2006 映画予告

2006年03月08日

【予告】シムソンズ

ニュースで、今日は気温上昇のため花粉がやたらと飛んでいると聞き、また花粉を大量飛散するスギの木の映像を見ただけで、くしゃみが止まらなくなったかりめろです
あの映像は一種のイヤガラセですよね


というわけで(どんなわけだ?)
今日もマスクドライダーかりめろは、赤字のあおなみ線に乗って、映画館に出動です(^ー^)ゝ

今日見るのは、
【シムソンズ】です


予告を見ただけで、話の運びはだいたい予想できたりしてますが(笑)、それはそれ(o^-')b
カーリングと青春、というさわやかさを堪能してきたいと思います

楽しい二時間が過ごせますように

erita555 at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年02月27日

【予告】パッチギ!ほか

花粉日和な月曜日、鼻はぐずぐず、目はしばしば、かなり深刻な状況ですが(笑)、今日も今日とて映画にGOです☆

いや、家に見てない録画したビデオがたまってるのはわかってるんですが

【パッチギ!】と
【メゾン・ド・ヒミコ】が

アンコール上映されるとなれば、行かないわけにはいかないぢゃないですか(≧∇≦)ノ
というわけで、@シネマスコーレです


【メゾン・…】は、2005年のかりめろ的BEST3の一つ。とても優しいお話で大好きなのです(〃▽〃)b
【パッチギ!】は去年映画雑誌などで話題になっていた(賞も取りましたよね)映画。ぢつは初めて見ます。井筒和幸監督ということで、かなり楽しみにしています☆



あ〜やっと鼻炎薬が効いてきた…(x_x;)

erita555 at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年02月23日

エリ・エリ レマ サバクタニ

というわけで、花粉日和な木曜日、かりめろは映画館へGOでございますよ☆

今日の一本目は【エリ・エリ レマ サバクタニ】です。


■かりめろ的期待度■
予告編を見ると、ある致死ウィルスが世界中に蔓延。それを救えるのが、日本のあるミュージシャンの音を聞くことだった、というのが基本ストーリーのようで。


奇抜な設定にどれだけ説得力を持たせるか、そしてその奇抜な設定のもと、どこにオチを持ってくるか。
今回は【音】にスポットが当てられていることもあり、どのような世界を見せてくれるか、楽しみではあります


ただ同じく奇抜な設定である【ギミーヘブン】を見ているため、奇抜な設定の映画に対して、失礼ながら、楽しめるかどうかは賭けだなぁなどと思ったりしてしまうのですが(^-^;
とりあえずは、素直にスクリーンに見入りたいと思います


■かりめろ的期待値■
★★★☆☆/星五つ

erita555 at 13:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年02月16日

転がれたま子 他 予告

今日の名古屋は雨でござりますですよ
それでもワタクチ、かりめろはずんどこと映画を見に来ておりますです、ハイ

今日観るのは
【転がれ!たま子】
【カミュなんて知らない】
です



ぢつは今日観るモノについて、事前情報ほとんどないんです(笑)
たまたまチェックした情報誌に載ってて、単館上映だからよいかもと思っただけなんですね

なので、期待度はどちらも
★★★☆☆/星五つ
ていうことで
よい映画だといいなぁ

erita555 at 11:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年02月15日

燃ゆるとき 予告

締切り地獄をなんとかくぐり抜けたかりめろです(^-^)/
なんやかやと細々あるデスクワークを抱え、今日も映画館へ出発です

今日見るのは【燃ゆるとき】です


■かりめろ的期待度■
予告を見るかぎり、日本のカップ麺企業がアメリカへ進出したときの奮闘を描いたモノ、という感じ。
高杉良の同名ノンフィクション小説を下敷きにしています☆


主演に中井貴一さん。ほかに出演する方々を見ても、かなり手堅い映画になっているイメージ。
どちらかというと、ドラマ部分に重点が置かれている映画であるという感じがしますので、俳優さんたちの演技、あるいは人物同士が醸し出す空気などに期待したいと思います(^ー^)



■かりめろ的期待値■
★★★★☆/星五つ

erita555 at 10:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年02月09日

ピーナッツ 予告

たしか締切が二つ追い掛けて来ているような気がしますが、せっかくなんで本日2本目
地獄への道まっしぐら
なん人たりとも、オレの前を走らせねぇな勢いです

【ピーナッツ】をみます


■かりめろ的期待度■
言わずと知れた、内村光良初監督作品です(o^-')b
先日テレビで【恋人はスナイパー 劇場版】を見てから、かりめろ的にはウッチャンの演技に一目置いてたりするんです(o^_^o)朴訥な感じがとってもよくって
まぁそれ以外の演技ができるかどうかは知りませんが( ̄▽ ̄;

劇場で予告編を見ると、奇想天外なお話でも、ものすごく凝った映像でもなさそうですが(笑)、映像に対する誠実さみたいなものは伝わってきました
しかも。
映画の予告で、テレビのコメントみたいに〔見てくださいっ〕とか言ってしまってるあたりが微笑ましく(笑)さらにそのコメントで〔名古屋のみなさん〕とか、さまぁ〜ずの番組とかのことも言ってたんですが、ほかの地方はどうなのか、気になったり(笑)
そんなこんなで。
演技は素人である芸人さんたちがどこを目指して映画を完成させたかを見てきたいと思います(≧∇≦)ノ


■かりめろ的期待値■
★★★☆☆/星五つ

erita555 at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

二人日和 予告

今日は木曜日(≧∇≦)ノということで、かりめろ的映画日和です

【二人日和】を見てきます(^ー^)

■かりめろ的期待度■
【カーテンコール】にも出ていらっしゃった藤村志保さんが主演されています
【カーテンコール】での演技がとても可憐で、とても素敵な存在感でそんな藤村さんが見られるというだけで、見る価値ありだと思ってます


予告編を見ると、しみじみとした、情感が静かに溢れ出す感じの映像で。
二人で穏やかに月日を重ねてきた老夫婦の日常と、そこに起こる妻の病というできごと。
〔長年連れ添った夫婦の深い絆を通して、生と死を見つめた作品〕と解説にはあります。
派手なお話では決してないけれど、穏やかな時間を感じられるのではないかと、かなり期待しています



■かりめろ的期待値■
★★★★★/星五つ中続きを読む

erita555 at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Profile

かりめろ

★かりめろへの直送便★
■かりめろに励ましのコトバを
という方はこちらからどうぞ■

かりめろ江


Archives