♪
んじゃ、また☆

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 繭   2008年02月22日 13:56
5 こんにちは、繭です。
GJです。かりめろさん。かりめろワールドにずっぽりはまってしまいました。うんうんそうかそうか、そうだよなとか。続きがとても楽しみです。待ってます。でも無理のないペースで大丈夫です。手の状態とか体調などなどは大丈夫ですか?文が前後してしまいましたが、気を付けてください。それでは
2. Posted by かりめろ→繭さま   2008年02月23日 01:22
繭さん、こんばんは☆
コメントありがとうございます!

>かりめろワールド
ありがとうございます☆
…でも今回マジで自信なくて><
来週一気に書き直す可能性もあります☆
というか、まったく主人公の出てくる気配のないのは、いつもの『かりめろワールド』の悪いクセ、なんでしょうか?(笑)

手は、やっぱり痛いですw
でも、まだ動いてますし、今はけっこうココロが健康なので、書けるだけ書いていきたいと思います☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

かりめろ

★かりめろへの直送便★
■かりめろに励ましのコトバを
という方はこちらからどうぞ■

かりめろ江


Archives