轟轟戦隊 ボウケンジャー

2007年12月05日

【DVD】ゲキレンジャーvsボウケンジャー

というわけで♪
獣拳戦隊ゲキレンジャーvsボウケンジャー情報でっす♪

脚本:荒川稔久
監督:竹本 昇


CAST
鈴木裕樹/福井未菜/高木万平/三浦力/聡太郎
荒木宏文/平田裕香/伊藤かずえ
高橋光臣/齋藤ヤスカ/三上真史/中村知世/末永遥/出合正幸
斉木しげる/山崎真実/ケイ・グラント(ナレーション) ほか


封入特典
ゲキVSボウケン 3Dカード(初回生産限定)(予定)
※カードが限定生産品です。
在庫が無くなり次第、通常のDVDのみの販売となります。


映像特典(予定)
・予告
・メイキング


あらすじ
…は、割愛♪
いや、書くと相当のネタばれになることが判明したので(笑)


東映ビデオでは数日前に情報がアップされていましたが
何となく某密林の情報を待ってしまう貧乏性(笑)
あらすじ■は、某密林の方が詳しいので
ネタばれせずに見たいという方は、お気をつけくださいね♪
…えぇかりめろは、ばっちり読んでしまいました><


でも。
またチーフに会えるのは、ものっそいうれしくて!
あと。
高橋さんが演じていらっしゃるところを
拝見できるのも、すっごい楽しみで☆☆☆
はやく3月にならないかなぁ、とココロ弾ませているのでした♪(^^)♪


あ。
雑誌関係は『かりブロ♪』の方にあります☆

ほかにも情報ありましたら、
かりめろにも教えてくださいませ(*゚∀゚)っ



獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー


erita555 at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年05月02日

チーフに会いに♪

というわけで、明日から旅立ちます♪

5/3 さがみ湖ピクニックランド
5/5 よみうりランド
5/6 西武園ゆうえんち

高橋さんの、最後のチーフ姿を目に焼き付けてきます

その間、【かりめろ日記】の更新は(たぶん)止まりますが
かりブロ♪】は、あれこれと更新すると思いますので
もしよろしければ、覗いてやってくださいませ


…晴れると、いいな

erita555 at 01:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年04月20日

ファイナル in 大阪

ちょっと…というか、かなり凹んでいるかりめろです><
でも、凹んでいようが、浮上していようが
明日は地獄の土曜日なので。
少しでも復活するために、ボウケンジャー記事書いてみたいと思います☆

ファイナル in 大阪】レポ・トークショー部分です♪
ただし、途中まで、です。





登場は、ステージ真ん中から。
まずは、ヤスカくんと、三上くん
名乗りポーズをキメる?みたいなやりとりをしている間に
うしろから、知世ちゃん遙ちゃんがいらっしゃったので
なんだかちまっとキメポーズして、ステージへw
知世ちゃんは張り切って、イエローの名乗りポーズ♪
それを見た遙ちゃんが、あわてて名乗りポーズをしたのがとってもかわいらしく
最後は、出合さん高橋さん
二人仲良く、拳をコツンっと笑顔で合わせてのご登場でした♪


さて、最初のトークは司会のお姉さんの質問からスタート
「これまでたくさんのプレシャスを手にされてきたと思うのですがメンバーのみなさん個人のプレシャスは何ですか?」というもの。
チーフは。

「ファンのみなさんと声…ほんとに最高だと思います。
ほんとにありがとうございます!」


と答えていらっしゃって。
かりめろはそれだけで胸がいっぱいになっていたのでしたw
おかげで、ほかの方のお答えをほとんど記憶しておらず(^^;
映士くんが

「ボウケンジャーに入った時間!!」

と答えて、
「よっしゃ♪」なガッツポーズをされていたのを覚えている程度で><
その後。
「スカイシアターも合わせると、全部で102公演あったわけですがその中の思い出はありますか?」という質問があり。
…ノートのどこを見ても何も書いてないところをみると
どうやらチーフに振られた質問ではなかったらしいということが判明w
わかりやすすぎです、自分…( ̄▽ ̄;

さて。
6人のボウケンジャー。
誰か一人忘れてますw
…えぇ、金ピカのあの人です(笑)
今回はどうやって出すつもりだろう?とわくわくしていたら、
舞台上で、
襟を直してみたり、姿勢を正してみたり落ち着かない人が約一名♪










今回のお当番はチーフですね?(笑)

チーフは、
「今、ポケットに入ってるズバーンを出すからね♪」
と、出す準備にかかります♪
って、ズバーンって


ポケットに装備してたんですか!!堯福院 ̄;


とりあえず、そこに驚くかりめろ1匹(笑)
で、チーフは
何度か身体をうしろにひねる動作をして、振りかぶってます♪
何を企んでるんだ?!と会場中が思い始めたころ。
チーフったら、おもむろに


オレ、参上っ!!!


と、モモちゃんポーズ(爆)
もうかりめろさんの脳内はClimax Jampで!!(≧∀≦)ノ
小さいモモちゃんと、小さいチーフがよ〜ろれりほ〜♪なお祭り騒ぎ
しかも!
ステージうしろでは、ズバーンまでが
「オレ、参上っ!!!」なポージング(爆)
もう、ほんっと大笑いしました8(≧▽≦8)
まさか、チーフの「オレ、参上」が見られるとは思わずw
これが最後だってことも忘れて、ほんとに楽しくて仕方ない瞬間でした♪

さて、ズバーンも登場したところで、
ミッションのないときのサロンでの過ごし方、という話題に。
2回目公演では、ジェスチャーゲームだったそうですが、今回は♪

「だるまさんがころんだ!!」

…すっごくうれしそうに、
顔を見合わせ、声を合わせるチーフと蒼太くん♪
言い終わったあと、笑顔で握手していますw
どこまでも仲良しなお二人さん♪♪
そして、「だるまさんがころんだ」が始まります

まずは、チーフが「オレ、おに♪」と挙手
すると。
みんなが、「あ、オレも!」「わたしも!」と挙手し始め。
最後には
「ずば〜ん!」と金ピカの人までが名乗りを上げます( ̄▽ ̄;
これにはメンバーさんも驚かれたようで

「いや、ムリだろ

と止めにかかるもののw
それでも、がんばって青年の主張をするズバーン><
そのがんばりに負けたのか?(笑)
じゃあ、ズバーンのオニでやってみようとなります(笑)
「ズバーン、掛け声、どうやってやるんだ?」と問われ、
「ズン!ズバーン!!」という掛け声でやるんだと胸を張るズバーン♪
「じゃあ、練習ね♪」ということで、やってみると。

「ズン!ズバーン・ズバ・ズバ!」

と、ズバーンったら張り切って、掛け声部分を増やしてますw
…はい、即刻オニをクビになりました(爆)
結局。
映士がオニ、というところに落ち着きます…チーフの策略で(笑)
じゃあ、始めるかというときになり
罰ゲームありで、と言い出す蒼太くん(^^;
しっぺ、という案も出つつ、「ものまね」というところに落ち着きます。
思わず
「自分たちで、クビしめてるよw」と苦笑しているのは言いだしっぺの蒼太くんでした♪
この「罰ゲーム」発言が効いたのか、
メンバーさんの態勢は超真剣!!(爆)
「最後の真剣勝負だ!!」という掛け声まで、かかっていますw

結果は、、、映士くんの負け( ̄▽ ̄;
てか、6人対オニじゃあまりにも分が悪すぎるよね><
で、罰ゲームのものまね!

「じゃあ、野菜じゃないヤツ行きます!!」

…野菜のものまねって、何をする気だったんだろう?という疑問もありつつw
映士くんがしたのは、烏賊、、、(? ?)
ご本人的には満足げにやり終わった後、
ちょっとした間があり、その後総攻撃を受けますw
「ちがうじゃん!イカってこうじゃん!!」
と、むしろ知世ちゃんがイカのものまね(笑)
客席からは
「猪木!猪木!」とリクエスト(^^;
逃げられなくなった映士くんは…すっごく・すっごぉ〜くがんばって猪木をします><
んが。
(映士くん的に)やり終えたあと、袖に逃げ込んでしまいますw
いやぁもう、かわいらしい(^^)
それを追いかける、蒼太くん!
そして。

「じゃあ、代わりにチーフで♪」

と、話題を振られるチーフ(笑)
しかも、
そのチーフも何の疑問もなく、ものまねをし始めます(爆)
えぇもう…貴重なものを拝見しました…高橋さんのものまね姿(笑)
で、いつの間にか罰ゲームがものまね大会に変わってます♪
蒼太くんとチーフ、さくらさんのトリオネタは…マニアックすぎてわからず↓↓
でも。
圧巻だったのは、菜月ちゃん
カンペまで用意して、風のシズカの物まね!!(≧∀≦)ノ
すっごい上手で、びっくりしました♪

さて。
終わりは近づき。
最後のご挨拶に、なります。

ここからのメモは、ありません。
もうメモを取る余裕なんてなかったです。
泣かないように、負けないように
チーフを見つめ続けなくちゃ
って、その一心でした。
でも。
蒼太くん…三上くんが

前に進むしかない!

とおっしゃった瞬間、そのココロは途切れて。
かりめろは泣いていました。
でも。
がんばって。
すっごくがんばって、涙を拭いて、チーフを見つめて。
どれだけ拭いても、涙は止まらなかったけれど、でも。
それでも、目を伏せないでいようと歯を食いしばって。
そんな状態だったので、
チーフのコトバはほとんど覚えていません。
少しだけ覚えているのは。
ちびっ子たちのヒーローであろうとしたけれど、
でも、オトナの方たちにとっても自分たちはヒーローだったのだと知った
、とおっしゃっていたこと。

チーフは、そして、ボウケンレッドは。
かりめろにとって、たしかに、ヒーローでした。
そして、これからもずっと、ヒーローです。



全部が終わった後、泣きました。
「行かないで!」って、泣いていたような気がします。
でも。
とことん泣いて。泣き尽くして。
そのあと、泣き止んで。
ふと冷静になると。
楽しかった思い出だけが、残っていました。
あったかくて、シアワセな気持ちだけが、自分の中にあって。
それは、きっとボウケンジャーという作品が、そしてチーフがくれた
かりめろだけの「プレシャス」だろうと思うのです。
…それに気づいたらね、ほんとにフツウに笑えたの。
びっくりしちゃったw
見終わったあとに、自分がフツウに笑えるなんて思ってなかったから。
でもそれが、かりめろの卒業の瞬間だったんだなって思ってます。
だから今は。
素直に、ありがとうって、笑顔で言える。

実は、ある時点からDVDすら見られないでいるのですがw
そして、きっとそれは当分続くだろうと思うのですがw
でも。
いつかきっと。
新たな気持ちで、迎えに行くから。
だから今は。


ありがと。
チーフ、ずっと大好きだよ。




続きを読む

erita555 at 23:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年04月19日

ファイナル in 大阪

いろいろやることが満載なのですが、
病み上がりだからか、集中力なくて><
気分転換代わりに、少しレポを書き進めたいと思います♪

ファイナルin大阪】でっす





最初に、「ボウケンレッド!」「ボウケンブラック!」…という掛け声があるのですが。
感極まりすぎて、
その「ボウケンレッド!!」という声だけで泣きそうになってみたりするかりめろさん。
涙腺はすでに決壊する気満々なようです(笑)

さて、最初は黒獅子理央はじめとする敵方さんが登場♪
今回の大阪公演では、
これまでの敵方さんたちよりも動きが速くうまかったなと思います
とくに、ガイをされていた方の回し蹴りがとってもキレイで…(^^)
あるいは。
最後の方に出ていらっしゃるカースの方が、連続バク転しながら登場したり。
でも、ジャベリンクラッシュがものっそい邪悪な技になってたりw
泣きそうになっているわりには、意外とあちこち見てたのでしたw


OPが終わり、悪チーフが登場!
これまでで7回見ていたわけですが、
このときの悪チーフがいちばん好きでした
声だけでなく、表情も、身体全体から滲み出る空気も
ただひたすら「力」を求めている感じがあって。
「悪チーフ」というよりは、
姿は同じだけれど、まったく違う方向を向いて生きているモノという感じで。
ズバーンとの対決も、
アクションの手が速かったですし、ほかの回よりもアクション自体長かったように思います。
あと。
「悪チーフ」は気合で、「悪レッド」に変身するのですが。
この変身後をされている方が、
変身前のポーズをちゃんと受け継いで、芝居を続けてくださっていたので
まったく違和感なく見ていることができました。
もう一つ。
大阪公演では、変身シーンの暗転のタイミングがとてもよかったです。
そのタイミングがずれてしまうと、
役者さんたちが袖にはけるところがまる見えになり、
実際そうなったことが何回かあったのですが。
今回はそういった処理もしっかりなされていて、
その意味でも安心して見ていることが出来ました♪

この「悪チーフ」のあとは、
高橋さんは当分ご登場ではないので、かなり落ち着いて見ていましたw
…まったくゲンキンなものです(^^;
その中で印象的だったことをいくつか。

さくらさんが「新婚旅行」について聞かれ
「チーフは…超冒険級の鈍感なんです!!><
と訴えたとき。
なんだか妙なタイミングで

「チ〜ン!!」

という効果音がw
どうやらスタッフさんのいたずら?で、
舞台上のメンバーさんは聞いていなかったらしく
本気でずっこけていらっしゃいました(笑)
袖にはけるとき、さくらさんが
「真剣にやってるんですが!!!」と叫ばれるのももっともかと
あと。
ネガティブ5のみなさん(笑)が、自己紹介をし、
最後に「悪レッド」が

「そしてオレは、、、ボウケン!!

と言ったとき。
変身後のボウケンジャーがずっこけるのですが。
…そのこけ方が、ものの見事に新喜劇だなぁとか思ったりして♪
名古屋でも新喜劇は見られて、土曜のお昼は毎週見てたんですよねぇ☆

さて。
メンバーさんのアクションのシーン。
映士くん…出合さんのアクションはやはりキレが違いますね
ケリのスピード感とか、手の魅せ方とか、目を惹かれる感じがします。
あと、うれしかったのが、
菜月ちゃん…知世ちゃんがアクションの前に両腕をパンって打ったところ!
蜂須賀さんと知世ちゃんで創り上げたボウケンイエロー、
「彼女」のしぐさの中で、かりめろは
あの、戦う前の「パン!」っていうのがすっごく好きだったんです
それを知世ちゃんがやってくれて、、、なんかすっごくうれしくて♪
でね♪
チーフ…高橋さんのアクション、、、見たら、泣いてしまうかなと思ったんです。
行きの新幹線の中で、
ショーの、チーフのシーンを脳内再生して泣いてた前科があったんで(^^;
でも。
自分の感情におぼれて泣いてしまうよりも前に、
そのアクションの力強さに、目を奪われて。
一手一手の強さと速さが、チーフで、、、
すっごくあたりまえのことなのですが、
そこに、チーフが、生きていて。
…声の強さと、目線の強さ、そして、まとう空気。
全部がチーフで。
大好きなチーフがそこにいて。
ただただ目もココロも持っていかれて。
最後に、いちばんチーフらしいチーフにココロ奪われることができてよかったと思っています。
ほんとに。
一年以上、見つめ続けたチーフに最後まで魅了され続けたことがシアワセでした。

なので。
ここが最後の■かりめろ的チーフポイントでっす


これは最終回だけなのか、わかりませんが。
ところどころでセリフが増えているように思いました。
これまでの公演でも、変身後をされている方
動きに合わせてセリフをおっしゃったりということはありましたが、
この回では、メンバーさん自身の声で増えていたように思ったのですが、、、ほんとうのところはどうなんでしょう?
(かりめろの勘違いだったらごめんなさい
ただ、

「ガジャ!これがほんとうの最後だ!!」

という、チーフのセリフがすっごく耳に残っていて。
それは、チーフの声だったからなのか、「ほんとうの最後だ」というセリフだったからなのか。
それとも全部、なのか、わかりませんが…
でも、ボウケンジャー最後の戦いをしっかりと見届けたという充実感だけはリアルにこの手の中に、あって…
このチーフのセリフ、、、声音も全部、まだ鮮明に覚えています、、、


さて、戦い終えて、ラストシーン。
映士のご当地ネタはどう来るかと思ったら。

「名物という名物を全部並べて…」

と(笑)
大阪だし、そりゃもうあれこれ並べたくなるなぁと♪
そして、すぐに宇宙に行かねばならないというさくらさんとチーフに

「えぇ!! せっかくの名物が!!><

といきなりアドリブをかます菜月ちゃんw
これがきっかけだったのか、わかりませんが…このあとチーフが…( ̄▽ ̄;

「おまえたちも、一緒に来るか?」

と来るはずなのに、どうやらセリフが吹っ飛んだらしく
なんかこう、もごもごと、、、
「お、おまえたちも、、、来るよ、、な?」みたいな感じに(笑)
まさか、最後でそんな爆弾があるとは思わず
メモを取ることも忘れてしまい、、、惜しいことをしました(笑)
当のチーフ…高橋さんは、
「オレ、今、何言った?( ̄◇ ̄;」みたいな顔してるし。
そのあたりは、蒼太くんがちゃんとフォローしてつないだのですが。
えぇゲキレンジャーたちにも
「キミたちになら、任せられる!」となるはずが、
「キミたちに、任せる!」とか言い切っちゃってるしw
チーフったら、みんなで旅立つ気満々ですね(笑)
そして!
最後の最後で、チーフは

「人はみな、ボウケンジャーだ!」

とさわやかに言ってのけました!!(≧∀≦)ノ
…ご本人は、おっしゃった当初お気づきにならなかったようですが(笑)
思わず、かりめろは
「一万人ボウケンジャーとかだったら…プレシャス争奪戦たいへんじゃん」
と余分な心配をしてしまいましたw
今ほんとにあるらしいですからね、
幼稚園の学芸会で、クラス全員桃太郎!!って劇(^^;
先生が、じいさん&ばあさんらしいですよ

いったい何を倒す気だ?!(ー"ー;

まさか、「桃太郎No.1決定戦!」とかじゃないだろうしなぁ
とまぁ、それはともかくw
チーフのおかげで
かりめろ的には泣くこともなく、めっちゃにこにこ顔で、
ショーを見終えたのでした♪





いつものことながら、かなりの時間差レポになってますが…
申し訳ありません
11日のイベントに至っては、時間が経ち過ぎて
書くきっかけを失いそうになってます(^^;
とりあえず、体調と仕事量と相談しながら行きます。


erita555 at 23:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年04月12日

トークライブ「轟轟戦隊ボウケンジャー VS スーパー戦隊」レポ

というわけで、欲しかったラメなマニキュアを買い
ちょっとうきうきしているかりめろでっす♪
えぇ、買うときに店員さんに
「その色、あなたの手の甲の色からすると浮くわよね♪」
とにっこにこ顔で、
つけていたマニキュアの色を力いっぱい否定されようとも!!
そして、それは
自分でもうすうす気づいていたことであっても!!
人生は続いていくのでありますよ…( ̄^ ̄)


…ってどこまで話を広げてますか(笑)


さて。
どこにそのヒマがあるんだ的レポ
『轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』発売イベント
行ってみよぉ♪♪





15時半ごろに「ロフト プラスワン」のあるビルに到着したかりめろ。
かなり雨が降っていて、濡れそぼっていたので
とりあえず下見がてら階段を下りてみるか♪とてくてく行くと。

長い行列がっ!!堯福陰◆院

ちょっと殺気立った感じでコワかったので
そそくさと階段を上がる、小心者かりめろw
あとで聞いてみると、それは当日券を求める行列さんでした☆
そして。
18時ごろから、その当日券10枚!!を求めて
壮大なジャンケン大会☆が開かれたそうです(^^;
あいこでも退場という、シビアな世界…(汗)
並んでいた方は総勢22名。
…10/22…その日の運を使い切るくらいの確率でしょうか?w
まさに「勝ち組」ですね…( ̄▽ ̄;

その後18時半ごろから、整理番号順に入場が始まります。
整理番号は150まで!!
4分で完売だったそうです( ̄◇ ̄ll
…スカシアファイナルが3分完売ですから、
なんかこう、高橋さんに会うためには、
相当な運を持ってないとダメなんでは?!><と思いたくなるような数字です。
5月19日のイナズマ試写会のチケット一般発売が4月22日。
5月20日の映画村イベントのチケット発売が4月28日。

参戦されるみなさん、がんばってくださいね!!><
(かりめろは運どうのこうの以前に、はっきりきっぱり仕事で行けません↓↓)


さて、入場してみると。
ものっそいライブハウスな感じ、、、というか。
すっげぇつめつめぇ〜な感じ、、、というか。
それよりもなによりも。

MC席、近っ!!堯福陰◆院

もうびっくりするほど近くて。
石投げたら、かりめろの握力でも当てられそうなほどの近さ。
…って、どんなたとえしてますか(^^;
緊張するのも忘れるほどの近さでございましたですよ☆
で。
入場して、つめつめとすしずめ状態を作っていると
MCの酒井カズヨシさんが
「ここ一席空いてる、とかない?」とフツウに指示w
そのあたりから、
今日のイベントの雰囲気は決まっていたような気がします(^^)

大方みんなが居場所を確保したあたりで
前説の前説としてクラッシャーカズヨシを鑑賞w
主演の酒井さんいわく、
「見ればわかる!」と!w
ライバルは「イナズマ」であると!!w
出演は、ガオ界隈の人とのことでさっそく鑑賞♪









相当笑いました。
かりめろは「ガオレンジャー」未見なので、
ちょっと乗り遅れてたところもありますが、それでも相当楽しかったです☆

そして、早送りもしつつさらに鑑賞している間に
監督のレイパー佐藤さんの登場♪
内容は割愛させていただきますが、
それはそれは見事な芸を見せていただきました(爆)
その後。
第2弾作品クラッシャーカズヨシ怒るの予告編を拝見♪
…ヤスカくん、しっかりご登場でしたw
そして、予告編だけでもかなり濃かったです♪
酒井さんと監督で
あちこちの人に出演を呼びかけているそうですが
なかなか色よい返事はもらえず。
「来るもの拒まずです!!」
楽屋に向かって叫んでいらっしゃいました(笑)


そんなこんなで客席が温まった中。
メインゲストである、加藤プロデューサーがまず登場!
「VSシリーズを予告編で振り返り、客席を温めようかと思ったのだけど…」
とちょっと戸惑い気味w
それもそのはず。
そのときの客席は
もうすっかり温まってましたから(爆)

それでも、「オーレンジャーVSカクレンジャー」から
現在まで一つずつ辿っていき、
プロデューサーさんのお話を聞くというのはかなり貴重な体験で。
途中で、日笠プロデューサーも加わり、相当な裏話に♪
そのあたりの細かいお話は、一つひとつは覚えていないのですが。
印象的だったのは

なんとかムリクリ盛り上がる!のが東映的
戦隊モノは、基本的に叫べば何でも出てくる

という、なんかこう…身も蓋もないような発言(爆)
でも、みんなが思っていることをプロデューサーさんの口から聞けるというのがおもしろかったです☆
あと。
「ハリケンジャーVSガオレンジャー」のときに初めて
最強の合体ロボット・轟雷旋風神ソード&シールドというのが登場したそうで。
それは。
P(プロデューサー)ルームには、おもちゃがたっくさんあって。
それで遊んでいたところ、
ハリケンジャーの巨大ロボと、ガオレンジャーの巨大ロボのジョイント部分が共通であることが発覚!!

合体させられるじゃん!!(≧∀≦)ノ

というところから構想されたものだそうです(爆)
いやぁもう、大爆笑♪
いいオトナがおもちゃでいそいそと遊んでいたり。
ジョイントが同じだと言って、合体させてみたり。
それをほんとに実現したり
そういうノリって、大好きです(笑)


…って、あれ。
まだ高橋さんが出てきません(笑)
それもそのはずで、高橋さん出てくるまでに
上のような相当コアな話を、けっこう長時間聞いていて。
かなりおなかいっぱい♪な状態になっていたのでした☆w





高橋さんがまだ出てきてませんが(笑)
仕事の締切が近いので、細切れアップしていきます!
次のレポでは、高橋さん登場から書きたいと思います☆
お待ちあれ♪


erita555 at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年04月06日

ボウケンジャー好きに最後の質問!!回答編

ボウケンジャー好きに最後の質問!!という企画をしたですが。

*回答編,連【コチラ
*回答編△連【コチラ

そして、その最後の質問が。

《5》ボウケンジャーに対して、思いのたけを精一杯伝えてください♪

というものでした
なぜココまで回答掲載を延ばしていたかというと。
すっごい個人的な理由で恐縮ですが><
ものすっごく簡単に言うと、
かりめろの中で踏ん切りがつかなかったんですね(笑)
これを掲載してしまったら、自分の中で何かが終わってしまう気がして。
で、仕事の忙しさを言い訳にして、ずっと掲載しないまま来ましたが。
ふと今日、コレを掲載しようと思いついたので
その勢いで、行ってしまいたいと思います♪(^^)♪
前に進まないと、ね

というわけで。
ほんとに長らくお待たせしました。
これがほんとに最後の回答編です♪





▽一言では伝えきれない感動と楽しさを頂きました。
日々の生活で、かなり凹んだ時でも、
ボウケンジャーを思い出すと、自然に立ち直れました。
特に、チーフの回想微笑(爆笑)シーンを思い出すだけで、
まるで抗うつ剤のように、すっかり楽しい気持ちになれました。
子供達と一緒にはまれる番組を作って頂いて、
本当にありがとうございました。
普段テレビ番組を一生懸命追わない私ですが、
ボウケンジャーだけは特別な存在でした。
また、東京ドームまで足を運んだ、初めての戦隊でした。
色々な想いを下さってありがとうございました。


▼今でもボウケンジャーの冒険は終わってないと思います。
どこかで冒険をしてるんだなあと思えるラストで本当に良かった。
高橋光臣さん初め素敵な役者さんに出会えた1年でもありました。
超遠方でショー等は見に行けないのですが、
こつこつとDVD等で振り返ったり
新たなVシネを心待ちにしたいと思います。
我が息子にとっても忘れられない戦隊になると思います。
本当に皆様お疲れ様でした。そしてありがとうございました。


▽有難うございます
いろんなことを物語の中に入っていて
子どもも大人も教えてくれたと思います
素敵な1年間をもらったと
忘れられない1年間でした


▼ボウケンレッド/明石 暁様☆
最初は真面目な威厳あるチーフと思ってましたが、
回が進むにつれて隠れお笑いキャラ?になりました。
諺を言ってオヤジくさいと言われてから少しづつ笑いが出ましたね。
金魚、継母(爆笑でした)風水でついてない、
試験に落ちて落ち込むチーフ等…
でもやっぱり不滅の牙はカッコいいです(^_^)v
宇宙でのプレシャス探し頑張って下さいo(^-^)o
あと…『サ〜トりん♪』(言ってみたかったのでいいました(^_^))


▽ボウケンブラック/伊能真墨様☆
最初はボウケンメンバーに菜月ちゃんと入隊して
チーフを越えると言ってましたが、
一年たって新チーフになりましたね。
『未来は俺に任せろ』きっとチーフに届いてますよ。
新チーフ皆を引っ張って頑張って下さい。
あっグリーンピース食べられるようになりましたか?(^。^;)(笑)
菜月ちゃんと仲良くね(^_-)☆


▼ 「子ども番組でしょ〜?」とバカにしつつ見始め、
まさかこんなにハマりこむとは全く想像していませんでした。
今となってはグッズを買いあさり、東京へも2回行き、
収入の半分はゆうにつぎ込んでいます・・・。
こんなに大好きになれる作品に出会えたこと、
ボウケンジャーに出演されていた
今まで知らなかったたくさんの素敵な役者さんを知ることが出来たこと、
またボウケンジャーを通じてかりめろさん始め
いろんな方とお知りあいになれ繋がることが出来たこと、全てに感謝感謝です!


▽勇気、希望、笑い、感動、たくさんの気持ちをいただきました。
ボウケンジャーになれるのは、
本当に多くの中から選ばれた人たちで
奇跡的な出会いがあってこの番組ができてきたのだと思います。
明石、真墨、蒼太、菜月、さくら、映士という
6人のキャラクターに命を吹き込んでくれた役者の方々、
ボウケンジャーとして危険なアクションをこなしてくださった、
アクション俳優の方々、
愛すべきネガティブシンジケートを作り上げてくださった方々。
影でボウケンジャーを支えてくださった方々、
本当にボウケンジャーにかかわったすべての方たちにありがとうとお疲れ様を言いたいです。


▼ボウケンブルー/最上蒼太様☆
データ収集が凄く(弟子入りしたいなぁなんて)、
明るいところ、優しいところ、
蒼太君の笑顔が本当大好きです☆
『虹の反物』は凄く好きなTASKです。
蒼空見る度思い出します。大好きしか言えません。
蒼太君に会えてよかったです。
新チーフの真墨君をサポートして
今日も皆とボウケン頑張って下さいね(*^_^*)


▽ボウケンイエロー/間宮菜月様☆
真墨君と出会ってボウケンジャーに入隊した時は
記憶喪失でも明るかったですね。
レムリア人と分かった時はびっくりだったけど
皆がいて本当によかったと思うし
時代が違っても
菜月ちゃんのお父さんお母さんはきっと見守ってると思います。
新チーフの真墨君をサポートしてボウケン頑張って下さいね。


▼ボウケンメンバー、他のキャストの皆さん、
スーツアクターの皆さん、声優の皆さん、
そしてすべてのスタッフの皆さんおつかれさまでした。
ボウケンジャーが伝えてくれようとしたボウケンスピリッツは、
これからもちびっ子の心の中にずっと行き続けると思います。
ボウケンジャーは永遠に不滅です!!
そして、役者「出合正幸」という人に出会うことができた、
記念すべき作品でもあります。
ボウケンジャーのすべてに「ありがとう!!」


▽ボウケンピンク/西堀さくら様☆
やっぱりラストでチーフと宇宙へ行ったことですね。
『明石さん』って呼んだ時は本当に微笑ましかったです。
よかったですねd(^-^)
宇宙でのプレシャス探し頑張って下さい。


▼え〜、面白かったです。
無茶な断定型のセリフにも説得力をもたせるチーフ=レッドが
強くて頼りになるリーダーだから見続けてきたと思います。
エピソードごとに
メンバーのキャラが肉付けされていくのも興味深かったです。
途中からの、ズバーンやダイボイジャーは不必要だったし、
ラストに向けてやっつけ話になってしまったのがもったいなくて・・
まだ拾ってない伏線や取り上げて欲しい話もあり、
いっそのこと一年番組延長してもらって
もっともっと彼らの活躍が見たかったな〜と思います。
(でも足りないくらいが美味しいんですよね?)


▽ボウケンシルバー/高丘映士様☆
アシュの監視者として登場した映ちゃんは
ボウケンメンバーと出会ってよかったですね。
シンデレラの執事の映ちゃん爽やかでした。
プロメテウスの石ではアントニオ猪木のモノマネ最高でした。
サージェスレスキュー&野菜作り頑張って下さいね。


▼ボウケンジャーを知って出合くんと出会えて
たくさん元気をもらいました。
思いのたけを精一杯伝えてと言われてもうまく言えないのですが
とても楽しくいい作品だったと思います。
桃太郎やサンタやシンデレラなど
子供がわかりやすいお話だったりかと思ったら
映士とアシュの因縁のお話だったり強弱があってとても楽しめました。
感動を本当にありがとうございました。


▽戦隊ものはもともと好きではありましたが、
子供向けとか意識しないで一つの作品として楽しみ、
のめりこめたのは、ボウケンジャーが初めてでした。
登場人物はみんな魅力的で、お話もよかったです!
それから、SAさんのお仕事に注目したのも、
この作品が初めてで、そういう意味でも、
隅から隅まで楽しんだ番組だったと思います!
1年間親子ともどもこんなに楽しませてもらって、
この作品を作った方々には、
もうお礼くらいしか言う事は思い付きませんね。
番組は終わってしまいましたが、ず〜〜っと好きだと思います。
今後もちょくちょくリピートするぞ〜〜〜〜。

これから、ボウケンの俳優さん達がいろんな仕事を頑張って、大きくなってくれたら嬉しいなあ。


▼ボウケンジャーのキャスト、スタッフのみなさん
一年間お疲れ様でした。
毎週日曜はとても楽しみでした。
月並みですが、たくさんの感動をありがとう!


▽とにかく大好きです。愛してます!
毎週ワクワク楽しみにしていました。
高橋光臣さんに出会えて幸せです。
強くリーダーのレッドを久しぶりに観れました。
高橋さんの目が好きです。



▼もう今は、ありがとうの一言です!!
ボウケンジャーに出会って本当に一年間楽しかったし、
ボウケンジャーに出会ったお陰でファンの皆さんとお友達になれたこと、
これからも皆さんと一緒に三上くんを応援できること、
ブログを始めるなど新しい挑戦を出来たこと、
もう全てにありがとうです!!


▽第1話から全部を、しかもほとんどをリアルタイムで見た、初めての戦隊でした。
すごく面白かったし、すごく楽しかったし、
大人も子どもも理解しやすく、でもツッコミどころも満載で、
娯楽番組でありながら教養番組でもある、とても素敵な作品でした。
ボウケンジャー、大好きです。とても愛らしく愛しく可愛いです。
番組の放送そのものは終了しましたが、
その精神、つまりは“果て無き冒険魂”は、
おそらくは視聴者のみならず、
出演者・スタッフ・ボウケンジャーに関わったすべての人々の中に息づいていることでしょうし、
それを心より望みます。
個人的には…。
いろんな形のあらゆる“出会い”をもたらすきっかけをくれた作品でした。
本当に、どうもありがとうございました。


▼1年間楽しんで生きてこられたのはボウケンジャーのおかげです。
キャスト&スタッフの方々にまず感謝を。
ありがとうございました!!

ボウケンジャーはレッドが最初、懐かしの頼れるレッドでとても安心して見てました。
そして、
回を重ねる毎にはっちゃけていくチーフがどんどん素敵に見えていきました。

それから映ちゃんの登場です。
なんといっても黒のロングコートに錫杖のアクション!
心を鷲掴みにされた上、アシュ化したり、チーフに殴られたり、
そして極めつけは「母の愛」を知った時の涙です。
で、ひとりでがんばってきた、強がってた映ちゃんが入った事で、
みんなの絆が結ばれて行く過程がよかったですねえ。

菜月ちゃんの笑顔。かわいさ。
蒼太の爽やかさ。
真墨の我の強さ。
さくら姉さんの凛々しさ。きれた時のコワさ。

6人が6人とも、変身前も変身後もほんとにシンクロしていて、
変身していても楽しんで見られた作品でした!

ネガティブ・シンジケートもクエスターの登場で
4団体になってもカラーがちゃんとあったのも楽しめた一因でした。
愛すべき敵キャラたちでしたね。

ガジャ様。
ラスボスになりましたが、
お亡くなりにならなくて、ほんとホッとしてます。
また、誰かが起こしに行きそうですね。
(あぶない、あぶない)



▽一年間、お疲れ様でしたm(_)m
本当に、毎週楽しくて待ち遠しかったデス。
たくさんの元気と癒しと笑いを頂きました。
もし、私が子供の頃にボウケンジャーのような作品に出会っていれば
「ヒーローになりたい」と夢見たかもしれません。
子供にも、大人にも、夢と希望を与えてくれた作品だったと思います。
また、
皆様(スタッフ様含め)を素敵な作品でお見かけ出来る日を
楽しみにしています(^^)

一年間、ありがとぅございました♪

愛してるぜ!最上 蒼太!(笑)
いやいや。みんな愛してるぜ(≧▽≦)ノ


▼ここまで愛せる作品に出会えて、
コトバに尽くせないほどの幸せを感じています。

毎週どきどきしながら見ていたこと。
見るたびにチーフに魅了されていったこと。
大好きなものを熱く冷静に語り続けられたこと。
語り続けることを通して、たくさんの方と知り合えたこと。
高橋光臣さんという役者さんに出会えたこと。

そのすべてがかりめろにとって大切なプレシャスです。
ボウケンジャーたちの物語は終わりを迎えたけれど。
それは、きっと。
新たな物語の始まりでもあると思うのです。
そして。
その「新たな物語」の主役はきっと
ボウケンジャーに関わった人、みんなだと思うのです。
演じた方たち、支えた方たち、見ていた人たち…
みんながこれから物語を紡いでいくのだと、、、思うのです。

冒険をすることの楽しさと苦しさ。
でも、冒険せずにはいられない快さ。
うまくコトバにできないけれど、
そういったものを与えてくれたから。
だから。

ほんとうに、ありがとう。





回答にご参加くださったみなさま、ありがとうございました
今集計しながら、みんなの想いが胸にぐっと来て…
ちょっとだけ泣きそうになりました。
でも、堪えましたよ!!w
…前に進もうとするときに、
泣いていては道が曇って見えなくなってしまうから。
やっぱり、笑顔で進まなくちゃね

あとどれほどボウケンジャーの記事を書けるのか
わかりませんが…
書きたいだけ書いて、笑顔で卒業したいと思います

erita555 at 23:05|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2007年04月04日

ファイナル in 仙台

3月31日発売の【特撮ニュータイプ】に
《超忍者隊イナズマ!!SPARK》の記事がありました♪
まだ内容の詳細が載せられているわけではありませんが、
かりめろ的には、
66pの上段左端の写真が見られただけでも買いだったと…(*^^*)
高橋さんのハヤテ姿を映画村で拝見したとき、
相当格好いいなぁとときめいていたのですが
この写真はハヤテの背負うものが表れているようで…相当にいいです…8(≧・≦8)

19日に東京で完成披露試写会があるですね♪
…えぇ、かりめろははっきりきっぱり仕事ですが↓↓

さて。
ボウケンジャーファイナルツアーin仙台2回目公演トークショー部分のレポです♪





《トークショー》
さてさて、トークショーの始まり♪
司会のお姉さんの合図のもと、会場中で
「ボウケンジャー!!!!」とお呼び出し(^^)
すると。
客席の通路を通って、ボウケンメンバー参上っです♪(≧∀≦)ノ
思いも寄らなかったので、かなりびっくりしましたが
この登場に、会場が一気にヒートアップします

そして、舞台上にメンバーさんが並んだのち。
チーフから最初のご挨拶が始まります♪
このとき。
真墨くんが
「迅き冒険者!ボウケンブラック!!」
と、バク宙を披露してくださるのですが。
なぜか、この回はバク宙をする前にへたりこんでしまい
菜月ちゃんに、「がんばれ!」と励まされていました
あとでお友だちに聞いたところによると、
ちょっと前の公演から、バク宙するタイミングを
スカイシアターのときと変えていらっしゃったんですって

で、この回では、混乱してしまったのか
スカイシアターのときと同じタイミングでバク宙しようとして
途中でそれに気づいて、へたりこんだ、とのことでした
でも、そうやって、少しずつでも変化を持たせて
楽しませてくださろうとする気遣いがとてもうれしいなぁと思うのです♪

さて次に、お姉さんからの質問タイムに入ります♪
ここからネタバレになりますので、
何も知らないで公演を見たい!という方は回れ右でよろしく♪
(これまでのレポでさんざんネタバレしているような気はしますがw)








いいですか?
本編のオチの部分をネタバレですよ?









ほんとにいいですね?><
かりめろは責任とりませんよ?









覚悟はいいですね?








、、、もうそろそろいいでしょうかね(笑)
んでは、レッツトーク
ただし。
この回のトークショー、すっごく楽しかったので
ノートに書くのが、ものっそい疎かになっていて↓↓
誰が話したのかとか、コトバじりとかをしっかり書いておらず。
そのため、以下の記述は
かりめろの、脆弱な記憶に残っているものを元に書いています。
なので。
話した人やコトバそのものは少しちがっている可能性が高いのです><
…もしほかのブログさまと矛盾する部分がありましたら
それは、かりめろの側が間違ってる可能性が高いので、お許しくださいね


さて。
お姉さんからの質問は

「本編のラストは衝撃的な内容でしたね!
ほんとに、みなさん宇宙へ行ってしまうんですか?><」


というもの。
それに対して、最初に反応したのは真墨くんでしたw
「たぶんエイプリルフールだからw」
すると。
「えっ!!堯福陰◆院
宇宙に行けるって、ものすっごく喜んだんだけど…」と、凹む映士
でも、真墨くんには真墨くんの理由があったようで。

「だって、宇宙へ行くってことは…また、明石がいるし↓↓」

どうやら、「エイプリルフール」発言は、
せっかくチーフになったのに、
明石と一緒に冒険するとなると、
「チーフ」は明石になってしまうと思ったからのようですw
当のチーフは。

「じゃあ、これからはオレが!!」

と、力強く「チーフ」奪還宣言(爆)
やっぱり明石、100人乗ってもd…イヤイヤ…人の思惑なんて気にしませんw
すると。
「…まぁどっちでもいいんですがw」
と、真墨くん。
どっちでもいいんかい(爆)
さらに追い討ちをかけるように、蒼太くんが

「ありがとう♪」

と、元チーフの労をねぎらいます(笑)
このあたりの掛け合いがほんとうにおもしろくて
それぞれのキャラクターとしてお話されているのですが
でも、普段のメンバーさんの仲の良さも見え隠れしているようで。
最初からずっと笑顔で拝見していたのでした♪


さて、そんなやりとりのあと。
お姉さんからさくらさんに質問が。
「さくらさん、宇宙へは6人だけで行くんですか?」
質問の意図がわからなかったメンバーさんは??な感じでしたが。
客席からはちょっとした笑いがw

…セットの後方にピカピカ光る金色のとがったものが、見えていたのですね♪w
かりめろは前方真ん中あたりにいたので、
それくらいしか見えなかったのですが、
2階席、3階席にいたお友だちに聞いたところによると
必死に身体を隠そうとしているズバーンの姿がまる見え!!だったそうですw
えぇもう、客席は
それを舞台のメンバーさんに教えようとちょっとざわめきがw
言うなれば。
ドリフのコントで、必死でいたずらしている志村さんに
うしろから、いかりや母ちゃんが怒り心頭で迫ってきていることを
教えようとする、客席の子ども
、みたいな気分でした
(ある年代以上の方にしかわからないネタですいません/笑)

ようやくズバーンがいることに気づいたメンバーさん♪
映士くんが
「うしろで、なんかガタガタ音してるし!!( ̄◇ ̄;」とツッコミ。
さくらさんは
「7人で行きましょう!!」と力強く宣言
チーフは
「仕方ないなぁ、ズバーンw」と承認(笑)
ズバーンったら、チーフ大好きだから!!(^^)
めさめさ喜んでいます♪

そして。
宇宙でミッションのないときに何をするか、という質問に対し。
「宇宙といえば!」

「だるまさんがころんだ!!」(≧∀≦)ノ

と、顔を見合わせて、タイミングと声をそろえて
ものっそい笑顔で、力強くのたまう、チーフと蒼太くん(笑)
なんでそんなにうれしそうなんですか!!(爆)
そして、その間で
無重力バージョンのだるまさんがころんだを披露するさくらさん
さらに、その答えに動じないで

「じゃあ、やってみましょう!!」

と、さわやかに流れに乗る司会のお姉さん!!
そして、すっかりやる気のボウケンメンバーさん!!
なんだか、すごいことになってきました…w

すると。
どなたかが、さらりと

「じゃあ、チーフ、オニ」とw

言われた当のチーフは
えっ!!堯福院 ̄;」となるものの、
「赤オニさんだからw」とか言われ、
納得して、すぐにオニの位置に(^^;
…チーフ、いえ、高橋さんの普段のいじられっぷりを彷彿とさせるやりとりでしたw

そして、開始♪(≧∀≦)ノ

「だぁるまさんがぁ、こぉろん…

この間に、ズバーンがものっそい早足でチーフの背中に迫り。

だっ

と赤オニさんが言った瞬間、
チーフの背中を目前にしたズバーンの背中を真墨くんが思いっきり押し
結局、ズバーンがチーフに抱きつく格好に(爆)
えぇ、振り向いたチーフは

近っ!!堯福陰◆院─

とかなり焦り気味w
「いや、楽しみ方ちがうし…徐々に近づいていく、とか…」
と、ぼそぼそいうものの、最後には
やけにうれしそうなズバーンに負けたのか、
二人で肩を組んで、ガッツポーズしていたのでした♪♪

さて。
ズバーンはココで退場ということで。
チーフがズバーンにミッションを与えます♪

「ズバーン。
オレのバッグに【ごはんですよ】入れといて!!」


…めさめさ個人的なミッション与えてます(爆)
それを聞いた蒼太くんが

「チーフ、まだ好きなんですかww」

とツッコミ。
それに対して、ほんっとぉにうれしそうにうなずく高橋さんでした
高橋さん、あの表情、「素」でしたよね?(爆)

そして、司会のお姉さんからもう一つ質問が。
「どうやったら強くなれますか?」
というもの。
このとき、映士くんは「野菜以外でね♪」と条件つけられますw
で、そのどっきどきの答えは。


「自分の苦手なことを一つ告白する!!><」


…「告白」してどうしますか(爆)

この答えを聞いた瞬間、メンバーさんからも総ツッコミが入り
会場中大爆笑に!!(≧∀≦)ノシ
言い間違いに気づき、もう一度言い直そうとするものの
「自分の苦手なことを、告白する!」
と、再び言い間違い(笑)
三回目にようやく
「こ、克服すると、本来の答えを言えた映士くんでした♪
いやぁもう…「告白」って…めさめさ焦っている映士くん=出合さんがかわいらしかったです♪
さて。
この質問にはチーフも答えています♪

「お母さんが皿を洗い始めたら、
ミッションスタートだ!!(パチン☆)」

え、皿洗いですか!!(笑)
お手伝い全般ではなく、あくまでもザッツ・皿洗いですか(爆)
チーフ、いえ、高橋さんの中で、
どこから皿洗いという連想が出てきたのか、聞いてみたいなぁとw
もしかすると、小さい頃のお手伝いがそれだったのでしょうかね??

司会のお姉さんに「皿洗いですか?」と聞かれても

「皿洗いしてください。強くなれます。

と、力強く断言しているチーフ(笑)
そのわきで、菜月ちゃんと真墨くんがすっごい勢いで皿洗いをするパフォーマンスを見せていました♪

その後、抽選会へ♪
会場ごとに少しずつ品物が変わるようで、
この回は、ブラックのTシャツが景品として出ていました
そのTシャツで、顔を隠されるチーフ(笑)
それを見た真墨くんの一言が秀逸です♪

「おい!よごれる!!

えぇ、チーフの顔ではなく、Tシャツの心配してますw
それにはチーフも
「おいっ!そこかいっ!!w」と即ツッコミ♪
すると、菜月ちゃんがボソッと
「さっきパンストかぶってたよ♪」と身も蓋もないことを(笑)
…一瞬想像してしまったじゃないですか(爆)

さて。
このTシャツ。
抽選し終わったあとに、映士くんがおたたみを始めます。
…ものっそい丁寧に・丁寧にたたんでいる姿に、会場中が釘付け(爆)
抽選会そっちのけで、凝視してしまいました( ̄▽ ̄;
真墨くんに「きちょうめんだね」と突っ込まれても
ちょっと不器用そうに、でも一生懸命たたんでいます><
でもね><
あと一たたみで終わるというところで
真墨くんに奪われ、広げられてしまいます…><
「堯福陰◆院!!」な映士くんが、あわれでした…


っていうか。
かりめろさんは、都合7回ファイナルに参戦しているのですが。
何一つ当たったことがないってのは、どうなんでしょうねぇ?(笑)
やっぱり妙なところで、チーフ運を使いきっているということなんでしょうか?(^^;
あと一回参戦するので、そのときこそは…っ!!><


楽しかったトークショー、抽選会も終わり、
最後のご挨拶です♪
順番は、さくらさんからで、最後がチーフになります☆
そのチーフの挨拶♪

「今日は遠くから近くからほんとうにありがとうございました!!
ちびっ子のみんな、家に帰って、いい夢見てくださいね!!」

…「いい夢」って(笑)
ちょっと時間的に早いかなとは思いつつも。
でもきっと。
間近で憧れのボウケンジャーに会えたことは
ちびっ子たちのココロの中に、
何かしら明るいものを残したでしょうね♪
もしかすると。
夢の中でボウケンジャーになっている子もいるかもしれません
そう考えると。
「いい夢見てください」ってのも
あながち悪くはないかななんて思いはしたものの。
やはり「ちょっと早くねぇか?w」というツッコミが入りw
「そうか」と納得するチーフ(笑)
そして。

「ちびっ子たち、これからすばらしい人に成長してくだっさいっ!!
今日はほんとうにありがとうございましたっ!!」


というコトバでしめたのでした





名古屋から仙台まで、大方4時間かかります。
日帰りで行きましたから、全部で8時間。
一日の1/3は新幹線の中で過ごした、という計算になります(笑)
でも。
それだけの幸せはいただけたなって思ってます。
仙台会場は、ほんっとにアットホームな感じで。
みんなで、ショーの雰囲気を盛り上げていった気がして。
その時間に参加し、その空間を共有できただけでも
行った甲斐はあったなぁと思います☆

こんなにもあちこちファイナルツアーに参戦して。
自分、どれだけボウケンジャー好き…いえ、高橋さん好きやねん
呆れてしまいますが(笑)
でも、なんか楽しいんですよね!(^^)
そういう時間、、、
行く準備したり、新幹線に乗ってたり。
あるいは、あの会場に行くんだって思いを馳せたり。
その全部が楽しくて仕方ないんですよね
そういう時間もあとわずか、と思うとさみしいですが。
…でも、残りの時間を全力で楽しみきりたいと思います




erita555 at 23:57|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2007年04月02日

ファイナル in 仙台

今年ももうあと残り9か月。
月日の経つのははやいもんですねぇ…って、をい
でも。
今月はかりめろの誕生日がありましてw
また一つ歳をとるわけでござりますですよ
とはいいつつも、
かりめろの歳と血液型を一発で当てた人
これまでの人生の中で数えるほどしかいないのですがw
こないだも、大学生に間違えられたしなぁ…( ̄▽ ̄;
まぁ、中学生までは
性別さえ間違えられてましたから!!
歳と血液型くらい、ご愛嬌かもしれません♪

というわけで、まだ名古屋レポが終わっていない気がしますがw
ボウケンジャーファイナルツアー in 仙台行ってみよぉ♪




《2回目公演》

会場は、仙台駅から5〜10分くらい歩いたところにありました。
迷子になるにも、ほどよい距離です♪(え
ここのところ、
名古屋も統一地方選挙の演説でかまびすしいのですが。
仙台も負けてはいませんでしたw
名前を連呼するだけの喧伝カーが通る・通る!!
だけど、
その連呼の仕方が妙にかわいらしくて、思わず笑ってしまいました♪

さて、その会場、仙台サンプラザホール
わりにこじんまりした感じで、円形な座席配置。
2階席、3階席もけっこう舞台に近くて♪
アットホームな雰囲気の会場でした(^^)
で。
開演前に、ミスターボイスの声で前説が入るのですが。
音響のトラブルか、タイミングを間違えたかで
いきなり途切れてしまいます
「??」な気持ちで待っていると、
再びミスターボイスの声で、同じ前説が( ̄▽ ̄;
…どうやら入れるタイミングを間違えたようですw

そして、客電が落ち。
舞台にかかっているスクリーンに、CMが入ります。
そこに!!
『超忍者隊・イナズマ・スパーク』のCMが加わってました(≧∀≦)ノ
さすがにまだ、動くハヤテくんの映像は入ってませんでしたが(笑)
それでも、ハヤテくんの姿を見て、
かりめろさんがかなり興奮したことは言うまでもありません♪
さらに!!
劇場版電王のCMでモモタロスの映像を見れば
かりめろさんの興奮度はクライマックスです(≧皿≦)ノ
…って、興奮するの、早すぎないか?w

さて。

CMが終わると、司会のお姉さん登場
浜松・名古屋と同じお姉さん
しかも、衣装まで同じ
いろんな意味でクライマックスです(意味不明)


変身後や敵方を演じる方が、浜松・名古屋と変わっていました♪
最初は、動きにスピード感がなくて
見ながら「…( ̄▽ ̄;…」な気持ちになっていましたが。
お芝居が進むにしたがって、
少しずつですが、スピードも出てきましたし、
あるいは、変身後の方自身がその役として声を出されたりして。
最後は、さほど違和感を感じないですんだかな、という気はします♪
一方で。
ボウケンメンバーさんのアクションはさらに慣れた感じで
真墨くん、蒼太くん、菜月ちゃんのアクションの手が少し変わっていたような。
…この三人が組になって、舞台上でアクションをするのですが。
敵を倒したあとに、三人が仲間に向けてサムズアップしながら、目でうなずき合うんですよね
浜松・名古屋でも、でしたが、
なんか、その場面がすっごい好きなんです
なぜかというと。
明石とさくら姉さんがいなくなったことで、
メンバー間の距離感も少しずつ変わっていったと想像できるのですが。
その距離感がとてもいい方向へ変化したような気がして。
自分のやるべき仕事を、それぞれがしっかりこなし、
また、仲間がその仕事をきちんとやり遂げることを信頼しているように感じられて。
なんか、とっても好きなんです

さて、印象に残ったことを。
真墨くんがチーフとして命令を出すわけですが。
「ボウケンジャー!総員出動だ!!(パチン☆)アタック!!」
のとき。
指がはっきり鳴ったのがとってもうれしかったのか
ガッツポーズしてましたw
あと。
さくら姉さんの嘆き(笑)を聞いたあとのメンバーさんが
ちょっとがやがやしていて。
名古屋公演でも少しあったのですが、
仙台公演では、その間をしっかり取っていて。
ボウケンジャーたちの仲の良さを見せる場面になっていて、いいなって思いました♪

でね♪
チーフでございますですよ(≧∀≦)ノ
チーフが登場すると、もう何回も見ているはずなのに
どきがむねむねしちゃうんですね
今回はとくに、30日に映画村で「ハヤテ」を見ているので
いつもよりも、余計に「チーフに会えた」感が強くて
だから、チーフが登場したとき
「わぁ〜…チーフだぁ…><と感激しまくっていたのでしたw

アクションのとき、足を少しすべらせてしまったり、
「不思議な遺跡のある遺跡を…」とか言ってしまったり、
などありましたがw
この公演のかりめろ的チーフポイントは♪

「おまえたちも、一緒に来るか?」のところで!!(≧∀≦)ノ

そのセリフを言ったときの、
なんとなく、ひょこっとした、、、いたずらっ子みたいな表情
ものっそいかわいらしくて
宇宙に行って、明石はさらに明石らしくなったんだなって思ってw
すっごい好きでした

あとね。
「人はみな、冒険者だ」
っていうセリフがあるんですが。
このセリフの言い方、公演ごとにちがうんですよね
かりめろの錯覚かもしれませんが…(^^;
このときは、やさしい言い方ではなくて。
人はみな冒険者であることは、
明石にとっては信じてやまないことである
ということを感じさせる言い方で。
どの言い方も好きなんですが、、、
今回はそんなことをかりめろは感じていました♪

最後に、映士のご当地ネタ(笑)

萩の月と長ナスの漬物のコラボレーションだ!!

…なるべくなら、別々にいただきたいものかと(^^;





トークショーの部分はまた別に記事を立てたいと思います♪




erita555 at 23:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年03月28日

ファイナル in 名古屋

最強の男は誰だ!! 壮絶筋肉バトル!! スポーツマンNo.1決定戦XXXV】の放送が近づいてますね♪
今回の挑戦者は14名。
しかも、歴代の王者はそこにいません!
どんなドラマが待っているのか、ものっそい楽しみです♪
そして。
コチラ】で、その挑戦者たちの集合写真が見られます(≧∀≦)ノ
高橋さんも、ばっちり写ってます
この写真だけで、もう胸がどきどきしてしまうのです…><

さて、
ボウケンジャーファイナルツアー in 名古屋参戦記行ってみよぉ♪(^^)




《2回目公演》
この回は…なかなか印象深い場面が多かったかと(笑)
映士くんがセリフを飛ばしてしまったり
風のシズカさんが宙返りで転んでしまったり
細かいところでも印象深いできごとが起きていたのですが♪
ほかにも、いろいろと…ww
たとえば。

ちょっと様子のおかしい明石を目にし、
その真相をさくらから聞いたあとの真墨。
本来なら
「だから言ったろ、あんなの明石じゃないって
と言うはずなんですが。
このとき、なぜか

「だから言ったろ、あんなのチーフじゃないって

と、口走ってしまい…(^^;
セリフを言い間違えたことよりも、
真墨が、明石を「チーフ」と呼んだことそのものが
会場中に違和感を振り撒いてしまった(笑)
とか♪

あるいは。
真墨が出動コールをかける場面で。

真墨 「ボウケンジャー!総員出動だ!ア…」
映士 「了解!!」(` ´)ゝ
(そのまま袖に向かって走り出そうとする映士)
真墨 「( ̄◇ ̄;…アタック!!」
全員 「了解!!w」
(全員で袖に引けるときに)
さくら 「新しいチーフに言わせてあげてください!!

やる気満々な映士くんがかわいらしく♪
そして、さくら姉さんのナイスフォロー!!
さすが元サブチーフです(笑)
とか♪

でもね♪
やっぱりおいしいところを持っていったのはチーフでした

いつものとおりw、チーフおいしい場面で出てくるんですが。
今回の物語では、出てくる場所まで、おいしかったりするんですね♪
かりめろはもうここまでで4回見てますので、
チーフの出現場所も、そのタイミングも熟知しているわけですw
でね♪
ここは凝視するしかないでしょう!!ψ(≧皿≦)ψ、とばかりに
タイミングを見計らい、その場所をガン視していたわけです

すると。

チーフったら!
勢いよく、カーテンを開けるものの。
カーテンそのものが重たいのと、長すぎたのとで、また戻ってしまい
カーテンをばさばささせながら姿が見えた?と思った瞬間
階段(かカーテン?)につっかかってしまったのです><
そのため、
出現したときにはものっそい「おっとっと」な姿勢に!!( ̄□ ̄;
でも。
そのときのセリフは、そんな姿勢になっていることなど感じさせない、いつもの力強いチーフでしたよ
むしろ、見ているかりめろの方が焦ってしまいましたw


でね♪
調子に乗って、この回のかりめろ的チーフポイントをば
この回のチーフポイントは、
最初の、悪役チーフ(≧∀≦)ノシ

思いっきりネタバレして、ごめんなさい↓↓
このときの声はたぶんアフレコで入っているんだと思うのですが
やっぱりときめいてしまうのですψ(≧皿≦)―〇ミ
何度見ても、いつもどきどきしてしまって…
そして。
このときようやく気づいたのですが。
この悪役チーフと、悪役レッドの動きがシンクロしているんです
それに気づいて、さらにどきどきが増してしまったのでした♪
なので、ココがこの回のかりめろ的チーフポイントでっす♪


この回で印象に残ったことを、もう一つ。
それは。
変身後を演じられる方たちも、
それぞれのお役を生きていらっしゃる感じがしたことなんです。
この前の回で、動きに少し「遊び」が入ってきていたのですが
この回では、アクションするときのナマの声が入ってきて!
そのお役らしいセリフが、アフレコ以外の部分でも聞けたのがとってもうれしかったです(^^)v





ここでタイムアップです><
トークショー部分はまたの機会に…
あ、ちなみに。
映士のご当地ネタ、この回はエビフライでした(笑)


erita555 at 23:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年03月27日

ファイナル in 名古屋

さきほど、仮面ライダー電王 成分分析を試みてみました♪
結果は。


…かりめろの60%は、モモタロスでできている。
…かりめろの24%は、ハナでできている。
…かりめろの14%は、ナオミでできている。
…かりめろの2%は、尾崎正義でできている。



というもの。
あまりにも予想通りすぎて、大笑いしてしまいました…( ̄▽ ̄;

というわけで、
ボウケンジャーファイナルツアー in 名古屋参戦記行ってみよぉ♪





《1回目公演》
最初に、司会のお姉さんが登場♪
昨日と同じお姉さんだぁ!(^^)
と、喜んだのも束の間。

服装まで昨日と同じだぁ!

あれって衣装だったんだぁ!

とへんなところで感嘆するかりめろw
でも、このお姉さんは
トークショーでのお話の引き出し方とか、とってもお上手な方なので、
また楽しく過ごせそうだなぁと、一安心

さてさて。
会場が変わると、舞台上のセッティングも変わってしまうため
袖に引けるタイミングがずれたり、裏にいる方の声が聞こえたりなど
ちょっとばたばたしてしまったところもありますが。
やはり、2日目♪
変身後の役者さんたちが、だいぶ余裕が出てきたなぁという感じ。
動きの部分で、少し遊びが入ってきたのがおもしろかったです
ちなみに、
レッドさんはジャベリン・クラッシュをまた柄でかましてましたww


で、お久しぶりのかりめろ的チーフポイントでっす(≧∀≦)ノ

この回のチーフポイントは♪
「ちょっとした冒険だな♪」のところで

この場面、ボウケンジャーの周りは
甦ったモノたちに、宇宙プレシャスと、手ごわい敵ばかりなのです><
でも。
それでも。
立ち向かわなくてはならないし、勝たなくてはならない。
そんな緊張感がよぎる中、
チーフは、笑顔でその戦いを
「ちょっとした冒険だな♪」と言い切ってしまうのです

なんかね♪
チーフがそう言うなら、何とかなりそうな気がしちゃうんですよね
不可能と思えることだって、
チーフがいれば、軽々と乗り越えられるような気がする。

それを強く感じたのですよね♪
なので、ココがこの回のチーフポイントでっす(^^)v

このときのチーフのアクションは、
蹴りがすっごくキレイに入ってψ(≧皿≦)ψ
一手一手に余裕のある感じで、緩急があって、、、
かりめろがまた泣きそうになったことはナイショですw
やっぱり、チーフのアクション、大好きなんですよね♪

この回で、印象に残ったことをもう一つ
最後の場面で、毎回映士がご当地ネタを口にするんですね♪
前日の浜松では、3回とも「うなぎ」で通したのですがw
この日の名古屋では何になるのか、客席も興味津々だったのです
すると。

映士くん、若干コトバに詰まってしまいました

そこへすかさず
「名古屋だな…」とつぶやくように、助け舟を出す真墨♪
ナイスフォローですw
そして!
「て、手羽先かぁ!!」
と、うれしそうに叫ぶ映士くんでございました(^^)


《1回目トークショー》
このとき、おもしろかった質問は
「蒼太くんがボウケンジャーになった経緯は?」でした♪

蒼太くんは、チーフにスカウトされてボウケンジャーになったのですが
スカウトするときのチーフの最初の一言は

「おまえはスパイに向いていない」

だったそうです(笑)
…チーフらしいといえばチーフらしいいいぐさで♪
このコトバに対する、チーフの言い訳?は☆

「まずは否定するところから始めようかな、とw
説得するには、まず否定から


というもの。
でもそのすぐあとで、小声で
「あれはその場しのぎだった」と付け加えてみたりしてw
チーフは
相手の理解できないことを言ってから、混乱させて、
その間に相手を説得してしまう戦法
を取るそうです♪

ちなみに。
明石がボウケンジャーに入った経緯は。
もともとプレシャスを探していたところを、サージェスがスカウトしたというもの♪
ただし。
人選はオレに任せろという条件をつけた、とw
チーフは、やっぱり最初からチーフなんですね


もう一つの質問は
「ちびっ子たちがボウケンジャーごっこをするときのポイントは?」というもの。
ただ、
この質問に対する答えは、物語のネタバレを含みますので、
「続きを読む」のところに入れておきます><


さて、この回は抽選会でもなかなか楽しいやりとりが見られました(^^)
抽選会最初のプレシャスは、メンバーそれぞれの下敷きなんです♪
で、出合さんの番になったとき。
ヤスカくんが、映士=シルバーの下敷きを、わざわざ映士の方を向けて客席に掲げていたのです(≧∀≦)ノ
それに気づいて、ものっそいイヤがる出合さんw
何とか、裏返してシルバーの方を向けさせるものの、
すぐに映士くんの側にしてしまうヤスカくん(笑)
そのやりとりが何回か続いたあと、
最後には、出合さん本人がヤスカくんから下敷きを取り上げてしまったのでした(爆)

だけど。

その後、同じことを高橋さんにまでやられてしまい
「見せんなっ!!」とものっそい焦って裏返している出合さんがとってもかわいらしく。
さらには、知世ちゃんまでが
ツアーパンフの、映士のページを開いて、客席に見せびらかし始め♪
とことんまで、いじられる出合さんでありました

あと。
抽選会の最後の方に、ランチセットが出てくるのですが。
その抽選が行われている中、
そっと端の方で、そのランチセットを三上くんに授与する高橋さん(笑)
授与された三上くんは、それをぎゅっと抱きしめていました





今日はこれで時間切れです><
少しずつ書いていきますので、もしよろしければおつきあいください。
あと。
いただいたコメントへのレスが完全に滞っております。
ほんとうに申し訳ありません。
仕事量と体調を考えると、レスをするのはもう少し時間がかかりそうです。
でも。
ほんとうに励みになっております。
読んでくださる方がいてこそのブログだと思いますので、
これからも、マイペースな更新ではありますが、
かりめろ日記をよろしくお願いいたします。


以下、ネタバレ部分です♪


続きを読む

erita555 at 23:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!
Profile

かりめろ

★かりめろへの直送便★
■かりめろに励ましのコトバを
という方はこちらからどうぞ■

かりめろ江


Archives